血液型占い

【血液型占い】B型とAB型の相性はどう?恋愛がうまくいくポイントを解説!

B型とAB型の恋愛相性と特徴を解説!

B型とAB型の恋愛相性は90%

B型はマイペース、AB型は自由人、なんてよく言われますよね。
そんなB型とAB型ですが、恋愛の相性は90%と高い数値が出ているんです。

B型は自分のペースを乱さないカリスマ性があったり、一方でAB型は天才肌が多かったりと、几帳面と言われるA形やおおらかと言われるO形とはまた違ったくくりをされることが多いです。

一風変わった人たちが多いですが、そんな個性的な部分が多いからこそ、B型とAB型は息がピッタリなんです。無駄な気遣いなどなく、自分自身がやりたいようにやり、それを干渉しあわず好きなペースで過ごせる。

そうやってお互いにストレスフリーに過ごせることから、一緒にいて楽だと感じることが多いのです。B型が自分の道を突っ走りすぎたときにはAB型がビシッ!とツッコミを入れて止めます。

他の血液型では収拾しきれないようなところも、個性派色の強いB型とAB型ではうまいことまわっていくのです。

B型とAB型は深い信頼を持ちあえる

B型とAB型は、似ているようで対極の感性があります。

自由奔放で束縛を嫌うB型は、他人を気にしない、ある意味他人に無関心なAB型に、得も言われぬ居心地の良さを感じ、AB型は、敵も多いが見方も多いB型の自由さに、自分にはないものを感じ、味方になることで「自分だけが理解している」といった優越感を感じます。

二人の間にあるこの「居心地の良さ」と「優越感」は、ほかの血液型には感じられないことが多く、無意識に相手を求め、理解し、信頼感を築き上げる一端を担っています。

ですが、この関係性はほかの人に理解を得られないことも多いものです。周囲の雑音は一切気にならないのも特徴的ですが、このような関係を不思議がられている事は、それなりに理解しています。

楽しさをテーマにデートを楽しむ

外向的か内向的かという違いはあっても、マイペース、自分の価値観があるという点で強く一致しているのがB型とAB型。

しかも、適度に自分の世界を持っていて、外に感情を出し過ぎないAB型の気質と、外向的にパワーを発揮することもできるB型の性格が実にうまくかみ合い、どんどん仲を深めることができるでしょう。

とは言え、お互いに自分の世界を持ってもいますので、デートコースを自分の「好み」にのみ合わせると、相手方がまったく楽しめなくなってしまうリスクがあります。

打開策としては、デートの際に「楽しい」かどうかをメインに据えて企画を立てていくことが有効かと思われます。価値観が適度に近い同士でもあるので、その気になって選べば的を外すことなく、二人の時間を過ごすことができます。

B型とAB型の二人陥りやすい落とし穴

初対面の印象だけで判断すると関係が構築しずらい

考え方や人生観がカッチリ合う場合も多く、すぐに良い仲になれるのがB型とAB型。スイスイと話が進み、デートや食事、そして正式なお付き合いへと移行していくことも少なくないでしょう。

しかしそうなった時に、「あれ、初対面で感じたのとは随分印象が違うな」と感じてしまうかも知れません。もちろん、外面と内面は多かれ少なかれ違うものですが、あまり印象が極端だと、その後関係を深めるにも苦労することにもなりがちです。

自分の目標や野心を前面に出しても平気なB型と、内面でロマンを形成するAB型では、似た性質とは言え態度においてはかなり違うものがあるので、特にB型の人は、自分と同じタイプだとAB型の人を評価しない方が、後々の仲の進展にもつながるでしょう。

わがままが過ぎると決定的な亀裂が入る

強く「自分」というものを持っているB型とAB型。他とは違う考え方や物の見方、行動は斬新だったりする場合も多く、人を惹きつけるだけの魅力へ、直接つながっていくことにもなります。

