復縁できるおまじない

【簡単・超強力】五円玉を使った復縁できるおまじないの方法!一目でわかるポイント付き!

五円玉を使った復縁できるおまじないの方法

復縁したい相手の生まれた年を確認し、その年に発行された五円玉を用意します。赤い糸をその五円玉に通して、丁寧に結びます。きれいな白い布を用意します。赤い糸を結んだ五円玉を白い布で包み、四隅を結びます。いつも枕の下に入れておきましょう。復縁が叶ったら、その五円玉はあなたのお守りとなります。いつも持ち歩くようにしましょう。

五円玉を使った復縁できるおまじないのポイント

このおまじないは復縁したい相手の生まれた年の五円玉を用意しなければ行えません。しかし小銭入れなどにいきなり同じ年の五円玉が入っていることはあまりありませんので、普段から気を付けて見つけるようにしておきましょう。コンビニやスーパー等で買い物した時にお釣りの五円玉を細かくチェックしておくと手に入れやすいですよ。

相手の生まれ年に発行された五円玉を用意

自分の生まれた年に発行された五円玉があれば、一緒に使います。なかったとしてもおまじないはできますが、効力が更にアップするので手元にある五円玉の発行年を確認してみましょう。自分の生まれ年の五円玉を見つけた場合は、使う前に洗います。汚れを落として綺麗にすることでツキを自分の元に呼び寄せることができます。

五円玉を赤い糸で結ぶ

復縁したい相手の生まれた年の5円玉が用意出来たら、その穴に赤い糸を慎重に通すようにして結びます。また、自分の生まれた年の5円玉も一緒に用意することができればより高い効果が期待できます。5円玉を二人の関係に見立てながら二枚を重ねるようにして一緒に結びましょう。その際、相手のことを考えながら作業するとよりよいでしょう。

五円玉を白い布で包む

用意する白い布はお気に入りのハンカチや楽しい思い出のある物、思い入れのある物などがよいでしょう。相手からのプレゼント、または自分からプレゼントしたものと同じもの、お揃いの物などであればより高い効果が期待できます。用意した白い布は四隅を結ぶので、薄くて結びやすい物を用意すると作業がスムーズになるでしょう。

五円玉を包んだ布を枕の下に

5円玉を丁寧に布で包んだら、布の四隅を結びます。この時、二人の関係を守るように相手のことを考えながら布の四隅を優しく結ぶとよいでしょう。眠るときには必ず忘れずに枕の下に優しくいれてください。寝ている間にぐちゃぐちゃになってしまったり、布から五円玉が出てしまったりしないように、頭の下に来るよう、大切に丁寧に置きましょう。

復縁がかなったら

復縁が成就した場合は、五円玉に赤い糸を通したままの状態でお守りとして大事に持っていて下さい。財布やバッグの中に入れたりするなど、持ち歩くことでおまじないの効力をあげることができます。復縁がかなわなかったり、復縁できなくてもいいと思ったら五円玉はすぐに使ってしまいましょう。五円玉を手放すことで効果を断ち切ることができます。

RELATED POST