夢占い

【夢占い】光の夢の意味15選|キラキラ・フラッシュ・太陽など状況別に夢診断

【夢占い】光が出てくる夢の基本的な意味とは?

光はすべての物を明るく照らし出すことから、光の夢は一般的によい兆しが訪れることを意味しています。内面的な成長やスピリチュアルな能力が花開くことを暗示しているケースもあります。
まず、光がどこから発しているのかに注目しましょう。太陽や星・稲妻の光といった自然の光なのか、電球・ランプ・イルミネーションといった人工的な光なのかで意味が違ってきます。
光の強さも重要です。光が強いほどラッキーな度合いも強まります。しかし、弱々しい光・徐々に消えていくような光の場合は、逆によくないことを示しています。
さらに、光の動き・距離も重要です。動きのある光、光るものが自分の近くにあるといった夢なら、ほどなくしてよいことがあります。光っているものと距離がある場合は、幸運を手にするまでには時間がかかることを意味します。

暗闇の中の光の夢にはどんな意味があるでしょう

夢占いで光の夢は、幸運の象徴とされており、その光が明るければ明るいほど運気が上昇している事を暗示しています。
基本的には光の夢は吉夢なのですが、光の状態や、状況によっても意味合いが変わってきます。
暗闇の中の光の夢は、あなたが今現在抱えている何かしらの悩みや苦しみから解放されることを意味しています。
心身共に穏やかで安定した生活を過吉報や大きなチャンスが巡ってくる事を夢占いは教えてくれています。
また、大きなチャンスが訪れたり、努力が報われる可能性が高いので、現状に満足せずにさらにステップアップを目指すことでより運気が上がるでしょう。

金色の光にはどんな意味があるでしょう

夢占いで光の夢は、希望や幸福・可能性やエネルギーを意味していて、幸運が訪れる吉夢とされています。金色は、幸運や運気の上昇、金運、リーダーシップや優れたカリスマなどの意味があります。
金色の光の夢は、金運上昇を表していることが多く見られますが、同時に恋愛運の上昇や、価値のある物を手にする事のできる暗示があります。
運気が急上昇している時期なので、何かやりたいと思っていても今まで出来なかったことにチャレンジしてみたり、過去に失敗したことにリベンジしてみたりという事をすると、さらに運気がアップするでしょう。

暗闇がぼんやり青白く光る怖い夢

暗闇にぼんやりと浮かび上がる青白い光。ヒトダマとか幽霊が出てきそうな怖い光。
夢に出てくるあなたが怖いと感じる光は、あなたが理解していない自分の側面をあらわします。今のあなたは自分で認めたくないコンプレックスや不安を抱えているのかもしれません。あるいは、ものごとをよく調べたり確かめたりせずに曖昧なまま放置しているのかもしれません。
今は心身のエネルギーが低すぎて、せっかく訪れたチャンスをみすみす逃している状態です。まずは心身のコンディションを整えて、自分にもっと自信を持ちましょう。逃げ出さずに立ち向かう勇気を持つことで、エネルギーが湧いてきます。

静かな海がキラキラ光って見える夢

この夢は「吉夢」です。
あなたは今後開花する無限の才能を抱えているようです。夢の中に出てくる海は、あなたの心の深淵、そして無限の可能性をあらわします。その輝きやきらめきの数だけ、あなたには才能が眠っているのです。
今のあなたは多くの感情エネルギーを蓄えている状態です。今までの不安が消え、精神的にに非常に安定しているのではないでしょうか。静かな心で自分自身を冷静に見つめ直すことができているようです。追いかけている夢があるなら、ひるむことなく挑戦を続けましょう。目標を高く持って地道に努力し続けてください。やがてあなたが望む未来が必ず訪れますよ。

もっと詳しく知る:
>>海の夢の意味

まわりがキラキラした緑色の光に包まれている夢

あなたは精神的な成長の時期を迎えています。今までの不安を解消して、心のわだかまりが解けて行くようです。
今のあなたは癒しのエネルギーに包まれていて、とても穏やかなようです。今後、あなたの新しい人生のスタートに向けての基礎づくりが始まりそうです。成長のために必要な滋養をたくわえて行きましょう。
読書や映画鑑賞、音楽、人との交流、趣味や習い事など、あらゆることが成長の後押しをする栄養となります。あなたが癒されること、ホッとすることを増やして行くことで、新しい目標に向けてぐっとスピードアップできることでしょう。

太陽の穏やかな光に包まれている夢

ぽかぽかと穏やかなお日様の光に包まれている夢は、自分自身としっかり向き合っていることをあらわします。
この夢は「吉夢」です。今のあなたの心身コンディションは上々で、多くのエネルギーを蓄えている状態です。愛と健康と希望に満ちあふれていて、夢や目標に向かって、すべてが計画通り進んでいるようですね。そして今まで積み重ねてきた努力が、近いうちに花開くことになりそうです。小さな夢は簡単に叶えられるチャンスに恵まれることでしょう。
また、あなたはすでに未来に備えて準備を進めている状態でもありますので、そのまま前向きにがんばってみてください。無理かなと思うような大きな目標でも、周囲や家族の協力があって達成できるようですよ。

フラッシュの光の夢は、意識の閃きを示唆します。

意識の閃きを示唆します。インスピレーションや印象に残る出来事が訪れるでしょう。一目ぼれや気づきなどがあり、それがあなたの人生を変えていくきっかけになることもあるでしょう。もとより、人生の答えも気づきも、元々あなたの中にあります。
とりわけ精神の道においてはより少ない装備で満足を得られる瞬間が訪れます。それはこの「フラッシュ」の夢のように、瞬間的な光や印象に残る形をとるかもしれません。それは総じて、あなたにとって「魅力的」な形で訪れます。
まばゆい輝きをもって、あなた自身が何者であるか思い出させるものであるのかもしれません。

