いいことがおこるおまじない

【簡単・超強力】いいことが起こるおまじない!一目でわかるポイント付き!

いいことが起こるおまじないの方法

まずはじめに、いつも使っている自分のスケジュール帳を用意します。そして、満月の夜、スケジュール帳を月光が当たるように置き、その上に好きな香りのポプリをそっと添えます。それから、一時間ほど月明かりに当てましょう。しっかりと月明かりに当てたら、乗せていたポプリは香りが消えるまで肌身離さず持ち歩いてください。

いいことが起こるおまじないのポイント

自分のつかっているスケジュール帳を浄化する作業をします。このおまじないによって、よくなかった出来事などから解放されます。いいことが起こるためには、いいことを受け取るための受け皿が空になっていないと入ってきません。まずはいやな過去の出来事に対する思いなどをすっきりさせるのが、いいことが起こる第一歩となります。

スマートフォンでもOK

スケジュール帳を持っていなくて、スマートフォンで予定を管理しているというときは、スマートフォンでおまじないを行ってもOKです。例えば、GoogleカレンダーやYahoo!カレンダー、その他スケジュールアプリやExcelなどで管理しているという人は、そのアプリの入ったスマートフォンを使って行ってください。

良く晴れた満月の夜に

このおまじないは、よく晴れた満月の夜に行うことがとても大切です。おまじないを始めてから終わるまでに、1時間ほどの時間が必要になりますので、その間に満月に雲がかからない良く晴れた日を選んで実行してください。新月から満月までの月の周期は29.5日。そして雲のないすっきりとした満月の夜。そんなタイミングを逃さないように、満月の日に夜空を見上げてみましょう。

香りは好きなものを

おまじないに使うポプリの香りには、浄化の効果があるハーブが調合されているものが望ましいのですが、そうでなくても大丈夫です。例えばバラやジャスミンを使った甘いフローラル系、オレンジやベルガモットを使ったさわやかな柑橘系、シナモンやクローブを使用したスパイス系など、香りは様々です。おまじないに使ったポプリはいつも持ち歩く大切なアイテムなので、好みの香りのものを選びましょう。

香水で代用もできる

ポプリがどうしても手に入らない場合には、香水をコットンやティッシュなどにしみ込ませたものをポプリの代用とすることができます。いつも使っているお気にいりの香水でも、おまじないのためのスペシャルな香水でも、大丈夫です。その後3日間はおまじないに使った香水と同じものをご自身に使いますので、ポプリと同様に好みの香りであることがとても大切です。

悪いことがあったらこまめに浄化

このおまじないを終えた後のスケジュール帳は、いつも通りに使ってください。ただ、もしも悪いことが起こってしまった時には、すぐに月の力をかりて負のパワーを浄化してしまいましょう。満月ではなくても良いので、スケジュール帳を少しだけでも月明りに当てます。そうすることで、負のパワーを優しい月明りの力ですっかり消してしまうことが出来るのです。

RELATED POST