夢占い

【夢占い】面接の夢の意味 12選

面接の夢の基本的な意味

面接とは誰かに判断・評価される場ですが、夢の中でも面接は人からの評価などを象徴しています。面接の夢の場合、一番の鍵は面接中にあなたがどういう気持ちだったかということです。
面接中自信に満ち溢れ、しっかり受け答えができたという夢なら、あなたがしっかり周囲に自分をアピールし、良い評価をもらいたいと思っていることを意味しています。そのやる気に乗せて、なんでもチャレンジしてみましょう。逆に面接中に緊張しすぎたり、うまく話せなかったなら、人からの評価を気にしすぎて自信を失っていたり、失敗してしまいそうなことを暗示しています。
ちなみに面接前の人が見る面接の夢は、あまりにそのことについて心配しすぎるため見る夢となっており、夢の中で合格しても落ちても、予知夢ということではありません。

面接で不合格となる夢みてもチャンスはある

面接で不合格となる夢というのは、その結果に至るまでのあなた自身の感情で意味が異なってきます。面接で不合格となることによってガックリと落胆してしまう夢は、逆夢であると診断されます。わかりやすく言うと、夢に見たことは実際に起こらないのです。諦めることなく努力を続ければ、事態が改善されるチャンスがあるということになります。
しかし、同じ面接で不合格となる夢でも落胆せずに全く平気だったという夢は、あなたが自信を失っていると診断されます。もし実際に面接に臨む人がいたら、不合格になってしまうかもしれません。もう一度 、面接の練習を繰り返し、万全にする事で安心できます。

アルバイトの面接を受ける夢ってどんな夢?

この夢が表すものは、あなたの性格となります。
面接官に聞かれるのが嫌だと思う内容だったり、話を掘り下げて質問され、冷や汗をかくようなシチュエーションであれば、それはあなたの悪い性格の部分、短所を表します。

逆にいい雰囲気で面接出来ていたり、面接官に褒められる事があれば、それはあなたの良い性格の部分、長所を表します。

この夢には大きな可能性があります。
質問されて嫌な事、イライラとする部分は現実で気をつけて治していく事で、短所がなくなり、褒められた所は、更に伸ばす事であなたの大きな長所となるでしょう。

面接に行かない夢の意味について

面接はとても緊張し、とても嫌だと思う人がほとんどです。自分を試されるので不安になる、失敗したらどうしようと考えてしまいがちです。そんな面接に行かない夢は今あなたが全てから逃げてしまいたいと思っている事を意味しています。今の状況がとても辛くてたまらないのです。
こうした場合、一人でひどく塞ぎ込んでしまいなかなか明るい未来を見いだせないケースがとても多いです。こういう時こそ信頼できる人に勇気を出して今の状況を話してみましょう。もし一人暮らしだったり頼れる人がいない場合はネットを通して話をしてみましょう。世の中には色々な考えを持っている人がいてそのあらゆる考えの中にきっとヒントを見つける事ができます。
未来が見えない時はとても辛いものです。ですが、切り拓ける道はあります。夢はあなたの今の状況を冷静に教えてくれていると同時に明るい未来へ進めるように後押しもしてくれているのです。

大切な面接に遅刻する夢を見たら

大事な面接に遅刻する夢を見たら夢であっても焦りを感じる人は多いでしょう。
夢占いにおいて「面接」の夢は、自分を認めてもらいたいという気持ちが強いことを表しています。
つまり、面接に遅刻する夢を見たら、今の自分に焦りを感じており、自分に自信がないことを象徴しているといってよいでしょう。
うまくいかない現状をどうにかしたいという気持ちや努力が報われないことにネガティブな気持ちがわいているのかもしれません。
この夢を見たら、焦る気持ちを抑えて、日々自分ができることを淡々とこなしていくようにするべきです。

緊張しながら就活の面接を受ける夢を見た

実際に就活している人がこの夢を見た場合には、面接に対する思いや希望、焦りなどを表しているのですが、特に、就活や転職などをしていないにもかかわらず「就活の面接を受ける夢を見た」場合には、今の自分自身を誰かに認めてもらいたいという強い思いがあることを示しています。
面接している人があなたを見るまなざしに優しさがあったり、貴方のことを認めている雰囲気があるとしたら、近々、あなたの能力や存在が認められるような出来事がおこることでしょう。

面接に遅刻する夢は評価が落ちる暗示です

面接に遅刻する夢を見てしまった場合は、今までの努力が水の泡となって、評価が大きく落ちる暗示です。大事な場面でのミスが命取りとなる可能性も示されているのです。重大な問題を引き起こす場面として、面接への遅刻が出てきています。いくら他の面を完璧にしていても、たった一つの気の緩みが、全てを台無しにしてしまうでしょう。こうした事態を防ぐため、常に気を引き締めて、何をするにも完璧を目指す姿勢が強く求められているのです。

面接を辞退・断る夢は方向転換の暗示です

面接を辞退・断る夢は、今のまま人生を歩んで行くことに疑問を持ち始める兆しとなります。方向を変えて、新しい生き方を模索していく暗示としても受け取れるのです。自分の内面的な部分を査定され続けることへの不安感も透けて見えることから、自由を求めて違う環境に向かっていく姿勢が芽生えるでしょう。周りを意識しすぎずに、自分の考えで行動することの大切さも示されています。何物にも縛られない未来が拓ける暗示なのです。

面接に受かる夢は評判が良くなる暗示です

面接に受かる夢を見た場合、それは周りから受ける評価が高まり、処遇が良くなる暗示です。今まで気付いてもらえなかった自分の良い部分を、しっかりと認めてもらう機会に恵まれるでしょう。惜しみなく持てる力を発揮できるチャンスが増えていくのです。面接は、正当な評価を得るシチュエーションとして夢に出てきています。これまでの低い評価を覆して、逆転の人生を歩む手がかりとなるでしょう。恥ずかしがらずに積極性を見せることが大切です。

面接の練習をする夢は自己変革の兆しです

面接の練習をする夢は、過去の自分を顧みて、改善策を見出せるチャンスを暗示しています。足りない部分を補い、対外的にも恥ずかしくない自分に生まれ変われるでしょう。面接の練習シーンは、自ら主体的に自身の内面を変えていこうとする意気込みを反映しています。現状に満足せず、常に向上心を持って物事に取り組んでいく姿勢が身に付く兆しとしても捉えられます。他者からの評価も上がり、自信を持って仕事や恋愛に臨める可能性が広がっていくのです。

上司を面接する夢は逆転する暗示です

上司を面接する夢は、これまでの向き合い方を大きく変わり、立場も逆転してしまう暗示です。自分が弱い立場にいた場合でも、少しの切っ掛けによって相手を支配するようになる可能性があるのです。面接は、自分が評価をする側に回る未来を示しています。相手の欠点や問題点を洗い出して、追求する手がかりが得られるのです。逆に、これまでに気付かなかった長所や特技を知ることによって、相互理解を深めることにも繋がっていくでしょう。

面接で怒られる夢は情けなくなる暗示です

面接で怒られる夢は、自分にとって隠しておきたかった欠点が次々と露呈して、恥ずかしい思いをしてしまう暗示です。懐けない気持ちに苛まれて、なかなか立ち直れない状態になってしまう可能性も多々あります。怒られるシーンは、隠し事が出来ないイメージとなっているのです。ありのままの自分で勝負出来ないもどかしさも反映されているでしょう。自信を持って、自分の全てをさらけ出してしまえるくらいの、強いメンタルを持つことが必要です。

合わせて読みたい