夢占い

【夢占い】小学校の夢の意味13選!

小学校の基本的な意味

学生時代の夢というのは、様々な意味がありますが、その中でも小学校の夢を見た場合はルールや規則などの象徴、またはあなたの現実逃避願望を表す夢となります。まずは自分が小学生に戻って小学校に通っていた場合ですが、この場合はその時にどう感じていたかが鍵となります。
もしも楽しく小学校時代を過ごしている夢なら、少し現実に疲れているのかもしれません。夢の中で童心にかえることで、その疲れを癒しているのでしょう。逆に小学校で窮屈な思いをしているのなら、現実逃避をしたいものの、そうできていないことを示しています。
もしも小学校という建物や場所が出てきただけの場合は、小学校をルールや規則の象徴として見ます。小学校にプラスの印象を抱いたなら、ルールや規則に助けられていること、マイナスの印象を抱いたなら、そうしたものに疲れていることを意味します。

小学校の校舎が出てくる夢は新しい事を始める

小学校の校舎が出てくる夢はあなたが始めようとしている事を予知しています。もし夢で見た校舎がボロボロだった場合は新しい事を始めるのに少し後ろ向きな気持ちです。折角、新しい事に挑戦するのですから前向きにワクワクする気持ちを大切に始めてみて下さい。もし校舎がピカピカで新しいものならば新しい事が上手く行くことを予知しています。新しい事を楽しめてあなたが活躍できるので精一杯努力して頑張って下さい。努力すればするほど成果が出るでしょう。

小学校の頃の好きな人が出てきた夢は寂しさの表れ

小学校のころの好きな人が夢に出てきたときは癒されたいと思うほど心が疲れていることを表します。小学生と言えば遥か過去で思い出が良いことばかり蘇ってくるのではないのでしょうか。そんな過去の好きな人が現れるのは癒されたいと言う気持ちが強いことを表します。心が弱っている時期だからこそ、口のうまい異性などに騙されないように気をつけてください。休日も友達と遊びに行ったり気分転換をして寂しい気持ちを吹き飛ばせるように過ごしてください。

小学校で運動会を行っている夢は楽しい日々の暗示です

小学校で運動会を行っている夢を見た場合、それはこれから続いていく楽しい日々の暗示として受け取れます。心が弾むようなイベントやシチュエーションが数多く訪れるでしょう。受け身の姿勢でいても、どんどん楽しみが増えていくので、とても満足出来るのです。運動会は、楽しいイベントのイメージとして夢の中に描き出されています。何日も前から楽しみにしていられるような事が訪れ、不満を感じることなく毎日過ごせる暗示となります。

小学校が火事になる夢は悪意を持つ暗示です

小学校が火事になる夢は、自分の思い通りにならない状況に置かれた際に、破滅を求めるような思考に陥る暗示です。誰もが迷惑するような事態に発展すれば、面倒事が無くなるという邪な意識が芽生えるでしょう。小学校の火事は、回避欲求が過剰に渦巻く未来の兆しととしてイメージされているのです。自分の努力で困難を乗り切ったり、打開することから逃げてしまう可能性があります。正攻法でしっかりと向き合うことが大切なのです。

小学校の友達が出てくる夢は改心の暗示です

小学校の友達が出てくる夢は、本来自分が持っていた素直で真面目な意識が思い起こされる暗示です。惰性に満ちた現状を恥じて、もう一度昔のような気持ちに戻ろうという意識が芽生えるでしょう。小学校の友達は、懐かしい記憶を想起される存在として夢に登場しています。子供の頃のような純粋さを取り戻し、物事や人間関係を丁寧に見つめていくことが求められるでしょう。失いかけていた誠実さが蘇れば、周りからの信頼も自然と集まってきます。

小学校の先生が夢に出てくるときは疲れている

小学校の先生が夢に出てくるときはあなたの精神的な疲れている状態です。小学校といえば一番元気な時期です。そんな時代が懐かしく、更には羨ましくなるほど心が疲れてしまっています。更に細かいことを気にしすぎる傾向があるのであまりくよくよせずポジティブに考えることが大切です。そして先生は助言者の象徴です。人に話を聞いてもらいたい、頼りたいという気持ちが強くなっています。周りの信頼できる人に悩みを相談すると良いでしょう。疲れていてトラブルにも巻き込まれやすい状況です。気をつけて行動しましょう。

