夢占い

【夢占い】昔の夢はどのような意味があるの?

昔の夢を見たときの基本的な意味とは?

昔の思い出が夢の中で、何度も蘇ってくることがあります。

そのような昔の夢を見た場合は、現在、あなたは人間関係や物事がうまくいっていない状況を意味しており、現実逃避をしたいというあなたの願いが夢として形になりあらわれているのです。

楽しかった過去にしがみつきたいという、あなたの心境を意味しています。素敵な昔の思い出があることは素晴らしいことなのですが、昔の夢ばかり見ている場合は注意が必要になってきます。

昔の夢を何度も見てしまうのは現実で起きている問題から逃げたいことを意味しています。

問題から目を背けても良いことは何もないので、どのようにしていけば目の前の問題を解決していけるのかをシッカリ考えていくことが必要です。

昔のバイトの夢は今の仕事が上手くいっていない証拠

若い頃のバイトは単純作業や判断があまり要らない事が多いのですが、努力していれば周りの評価は良いものです。

しかし今のあなたは難しい仕事に取り組まなければならず、判断を間違えば失敗してしまいますし上司の評価も厳しいものがありますので悩んでしまいます。

そのような中で見た昔のバイトの夢は、単純作業ながら仕事が順調に行きそれなりの評価を得ていた当時の心地よい自分を思い出しているので、うまくゆかない現実に悩んでいる自分をより意識しているのです。

昔の事を思い出して基本に戻り、今の仕事を見直してみましょう。うまくゆく切っ掛けの夢になるでしょう。

昔の夢をよく見る人は悩み事を解決するため

昔の夢をよく見るというのは、現在抱えている悩み事や置かれている状況の問題などを過去の経験を思い出して、自分で解決しようと努力しているためだからだそうです。

昔の夢から過去の自分の経験を思い出し、アドバイスをもらおうとしているということが考えられるようです。

昔の夢をよく見るということは、もし悩み事や問題など特に思い当たらないと思っていても、心の奥では何かについて悩んでいるかもしれません。

そのような夢を頻繁に見る場合は、何か悩んでいることはないか、じっくり考えてみるのもいいかもしれません。

また、その悩みについて、夢の中で解決するためのヒントがあるかもしれないので、見た夢をじっくり思い出してみることも大切だと思います。

昔の家に今の自分がいるその夢の意味は?

昔住んでいた家が夢の中に出てくることがあります。あなたは、現在住んでいる家や部屋を気に入っていないのかもしれません。

夢の中にでてくる過去は、美化されています。美化された昔のことを夢に見ることは、現在の問題から目をそらしたいという気持ちのあらわれです。

夢の中に出てきたその家は、どんな家だったのでしょうか?

どこが印象に残っていましたか?

夢の中であなたはどんな気持ちになりましたか?

そして目が覚めた時、あなたはどんな気持ちになりましたか?

そこに答えが隠されているはずです。

現実のあなたの住まいはどうでしょうか。夢の中に出てくる昔の家は、今のあなたの住まいと比較したときの、望ましい姿を体現していたかもしれません。

今の住まいの中に、改善できるところもあるのかもしれません。できるところから、無理なく取り組んでみましょう。

昔の好きな人が夢に出てきた…これって一体?

