夢占い

【夢占い】呪いの夢の意味 10選

呪いの夢の基本的な意味

呪いというのは、字面からもとても怖いイメージがありますね。夢の中で呪いが出て来た場合、怒りや不満を抱えている状態を象徴する夢となります。

呪いの夢のポイントは、あなた自身が呪っていたのか、それとも呪いを受けていたのかということです。

もしもあなたが誰かに対して呪いの行為を行っていたのなら、その対象に対して激しい怒りや不満を溜め込んでいることを表します。それがもしも知らない相手だった場合、世間の一般論などに苦しめられているのでしょう。夢の中であっても呪いを行うほどの激しい怒りは、実際の生活にも影響してしまいます。なんとか怒りを収めるようにした方がよさそうです。
逆に誰かに呪われていた夢や、呪いの効果を受けた夢だった場合は、誰かがあなたに対して怒りや不満などを感じていることを暗示しています。もしも対象に心当たりがあるなら、なんとか解決した方がよさそうです。放っておくと取り返しのつかない問題にもなりかねません。

呪われた家が出てくる夢は関わるリスクを暗示します

呪われた家が出てくる夢を見た場合には、リスクを出来るだけ回避出来るような行動の必要性を感じることが出来ます。

様々な怨念が纏わりついた環境の中で過ごすことが、大きな問題となるでしょう。距離感を図りつつ、あまり関与しないことが重要です。相手から接近されるようなことがあっても、遠ざけてしまう方が良いのです。

夢において呪われた家は、不幸を招く状況として表されています。いくら近しい人であっても、無理に介入しないという意識が求められます。

呪いの人形が出てくる夢は間接的な攻撃を意味します

呪いの人形が出てくる夢は、自分に対して悪意を持つ人物が、間接的な形でダメージを与えてくる暗示です。正体を明かすことなく、様々な形で嫌がらせをしてくるでしょう。

素直に対峙していては、いつまで経っても現状を打開することは困難です。本質を見抜いて、リスクを回避するための行動をしなくてはいけません。呪いの人形は、過去の悔恨の象徴ととなっています。これまでに起きた人間関係のトラブルを一つ一つ清算する姿勢が大切です。

呪われて死ぬ夢は疑心に満ちた未来の暗示です

呪われて死ぬ夢を見た場合には、周囲の人々から向けられる悪意に対して、常に警戒すべきことが表されています。誰もが敵に見えてきて、疑心暗鬼に陥ってしまうでしょう。何をするにも臆病に状態となり、積極的な意識は失われていきます。強烈な悪意が本当にあるのかも分からず、全ての人々を敵として捉えるしかなくなるのです。何が本当で、何が嘘なのか、冷静さを保って一つ一つ見極める姿勢が強く求められています。

呪われた神社の夢は分岐点をあらわすメッセージ

呪われた神社の夢には二つの意味があります。

あなたがこの夢を連続して見ているのであれば目の前のことに背を向けず立ち向かう時です。呪いは読み方を変えるとプラスの意味を含むまじない、つまり願いを表します。
願いは叶えなければ後悔や嫉妬に変わりやすいものと言えます。あなたがいつまでもネガティブな気持ちでい続けるのであれば願いは洗われず、もう一つの意味である不幸を呼び寄せることになるでしょう。
いつもより前向きに物事に取り組むチャンスと捉え、願いを叶るためにチャレンジする大事な時であると夢は教えてくれているのです。

呪われた猫が出てくる夢は心の浸食を意味します

呪われた猫が出てくる夢には、これまで愛情を注いできた相手から、突如として思わぬ裏切りを受ける暗示です。心を許せる相手だと信じていても、知らない間に付け込まれてしまうリスクが示されています。心を侵されて、身勝手な言動に振り回されてしまうでしょう。常に一定の警戒心を持って向き合う必要性も感じさせる夢なのです。

呪われた猫は、二者の間にある意識のギャップを映し出します。相手の考えを細かく把握することでリスクを回避できるでしょう。

呪う幽霊が出てきた夢は恨まれ続ける暗示です

呪う幽霊が出てきた夢には、自分に特段の非が無くても、恨みを買われてしまう暗示となります。いつまでも憎しみや恨みが自分の方に向けられ続けることで、恐怖感や圧迫感が増大するでしょう。原因を究明するよりも、出来るだけリスク要素を遠ざけることが大切です。

呪う幽霊は、気持ちの弱さに付け込んでくる対象のイメージとなって示されています。あまり気を取られることなく、意識を他のところに置くことが解決策となるでしょう。

呪いを解く夢は現状の打開の兆しとなります

呪いを解く夢には、これまで長い間向き合い続けてきたトラブルや課題を、自分の力で打開出来ることが暗示されています。周りから邪魔をされることがあっても、適切な対処方法を見つけて突き進むことが可能になるでしょう。精神力も高められ、自分を縛り付ける悪い雰囲気を取り払えるのです。

自分自身にとって必要なものを選び抜き、プラスの要素だけに包まれた未来が夢に描き出されています。前向きに課題をクリアできる兆しとなっているのです。

呪いをかけられる夢は恨まれ続ける暗示です

呪いをかけられる夢を見た場合、それは深い恨みや妬みを買われてしまい、いつまでも執着され続ける暗示です。時間が経っても、なかなか相手からの敵意が薄まらず、嫌がらせをされるでしょう。

呪いは精神的なものだけでなく、物理的な面でもダメージを与えられます。現実の中で少しでも関係の悪い相手や、トラブルに関係した人から一方的に敵意を持たれている可能性があります。人間関係の見直しと点検の必要性を訴えかける夢としても捉えられるのです。

家族が呪われる夢は不運の連鎖を意味します

家族が呪われる夢を見た場合は、しばらくの間、不運な出来事が連続的に起こる暗示として受け止められます。直接的な形で自分のダメージが無くても、近しい人々の中でトラブルに見舞われる可能性が高いのです。

予測のつかない形で訪れる不運に対して、対抗する術もなかなか見いだせないでしょう。対処の仕方が分からない中、暗中模索の日々が続いていきます。混乱することなく、出来るだけ冷静さを保って対峙する意識が必要となるのです。

合わせて読みたい