夢占い

【夢占い】夜の夢の意味15選

夜の夢の基本的な意味

1日の終わりである夜という時間帯は、1日の疲れが溜まっていたり、そんな疲れを癒す時間だったりするでしょう。また真っ暗で何も見えないという印象もありますね。それらが転じて夢の中での夜は、休息や不安感、恐れなどの象徴となります。
夜の夢をみた場合、あなたが夢の中でどう感じていたかが最大のポイントとなります。例えば、夜になんとなく静かな気分になっていたり、落ちついた気分だったりした夢なら、あなたが休息を求めているということ。実際に休息を取れば、疲れが癒され落ち着いた気分になるでしょう。逆に夜の暗さに不安を覚えていたり、怖いと思った場合は、現実の生活に何か不安感があるのではないでしょうか。その不安感には根拠がないので、不安を払拭できるといいですね。
綺麗な夜景をみたり、星空が綺麗だったりと、夜の夢でもなにか華々しいような美しいようなことがあったのなら、それはそのままあなたの人生が輝いているときだということを意味しています。

夜の神社にいる夢は心に癒しが欲しいという願望

夜の神社の夢は心に癒しが欲しいというあなたの気持ちの表れです。神社は神聖な場所であり、更に夜という誰もいない静かな空間です。そんな場所にいるあなたの心情は誰とも会わず静かな空間で落ち着いたところにいたいという願望があります。少し人疲れしているようです。休日の日は一人で悩みを解消出来るような方法を取ることが必要です。山登りや自然が多いところに向かうのも良さそうです。一人になることで悩んでいた事や問題など自分自身の状態などに向き合えるでしょう。

雨が降る夜の夢を見たときは周りの人が助けてくれる

雨が降る夜の夢は周りが助けてくれることを予知しています。雨の夢は優しさを夜の夢はあなた自身の不安感を表しています。あなたは近々、不安になる出来事が起こり孤独を感じてしまいます。しかし、周囲の人があなたの事を心配して声をかけてくれます。大切なのは助けを受け入れる事です。私の気持ちなんて理解してもらえないと卑屈になるのでは無く、周りの人に助けてもらいましょう。友達に相談することで孤独感も無くなり不安な気持ちも少し和らぎそうです。

夜に歩く夢は問題を解決するのに後ろ向きな気持ち

夜歩く夢は目の前にある問題の解決を渋っていることを表します。あなたにとっては面倒で片付けるには気力がいるのでやりたくないというネガティブな気持ちになっています。しかしいつかは取り掛からないとずっとネガティブな気持ちのままです。少しづつでも終わらせる事が大切です。時間がかかっても全て問題を解決し終わった後、達成感が得られ気持ちもスッキリするはずです。必ず前向きな気持ちで取り掛かって下さい。そうすることで作業の効率も良くなるでしょう。

夜の墓地にいる夢を見たときは頑張りすぎている

夜の墓地にいる夢はあなたがいま頑張りすぎている事を意味しています。もしこのままだとあなたが壊れてしまうという警告夢です。今、抱えている問題があるなら一旦手を止める必要があります。問題から逃げられるなら逃げる方が良いでしょう。無理をしすぎると身体を壊しかねません。今は自分のことを一番に考えることが大切です。信頼できる相手に任せられるなら全て任せて下さい。今は体を休めて十分に休息を取った後にあなたが休んだことで迷惑をかけた人たちにお礼をしましょう。周囲の人もあなたの事を理解しているので悪く思う人はいないでしょう。

夜の遊園地にいる夢は悩みを抱えている

夜の遊園地にいる夢は大きな悩みを抱えていることを意味しています。特に人間関係で問題が溜まっています。周りに理解してもらえないことが原因ですが実際は周りを理解しようとしないあなたの考え方に問題がありそうです。自分が一番正しいと思い込まず色々な考えがあるのだと言うような柔軟な考えが大切です。周りを受け入れることで周囲の人のあなたへの対応が変わり孤独を感じたり問題が溜まったりすることは無くなります。あまり自分の殻に閉じこもるのではなく気楽に周りに接して下さい。そうすることでもっと人生が楽しくなるでしょう。

夜の公園にいる夢は将来に不安を抱えている

夜の公園にいる夢は将来に不安を抱えていることを表します。どんな仕事に就くべきか、このまま仕事を続けるべきなのか、結婚をするべきなのか、子供を産むべきなのかなど将来に対しての不安により不安定な状態です。夜の公園はほとんどの場所が街灯がなく真っ暗な場合が多いです。そんな前も見にくい公園にいるということは将来が見えないという状態を表しています。その夢の中であなたの状況や見えたものにヒントが隠れています。見えなくても歩いているならば悩みながらも前に進めることを意味しています。夢の状況をしっかり思い出してヒントを得て下さい。

