夢占い

【夢占い】買い物に関する夢の意味6選!

スーパ-に買い物に行く夢に込められた意味とは

スーパーに行く夢、食料品店などのお店へ買い物に行く夢に込められた意味は、その多くが「これからの未来への計画を立てる時期」であるサインであることがほとんどです。その他にも、家庭的なものへの情景や、記憶から見る夢でる場合もあります。

物事を創作する夢、食料を調達するために買い出しへ行く夢は基本的に未来への構築、人生設計やこれからの人生をしっかりと考え、未来へ見据え希望を持ちつつ計画を立ててゆくべき期間であることを潜在意識が教えてくれている好機のサインであるといえるでしょう。

食料品を購入するとき具材の表示や中身を点検するように、今現在抱えている問題点も落ち着いて向きあうことで、活路を切り開くことができるでしょう。

コンビニに買い物へ行く夢の意味

どこの街角にでもあるコンビニ。このコンビニを夢で見たときの意味は、「手抜き」や「割り切った人間関係」です。夢の中で、誰とコンビニにいるのかで意味が違ってきます。

1人でいる場合は、料理や掃除を手抜きしていることを意味しています。自分自身や家族に甘え、整理整頓が怠っていませんか?また食事や睡眠が不規則になっていませんか?だらだらと目標を持たない生活を警告しているのかもしれません。

また、友達や恋人とコンビニにいる場合は、あなたは友達や恋人と割り切った関係をのぞんでいることを意味しています。割り切った関係は便利なようで、本当の意味での友情や愛情は育ちません。

親と買い物に行く夢に込められた意味とは

親と買い物に行く夢に込められた意味の多くが、今現在の家族や周囲の人物とのコミニュケーションを表す場合がほとんどです。

親と仲が悪い場合は、コミニュケーションの大切さを、仲が良い場合は、協力して事態を解決してゆく計画性の大切さを求められていることが多いといえます。

時として、親と仲が良すぎて夢のイメージにまで現れているケースもあるので、「親と自分を互いに尊重するうえでの距離を大切に」という意味や、「親離れの時期」をあらわしている、人格の離乳期としての人生の総決算のときに見る総集編である夢のときもあります。

自分の置かれている状況で見る夢の印章や意味も異なることが多いといえるでしょう。親とのかかわり方が今後に影響することを意味しています。

現在決断力が低下中、買い物で後悔をする夢。

買い物で後悔をする夢は、決断力の低下を表しています。買い物とそのシュチエーションには現在の状況が暗示されているため、現在の状況で、何か選択したり決めたりすると、後で全てに対して満足できなくなるという意味です。

就職先や恋愛関係の選択、仕事上の判断に至るまで、この夢を見た後に決めた事は、必ず後悔してしまうことをやんわりと警告しています。

衝動買いをして後悔しているのは、変化を求めつつも新しい物事に挑戦すると失敗してしまうのではないかという不安感を表します。

夢の中でどのような物(種類・形・色等)を買ったことに対しての後悔であったかに、詳細な情報が暗示されています。

買い物のために銀行に行く夢は、目標達成のため準備を整えている暗示

今ではコンビニなどにあるATMでお金の引き出しを済ませることも多いですが、一昔前はお金を引き出すとなると、銀行の窓口にまで行く必要がありました。

今でも買い物のために銀行を使う夢を見たりすることがありますが、それは特にATM慣れしていないことを示すものではありません。

夢の中の買い物は、実際に商品を買うだけでなく、様々な欲求を満たしたり、必要な何かを得たいという思いのあらわれであり、銀行はその手助けをする役割という見方があります。

そのため、買い物のために銀行に行くという夢は、目標のために準備を整えつつあることを示しています。何か挑戦したいことがあるなら、始めてみるのも良いかも知れません。

買い物で横取りをされる夢を見たら、思わぬ横槍に注意

勢い込んで買い物に行った先で、思わぬ横取りをされてしまうことも現実では少なくありませんが、夢にそうしたシーンが出てきた際は、単に悔しがるのではなく、少し注意しておいた方が良いかも知れません。

夢の中で物を買うという行為は、物質的な面に限らず願望全般を示していたりもするので、それを横取りされるというのは、時として現実の買い物よりも深刻な状況を示していることがあるからです。

思わぬ横槍が入るおそれはないか、気を付けるべきでしょう。もっとも、注意深く行動すれば横取りは防げますし、機会が何度もありそうという点でも、他の凶兆よりは大分軽い雰囲気があります。

合わせて読みたい