夢占い

【夢占い】タバコに関する夢の意味とは?よく見る6つのシチュエーションを解説!

タバコを禁煙する夢は、覚悟が決まったことを示唆。

物事に精力的に取り組もうとする姿勢や、あなたにその覚悟ができた、ということでしょう。

あなたが、例え喫煙者であっても、日常的試練にもろいわけではなく、更にいえば多才なことに取り組んでいたり、物事に融通を利かせる手腕も巧み、むしろいい意味で、折り合いをつけてうまく交わすことができていたのかもしれません。

そんな人にとっても何かを「断ち切る」というのは難しいもので、「禁ずる」ということに対し、立ちふさがる「障害」という認識が働いてしまいます。

しかし、覚悟ができると、これまで脳が勝手に作り上げていた先入観が消え、ようやく意識に変化が表れたと言えます。

タバコを吸う夢は、一時的な逃避か健康面での警告。

ストレスの蓄積を暗示し、一時的な逃避願望ともいえるでしょう。

しかし、たばこはほんの束の間の解消法に過ぎず、身近にあるものの、多くの人は体に害がある、という認識を強く抱くシンボルです。

あまり有効的手段とはいえず、もっと価値的な時間の使い方をあなたに促している、と言えます。

また、たぼこというシンボルによって、「時間と労力的を無駄にした」事象に対し、後悔の念が高まっているのかもしれません。

現在喫煙者であれば、単に日常の一コマを見ている場合もありますが、滞在的には有害性を感じているため、警告的な意味を表している場合もあります。

タバコを食べる夢に隠された意味とは

喫煙者/非喫煙者にかかわらず、見る方が多いタバコの夢。今回は、「タバコを食べてしまう夢」についてご紹介します。

タバコを食べる夢は、誰かに甘えたいのに甘えられず、日頃のストレスが溜まっている状態です。

タバコは本来吸うものです。

しかし、タバコを吸うだけでは満足出来ず、直接口の中に入れて欲求を満たそうとしている非常に欲求不満な状態にあるといえます。

誰かに甘えたいのに、誰にも甘えられない、という欲求をかかえている状態なので、心身ともにとても負荷がかかっている状態です。

早急に甘えられる相手を見つけ、心身の負荷を軽減しましょう。

タバコを吸う父の夢は、あなたへの心配と警告です。

たばこを吸っているのが父親であるのは、あなたに対する警告と言えます。

父親という存在は、厳格な保護者の意味あいが強く、頼りないあなたを救済したい気持ちが働いているともいえます。たばこは一時的な快楽であり、有害な物です。

そんな気休めにふけっているあなたのことを心配し、父親自らがシュミレーションして訴えていると言えます。

一見、自由意志で喫煙しているように見えますが、実際には自由を奪われた情けない状態を示しているとも言えます。

コミュニケーションの合間の喫煙は、ある意味一時休止としてすがる物であり、他人との関係性に煙幕を張る行為でもあります。

こうしたことを含め、あなたが客観的に父親の姿を通してみた時、感じたことが全てと言えるでしょう。

タバコに火をつける夢の解釈そして夢からのアドバイス

夢がタバコそのものに注目をしているなら「男らしさ、男性的なエネルギー」を示します。

タバコでは無く、火をつけることに注目しているなら「自らのうちに燃え上がる情熱」を意味します。

そこからタバコに火をつける夢は、衝動的になってはいますが、うまくいく予感です。

タバコにうまく火がつかない場合は、物事が思うように進まずに『イライラしている証拠』もしくは、タバコは口に咥えるものですので性的な意味もあり『性的欲望が高鳴っている』可能性もあります。

タバコに火をつける夢を見たときは、自分自身の欲求を火と捉えて、どういった類の火をつけようとしているのかを考えてみてください。そこに自分自身の『欲求や衝動』が隠れています。

タバコに火をつける夢はその自分自身の『欲求や衝動』を教えるために出てきたものなのです。

タバコで火事になる夢は、迷惑行為による災いです。

たばこには、「他人への迷惑行為」としての意味も持っています。そんな行為が災いして大事になる、ということへの警告です。

また、実際には根本的解決にならない、自身にとっても有害行為です。そして気づかないうちに自分を犠牲にしながら、他を巻き込んでいます。

悪い習慣は、次第に速度を早くしていくため、制御が利かなくなる可能性があります。今、まだ危険を回避できるうちに悪習慣を断ち切ることが大切です。

真の発散方法を探り、感情をコントロールする術を身につけ、衝動的欲求から起こす無責任な行為を慎むことが大切と言えます。

合わせて読みたい