夢占い

【夢占い】病人の夢の意味12選|知らない・元気・自分など状況別に夢診断

病人の夢の基本的な意味

病人の夢を見た場合、自分が病気になったりするのではないかと不安になりそうですが、そういった意味はありません。病人の夢を見たら、その人の状態によりあなたが悩んでいることや、抱えている不安がどうなるかを判断することができます。例えば夢の中の病人が元気がなさそうだったり、病気が治らなかったりするなら、あなたが不安に思っていることもしばらくは解決しないことを表しています。しかし病人が治る夢や、元気そうな夢なら、事態が好転し、不安も払拭されて良い方向へと進んでいくでしょう。もしも夢で病人が死んでしまった場合は、悪い意味があるように思うかもしれませんが、これは突然不安が消えるということを示唆しています。そのため、あなたも不安のために悩まされることはなくなるでしょう。病人の世話をする夢だったのなら、あなたが不安を感じていることや悩んでいることについて、自分の力で解決しようとしていることを表しています。

知らない病人が出てくる夢は焦燥感を表しています。

新しい環境、新しい人間関係から、あなたの不安感、焦燥感が知らない病人として具現化したといえるでしょう。しかし、現れたのが病人ということは、あなたが自分の心に感じる不安を心の病気であると自覚している証です。自分の不安や恐怖を乗り切り、自分自身の力で乗り切ろうとする強い意思表示でもあります。また、もしその病人が自分の知っている人物だった場合、その人物とのトラブルや、その人物が自分に与える恐怖感などの関係を示します。

病人が元気になる夢は役に立てる暗示です

病人が元気になる夢を見た場合、それは自分の時間を使って、献身的に弱い者を助けていくことを暗示しています。しっかりと寄り添いながら、必用な手助けをしていくことで、次第にポジティブな気持ちにさせることが出来るのです。明るい見通しが立つ兆しとしても捉えられるでしょう。支えてきた相手の独り立ちや、新しい挑戦に向かう姿が夢の中に映し出されています。まるで自分の事のように、喜べる出来事が起こる可能性が示唆されているのです。

自分や身近な人が病気になって死ぬ夢

病気になって死ぬ夢は悪く思われがちですが、死んだ人を夢の中でどう思ったかによって意味が変わってきます。夢で死んだのが両親の場合、親元から離れて独立し、自分の人生を歩んでいきたい気持ちの表れが強いです。また恋人や配偶者の場合、悲しい気持ちになれば、それはあなたから気持ちが離れてしまうのではという不安の表れでもあります。逆に死んですっきりした場合、あなたの相手への愛情が冷めていると考えられます。自分自身の場合、過去を切り捨て、前向きに生きていきたいという新しいスタートの意味も込められています。

もっと詳しく知る:
>>死ぬ夢の意味

病人があなたに向かって笑いかけてくれる夢

あなたに向かって病気の人が笑いかけてくれている場合、あなたが周りの人たちから認められ、受け入れられることを表します。これからあなたを取り巻く環境が良くなっていくことを意味しています。学校での成績アップや、仕事で認められたり、悩みごとが解決したり、現在よりも事態が好転することの表れといえそうです。普段のあなたの頑張りも評価されますが、この夢を見たときはそれ以上に周りの人に感謝したほうがさらにいい環境の変化が生まれるでしょう。

もっと詳しく知る:
>>笑顔の夢の意味

病気の人が楽しそうに歌を歌う夢

病人が楽しそうに歌を歌う夢は今後の運気に大きな暗雲が立ち込めることを意味しています。病人が楽しそうに歌を歌うという不釣りあいな出来事が、よくないことが起きる前触れとも言えそうです。歌を歌うことで死者をあの世から呼んでいるともいわれています。しかし実際に死期が近い人がこの夢を見た場合、その人が死に対して恐怖を感じており、日に日にその感情が大きくなっているといえそうです。病人が歌を歌うのは、死に対しての大きな恐怖心ともいえそうです。

もっと詳しく知る:
>>歌う夢の意味

病人が救急車で運ばれる夢は早めの行動を暗示します

病人が救急車で運ばれる夢を見た場合、それは現状の中で可能な限り早く行動するよう努める暗示となります。周りの意見や、自分の意地などに左右されず、迅速さを最優先に考える必要が出てくるでしょう。後悔しても遅いような状況になる前に、最善策を講じることが大切なのです。一刻を争うシチュエーションとして、病人が救急車で運ばれる様子が夢に映し出されています。迷いなく、正しい判断を出来るよう意思統一を図ることが求められるでしょう。

もっと詳しく知る:
>>救急車の夢の意味

病人が怒る夢は礼を尽くせない暗示です

病人が怒る夢を見た場合、それはお世話になった人に対して、最低限のお礼すら出来ない暗示となります。自分ばかり施しをしてもらい、相手に対してはぞんざいな態度をとってしまうのです。いい加減な姿勢が相手に伝わって、以後の交流が途絶えてしまう可能性すらあるのです。弱っている相手を無礼な振る舞いをした結果が、病人が起こるシーンとして夢に映し出されています。人間性が問われる事態に発展する前に、礼儀を果たすことが大切でしょう。

もっと詳しく知る:
>>怒る夢の意味

病人と話す夢は気落ちする暗示です

病人と話す夢を見た場合、それはマイナスの感情が表出して、消極的な行動しか出来なくなってしまう暗示となります。何をするにも億劫で、足を踏み出すことが困難になっていくでしょう。暗い気持ちになって、今後の見通しもネガティブさが際立つようになるのです。生気を吸い取られるシチュエーションとして、病人と話す場面が夢に映し出されています。気持ちが弱っていくにつれて、次第に自分の心身のコンディションも悪化していくでしょう。

もっと詳しく知る:
>>話す夢の意味

病人を助ける夢は恩を返そうとする暗示です

病人を助ける夢を見た場合、それは今まで自分に対して様々なサポートをしてくれた相手に対して、しっかり恩を返していこうと考え始める暗示となります。相手が困っている場合には、知らん顔せずに手を差し伸べられるでしょう。自然と相手を支えたいと思えるのです。大事な人に力を貸すイメージとして、病人を助ける場面が自身の夢に映し出されています。受けた恩を返していく中で、より深い絆や信頼感が生れていくことになるでしょう。

もっと詳しく知る:
>>助ける夢の意味

病人を運ぶ夢は優しく手を貸す暗示です

病人を運ぶ夢を見た場合、それは多くの言葉を交わさずとも、相手が欲していることをしてあげられる暗示となります。自然と手を貸して、大切な相手に優しく接する気持ちを常に持てるでしょう。その時々に必要な行動をして、見返りを求めない姿勢が周りからの信頼を得ることに結びついていくでしょう。つらい状況の渦中にいる人を救い出す場面として、病人を運ぶ様子が自分の夢の中に示されています。手を差し伸べることで、優先すべきことが明確になるのです。

病院で病人を見る夢は現実を直視する兆しです

病院で病人を見る夢を見た場合には、今まで目をそらしてきたことについて、しっかり向き合う決意が定まる暗示となります。いつまでも見て見ぬふりをしては通れない状況に追い込まれてしまうでしょう。取り返しのつかない状況になる前に、ようやく真剣に現実を直視することになるのです。境界線を越えた先のイメージとして、病院で病人を見る様子が夢に出てきています。本来歩むべき道を踏み外さないように気を引き締めることが求められるのです。

もっと詳しく知る:
>>病院の夢の意味
合わせて読みたい