恋が叶うおまじない

【簡単・超強力】折り紙を使った恋が叶うおまじない!一目でわかる恋愛成就のポイント付き!

恋が叶う折り紙のおまじないの方法

①赤色の折り紙の白い面にペンで「アフロディーテ様、(好きな人の名前)の気持ちを私に下さい」と書く。ペンの色は何色でもOK。
②書いた折り紙を小さく折りたたむ。
③ポーチや財布など、常に持ち歩くものの中に入れて誰にも見つからないようにしておく。
※アフロディーテはギリシャ神話の中で恋愛や美しさ、性をつかさどる女神です。

恋が叶う折り紙のおまじないのポイント

神様を味方につけるように大事に持ち歩こう。おまじないを叶える上で大切なのは神様を大切にすること。そのため折り紙は汚したり破いたりしないよう、大切にするようにしましょう。願いを書いた折り紙を大切にすることは神様を大切にすることと同時に、自分の願い事や想いも大切にすることにつながります。願いが叶うように自分の気持ちも大切にしてくださいね。

≪折り紙≫祈願に使われる

折り紙は千羽鶴など、何かを祈願するときに使われるものだというのはご存知ですか。小さい頃に折り紙で遊んだ記憶がある方は多いですよね。折り紙を使って千羽鶴を折ったり、七夕に願いごとを書いたり、クリスマスにメッセージを書いたり…色々なイベントで自分の想いや願いを伝える時に使われていますよね。最近は折り紙で星を折ったラッキースターも流行っています。

常に持ち歩くことで神様の加護を得られる

お願いごとを書いた折り紙を常に持ち歩くことは、神様とお願いごとをつなぐアイテムを通して一緒にいることにもつながります。また自分の想いや願い言葉を忘れないようにすることも祈願つながるのです。せっかくの願いなのだから、神様も自分も大切に常につながりを持つようにしましょう。効果が出るように大切に扱えば神様が味方してくれるかも。

他人に見せない

祈願の際に大切なのは、自分のお願いごとを誰か他の人に見られないようにすること。もし他人に見られてその人にネガティブな感情を抱かれるとおまじないの効果が薄れるからです。自分の願いを心から応援してくれる人になら見られてもOKですが、相手の本当の気持ちが分からない以上見られないようにすることが良いでしょう。

結婚をしたい人はヘラにお願いするといいかも

ギリシャ神話に出てくる一人、女神ヘラをご存知ですか。ヘラは結婚生活を守る女神とされており、結婚をのぞむかたには非常に心強い味方になってくれる女神です。ヘラはとても美しく、全知全能の全てをつかさどるゼウスがヘラだけを愛した時期もあるなんて話もあるようです。運命の人に出会い愛されたい、結婚して幸せになりたいなんてかたにぴったりの神様ですね。

ペンは油性ペンを使うこと

折り紙に文字を書くときは、折り紙がボロボロになっても消えないようにペンで書くようにしよう。文字が薄かったり消えやすかったりすると、持ち歩いているうちに擦れたりして文字が消えてしまうことも考えられます。自分のお願いや気持ちを書いた大切な折り紙なので、すぐに消えてしまわないようにしっかり油性ペンで書くことが祈願成就のポイントです。

合わせて読みたい