夜に異性といる夢を見たときは恋愛運が上昇する

夜に異性といる夢は恋愛で良いことが起きそうです。一緒にいる異性があなたの知っている人ならその人と恋愛に発展する可能性があります。既に両思いの段階なのであなたからアタックするも良し、向こうからの告白を待つのもよし、どちらにしても幸せな未来が待っているでしょう。もし知らない人ならば近々新しい出会いがあり素敵な人と付き合うことが出来るでしょう。積極的に異性と出会える場に行きましょう。注意が必要なのは、もし夢の中で異性といて嫌な気分になるなら恋愛が上手くいかないことを表します。その異性とは良い関係になれないので諦めた方が良いでしょう。

夜にさまよう夢はどうしてよいか分からない心理です。

あなたが今停滞していることが夢の状況からうかがえます。さまよっているということは、自分でもどうしてよいか分からないという意味があります。先行き、自分では解消することができないトラブルや長きにわたる問題が発生する暗示もあります。判断力が低下している時期であるのでゆっくりと考える時間が必要です。自分を支えてくれる人間も周囲には見当たらず、孤立感を募らせていることがあらわれており、この状態を改善することもすぐにはできないことが示されています。夢の中でさまよいながらでも、どこかに灯が目に留まったなら、遠からずマイナスな環境から脱却することができるという意味になります。

夜にでかける夢は寂寞感を持っている意味があります

自分一人だけで夜に出かけている夢ならば、心に寂しさを持っていることをあらわしています。仲間やコミュニティに入ることが出来ない、どこにいても居場所が見つからないことも想定できます。しかし、知っている異性とでかける夢ならば、よりその相手との仲が深まることを意味します。出かけているときに楽しい気持ちが持てたのなら、何らかのポテンシャルが高くなっていることも示されています。その夢の中で多くの人間を目にしたなら人脈が豊富になっていく兆しでもあります。

夜に太陽がでている夢の意味とは

夜というのは、心身の休養、静けさや落ち着き、自身の人には見せていない部分、ネガティブな感情などの象徴となります。そこに、反対にポジティブな意味をもつ太陽がでているというのは、自身のバランスが崩れておりコントロールが出来ていない、混乱している状態を表しています。そして、自身を模索している状態でもあります。成長期などの不安定な時期や、転職や転移など落ち着かない環境である場合に見られる事が多いでしょう。

夜に水辺にいる夢は運気の低下をあらわします

真っ暗な夜であった状況なら物事に一生懸命に努力はしていても、結果がでるのに時間がかかるということが暗示されています。運気は低下しています。水に身体の一部が浸かっていたら、その部位の患いの前触れが予見されます。体調にも気を配ったほうがよいでしょう。また自身の日頃の生活も落ち着いたものではないことがあらわされています。仕事などで失敗する可能性もでているので、しなくてはならないことにまず集中をしなさいということを教えてくれています。

夜に自転車に乗っている夢の意味とは

夜というのは、落ち着きや静けさ、ネガティブな感情などの意味がありますが、自身が感じている寂しさや孤独感の表れとも言えます。そして自転車に乗っている自分は、そのような自身の感情の中をさまよっている、また暗闇の中での自分から抜け出したいという感情の表れです。もし自転車がうまく操作できない、スピードがでないあ、または出すぎているなどする場合は、あなたのバランスが崩れコントロール出来ていない状態にとなるので要注意です。

夜の港にいる夢から分かることとは

夢の中で夜の港にいる自分というのは、自身の性格のネガティブな部分、また孤独や寂しさという感情から抜け出す事ができること、新たな自分へ生まれ変われることを予期しています。港にいる自分の気分が良く、晴れていることが大切で、その場合今後の運気アップが期待できます。しかし港というのは、新たな世界や死への旅立ちの意味も含まれますので、暗く悲しい気持ちであった場合は頑張りすぎていて過度の負荷がかかっていることの象徴となります。

夜に空を飛ぶ夢は自分の現在の状況を意味しています

真っ暗な夜空の中を飛んでいたならば、自身の心の中に不安が押し寄せていることが示されています。前が見えず、自分の進むべき道が見つからない状態です。気持ちは揺れ動いており、安定しない状態ですが、慎重に行動を選ぶべきということです。必ず、光がさして明るい状況になっていくということを夢は告げています。星がいっぱいに瞬いている夜空を飛んでいたなら、自分の取り組みや考えが成功に結びつくという暗示です。どんどん前進するべきということをあらわしています。

夜に家に帰る夢は嫌なことから逃げたい意味があります

自分の気持ちが後ろ向きになっていることをあらわします。イヤなことやトラブルから逃げてほっとしたいという気持ちがあるようです。不安でいっぱいの状態が示されています。自分のことやその周囲のことをゆっくり考えてみたいという心理もでています。暗い夜の中を帰る夢なら現在抱えている悪い問題からなかなか逃れられないということを意味するので、時期が来るまで動かないことです。空に星がたくさんでていたら、精神力や色々な欲求も高まっていることが示されており問題が起きたとしても解決に向かうことを意味します。

合わせて読みたい