夢に昔好きだった人が登場することがあります。これは現在好きな人とは意味が異なります。かつて好きだった人は、過去の気持ちに結びついています。

そして、かつて好きだった人の夢は、あなた自身の過去についてのイメージを象徴しています。

その夢が甘く楽しいものであったとき、もしかするとあなたは、現在の、特に恋愛に関する状況に何かしらの不満をいだいているのかもしれません。

その不満から目をそらしたいという潜在的な意識が、昔好きだった人を夢に見させているのです。ただし、過去は過去でしかなく、もう取り戻すことはできない時間です。

美化された過去にこだわることなく、今の自分に向き合うことで、素敵な恋愛も花開いてゆくことでしょう。

昔の家が意味する現在の自分自身

昔の家は、現在の自分を表しています。家そのものには、現在の経済状況や対人関係、家族、健康状態が反映されています。

子供時代に住んでいたような、懐かしく思う昔住んでいた家の夢は、現実に嫌気がさしていることの現れです。

実家等が綺麗で立派に感じられれば、近く夢がかなう前触れ、逆に古びた様子であれば運気低下や疲労を意味します。

昔の家が廃墟となっていたり倒壊していたりするのは、人間関係のトラブルや挫折、健康に支障をきたしそうな時です。

昔の家を掃除して綺麗にしているのなら、家族や知人とのわだかまりを回復できるチャンスの到来です。

昔の恋人と過ごした家ならば、現在の恋人に不満を抱いていることを示しています。

昔の自分からの警告!ストレスや疲れに注意して

過去の夢を見るときは、現実逃避がしたいくらいストレスがたまっていたり、疲れてしまっていることを表します。特に、昔の自分が出てくる夢も、現実逃避を望んでいます。

少し休息を取ってみたり、ストレス発散をしてみたりと、自分の体調を大事にするようにとの夢からの警告です。

昔の自分が特に楽しい時期の自分だった場合、疲れやストレスは大きいということです。「昔の楽しかったころに戻りたい」と心のどこかで思ってしまっているのかもしれません。

それだけ現実の生活に疲れてしまっているのでしょう。また、過去に何か問題があり、やり直したいと思うときにも、夢に昔の自分が出てきます。

昔の上司が出てくる夢が意味するのは?

昔の上司が出てくる夢には色々なシチュエーションがあると思います。

昔の上司と一緒に昔の職場で働いている夢の場合は、昔の仕事に未練があったり、辞めなければ良かったと後悔している気持ちの表れかもしれません。

今の職場に不満があったり、満足していなかったりするのではないでしょうか。

出てきた昔の上司が嫌いな上司だった場合は、上司が出てきた時の気持ちによって変わります。

夢でも嫌な印象だった場合は、あなたの身近な目上の人と良い関係を築けていないという暗示です。

夢では仲良く、好印象だったという場合は、あなたの身近な目上の人との関係が良好ではない。というのは同じですが、過去の経験をもとに関係改善しようと努力していることを表しています。

過去の自分が夢に出てきた!占いの意味すること

過去の自分が夢にでてくるのは、今現在あなたが抱えている悩みや問題を意味しています。

もしかしたら、この状況から逃げたいという強い思いが夢に反映しているのかもしれません。

解決するためには逃げずに向き合わなければ何事も前に進むことが出来ませんので、まずは状況を冷静に見つめ直してみてください。

また反対に、その過去の自分を見て痛々しいなと感じたのであれば、あなたが成長しているという暗示です。

過去の失敗に捕らわれず自身を持って前向きに行動していけば、運気は好転していきますよ。

更なる成長をするために進んでみてくださいね。

夢に出てくる昔の人は教訓やヒントの暗示

昔の人が夢に出てきた場合、それが昔の知人・友人なのか、過去の時代の人なのかによって意味が異なります。

もう付き合いのない昔の友人や知人、恋人の場合は、かつての自分の言動を後悔する気持ちと、失敗を繰り返さない教訓として夢に現れます。

現在の人間関係が上手く行っていない不安感や、昔の思い出を懐かしんでいる時にも見る夢です。

近いうちに、夢で見た人と出会うことも暗示しています。

過去の時代の昔の人が夢に出てきた場合は、その時代を象徴する人や物事、出来事等に、現在行き詰っている問題の解決のヒントがあることを暗示しています。

昔の懐かしい先生の夢…何か伝えたいことがあるの?

