好きな人に会えるおまじない

【簡単・超強力】絆創膏を使った好きな人に会えるおまじない!一目でわかるポイント付き!

絆創膏を使った好きな人に会えるおまじない

まずは、絆創膏を1枚用意します。そして青いペンを用意して、ガーゼが見える部分まで剥がしてから好きな人のイニシャルを書きましょう。次に赤ペンを用意し、好きな人のイニシャルを丸で囲みます。その後で、ガーゼに書かれているイニシャルが見えないようにしながら、左手の小指に張り付けます。そのままの状態で、3日過ごします。3日経ちましたら絆創膏を剥がし、「ありがとう」と一言お礼をしてから、ゴミ箱の中に捨てます。

絆創膏を使った好きな人に会えるおまじないのポイント

絆創膏を指に張りつける際に気を付ける点は、左手の小指ということです。何故左手なのかというと、恋愛のパワーをつかさどる働きがあるといわれています。そして小指には、色々な情報のキャッチや逆に発信するアンテナの役割があることから、左手の小指におまじないを掛けることによって効果が出るのです。左利きの人にとっては難しいですが、慣れてくればすぐに張り付けることができますので、頑張って下さい。

思いを小指のアンテナに乗せて

おまじないの効果を高めるポイントとしては、おまじないを掛けている最中に、好きな人と会っているシーンを思い描いていることです。小指はアンテナの役割を持っていて、自分の気持ちを送ったり、逆に届くことがあります。絆創膏を張り付ける時に好きな人の思いを乗せながら、テレパシーのような感じで送れば、おまじないの効果が発揮することができます。

はがれてしまったらやり直してOK

3日間、左手の小指に張り続けていますと、手洗いやお風呂などで絆創膏が剥がれてしまうことがあります。もし絆創膏が剥がれてしまいましたら、残念ながらおまじないの効果が薄れてしまいます。ただ諦めないで、1からやり直せばOKなので、再チャレンジをしてみましょう。再び始める際には、同じ方法で3日間絆創膏を貼り続けることになります。ただ張り続けることによって、左手の小指には恋愛のアンテナが反応しやすくなっていますので、おなじないの効果によって好きな人に会うことができますよ。

はがすタイミングは3日目の夜

3日間張り続けましたら、絆創膏を剥がします。しかし、どのタイミングで剥がさないとならないのかと、悩んでしまいます。タイミングとしては、3日目の夜が一番ベストとなります。日中活動している時と比べ、夜は心が落ち着きやすく、物事に対して集中することもできます。剥がす時にも、意中の彼のことを思うことができることから、おなじないの効果が発揮しやすくなります。

会えない場合でも他の形で効果が出る

絆創膏を3日間続けて張っている時に、おまじないを掛けていることから、彼との間に何かしらの変化が出てきます。意中の彼に会えれば嬉しいですが、休みがあって会えるチャンスがないのではと、心配することもあります。ただ彼との距離によっては、会えなくても向こうから電話やLINEなどで連絡が来るということで願いが叶うことも。会えるチャンスがないとガッカリするのではなく、別の形でチャンスができますので、安心して下さいね。

ピンクの絆創膏で効果アップ

おまじないに使う絆創膏は、怪我などした時に張る市販のものでもOKです。中にはその日の気分で、柄ものやキャラクターものの絆創膏を張ることもありますが、おまじないに使っても問題はないです。ただ同じ絆創膏でも、恋愛に効果的なピンク色、自分の好きなキャラクターの絆創膏は効果がアップしやすいです。自分が気に入っている絆創膏ほど気持ちも入りやすいので、おまじない用に好みの絆創膏を探してみるのもいいですね。

RELATED POST