夢占い

【夢占い】試験の夢の意味12選|受ける・落ちる・遅刻するなど状況別に夢診断

試験の基本的な意味

試験というのは自分の実力を試す場ですが、夢の中で試験が出て来た場合は周囲からの評価や自分の実力を試されるような場に対して、感じている感情を示しています。
少し読み解くのが複雑な夢ですが、試験に受かったのか落ちたのか、夢の中でどう感じていたかなどがポイントになります。
もしも試験に受かったり、試験が簡単で喜んでいた夢なら、あなたが自分の価値を過大評価していることになります。周囲から評価されるものだと思い込んでいるので、試験を簡単に感じたり、喜んだりできるのですね。逆に試験に落ちたり、試験を難しく感じて悩んでいたのなら、周囲からの評価をよくするために、努力しようというような姿勢を表しています。しっかりと取り組むという姿勢が夢の中でも表れているわけです。
もしも試験を楽勝だと思って喜んでいたのなら、現実では少々気を張った方が良いかもしれません。あなたが思っているほど、周囲からは評価されていない可能性があるからです。

試験を受ける夢は不安な状態を表している

試験を受ける夢をよく見るという人はたくさんいるようです。この夢を見るということは、現実と同じ様に他人に試されていると思っている状態にあることを暗示しているといえます。職場の上司や学校のクラスメートなどの他人の目を強く意識している状況にあるのかもしれません。そして、そのことにとても不安を覚えている場合に見ることが多い夢です。解決しなくてはいけないことや、対人関係でいやなことがあるといった状況にあり、プレッシャーを抱えているということを示しています。またこの夢には、過去に何かをやり残したなどの後悔の意味もあります。

試験勉強をする夢はあなたの知識欲をあらわしています

夢占いにおいて試験をする夢は知識欲のあらわれであなたが非常に勤勉な性格であることを示しています。学校を卒業してずいぶん時間が経っているのにいまだに試験勉強をする夢を見る場合はあなたが社会人としての実力不足を感じて行き詰まっているということでもあります。しかし社会人としての勉強はさまざまな意味を含んでいて、学生時代の学問としての勉強よりもずっと範囲が広く、いったいどう学んだらいいのかわからないこともあり、そういった焦りが夢に出てきたのかもしれません。そんな時は心にゆとりを持って、何事も勉強と捉え、日常の何気ないことに懸命に取り組んでみるのが良いかもしれません。

もっと詳しく知る:
>>勉強の夢の意味

試験に遅れる夢にはどんな意味があるでしょう

夢占いで遅刻する夢には、せっかく訪れたチャンスを逃したり、自信と不安が入り混じっている状態や、目標と現実とのギャップで焦りを感じている状態を表しているといわれています。
試験に遅れる夢は、背負っている責任が重く重圧になっていたり、その重圧から逃れたいという気持ちを意味していて、今現在抱えている問題から回避したいという気持ちの表れであります。また、注意力が散漫になりやすく、ちょっとしたミスが大きな問題に発展するなど、命取りになる可能性があるので、普段から気を引き締めて物事に取り組むようにしましょう。

もっと詳しく知る:
>>遅刻の夢の意味

試験に落ちる夢にはどんな意味があるでしょう

夢占いで試験の夢は、強い不安や誰かに試されている状況、煩わしさを暗示しています。今現在の生活や仕事、人間関係に大きな不安を感じている事を意味していて、自分自身が信用できず辛い状況である事を表しています。
試験に落ちる夢は、あなたの強い不安感を意味していて、あなたが今現在緊張状態にあることを意味しています。
また、試験の夢は吉夢とされることが多く、逆に運気が上昇しているので、何らかの良い結果になる事を暗示しています。
諦めていたことがある人は今がチャンスなので、気を抜かずに目標に向かって努力しましょう。

もっと詳しく知る:
>>落ちるの夢の意味

試験に合格する夢にはどんな意味があるでしょう

夢占いでテストや試験の夢は、追い詰められて不安になっている状態や、通らなければいけない試練などを表しています。
夢で試験に合格する夢は、良い意味合いを暗示することもあるようなのですが、多くの場合には逆夢となり凶夢とされています。
仕事や勉強などで、その物事に対する姿勢や準備がまだまだ不足しているという事を意味しています。
特に、テストや試験に合格してあなたがとても喜んでいる夢ほど、逆に悪い結果や不合格になる可能性があるので注意しましょう。
また、今現在気が緩んでいる状態であったり、努力が足りない事への警告的な意味合いでもあるので、気を引き締めて物事に取り組みましょう。

