血液型占い

O型とAB型の相性はどう?恋愛がうまくいくポイントを解説!【血液型占い】

O型とAB型の恋愛相性と特徴を解説!

O型とAB型の恋愛相性は30%

O型とAB型の性格は正反対だといわれています。そのため、恋愛での相性は相性は良いところと悪いところがはっきりとわかれるのです。

O型は基本的にべったりと甘えてイチャイチャしたいタイプの方が多いのですが、逆にAB型の場合はただそばにO型の方が居てくれさえすればそれで良いという考えなのです。

他にも、O型の方は何かを決める際などに決断力を発揮するのですが、AB型の場合は決断力に欠ける部分があるのでO型はとても頼りになる存在なのです。

しかし、AB型の方は束縛されるのがとても嫌いでどちらかというと自由でいたいというタイプで、自分の個性も大切にしたいところがあります。

O型がその個性を尊重することを怠って自分の決断力を押し通そうとすると、一生修復することのない溝が出来てしまうかもしれません。

一緒にいたいO型とマイペースでいたいAB型は合いにくい

O型の人は誰にでも優しく接することのできる広い心を持った人が多くいますが、親しい間柄になるとそれに甘えてしまう人も多く、深い関係になるほど冷たい態度をとってしまうことも少なくありません。

AB型の人との恋愛ではフラットな関係を重視するAB型に対して、甘えたい人の多いO型の性格がAB型の考える対等なバランスとは異なってしまうこともあり、一緒にいる時間が長いほどAB型の人が疲れてしまうこともあります。

寂しがり屋でいつも相手を求めてしまうO型の人は、自分の願望を満たすだけではなくAB型のような性格の人がいることも考慮することで、お互いにとってバランスのいい距離感を意識することができ、関係が上手くいくこともあります。

お互いを理解できると相性のいい凹凸コンビになる

血液型で「相性が合わない」と分かっていても、好きになったら彼氏・彼女になりたいと思います。

しかし、一番相性が合わない血液型はAB型の男性とO型の女性です。AB型の男性は、楽しいことも争いごとも冷静に見極める性格の持ち主なので感情表現が少ない傾向にあります。

ここが、おおらかで社交的なO型の女性にとっては、ストレートな感情表現がないので理解できずAB型の男性を受けつけることができない部分です。AB型の男性は、相手に心を開くまでは時間がかかりますが一度開くと相手をとても大切にします。

O型の女性も一途な恋愛を好むので、お互いに心を開ければお付き合いも可能です。その後は、母性本能が強いO型の女性が面倒な争いや感情表現が少ないAB型の男性を理解してあげれば相性のよい二人になります。

O型とAB型の二人陥りやすい落とし穴

O型とAB型は正反対な性格で合わせにくい

O型はロマンチストでAB型はクールと言われています。まったくの正反対と思われるO型とAB型ですが、果たして実際はどうなのでしょうか?AB型はベタベタした絡みを嫌う傾向にあります。

付き合ったとしても、お互いの距離感はしっかりと保ちたいですし、なかなか立ち入れないような雰囲気を醸し出しています。ただそこにいてくれるだけでいい、一緒にいれるだけでいい、というのがAB型の考え方の特徴です。一方O型は、惚れ込みやすい傾向にあります。

スキンシップを楽しんだり、サプライズで盛り上がったり、好きな人にはとことん愛情を注ぐタイプです。そのため、O型とAB型はすれ違う部分が多く、性格が合わないとされています。

良い関係を続けるためには、O型の大きな包容力でAB型の自由気ままな行動を見守るか、AB型がサラッとO型のロマンチストな部分や愛情表現を受け止めてあげる余裕が必要となってくるようです。

お互いに自分の事ばかり考えると関係が破綻しやすい

同じ目的意識が働いている基本姿勢ができているといいのですが、一つの例としてO型がダンス、AB型はミュージアムへと別の方向で歩んでいる場合、ダンスに備えて髪型をAB型に決めてもらおうとするも、AB型は次のステージに向けて時間がとれません。

