誕生日占い

【誕生日占い大全】10月7日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは10月7日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

10月7日生まれの人は「情熱を内に秘めた思慮深い職人」です。普段は冷静そのものですが、その内面は夢や目標に対する情熱を秘めていることが多いようです。口数も少なく控えめですが、感情に駆られて軽はずみな言動をすることはありません。

集団の中にいるよりも、自由気ままに単独で行動することを好みます。それゆえに、独自の世界観を保っていることも多いでしょう。周囲の人・環境に染まることはありません。人に左右されることなく、自分の信念を貫き通しますが、同時に視野を狭めてしまう可能性もあります。

また、独自の視点を持っていることや、集団から少し離れたところにいることもあって、人が気づかないようなことに気がつくこともあります。人に対する洞察力や分析力には目を見張るものがあります。

好奇心旺盛で、さまざまなことに関心を持ち知識も豊富です。自分の本心をめったに口にすることがありませんが、その代わり文章や絵画・音楽といった形で表現することが多いでしょう。美的センスにも優れているので、おしゃれな人が多いのもこの日生まれの人の特徴です。

自分の世界に引きこもってしまいがちなイメージを持たれやすいのですが、現実的な物の見方をするので、非現実的で夢見がちな部分はあまり見られません。

職人的な部分もあり、自分が手掛けることに対して完璧さを求めます。几帳面で何事に対しても忍耐強い性格がその助けとなるでしょう。

野心的な部分があり、人に認められたいという気持ちが強いです。クリエイティブな世界で独自性をアピールすることができれば、一躍注目される存在になるでしょう。

クリエイティブな世界以外においても、社会的に高いポジションに上るための努力を惜しみません。誰かの下にいることよりも、自分がトップを目指そうともするでしょう。

1人でいることを好みますが、大きな夢・目標を持っているのであれば、誰か協力者がいると目標到達までスムーズでしょう。

自分の仕事・役割は最後まできっちり果たそうとします。しかし、真面目さゆえに何かうまくいかないことがあると、ネガティブな思考に陥りやすくなっています。細かい部分にこだわらず、楽観的に過ごすようにするといいでしょう。

コミュニケーションはやや苦手な傾向もあり、口数も多くないことから人から誤解されるケースもあるようです。大切なことを自分ひとりで決めてしまうような面もあります。正しい決断をするためにも、自分に関わる大切なことは、周囲の人にも相談することが大切です。

10月7日生まれの隠れた本質や使命

周囲の意見に決して惑わされることのない自分の信念を貫く潔さは、どのような大きな夢・目標であっても達成させる原動力となるでしょう。自分ひとりであっても、何事も成し遂げてしまうようなパワーの持ち主ではあります。

しかし、時には人の力を借りることによって、目標をスピーディに達成することも可能です。独りよがりにならないためにも、積極的に人と関わるように心がけましょう。自分の中にある方向性をよりよい方向に軌道修正することもできるでしょう。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

単独での行動を好むこともあって、あまり社交的ではありません。しかし、自分の視野を広げるためにも人と関わることを億劫がらないことが大切です。多くの人との交流を持つことによって、自分の視野が広がるばかりか、新たな気づき・可能性を発見することもあります。

自分の感情をうまく表に出すことができないために、誤解を受けることも多いでしょう。言葉にすることも必要ですが、特に笑顔を意識するようにするといいでしょう。コミュニケーションを密にすることも効果的です。

自分の本心をあまり人に打ち明けようとしないタイプです。そのため心配・悩み事を抱えこんでしまっていることもあります。解決が遅れればさらに事態が悪化することもあるので、苦しい時には素直にヘルプを出すことも大切です。

10月7日生まれの恋愛時の資質や注意点

人の中にあっては控えめな存在で、自分から積極的にアプローチするタイプではありません。しかし、芯がしっかりしており独自的な魅力があります。さらに、どことなく存在感を漂わることもあって、相手からアプローチを受けることもあるでしょう。

特定の相手に落ち着いたら自分がリードすることになります。嫉妬深い部分もあって、相手の行動に不信感を覚えると束縛し、コントロールしようとするでしょう。

恋人・パートナーとなった後でも、自分のプライベートな領域に足を踏み入れられることを嫌います。ショックなことがあると自分の殻に引きこもってしまうので、相手もコミュニケーションに苦労してしまうかもしれません。

