雨を降らせるおまじない

【簡単・超強力】当日に出来る雨を降らせるおまじない!一目でわかるポイント付き!

当日にできる雨を降らせるおまじないの方法

このイベントは雨でなくなってほしい、晴天続きだから農作物に雨を降らせたいなど、どうしても雨が降ってほしい時に、準備など必要なく、雨が降ってほしい当日にできる手軽なおまじないをお教えします。
外に出て空を見上げて、心の奥底から雨が降るように気持ちをこめて「ガンジ ガンジ ガンガンジ」と口に出して唱えます。本当に雨が必要なんだという強い気持ちが、おまじないの効果を高めます。

当日にできる雨を降らせるおまじないのポイント

水の神とされるウンディーネに対して、必ず雨を降らせて欲しいという思いを、はっきり届くようにに唱えることが肝心です。真剣に唱えることによって、願いが届きやすくなるのです。思いの強さを、はっきりと言葉にして伝える姿勢が求められます。明確な意志を持って、ウンディーネに願いを伝える姿勢を貫くことが強く求められるでしょう。

雨の神様に届くようにはっきりと唱えよう

当日どうしても雨を降らせたいあなた、これからお伝えするおまじないをぜひ試してみてください。方法はとってもシンプルで、すぐに外に出て雨空を見上げて「ガンジ ガンジ ガンガンジ」と口に出して唱えてみるだけ。このとき雨の神様に自分のことばが届くようにはっきりと唱えてください。でも声量よりも一つ一つの言葉をはっきり言うことを意識してみましょう。

空がだんだん曇って雨が降るところを想像しながら唱える

雨を降らせるためには、見上げる空が次第に曇って、雨が降る状況を想像しながら唱えることが大切です。自分の中にはっきりとしたイメージを持つことによって、雨の神様に願いが伝わりやすくなります。雨が降り出すまでのシチュエーションやプロセスを明確にイメージ出来れば、期待通りの形で雨が降り出すことになるでしょう。

出来れば水辺の近くで言う

水の女神であるウンディーネは、湖や池のほとりなどの場所に住んでいるのことから、出来るだけ水辺の近くで言うと伝わりやすくなります。当日はウンディーネがいるとされるロケーションを選んで、雨を降らせたいという思いをはっきりと届けることに集中させることが大切です。より近い場所から唱えることで、気持ちが通じやすくなります。

降りそうな気配になるまで何度か言おう

すぐに効果が出なくても、雨が降りそうな気配になるまで何度も繰り返して言うことが肝心です。いくら神様であっても、すぐに天気を変えられるという訳ではないので、願いが届くまで辛抱強く唱え続けることが必要となります。真剣さをアピールすることで、神様に伝わりやすくなるでしょう。粘り強く唱える姿勢が大切なポイントです。

RELATED POST