夢占い

【夢占い】雪に関する夢の意味6選!

雪が降る中立っている夢は、耐え忍んでいる時を示唆。

場面が冬の景色の中であることで、今が大切な時とも言えます。また、雪の降る銀世界にうっとり酔いしれ立っている場面でない限り、鬱症状に近い気分を示唆しています。

孤独感に襲われ、雪が更に降り続くと、あなたの心をも冷やしていきます。暫く孤立した日を耐えていく可能性もあります。また、あなた自身が心を閉ざしていて、降る雪で他人から見えにくい状態にいる、という可能性もあります。

人生の明るい兆しや良き変化を迎え入れる前には、こうした行程が伴うことも多々あると言えます。冬は必ず春を迎えるように、雪はやがてあなたがまた歩み出せるタイミングが必ず訪れることも伝えています。

難易度の高い状況に注意!雪の中を自転車で走る夢

雪の中を自転車で走る夢は、難易度の高い状況を意味しています。綺麗な雪が降っていることや、自転車で走る事にも、ポジティブ思考や目的に対して順調な現在の運気好調の様子が表れていますが、それと同時に難易度が高い状況下に置かれていることを警告しています。

激しく降る雪は疎外感や不安感、苦境を、雪道は不測の事態の暗示します。寒さを感じる時は体調不良を予告しています。

本来は順調で良い目的であっても、大きなトラブルを避けるために周囲の様子に気を配って行動するか、状況によっては計画や進行を一時期中断する必要があることを示しています。

幻想的で美しいと吉!雪が降っている神社を参拝する夢

雪が降っている神社を参拝する夢は、雪の降り方や見た夢の印象によって意味が変わります。

雪の結晶がちらちらと降り、幻想的で美しく感じる神社を参拝しているのであれば、現在追い詰められているような心理状態であっても、やがて運気上昇、望み事や願い事が叶う暗示です。

美しい雪が静かに降り積もる様子であれば、穏やかに運気が好転していくことを表します。
参拝中に降っていた雪が止むのは、願いが聞き叶えられ、何かしら神のご加護のような幸運を受けられる象徴です。

猛吹雪や寒いと感じる夢では、苦しみや困難がこの先控えていることを示しています。

迷うことなく進むべきか?雪道を歩く夢

雪には、疎外感や孤独、寂しさという意味と純粋や美しさ、清浄と言った、異なる意味を持っています。また、雪は幸運の使者という意味を持ち、雪が沢山降れば、沢山の幸運が訪れると言われいます。

そして、雪はその人の持つイメージにも左右されるので、雪のイメージは、しっかりと自分の中で持っていて下さい。

道は、人生の写し鏡です。道の状態や貴方の状況において、様々に変容します。
歩くことは、人生を歩んでいるということです。知識や経験を積もうと努力する様を表しています。

雪道を歩く夢は、雪が沢山積もった道を苦労して歩いている場合は、将来への努力が足りない状況です。また、着実、楽しそうに歩いている場合は、幸運のある未来が待っていることを表します。

ただ、雪の清浄という意味があります。未来へ進むために、過去を置いてくるということを忘れてはいけないのです。

むやみに動かず待つのも得策、富士山に雪が降る夢。

富士山に雪が降る夢は、目標・目的達成への道が停滞したり、困難が雪のように降りかかるという象徴です。

通常見慣れた通りの姿の積雪であれば問題はありませんが、富士山全体が雪で覆われた凍り付くような降雪や吹雪きなど、雪の降り方に困難の状況が示されています。

富士山を登山中に雪が吹雪いてくるようであれば、運気は下降しています。遭難の場合は、自分の方向性を見失う最悪の事態が起きる可能性を示しています。

目標達成のためむやみに動かず待つことや、自分の置かれた状況を見回し再確認する必要、物事の道筋や方向性の見直しを促しています。

幸運を見つけるがごとく、雪の結晶を見つける夢。

輝く雪の結晶を見つける夢は、運気好調の兆しです。積極的に行動すると、ラッキーな出来事や素敵な出会いが見つけられそうです。珍しい雪の結晶は、今までにないほどの幸せを感じることができる時です。

雪の結晶の輝きが虹色を帯びていれば、理想とする恋愛の成就を示し、喜びが大きいことを表します。雪の結晶は、純粋で美しい心や個性が輝くことを示し、個性を活かした仕事運や学業運が上昇することを表します。

色付きの雪の結晶は、仕事や学業でのサポートパートナーを意味します。雪の結晶が溶けて崩れてしまうのは、運気低下を暗示しています。これまで上手く行っていたことが上手くいかなくなってしまうおそれがあります。

合わせて読みたい