基本的には恋愛よりも自分の仕事・熱中していることを優先する傾向があります。そのため、気が付けば恋人・パートナーをほったらかしにして、愛想をつかされてしまうこともあります。仕事や趣味、プライベートのバランスを崩さないように注意しましょう。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

基本的に自分の本心を相手にも打ち明けない人です。そのため、相手から「何を考えているのかわからない」と不満をぶつけられてしまうこともあります。自分の心の内を素直に打ち明けられるような相手だと二人の仲は長続きするでしょう。そういった相手を見つけるためにも、自分の交友範囲は広く持つといいでしょう。

野心的な部分もあるので、結婚を前提とした相手選びの際には、社会的なポジションや経済的なことにもこだわりを見せることがありますが、やはり自分の内面を伝えられるかどうかに重きをおくといいでしょう。

控えめでありながら自分が積極的にリードすること、プライベートな部分を守りたいといった複雑な部分に対して寛大な相手であることも大切です。

10月7日生まれの仕事の資質や適性、注意点

生活のことよりも、人生を通して長くできる仕事を第一に考えているタイプです。いくら報酬が良くても自分が情熱を持って打ち込める仕事でなければ長続きしません。

基本的に人から命令されることが苦手なので、逆にリーダーや管理職のポストに就くこともあれば、会社組織にいるよりも自営・フリーランスの道を選ぶこともあります。

感性豊かなこともあって、クリエイターとしても活躍します。美的意識も強いので、ファッション業界でも手腕を発揮するでしょう。文才があればマスコミ関連の仕事も適しています。

職人魂の持ち主ということもあって、自ら手掛ける仕事に完璧を求め、手抜かりやごまかしは極力排除しようとします。

自分のやり方が正しいという自信があるので、他人から自分の仕事に対して口出しがあったとしても、決して折り合いをつけようとはしないでしょう。誰かと共同で作業している場合には、不協和音が生じる可能性もあります。

ただし、仕事のクオリティそのものは上質で、目上の人間やクライアントからは高く評価されるでしょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

チームワークが必要な仕事よりも、ある程度自分の裁量が認められている仕事の方が能力を発揮しやすいでしょう。

しかし、ずっと一人で作業するような仕事よりも、ある程度人との交流を必要とする仕事の方が自分の視野を広げます。さらに、新たな気づき・可能性といったものを見出すチャンスに恵まれているのはいうまでもありません。

人と共同で作業をする場合には自分の技量をメインに考えるのではなく、チーム全体のことを考えて動くことも大切です。困っているチームメイトがいれば、相手の技量の無さを責めることよりも、手助けをするようにしましょう。コミュニケーションをとることはやや苦手かもしれませんが、周囲の意見に耳を傾け、協調性を意識していれば問題ないでしょう。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

大金を稼ぐ・お金をもっと儲けようといった欲はあまりありません。心配性なこともあってお金のことで神経質になることもありますが、逆に仕事などに集中することによってお金が入って来るタイプです。そのためにも本当に自分のやりたいことを仕事にすることが金運UPにつながります。

几帳面なこともあってお金の管理はしっかりしていますが、この日生まれの人はファッションや美容などに関心が高く、この部分に一番お金をかけたがる傾向があります。他の支出とのバランスを考えないことがあるので注意しましょう。

また、自分の大切な人たちのためにお金を使うことをためらってはいけません。大きなお金を動かす時には独断で決めるよりも、信頼できる人に相談すると誤った判断を防げるでしょう。

10月7日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月5・23日、2月4・13・21日、3月3・21・31日、4月2・30日、5月1・19日、6月25日、7月27日、8月16・25日、9月7・15・24日、10月5・14・19日、11月3・13日、12月3・13日

【仕事・対人関係】

1月7・16・21日、2月6・19日、3月14・30日、4月28日、5月26・30日、6月24日、7月9・28日、8月7・18・27日、9月8・18日、10月7・31日、11月6・29日、12月5・27日

【ソウルメイト】

1月26日、2月24日、3月23・30日、4月20日、5月4・18日、6月3・16日、7月14・22日、8月28日、10月8日、11月14日、12月12日

10月7日生まれの誕生花と誕生石

  • ハギ
  • ロードナイト

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • ウラジミール・プーチン(ロシア大統領)
  • ヨーヨー・マ(チェロ奏者)
  • 桐野夏生(作家)
  • 氷室京介(ミュージシャン)
  • 佐々木倫子(漫画家)