こんなふとしたことをきっかけに決裂する可能性もあります。AB型は多彩なことに優れている人も多く、O型がそれに頼りきってしまう傾向もあるからです。

そんな時、「今すぐにやって!」と融通の利かない一面が表に出てしまうと、自分の道を究めることに忙しいAB型は逃げたい気分になってしまいます。

また、普段人を若干強引に指示したり、調教の上手なO型ですが、AB型にはうまく効果を発揮できないこともあり、主導権争いになる可能性があります。

ちょうどいい距離感がつかみにくい

O型とAB型とでの付き合いにおいて、『ちょうどいい距離感がつかみにくい』という問題があります。比較的どちらの血液型もマイペースな人が多いと言われるので、お互い独特のリズムや空気、距離感を持っているのです。

また、O型の人もAB型の人もA型といった他の血液型に比べて「自分を殺して人に合わせよう」というよりは、「マイペースに物事を進めたい、自分のペースを崩されたくない」といった人が少なくありません。

O型の人は自由人、気まま、楽観的といった性格が特徴的です。そのため、距離感を意識しすぎるよりは、明るく笑顔を大切にリラックスしながら接すると良いでしょう。

AB型の人は独創性が強く、1人でいる時間を大切にする傾向にあるので、ゆっくりと時間をかけて距離を縮めていくように心がけましょう。

O型とAB型の恋愛がうまくいく秘訣

褒めることを意識する

仕事場でAB型の人は、冷静な性格を持っているので自分の主張は強くはしません。また、独特な発想力と先見の目が優れているので周囲からは「天才」と良く言われます。

そのため、周囲の人はAB型の他の人には真似できない頭脳の良さを尊敬しますが、本人はプライドが高い傾向にあり職場の人間関係でも人の上に立つことを好むので中々自分の考えを変えることが難しいです。

AB型が上司となった時、性格が反対のO型の社交的な部分がAB型には理解できない部分です。しかし、O型は自分を大事にしてほしいという気持ちが強いので、社交的なことを褒めてあげれば縁の下の力持ちになってくれます。

O型の人は、おおらかですが、言い換えれば大雑把な性格でもあるので、周囲を分析し冷静に働いてくれるAB型と仲良くなれるように、時間をかけてお互いに心を開ければよい関係が築けます。

そのためにも、AB型が持つ高い理想や目標を理解して実績を積むごとに褒めてあげればO型のプラスにもなります。

一緒にいる時と独りの時のメリハリを持つ

いつも明るく仲間に囲まれているイメージのO型ですが、実はどうしても譲れない特定のこだわりを持っていたり、オタク質な一面もあります。時には誰にも邪魔されず、趣味に没頭できる時間が必要です。

また基本的にマイペースで相手に合わせるのが苦手なイメージのAB型も、ひとりで自由な時間が不可欠です。そんなふたりに共通するのは、もともと好奇心旺盛で楽しいことが大好きという一面です。

その共通点を上手に取り入れながら、一緒にイベント等に繰り出すといいでしょう。新しい体験が刺激となり、ふたりの仲を一層近づけるでしょう。また時にはお互いがひとりで楽しめる時間を確保することで、ストレスなく上手に付き合うことができるはずです。

ストレートな意見を時にはぶつけ合う

AB型の特徴のひとつにプライドの高さが挙げられます。なかなか相手に本心を見せず、仲良くなるには時間が必要かもしれません。それに比べて根っからの楽天主義で、初めて会った人にも人見知りせず、すぐに打ち解けてしまうのがO型の特徴です。

そんな真逆ともいえる二人がうまくいく秘訣は、時に気持ちを素直に伝えることです。O型の人はいつでも自分の意見を率直に口にする傾向にあります。空気を読んで自分の意見を飲み込んでばかりのAB型の人にとっては、少し面倒くさいかもしれません。

ただO型の人は相手の意見を尊重する寛容さがあります。時にはお互いが思い切って意見をぶつけてみることで、ストレスのない関係性が築けることでしょう。