夢占い

【夢占い】注射の夢の意味 17選

注射の夢の基本的な意味

注射というものは、私たちの体に薬などを入れるためのものです。そのイメージが残り、夢の中での注射は誰かからの影響や栄養などの象徴となります。注射の夢を見た場合、まずはあなたが注射をされたのかしたのかで考えてみましょう。
あなたが注射をされる側だった場合は、誰かや何かからの影響を受けていることを意味します。そして逆に誰かに注射をする夢なら、その誰かに対して考え方を変えてやりたい、正してやりたいというような思いを持っていることを意味しています。
あなたが注射をされる側だった場合は、注射をされてどう感じたかも思い出してみてください。スッキリしたり、元気になったりしたポジティブなイメージの夢だったなら、誰かがあなたに良い影響を与えてくれていることを意味しています。物理的に美味しいご飯を与えられて、栄養を吸収できている暗示であることもあるでしょう。逆に嫌な気分になったり、気分が悪くなったのなら、誰かが無理やりにあなたを変えようとしていることを暗示しています。

自分が注射を打つ夢は心身が疲労していることを表す

夢の中の注射を打つという行為は、警告の意味となります。心身ともに疲れている状態で、リフレッシュや栄養補給が必要だという知らせです。注射に伴う痛みが大きければ大きいほど、不満や疲労、エネルギー不足が著しいことを表します。

また、自分が他人に注射を打っていた場合は、自分の中に溜まっている不満の発散先が他人に向けられている場合があるので要注意です。休暇をとることが必要です。

注射を打たれる夢は人間関係のトラブルを警告している

自分が他人に注射を打たれる夢というのは、人間関係においての警告の意味となります。

気づいていない自分の良くない部分がある、また知らない間に良くない噂が立っていたりなど、後々の対人関係でのトラブルを予期し、自身の態度や行いを見直すよう注意を促してくれています。また、注射の痛みが大きさはトラブルの大きさと比例しています。そして注射を打たれる際に素直に従っていた場合はスムーズに問題解決に向かえるでしょう。

足に注射される夢はお金にまつわることへの警告

足に注射をされる夢というのは、主に財産などの金銭面、また仕事運などお金にまつわることへの警告となります。ほんの少しの油断や怠慢な心が大きなトラブルを招きかねないと注意を促してくれています。

例えば、仕事での降格、また金銭のトラブル、無駄な出費などが当てはまります。また注射に伴う痛みが大きかったり、注射後の気分が良くない、フラつく症状などがあった場合はトラブルも大きくなることが予測されるので要注意です。

自分で注射を打つ夢は義務感や使命感、責任感の現れ

自分で注射を打つという夢は、その夢の内容次第で、意味するものは大きく変化します。
また、共通する事としては、義務感や使命感、責任感を表しています。

自ら望んで注射を打つシチュエーションであれば、自分自身が精神的に成長しようとしている意味を持っていて、決して悪い夢ではありません。
自分の頑張り次第で、良い方向に進む可能性を秘めています。

しかし、誰かに注射するように言われて注射する夢では、自分の考えが他人によって強要されている事や、負担に感じている事を表しています。

このような夢を見た際は、本当に今のままで良いのか、一度考え、思い直す事も必要になる場合がある為、注意が必要です。

夢で注射で血を抜かれた時は良くない出来事が起こることが予測される

エネルギーや命の源となる血を抜かれる夢というのは、運気の低下を表しており凶夢となります。これまで順調だった仕事で急に上手くいかなくなったり、トラブルに巻き込まれたりなど、良くない出来事が起こることが予測されます。

また、その抜かれた血の量によって、今後起こる出来事の重大さが変わってきます。しかし、抜かれた血が綺麗な赤よりもドロドロしている、また黒く濁っていた場合は、悪い運気が抜かれ新しくなるという意味も含まれます。

注射が痛くなかったときは精神的な疲労と将来への不安を抱えている

本来痛いはずの注射が何も感じない夢というのは、疲れが溜まっていると共に、将来に対しての不安や焦りを抱えていることを表しています。金銭面での悩みがある、また孤独である場合によく見られ、自分の未来に希望が持てない状況です。

注射後に気分が良ければ今後の運気の上昇が見込めますが、気分が悪かったり、また空虚的な心情であった場合は考え過ぎずにポジティブな精神を持つことが重要となります。

注射を手に打つ夢を見たときは大切なチャンスやものをなくすかもしれない

手というのは幸福やチャンスを掴み取るという意味をもつ部分となります。よって注射を手に打つ夢というのは、今後急に大切なものを失くすかもしれない、またはチャンスを逃す恐れがあるという警告となります。

また、腕よりも手のひらに近くなればなるほど要注意となります。この夢は、特に対人関係で自身が横柄であったり、思いやりがなく自己中心的になっている場合に多く見られます。自身の内面に焦点をあて、他人に対する言葉や行動の見直しが必要となります。

