誕生日占い

【誕生日占い大全】6月6日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは6月6日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

6月6日生まれの人は「心が温かくて、どのような人にも優しく接する楽天家な人」です。とても人間関係を重要している人です。優れた協調性を持っていて、自然な優雅さを持っている人です。誠実でありたいという気持ちを持っておいて、率直で自分の気持ちに正直でいたいと思っています。

コミュニケーション能力が抜群で、平和を求めています。だから、多くの人の仲裁役になることが多く、人から頼れられることが多い人です。女性的な雰囲気を持っている人が多いです。どのような人に対しても、大きな愛情で包み込むことができる博愛主義者です。相手の欠点を受け入れることもできて、どのような人に対しても平等に接する姿は、マリア様のようです。

どのような人とも気さくに話すことができて、人当たりのいい穏やかな笑顔は、人を癒し和ませます。周りの人を喜ばすことを生きがいと感じます。だから、困っている人がいれば積極的に助けにいきます。また、立場が弱い人を見かけると放っておくことができずに、献身的に世話をします。正義感や責任感も強いので、いじめなどを見かけた場合は止めにかかるような人です。

常に物事を考える際は、シンプルに考えていきます。人と争う事や複雑なことは好みません。根が優しいことは、素晴らしいことですが、奉仕精神が強すぎてしまい、お節介になってしまうこともあるので気を付けましょう。相手の気持ちを考えずに、自分の気持ちを押し付けてしまうのは、相手を困らせてしまいます。

相手の気持ちを良く考えた上で、愛情と優しさを配りましょう。そのように行動ができると多くの人に感謝をされる人生を歩むことができます。多くの人が6月6日生まれの人の事を募っていき、充実した日々を過ごすことができます。

また、6月6日生まれの人は、音に関する優れた知覚能力を持っています。だから、芸術や文学に触れることで、自分の才能を大きく破棄することができます。生まれたときから、美しいものが大好きです。その美的センスや知覚能力を最大限に活かすことで、多くの人を感動させる作品を生み出すことができます。

しかし、才能も充分に成熟させないと、エネルギーの持ち腐れになってしまい現実逃避をしてしまうことになってしまいます。6月6日生まれの人は、自分の才能を磨くように心がけましょう。周囲の人を大切にしながらも、自分の才能を磨いていくバランス感覚を養うことができれば、6月6日生まれの人の運勢は上昇していきます。

6月6日生まれの隠れた本質や使命

6月6日生まれの人は、「奉仕者としての資質を活かしながら、多くの人と人生を共にしていくこと」が使命として与えられています。常に自分のことよりも、周囲の人のことを優先して考えていて、相手の世話をすることが好きな人です。自分の人生を楽しむことを後回しにしてしまうことも多くあります。

しかし、相手に対する本当の愛情や優しさは、自分自身が満たされていないと渡すことはできません。だから、まずは自分自身の人生を楽しむことを考えましょう。自分が心の底から本当に笑っているときに、無償の愛が溢れ出てきます。相手の為を考え過ぎないためにも、自分が楽しいと思うことに積極的に取り組んでいきましょう。6月6日生まれの人の無邪気な笑顔を引き出すことによって、自分も周りも幸せにすることができるようになります。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

6月6日生まれの人は、相手に対する同情心が深く、思いやりに満ちた優しい心の持ち主です。愛情豊かで豊富な知恵を持っているので、非常に頼りになる人です。相手の支えになることに生きがいを感じる人です。だから、結婚をして家庭を築く場合は、家庭的で献身的な親になっていきます。

親しみやすく、誰からも好かれて行きます。また、人の役に立ちたい気持ちや人を傷つけたくない気持ちを強く持っています。だから、周囲の目を気にして、自分の意見を伝えられないこともあるようです。人の言動を気にしないこと。人と対立することを恐れないで、できないことはハッキリと断る勇気を持つようにしましょう。

そのように、自己主張ができるようになると6月6日生まれの人の運気は上昇していきます。

6月6日生まれの恋愛時の資質や注意点

6月6日生まれの人は、とても繊細な性格をしていて、ガラスのハートの持ち主です。繊細さを自分でも悩んだりしてしまうことが多いです。恋愛面では、その悩みが強調されてしまい、自分から積極的に相手にアプローチすることができません。しかし、一度恋をすると少女のように純粋で、とても可愛らしい心を持っています。ひたすら、相手の事を想うようになっていくのです。