昔の先生が出てくる夢は、大人になってから見るとなんだか懐かしく感じられます。

恩師のように慕っていた先生も、そこまで授業で関わったことのない先生も、「先生」は基本的に自分を正しい方向へ導いてくれる存在です。

そんな先生が夢に出てくるとき、自分では気が付かない心の奥深くで悩み、迷っていることがあるのです。

誰にも相談できずにひとりで抱えていることがあるとき、誰にも言えない秘密があるときなども、昔の先生が夢に出てくる場合が多いです。

もし周りに相談できる人がいれば、しんどくなる前に頼った方がいいと夢が暗示してくれています。

夢に出てきた昔の知り合いはメリットのある人

過去夢は、過去の失敗についての不安感や、同じ過ちを繰り返さないための教訓を暗示します。

昔の知人、かつて出会った人が夢に出てきた時は、かつてその人に関係していた出来事や、その知人が現在の状況において何かの助けとなることを暗示しています。

その昔の知人と連絡をとると、メリットな事があるかも知れません。またその知人に近いうち出会う可能性を知らせています。

昔の友人が夢に出てきた場合は、現在の人間関係に問題があり、上手くいっていないことを表しています。

夢の中に出てきた昔の友人の言動が、現在の悩み解決のヒントになるよう教えています。

昔の同級生の夢は現実に悩んでいるから

昔の事が夢に出てくる夢は現実に悩みがあり、そこから逃れようとしいてるために良く見ます。

同級生は昔馴染んだ人間関係で現実の人間関係に困っているからこそ昔の良い関係を思い出すのです。

昔の同級生の夢は助を求めていると思われますので、今のトラブルや悩みについて友人や家族に相談する事が必要です。

同級生が異性である場合は恋愛に悩んでいる事を意味しますので早く決着をつける事が大切でしょう。

同性の場合は悩みが人の手助けで解消する事になります。同級生に片思いをしていたならばいまだに心の隅に生きているため思い出の夢になります。

未練たっぷりの夢・昔の彼氏の夢

昔の彼氏が夢に出てきたら、それはたいていの場合未練たっぷりの願望夢です。

昔の彼氏に未練があったり復縁したいと思っていると、夢の中で昔の彼氏が告白してきたり、かつてのように楽しく話していたりします。

昔の彼氏とキスするのも同様です。昔の彼氏と夢の中で復縁しているなどは、まだ気持ちの整理がついてない状態を表しています。

未練を感じてはいなくても昔の彼氏と結婚する夢を見るのは、現在の生活が疲れてしまっているため過去を美化している気持ちです。

昔の彼氏の結婚式に出席して祝福していた、昔の彼氏と喧嘩した、振った、昔の彼氏が死んだという一連の夢には、これまでの思いと決別することができ、新しい恋愛が始まる意味があります。

昔の彼女への未練の強さが分かる願望夢

昔の彼女が夢に出てくる時の男性の深層心理は、元の彼氏の夢を見てしまう女性とほぼ一緒で未練や罪悪感を感じています。

昔の彼女と復縁していたり話す夢は、仲が良い様子ほど未練が強い願望夢で、振られてしまった男性がよく見る夢です。

自分から彼女にキスするという行為も、心は復縁を願っています。昔の彼女が何度も夢に出てくる時は、未練を感じる失恋の強さを象徴しています。

また、過去を懐かしんでいる時にも美化というフィルターを通して見ることがあります。

現在、恋人が居て全く未練を感じていないのにもかかわらず、夢の中で昔の彼女とデートで楽しいのは、現在の彼女にどこか不満を感じている事を示しています。

逆に昔の彼女と夢の中で喧嘩していれば、過去の恋愛との訣別ができており、今後の恋愛がうまく行く暗示です。

昔の彼女が家に来て再会する夢は、何か相手が伝えたいと思っている知らせです。

昔の友人が夢に…何かを訴えているの?

昔の友人が夢に出てきたときは、現実では人間関係に悩んでいたり、トラブルを抱えてしまっている場合が多いです。

昔の友人と仲良く話している夢は、そんな現実世界から目を背けたいと考えています。周囲の人間関係になじめずに辛い思いを抱えていませんか。

昔の友人との関係のように、現在の周囲の人間関係も良いものにしたいという願望が強いとき、昔の友人が夢に出てくる場合が多いです。

また、特に仲の良かった昔の親友が夢に出てきた場合、吉夢になります。

今抱えている人間関係のトラブルやわずらわしさから解放され、良い人間関係を築くことができるという暗示でもあります。

昔好きだった人の夢を見た時その意味は?

昔好きだった人の夢を見たらその時の事を思い出してキュンとなってしまいそうですよね。夢占いではどのような意味があるのでしょうか。

夢に昔好きだった人が出てきた場合、そのシチュエーションで大きく意味が異なる場合があるのですが、基本、自分自身の恋愛観を表していると言えます。

その出てきた彼が理想だったりしませんか?

また、過去の恋愛に囚われていたり、現在お付き合いしている彼がいる方はその彼に不満を抱いているのかもしれません。

夢で好きだった彼が笑顔だったなら、今現在あなたはとても疲れていて癒しを求めている可能性があります。

この夢を見たら自分の状況をふまえて意味を考えてみると良いでしょう。

昔の友達が出てくる夢を見たならば

昔の友達が出てくる夢を見たあなた、あなたは今の友人関係のしがらみから逃れたいと思っています。昔の夢は現実逃避の象徴です。

自分の今の状況をよく振り返って見ましょう。

あなたは今の職場やママ友などの関係に疲れてはいませんか?

今の友人関係は利害の絡むものですか?

無理してお付き合いしているものだったりしませんか?

心の奥底であなたは昔の利害の絡まない純粋に気が合う友人を求めています。

実生活で無理をしているな、、と感じるならば、今の友人関係から上手に距離をおく方法を考えてみましょう。リフレッシュしたあなたには、また新しい出会いがあるはずです。

合わせて読みたい