花言葉

トルコギキョウの花言葉や由来|色別(青色・白色・ピンク色・紫色・黄色・緑色)の意味から怖い意味まで丸わかり

トルコギキョウの花の特徴や名前の由来

花束やブーケにもよく使われる「トルコギキョウ」ですが、実は原産はなんとトルコではなくアメリカ合衆国の南西部からメキシコ一帯です。しかもキキョウ科ではなくリンドウ科ユーストマ属の植物なのです。この紛らわしい名前の由来は、1930年代に日本にこの花が入ってきた時にトルコ石や地中海に似たラベンダー色のものだけだったという説や、蕾の形がトルコ人の巻いているターバンに似ていたからという説があります。そして一重の花が従来のキキョウと似ていたことから「トルコギキョウ」と付けられたのですね。いずれにせよ今では紫以外にも品種改良によりさまざまな色や形で夏から冬まで楽しませてくれるかわいい花です。

トルコギキョウの花言葉の意味とその由来とは?

≪色別≫紫色のトルコギキョウの花言葉

紫色のトルコギキョウの花言葉は「希望」。全体的に白やピンクなどの淡い色の花が多い植物ですが、紫色のトルコギキョウからは美しさと力強さを感じることができます。
スラっと長い茎からボリュームのある花をつける姿から、このような花言葉がつけられたのでしょう。
また、トルコギキョウは花もちがいいことから切り花としてよく利用されます。大地から切り離されても、諦めず咲き続けるその姿は希望そのものでしょう。

≪色別≫白色のトルコギキョウの花言葉

清楚で慎ましやかなイメージのある白色のトルコキキョウはリンドウ科ユーストマ属の多年草で、海外から来た植物の為この名前が付きました。花言葉は思いやりで、色別に様々な言葉があるのでギフトの際には注意して下さい。

≪色別≫ピンク色のトルコギキョウの花言葉

結婚式のブーケとして大人気の花であるピンク色のトルコギキョウの花言葉は「優美」。
ボリュームある花びらを逆さにみれば、ドレスのスカート部分のように見えることから、この花言葉がつけられました。
トルコ人のターバンのようにみえることが名前の由来になっていることと対比すると面白いですね。

≪色別≫黄色のトルコギキョウの花言葉

黄色のトルコギキョウは白・ピンク・紫などと比べあまりなじみがないように思われますが、淡い黄色の花びらには独特の華やかさがあります。花言葉は「毅然とした態度」。他の色の中にあっても堂々とした佇まいで凛とした美しさを見せるその姿から付いたものでしょう。

≪色別≫緑色のトルコギキョウの花言葉

フリルのような華やかな形状でありながら、落ち着いたイメージを持つ緑のトルコギキョウ。
花言葉は、「よい語らい」です。
誰かと親密な話をしたい時……贈り物のカラフルな花束に柔らかなみどりを添えて、調和の取れた雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか?

≪色別≫青色のトルコギキョウの花言葉

真っ直ぐに凛と伸びた花姿が美しく、何枚もの花びらが重なって見えるトルコキキョウは優しさの中に美しさが溢れている女性的な花です。その青色の花には「あなたを想う」という花言葉があり、花嫁のブーケに欠かせない存在です。

≪トルコギキョウの花言葉≫すがすがしい美しさ

草原のリンドウとも呼ばれているトルコギキョウ。スッと伸びた茎の先に大きな色とりどりの花をつけるのが特徴です。
花びらが横に開くのではなく、一定の高さを保って咲く綺麗な花です。
そんなトルコギキョウの花言葉は「すがすがしい美しさ」
大地から伸びたトルコギキョウの花には、どこか凛とした美しさを感じることから、このような花言葉がつけられたのでしょう。

≪トルコギキョウの花言葉≫永遠の愛

一本の茎で何本もの花を咲かせるトルコキキョウの花言葉は「永遠の愛」。すっとまっすぐに伸びた姿が、不変の美しさを持ち合わせていることが由来となったといわれております。結婚式のブーケとしても、数本で非常にボリュームのあるものができるのでオススメです。

合わせて読みたい