小学校で卒業式が行われている夢は出発の兆しです

小学校で卒業式が行われている夢の中には、新たな人生の船出が迫っている暗示が込められています。守られてきた状態から、自分自身のスキル・処世術を駆使して社会生活を送る必要性が示されているのです。他人任せに出来ないシチュエーションも増えていくことでしょう。卒業式のシーンは、新しい自分に生まれ変われ兆しにもなっています。一人の人間として、自覚ある生き方を模索していくことの必要性が、強く示された夢なのです。

小学校で鬼ごっこする夢は疎遠な状態を意味します

小学校で鬼ごっこする夢の中には、疎遠な状態になってしまった仲間について、懐かしく思い出す暗示です。かつて仲良くしていた人々が、いつのまにか遠い存在になってしまうでしょう。環境の変化や時の流れが、心も遠ざけてしまうのです。鬼ごっこは、懐かしい思い出のイメージとして夢に出てきています。二度と戻らない昔の出来事を振り返りながら、寂しい気持ちになってしまう兆しとして捉えられます。現状を鑑みて、一つ一つ受け入れていく必要性があるのです。

小学校で怒られる夢は幼稚な意識の表れです

小学校で怒られる夢には、子供の様な態度をとって身近な人から顰蹙を買ってしまう暗示が込められています。頭で考える前に行動してしまうこともあるでしょう。一度立ち止まって、自分の言動がどのような影響を及ぼすか、思いを巡らす必要があります。いい加減な人間として、評価を下げてしまうリスクがあるのです。身勝手な立ち振る舞いをしてきた過去があるのなら、しっかりと反省して、二度と繰り返さないことが今後の鍵となります。

小学校の保健室にいる夢は逃避の暗示です

小学校の保健室にいる夢を見た場合、現実から逃げたいという気持ちが強くなる暗示です。協調性の無さが露呈して、周りから冷ややかな視線が注がれる可能性もあります。自分の心を上手にコントロール出来ない現実として、保健室のシーンが映し出されています。本来であればしっかりと向き合うべき目の前の課題に対して、ネガティブな意識が高まって回避してししまうのです。妥協しながら、ある程度周りに合わせていく姿勢が求められます。

小学校の校庭にいる夢は後悔が募る兆しです

小学校の校庭にいる夢には、途方もない不安に苛まれて、心が塞ぎがちになってしまう暗示です。過去への後悔も大きくなり、先行きに明るい見通しが立てられない可能性が高まります。落ち込んでいるうちに、周りの状況はどんどん変化していき、付いていくことが難しくなるでしょう。校庭は、過去への悔恨を暗示します。佇んだまま、過去を振り返ってばかりの現実を軌道修正させなければなりません。未来のイメージを明確化するべきなのです。

小学校の下駄箱にいる夢は心が定まらない暗示です

小学校の下駄箱にいる夢には、自身の進退について思い悩み、決断が下せない状況が暗示されています。身の振り方に迷う中で、長期的な展望が見いだせなくなってしまうでしょう。目先のことに囚われすぎて、何をすべきか考える余裕が無いのです。一つ一つ、丁寧に順を追いながら思いめぐらすのが良いでしょう。下駄箱は、一歩踏み出せない現状のイメージとなって夢に示されています。恐れることなく、直観を信じてみるのも一つの方法となります。

小学校を探す夢は過去にすがりつく暗示です

小学校を探す夢には、昔良かった頃の思い出にすがりついて、現実逃避しようとする意識が反映されています。辛いことや悲しいことが多い現状を悲観して、無邪気に遊んでいられた時代を顧みるのです。小学校は、懐かしい思い出の象徴として夢に出てきています。戻れるはずのない当時の様子を思い浮かべながら、自分の情けなさを思い知るでしょう。時間ばかりが無情に過ぎていくことに対する、自分自身の悔しさと諦めが示された夢なのです。

合わせて読みたい