友達ができるおまじない

【簡単・超強力】リボンを使った友達ができるおまじない!一目でわかるポイント付き!

リボンを使った友達ができるおまじないの方法

まず15センチ程度の長さのある白いリボンと緑色のペンを用意します。次に用意した白いリボンに用意した緑色のペンで自分のフルネームを書きます。書き終わりましたら書いた名前が見えないようにシャーペンやボールペンに結びつけて使用します。リボンを結ぶシャーペンやボールペンは普段よく使っているもので大丈夫です。

リボンを使った友達ができるおまじないのポイント

おまじないをかけたことが他人に知られてしまうと効果が弱まってしまいますので、結んだリボンがほどけてしまったり、結んだ際に名前がみえたりしないように注意が必要です。リボンの白は自分の心を鎮めるパワーがあり、名前を書くのに使った緑色には友情のパワーがあります。気になる人に声をかけられたら臆せず話してみましょう。

白は心を静める、さらに「勝利」の意味も

用意したリボンの白色にはまっさら、何もない、クリアという意味があり、雑念を払い心をクリアにするパワーが秘められています。その力は新たに友達が欲しいという願いにぴったりです。白色にはほかにも「成功」「勝利」というパワーも秘められているので、願いがより叶いやすくなります。そんな白色がくすまないように、リボンを汚さないよう注意します。

緑色は友情の象徴

自分の名前を書く際に使用した色のグリーンは友情、縁、平和を象徴する力を秘めています。また精神や身体をリラックスさせ穏やかな気持ちを引き出してくれるパワーを秘めている色でもあるので対人運がアップします。おまじないの効果がなかなか現れないと感じる場合は、焦らず心を落ち着かせましょう。心に余裕がなくなるとせっかくのグリーンのパワーが半減してしまいます。

結び方はほどけにくい方法で

おまじないに使用するリボンを結ぶ際はリボン結びはほどけやすいので違う結び方にしましょう。このおまじないではリボンの見た目の綺麗さや華やかさよりも、いかにほどけないかが重要です。固く結ぶことで自分の気持ちも固く固定され、願いがより叶いやすくなります。リボンを結ぶ際には自分の名前が見えないようにすることも重要です。

結びつけるのはいつも使うペンで

白いリボンを結びつけるのにつかうシャーペンやボールペンは名前を書く際に使用したグリーンのペンではなく、普段よく使うペンにします。結びつけるペンはいつもよく使うペンであれば蛍光ペンや鉛筆などなんでも大丈夫です。ボールペンや蛍光ペンなどのインクを使うペンは使用途中でインクが切れてしまわないようにおまじないを始める前に確認しましょう。

リボンはほどけないよう注意して

グリーンで名前を書いた白いリボンを結ぶという事は縁を結ぶということを意味しています。そのための白いリボンがほどけてしまったり、願いを込めて書いた名前が見えると効果が下がってしまいます。もしほどけてしまった場合は速やかになるべく同じ場所に、同じ位置に結び目が来るように、はじめと同じように結びなおします。

合わせて読みたい