夢見がちな傾向があるので、自分に見合わない相手を好きになってしまいます。そして、そのような相手に徹底的に尽くしていきます。その結果、相手に振り回されてしまうことが多くなります。もう少しだけ、現実を見ることができるようになりましょう。楽しい恋愛と温かい家庭を築くことができるようになります。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

6月6日生まれの人は、とても繊細な性格をしているので、好きな人ができた場合は、信頼できて恋の悩みを打ち明けることができる友人を作りましょう。協力者を得ることで、好きな相手と両想いになることができます。また、結構、夢見がちなところがあるので、6月6日生まれの人のことを客観駅に見てくれる友人が必要です。第三者の協力を得ることにより、恋愛運は上昇していきます。

自分の恋愛を誰にも相談せずに、自分1人で決断をしてしまうと理想と現実が異なってしまうことがあります。恋愛運が低下してしまいます。だから、6月6日生まれの人は、信頼できる友人からアドバイスを貰って恋を進めていくと幸せへと近づいていくことが出来ます。

6月6日生まれの仕事の資質や適性、注意点

6月6日生まれの人は、面倒見の良さを活かせる仕事が向いています。人を相手にする仕事をすることによって、やる気が芽生えてやりがいも十分に感じることができます。特に人を育てる仕事が向いています。教師や保育士の仕事は適職でしょう。また、困っている人を放っておけない性格をしているので、命を救う医療現場では、才能を発揮することができます。

人と接することが非常に好きで、コミュニケーション能力も高いので、人と接する仕事を選べば成功を手にすることができます。また、おもてなしを必要とするサービス業界でも能力を発揮することができます。人には、真似をすることができない、きめ細やかな気配りは人を感動させることができるのです。

6月6日生まれの人は、パソコンと向き合う仕事や書類整理などの事務的作業には適していません。より多くの人と接することができる仕事を選択していきましょう。人と接する仕事を選ぶことで、仕事運は大きく上昇していきます。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

6月6日生まれの人は、自分より後に入社をしてきた後輩を親身になって指導や教育をしてあげましょう。後輩が活躍していく姿を純粋に喜べる人ですし、そのように面倒を見てあげることで、6月6日生まれの人が悩んだ際には、多くの人が率先して助けてくれるようになります。人の面倒を見ることによって、仕事運は上昇していくのです。

また、6月6日生まれの人は、頭の回転が速く、先を読むことができます。だから、仕事をする際に、次に利用する人がどうしたら利用しやすいかを考えて下準備をしてあげると、職場の仲間から感謝されるでしょう。周囲の人に対して、どのようにしたら作業がしやすいのか、喜んでもらえるのかを考えて行動をすることで、評価されて仕事運は上昇していきます。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

6月6日生まれの人の金運は悪くはないのですが、お金に対する執着心がありません。お金自体に興味がないので、ガツガツと働いて儲けたいという考えを持っていません。だから、手元に入ってくる収入は人並みと言えるでしょう。

しかし、6月6日生まれの人は、人に喜ばれることが大好きな人です。だから、人に御馳走をしたり、プレゼントを贈ったりすることにお金を使いがちです。周囲の人に対して配慮することは素晴らしいことなので、ときには、自分自身のために思い切ってお金を使うことも大事です。6月6日生まれの人は、自分の為にお金を使うことで金運が上昇していきます。

6月6日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月6・15・24日、2月5・14・23日、3月4・13・22日、4月3・12・30日、5月2・20・29日、6月1・10・28日、7月9・18・27日、8月8・17・26日、9月7・16・25日、10月6・15・24日、11月5・14・23日、12月4・13・22日

【仕事・対人関係】

1月2・11・29日、2月10・19・28日、3月9・18・27日、4月8・17・26日、5月7・16・25日、6月6・15・24日、7月5・14・23日、8月13・22・31日、9月3・21・30日、10月2・20・29日、11月1・10・19日、12月9・18・27日

【ソウルメイト】

1月12・29日、2月10・27日、3月8・25・31日、4月6・23・27日、5月4・21日、6月2・19・25日、7月17日、8月15日、9月13日、10月11日、11月9日、12月7・28日

6月6日生まれの誕生花と誕生石

  • ベンステモン
  • アメトリン

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • 山田太一(脚本家)
  • 平山相太(サッカー選手)
  • 中尾ミエ(歌手)
  • 大滝秀治(俳優)
  • トーマス・マン(作家)