夢占い

【夢占い】来客に関する夢の意味8選!

玄関で来客を見る夢は幸運が舞い込んで来るサインです。

来客の夢は、
人生に影響を与える人物との出会いがあることを暗示しています。
玄関で来客を見る夢は、来客が良い知らせを持ってきてくれるという吉夢です。
来客が女性の場合、対人運が上昇していていることを表しており新しい友人や親友ができるかもしれません。
知り合いが来客の場合は、その相手があなたに何が伝えたいことがあるのかもしれません。
ステキな出会いのチャンスがありますので
社交の場には積極的に参加してください。
人脈を広げることで視野も広がり、人間力もアップできるでしょう。

知らない来客が来る夢は印象により意味が変わる

知らない来客があり、快く応対している夢ならば、対人的に好調なときなので、すすんで友人作り、人脈作りにはげんでいくと自身のこれからに良い影響がもたらされることを意味しています。反対に知らない来客がきたことが楽しく感じられない状況であったなら、これから関わっていく人間に注意がいることをあらわしています。自身が持っている深い人間関係の中からそういった人物が出現する可能性があるので接し方を慎重にするべきです。すでに自分が人に対して警戒心を持っていることもうかがえます。

大勢の来客が来る夢は受けた印象で意味が変わる

大勢の客が来て自分が楽しめているのなら、自身の血縁や近しい間柄の人によろこび事があることを意味しています。結婚や出産、入学など人生の節目節目を象徴するような事柄がおきる予兆があります。自分に良い感情を持っている人が多いということもいえます。逆に、大勢の来客が来ても不愉快な状況であったら、自分やその周りに悪い事象あるいは不幸とされることが発生することがあらわされています。また、自分に集まってくれている人の内面に疑問を抱いていることもうかがえます。

来客が帰る夢は人間関係への不安のあらわれ

自分と周囲の人々との関係について不安や心配があることをあらわしています。現実に問題やトラブルを抱えている可能性もあります。自身の他人とのつきあいの仕方にバランスが良くないことがうかがえます。人の一挙手一投足が気になったり、都度うろたえたりすることをしないようにしましょう。周囲の人々と比べて自身の力は弱いのかもしれません。不満を感じることのない、公平感のある関係を築いていくことが大切ということを夢は示してくれています。

来客が家に来た時の夢の意味とは

来客は、吉凶のメッセンジャーの象徴です。
家に客が来る夢は、あなたの孤独感をあらわします。
その客が友人や知り合いならば、その人に会いたいという思いのあらわれです。
予知夢的な意味もありますので、実際にその人が訪ねてくることもあります。

多くの客が家に集まっている夢は、賑やかな雰囲気であれば、結婚などの慶事が近々あることを暗示していますが、重苦しく、暗い雰囲気であれば、葬式などの不幸の暗示があります。
客の様子や服装、会話などから判断するといいでしょう。

また、見知らぬ客が来て、その客が泣いているような場合には、不幸や凶事がある予兆ですので、注意が必要です。

来客をもてなす夢は対人関係が深まることをあらわす

周囲の人との関係が深まっていったり、恋愛パートナーとの仲も好調になっていくことを示しています。自身がすすんで来客をもてなしていたとすれば、気持ちが大らかな状態であることもうかがえます。相手との信頼やきずなが強いものとなってくので、自ずと取り巻く環境や立場も心地の良いものに変わっていくでしょう。自分からも意識的に相手との関係づくりに心を込めていくことで、さらに関りは円満なものとなり、よき縁が巡ってくることを意味します。

来客が慌てる夢から分かることとは

来客が慌てる夢といのは、あなたの心の中に人には知られたくない、隠しておきたい事柄があることを示します。そしてあなたは自分を良く見せようと、周りの人や新しく出会った人に対し嘘をついたり、とりつくろったりしています。そのような自分に対し本当は罪悪感を感じています。このまま嘘を重ねていってしまうと、さらに本心を話しにくくなってしまいます。大切な人との間に距離感が生まれてしまう前に、自分を見つめなおしましょう。

来客が泊まる夢は気が休まらない暗示です

来客が泊まる夢を見た場合、気持ちが乱れて落ち着かなくなってしまう暗示として捉えられます。普段とは異なった状況に置かれることから、意識が分散することになるでしょう。気を使いすぎてストレスを感じる可能性もあるのです。饗応をしなければならない状況として、来客が泊まる場面が夢に出てきています。構わず適当な対応をして、不快感を与えないことが求められるでしょう。現実でも、接待や不毛な人付き合いの機会が増える兆しとなります。

合わせて読みたい