試験でカンニングする夢は、後ろめたいことを抱えているから。

実際にカンニングしていなくても、何かうしろめたいことを抱えていたり、不正がばれるのではないか、という恐れを抱えていると考えられます。ここには「躊躇う」気持ちも働いていて、悪いことをしても開き直って進む人がいる一方で、あなたの中の「善」の意識が拒絶して決断出来ない渦中にいるとも考えられます。
弱い心と葛藤するために必要なのは、やはり人との接触です。一旦外にでて、良い人達と触れあう機会を持ちましょう。不安定になると、普段はつきあわないような俗悪な人とつるんでしまうおそれがあります。そうなる前に、自分の心に、痛い思いをさせることが大事です。

試験に遅刻する夢はアクシデントの暗示

遅刻する夢というのは大きい意味合いとして、あなたに迫っているチャンスを逃してしまうかもしれないということがあります。また、諦めや不安感などを表していると言われています。試験に遅刻する夢に限っていえば、何かしらのアクシデントが起こるという暗示をしています。自分自身が気を付けていれば防げることで、見落としてしまったり、ミスをしてしまう予兆と考えられます。また、自分の持っている力を誰かに判断されたくないという気持ちの表れという解釈もできます。自分の力に自信を持てていないのが、試験に遅刻するという形で夢に出てきているのです。普段の生活から突発的な出来事に対応できるようにすることで、トラブルは防げますから、あなた自信の行動を見直してみるといいかもしれませんね。

もっと詳しく知る:
>>遅刻の夢の意味

試験に間に合わない夢の意味すること

試験に間に合わない夢は、単純に大事な試験に絶対遅れてはいけないと行く不安から見ている場合もありますが、それ以外なら普段から何事もあきらめ気味な様子を表しています。今のあなたは、あまり努力せずせっかくのチャンスや機会を逃してしまっています。時間に遅れるという夢は、不安やプレッシャーの表れです。仕事や勉強に対してやらなければいけないというプレッシャーに負け、気持ちに余裕もなく何から始めたらよいのかわからず手つかずになっている状況です。一度頭を整理してしっかり計画を立てて取り組んでみてください。すぐに無理だとあきらめずに目標を立て努力することでチャンスは巡ってきます。

テストや試験に不合格になる夢の意味とは?

テストや試験の夢には3つの意味があります。

  • 悩みや強い不安
  • わずらわしさ
  • 試されている

学校または会社などで先生や上司に試されているなとプレッシャーを感じたり、精神的に追い詰められたりしていませんか?
テストや試験はあなたがわずわしいと感じていることや悩み、不安などを象徴しています。
ですが、ご安心ください。
夢占いにおいてテストや試験の夢は逆夢の場合が多いのです。
逆夢とは夢で見た内容とは逆のことが実際では意味しているということです。
夢でいい結果が出るほど、実際には悪い方向に物事が進む。
反対に悪い結果が出れば、実際にはいい結果をもたらしてくれることを意味しています。
ですから、試験・テストに不合格になる夢の意味とは、何かラッキーなことが起きる前触れかもしれません。

試験を受ける夢は、学び終了の前のチェックです。

夢の試験は、学びに一区切りつける前に、チェックを入れていることを示唆します。チェックといっても、神経質に思う必要はありません。また、実際の予知夢というわけではなく、夢で受かったり、落ちたりの経験では、あなたのエネルギー効率を確認することの方が大切と言えます。夢で不合格でも、実際に合格したなら緊張し過ぎであったり、夢で合格したのに、不合格であった場合は頭脳エネルギーを集中させるのに問題があったということでしょう。
こうした夢の分析から、次回の試験に向けての心構えを対策しておきましょう。試験は実際には仕事に対する自身の能力評価などの場合もあるでしょう。

「試験で作文を作る夢」は将来のビジョンへの迷いを表している

試験で作文を作る夢は、「あなたの将来のビジョンをもう一度しっかりと考えてみましょう」というメッセージです。あなたは今、自分の将来に迷っていませんか?試験の夢は、人生の岐路に立った時に現れます。試験の課題の作文は、あなたの人生のストーリーを意味しています。人生のビジョンをしっかりと描きなおす時だと、あなた自身どこかで気づいているのかもしれません。夢の中の試験で時間が足りなくて焦っているようでしたら、将来への見通しに不安を感じているのかもしれません。ここで一度立ち止まって、長いビジョンであなたの人生を見つめなおす時期ということでしょう。

試験の結果の夢は結果と反対の意味を持つ

試験結果をみる夢についてです。これは実際のことだととても緊張しますね。夢占いでは、夢でみた結果によって意味合いが変わってきます。試験の結果をみる夢は逆夢の典型的な例ともいえます。
まず、試験結果がよかった・試験に合格した場合の意味です。試験についての夢は逆夢のことが多いので、実際に試験を受けた場合は結果がよくないことが多いです。試験を実際受けていない場合は、気を抜かないようにしなさいという暗示です。
逆に夢の中で試験結果が悪かった場合、実際の試験は点数がよいことが多いです。また、この夢をみたらいままでうまくいかなかったことが好転することもあります。

合わせて読みたい