注射で毒を打つ夢は金運の上昇を意味する

注射で毒を打つ夢というのは、一見良くない意味のように思われますが逆夢をとなり、今後金運の上昇を意味します。毒を打った後に倒れてしまったり、死んでしまった場合はさらに吉夢となります。これまでの悪運が取り払われ、新しい自分へと生まれ変わることのできる予兆です。仕事での昇格や収入のアップ、これまでの苦労が報われ転機が訪れます。また毒の量が多ければ多い方が幸福も大きくなるでしょう。

注射から逃げる夢は自分が自己中心になっていることの現れ

注射から逃げる夢というのは、人の気持ちや意見を聞かなかったり、自己中心的な考え方になっているのことの表れです。夢の中での注射は警告の意味となり、そういった自身の他人を思いやらない性格のままだとせっかくのチャンスや幸福の訪れに気づかず損をしてしまうかもしれないと知らせてくれています。逃げても最終的に注射を打たれてしまった場合は、自分の事を大切に思ってくれている人がいる事の表れですが、そのまま逃げ切れてしまった場合は、先々孤独になる可能性があります。

注射の針が折れてしまうのは先々のトラブルを表す

自分がされている注射の針が折れる夢の場合、先々急に良くない出来事に見舞われる事を予期しており凶夢となります。特にトラブルなどに注意が必要で、それによって生命エネルギーの低下が予測されます。また、自分が他人に注射をしていてその針が折れた場合は、対人関係でのトラブルを予期しています。ほんの少し気配りが足りなかったことが誤解を招いたり、長く付き合いのあった友人とトラブルが起こったり、家族間でも問題が起こったりなどの注意を促してくれています。

注射をもって追いかけられる夢はストレスの現れ

追いかけられる夢というのは、恐れや不安を感じ大きな不満を抱えていることの表れです。期限が迫っている仕事に追われていたり、金銭面での深刻な悩みなどがあげられます。追いかけられて逃げている時に転んだり、怪我をした場合や、また走ろうとしても足がうまく動かなかったりした場合は特に注意が必要です。

注射で血が出たときはエネルギー不足や生命力が低下している

夢の中での注射というのは警告の意味となりますが、加えて血が出るというのは、エネルギー不足や生命力や気力の低下を意味しており、今後の運気の低下を暗示しています。また注射に伴った痛みが激しかったり、血の量が多い、激しく出ていた場合は特に注意が必要です。また、出た血が黒かったりどろどろしていた場合は、現状に大きな疲れを感じている表れとなります。食生活の見直しや心身のリフレッシュをすることが大切です。

歯に注射される夢を見たときは他人への態度を見直すべき

夢の中での歯というのは、自分が発する言葉や意志、印象、人とのコミュニケーションなどを表します。そして歯に注射するという状況は、自身の人に対する話し方や態度に対する注意を促しています。他人への接し方が横柄だったり、何気ない言葉が相手を傷つけているかもしれません。それに伴って自分の印象が悪くなっているおそれがあります。また、注射された後の歯が痛んだり、抜けてしまったりした場合はさらに注意が必要で、今後の運気低下が予想されます。

膝に注射する夢を見たときは何のために生きているか整理が必要

体の中での膝というのは、自身が歩いたり走ったりという動作を支えている部分であることから、自身の人生における原動力や目標、好きなことや趣味を表しています。大きく言えば自身の生きる意味となる部分です。そして注射は警告や注意の意味となりますが、今の自分が何のために生きているか、何のために毎日仕事しているかなどが分からなくなってしまっていることに対し、注意を促してくれています。一度立ち止まって心をリフレッシュし整理することが必要です。

好きな人に注射される夢は自分に興味を持っていることを示す

夢の中で好きな人に注射された時、どんな気分だったか、また相手はどんな様子だったかによって意味が変わっていきます。この夢は、良くも悪くも好きな人が自身に何かしらの興味を持っていることを示しますが、もし相手が自分に対して威圧的な態度だったり、嫌がっているところを無理やり注射をするような行動でしたら要注意です。自分のことを都合よく思っていたり、利用しようと思っているかもしれません。優しく接してくれているようでしたら、相手を信じても良いでしょう。

赤ちゃんに注射する夢は自身の甘えに対しての警告

赤ちゃんに注射する夢といのは、自身の中の赤ちゃんのような部分、つまり甘えた心であったり幼い心、他人任せな心に対しての警告を意味します。また、それは特に両親に対する甘えを表しています。大人になっても自立できていなかったり、生活面や金銭面で親に頼っている、将来に対して特に真剣に考えていない自分であることの表れです。また、注射されている赤ちゃんが泣くこともなく、笑っていたり何も反応が無い場合は特に自分を見つめなおす必要があります。

合わせて読みたい