別れさせるおまじない

【簡単・超強力】鏡を使った恋人を別れさせるおまじない!一目でわかるポイント付き!

鏡を使った別れさせるおまじないの方法

まずは、いつも使っている鏡と、鏡に文字を書くことができるペンを用意してください。鏡とペンが用意出来たら、鏡に別れさせたい2人の名前をしっかりと書きます。そして、名前を書き終わったら、その鏡を思いっきり割ってしまいましょう。最後に、割れた鏡の破片を、手を傷つけ無いように気をつけて捨てればおまじないは完成です。

鏡を使った別れさせるおまじないのポイント

鏡は人を「写すもの」なので、その鏡に別れさせたい二人の名前を書くことで、二人を写しているということになります。そして、その二人を写した鏡を粉々に割ってしまうことで二人の縁は砕け、別れさせることができるのです。ただし、鏡を割るときや、割れたあとの鏡の破片は危険なので、取り扱いには十分に気を付けてください。

鏡は使っているものを

普段自分が使い込んでいる鏡のほうが効果は大きいです。しかし、大切なものや高価なものなど割りたくない場合は新しい鏡を買って何日か使ってから行うと良いです。自分が使ったものには自分の「気」が入ります。長く使ったものであればその分だけ入っています。自分の「気」が入った鏡を用いることで、より強力な願いを込めることができます。

名前はフルネームで書く

別れさせたい二人の名前を鏡に書く時には、できる限り二人のフルネームを書くようにしましょう。万が一、フルネームが分からない場合には、分かっている名前などとともに、具体的に二人の特徴を書きます。誰のことかがしっかりと分かるように書かなければ意味がありませんので、できるだけ個人が特定出来るように書きましょう。

当て布は黒い色に

おまじないに使うのは、普段お使いになられている鏡と黒い布、もしくはタオルなどかけられるものを使います。黒色がないようでしたら、暗い寒色系のものを使いましょう。布やタオルは安全のために出来れば厚めの物の方が良いです。次に、鏡に別れさせたい二人のお名前を書きます。そして、鏡に布を当てて、その鏡を思いっきり叩き割ります。この際に、破片が顔や体にあたってケガをされないよう、気を付けてください。最後に割った鏡の破片を捨てて完了です。

鏡は自分の手で割る

ハンマーなどの叩く道具が用意できないようであれば、黒い袋を使用して鏡を割ってもかまいません。その袋の中に鏡を入れて、落としたり叩きつけたりするなどのやり方で割っても問題はありません。ただし、みずからの手で行うことが肝要なことであり、自分以外の誰かに手伝ってもらうなどすると、おまじないは成就しないので注意してください。

破片はなるべく早く捨てる

割れた鏡の破片には、寄せ付けたく無い、悪い気などが宿っていることがあります。小さな破片も、残さず綺麗に片づけることが大切です。一つにまとめたら、そのままほったらかしにしないで、なるべく早くゴミとして出してしまいましょう。家に長く置き過ぎると、悪い気が自分に返ってきてしまうことがありますので、じゅうぶんに注意しましょう。

RELATED POST