そうした部分は恋人関係になっても変わらないものですが、あまり自分の主張だけを突きつけてしまうのも考えものです。

特に、B型とAB型のカップルは、双方とも動かしがたい個性を有しているだけに、もちろん個人差はあるとは言え、一定の「ライン」を越えると我慢が簡単に限界を突破し、今後の関係にも支障をきたすような、決定的な亀裂が入ることにもなりかねません。

お互いに話しやすい、聞いて貰いやすいタイプという安心感もあって、ついつい言いすぎてしまうわけですが、親しき仲にも礼儀ありの精神を持ち続けることも、関係を続けるには大事なのです。

お互いに浮気性な一面も…

個性的なB型と、同じく人とは違った視点を持つことができるAB型は、血液型的には理想の組み合わせの一つであり、実際にすぐに仲良くなり、関係を深めていくことができますが、その一方で結婚などのゴールに至るまでに別れてしまったという話を聞くことがあります。

その原因になる第一がどちらか一方の「異性問題」、浮気などの話が浮上するということだったりしますが、日頃の仲睦まじさとは関係なく、B型もAB型も、非常に様々なことに「関心」が高いので、異性にもついつい目移りしてしまうことが多くなってしまうのがその要因です。

本能的に、と言うか直感的に魅力的な人には目移りしてしまうものですが、そこでグッとこらえて向くべき相手の法を向く心がけが、良好な関係のためには必要になってくるでしょう。

B型とAB型の恋愛がうまくいく秘訣

お互いに自立心を持ちあう

自分のことを分かってくれる、痒いところに手が届く関係性は、誰にとっても得がたくありがたいものです。特にB型やAB型な人にとっては、自己の独自性を理解しているだけに、ようやく出会った自分を理解してくれる人になります。

だからこそ、普通にしているだけで居心地が良い、ずっと一緒にいられる仲の良さを、ごく自然に築いてもいけるわけですが、だからこそ「依存」には注意が必要です。信頼できる恋人がいると言っても、それとは別に友人や家族は大切です。

一定のレベルを越えて距離を詰め過ぎても、結局は互いの苦労になるだけです。一番気が合うと感じられるほどの相手と巡り会えたのですからこそ、日常も大切にしたいものです。

素晴らしい相手だと理解しつつも、自分は自分、といった自立心を持ち続けることが、バランスの良い平和な関係の発展にもつながっていきます。

ロマンチックな場所や行ったことない場所に行く

シャイでセンスがあるAB型と、常に自分の色を持っているB型は、何をするにも波長が合う間柄と言えます。

ただ、自分の好みばかりを前面に出していると、デートの際に相手を満足させることは難しくなりますし、最悪喧嘩になってしまって、関係を先に進めるどころではなくなってしまいかねません。

やはりデートは、自分が楽しむことだけでなく、まず相手にいい気分になってもらうという基本に立ち返っていく必要があります。

具体的には、いかにもロマンチックな場所は、今まで行ったことがないようなところに足を運ぶことを基本に組み立てていくといいでしょう。そうすれば、お互いにセンスが良いので、思った以上の結果につながっていくかも知れません。

B型とAB型は束縛をしない

マイペース人間のB型と二面性を持つ個性派なAB型、この血液型の組み合わせが上手い関係を続けていくためには、何に気を付ければよいでしょうか。

B型とAB型は、他の血液型に比べて「ペース」を重要視する傾向にあります。B型はつかみどころがない性格で、自分の思い描く道をパワフルに突き進んでいきます。対するAB型は、群れることを嫌い、自分の中に壁を作りつつ他人と接していきます。

B型とAB型がうまく付き合っていくためには、そんなお互いの「ペース」を守っていくこと、つまり「束縛をしないこと」が必要となってきます。あまりに行き過ぎているようであればストップをかける必要はありますが、毎度毎度自分の行動に「待った!」とかけられるとB型は面白くありません。

反対に、相手のことを考えずにグイグイとパーソナルスペースに侵入してくる人を、AB型は嫌います。他の血液型にも言えることではありますが、B型とAB型の方と長いお付き合いをするためには、束縛や干渉は避けていきましょう。

合わせて読みたい