キラキラは素晴らしい!光が反射している夢

光が反射しているように、夢の中にキラキラした光が出て来ると、あらゆる運に恵まれる暗示です。
光に暖かさがあると、その幸運が長期間に及びます。
太陽の光がキラキラと反射しているのは、特に恋愛面で幸せが訪れることを暗示します。
海面や川の水面が太陽の光を反射して輝いている様子も、素敵な恋愛や才能開花、願望成就など素晴らしい未来の暗示です。
シャンデリアのようにキラキラ輝く光は、成功と繁栄を意味し、思うように物事が進むという吉夢です。
しかし太陽の光が反射していても夕日であったり、太陽が消えていくイメージの場合は、運気の低下を暗示します。

不運から脱出します!カーテンから差し込む光の夢

カーテンから差し込む光など、部屋に光が差し込んでいる様子の夢は、自分自身や家族の幸運の訪れを意味します。
不運だった人が見た場合、運気が向上してくる意味があります。
思い切って心を開くと幸運をつかめる暗示です。
カーテン越しから差し込む光から受ける印象によって、運気上昇までの時間や運気の質が読み取れます。
冬の太陽の光であれば、運気上昇までに時間がかかることを、夕日の光であれば、幸運が訪れてもつかの間という意味があります。

もっと詳しく知る:
>>カーテンの夢の意味

光と影の夢にはどんな意味があるの?

光と影の夢は対照的を表す意味があり、良い部分と悪い部分に差があるほど夢に出ます。
例えば、仕事はバッチリで同僚から信頼されていても、プライベートでの人間関係が悪いと自分自身にギャップを感じます。
良い部分が光で悪い部分が影になるため、バランスが取れないと調和する願望が強くなり夢にも影響します。
人生のリズムは、光が強過ぎても影が多くても良くない傾向で、丁度いい割合が安定した人生や精神状態を生み出します。
また、八方美人や裏表のある性格の人も光と影の夢を見るケースがあり、この場合の意味は本当の気持ちと偽りの気持ちを表しています。

手が光る夢は、意思による体験を通して真理に近づいている証です。

あなたの手が、怒りの本質を見極めさせる役割をしっかり担っていることを示しています。
手はどんな時にも自分で選択し、その意思をはっきり示すことができる力であり、これからの人生においても自分の尊厳を自分で守り、自分で弁護したり意見を言ったりすることが大切です。そして、時には余計なお世話を拒否することも必要です。
夢は、あなたがこれまでの体験を通してそうした真理に近づき、理解ができていることを表します。また、あなたの手によって表現されるのは、愛と慈悲によるものであること、現実世界で無限に具現化していけることも示しています。

もっと詳しく知る:
>>手の夢の意味

夢における蛍の光の力強さは、吉意の象徴。

蛍の夢の吉凶は、蛍の光が力強い光であるかどうかが大きな判断ポイントとなります。
迷いのない強い光を放つ蛍が心地よい雰囲気でたくさん飛び、その光に囲まれている光景は、何かの始まりを示す吉夢です。
これまでの努力が実を結び、トラブルは新たな展開で解決に向かいます。
チャンスや良いニュースも意味します。
眩しい光を放つ蛍は、過去の忘れがたい経験に再びスポットライトが当たり、そのことによって新たな進展があることを意味しています。
光り方が弱い蛍は、過去の不快な記憶を示しています。
蛍の光が消えるのは、感傷に浸る時期の終わりや物事の中断を意味します。

光が落ちる夢にはどんな意味があるのか

光は夢や希望をイメージする人が多く、明るい光や登る光に良い意味を抱きがちです。
その為、光が落ちる夢を見た時は失望を表している可能性があり、目標が達成できなかった時に見る夢です。
困難な時でも、先に光が見えれば頑張る意欲も湧きますが目指す方向の光が落ちた場合、進むべき場所がなくなり失望します。
現実の世界で解決できない出来事に直面した時、前向きな気持ちになれないため後退的な心理が強くなります。
後ろ向きの心理が夢に影響を与え、光が落ちる夢を見るケースがあり、現実で自分を照らす光の状態を意味しています。
ちなみに、目標に向かってやる気満々という人は、光が登るか強く輝く傾向です。

もっと詳しく知る:
>>落ちるの夢の意味

光る猫は恋敵だったり計算高そうな女性が実は自分に幸運をもたらしてくれるのかも

夢に出てくる猫は、あまり、良い象徴ではありません。飼い猫が出てくるわけではないのなら、夢の猫は、女性にとっては嫉妬深く手ごわい恋敵のような存在や、男性にすれば、自分が騙されやすそうで警戒すべき女性を表しています。
ただ、夢では幸福をもたらすシンボルとされる光を猫が放っているとしたら、話は違ってきます。
現実で、計算高く嫌な女性と思っている人が実は、自分の運気を上げてくれる存在だということを夢は教えてくれているのかもしれません。
もしくは、恋敵だったり厄介そうな女性に違いないにしても、恋愛を別にしたら、相性がよく、一緒に仕事をすればうまくいくとも考えられます。
とはいえ、猫の放つ光が強すぎる場合は、凶夢になり、相手の女性に振り回されて、自分がぼろぼろになる危険があることを知らせているのでしょう。

もっと詳しく知る:
>>猫の夢の意味
合わせて読みたい