夢占い

【夢占い】迷うことに関する夢の意味13選!

消耗する人生の悩み…マラソン中に迷う夢

マラソン中に迷う夢を見た時は、自分の努力や姿勢について迷っている心理状態の表れです。マラソンをしている象徴は、現在の努力や目標が簡単な事ではないことを示しています。努力が目指すものに追いつかない悩みを抱えている時に見やすい夢です。

現実でマラソン中に道やコースを迷うハプニングは、無駄な距離を走ってしまった時の肉体的・精神的・タイム的なダメージが甚だしいことから、心身共に無駄ともいえるダメージを受けて消耗していることが伺われます。

急な出来事に遭遇して影響を受ける意味合いもあるため、対応できるだけの余裕が持てるように休養を取って備えた方が良い時です。

海外で迷う夢は、元の「道」に戻りたがっている証かも

土地勘がない場所だとどうしても道に迷ってしまう人はいますが、時に海外で道に迷ってしまった時の不安感は物凄いものがありますね。しかし、そうしたシチュエーションの夢を見た場合、単なる悪夢とは片付けられないかも知れません。

夢の中での「海外」は、見知らぬ世界や環境を意味しており、迷うという反応には、どう行くべきか分からずにいるという側面が強くあります。

もし、意を決して新たな職場や環境に飛び込んでみたり、新しいことをしてみた、という経験を近いうちにしたのであれば、潜在意識下ではそれを辞めたいと思っているが、どう進めばいいか分からなくなっていると解釈することができます。

チャレンジは大事ですが、本当にそれがやりたいことなのかどうか、自問自答してみるのもいいかも知れません。

デパートに迷う夢は選択できる多くの可能性があることを示しています。

迷う夢は、自分が思い悩み、中々選択することのできない状態にあることを示しています。そんな状態でデパートで迷っているとなると、数多くの種類の品物が並んでいるように、自分の目の前には目移りするほどに、選択肢が転がっているのでしょう。

また、デパートに訪れているということは、自分のための買い物か、贈り物を買いに来た目的があるということです。

自分のための買い物をしに来て、デパートで迷ったなら、将来のことに悩んだり、恋愛仕事について、どの相手を選ぶか、転職するか否かという選択に迫られているのでしょう。

そして、自分が思うより選択肢は多く、可能性が広がっている状況にあることを示しています。誰かの贈り物を買いに来て、デパートで迷ったなら、人間関係に悩んでいるか、恋愛仕事の人間関係で、変化を求めたり、発展させたりすることを望んでいるのでしょう。

この場合も、自分が思っているよりは、選択肢できる余地はたくさんあり、希望や可能性に満ちた選択ができる状況にあるものと思われます。

マンションで迷う夢は、自分の可能性のあらわれかも

生きている中で、様々な場所で迷うことがありますが、同じ部屋が無数に立ち並ぶマンションも、うっかり迷ってしまうがちなポイントですね。

しかし、マンションで迷う夢は、むしろラッキーな傾向にあります。家や部屋というのは、人の内面を示すとともに「可能性」を示しもします。

そして、マンションは高層で、普通の家よりもずっと部屋が多い建築物ですので、その夢を見た人の可能性は極めて多く、しかも他の人の上に立ち、先んじるような性質かも知れないことを表しているんですね。

もちろん、決断しなければ成果が得られない部分はあるものの、焦らずじっくり一番良い「部屋」を探していくのが良いでしょう。

道に迷う夢をみたら、とりあえず元の場所で計画をたてよう。

人生に迷っていることを示唆します。自己責任が生じる未来への一歩を踏み出そうかどうか、躊躇う気持ちが働いています。

これ以上混乱を避けるためには、とりあえず元の場所まで引き返すこともできます。現実世界においての「元の場所」は、自己責任がとれると思える場所です。

必ずしも無理矢理何かを壊したり、変化をこじつける必要はありません。あなた目線の生きる目的、使命感、才能、過去の道のりなどから、しっかりと計画を立ててやり直すことが大切です。

そうすることで何度も戻る必要がなくなります。また、最期まで無事にたどり着ける可能性も高まります。

学校にいく途中で迷う夢が持つ意味とは

学校へいく途中で迷う夢を見た場合に考えられる意味や深層心理というのは、自分の行く末を案じていたり、迷いが生じている場ことを暗示しています。

行き慣れた学校への道のりなのにも関わらず、途中で迷子になったり迷うというのは、自分の進む道が正しいのか、本当にこれでいいのかと疑念を抱えているのが夢として表れているのです。

自分の進路や将来を、今一度考え直してみると良いかもしれません。正しい道は一つとは限りません。色々な可能性を見つめてみましょう。新たな発見と好奇心が生まれるかもしれません。自分を過小評価しないようにしましょう。

電車の乗り換えに迷う夢は、人間の岐路を示しているかも

電車に乗りなれていない人にとって、複雑な乗り換えはまさに鬼門という感じですが、夢で電車の乗り換えに迷う夢を見たとすると、現象とは関係なく、それはかなり重要なサインです。

夢の中の電車は、どんな道に進むのかという人生上の「レール」を示すことが多く、その乗り換えは学生から社会人、社会人から独立、あるいは定年といった岐路を表しています。

そして、そこで悩んでいるということは、まだ潜在意識ではどうするのか決めかねている、という解釈になってきます。頭の中では進路や今後について決めていたとしても、もう一度冷静になって考え直すのも良いかも知れません。

病院の中で迷子になってしまう夢

夢の中に出てくる病院は、あなたが感情面や精神面、身体面で元気を回復したいと願っていることをあらわします。あなたは少々苦境に置かれているようです。自分の抱える問題点を探り、どうしたら人生がうまくいくのか考えている最中かもしれません。

しかし今のあなたはどういうわけか集中力に欠けているようです。日常生活でもあれこれ気が散ることが多かったりしませんか。周囲の人の意見に振り回されて自分の意見がよくわからなくなっている状態なのかもしれません。

今は何より自分の意思、自分の意見を優先して、あなたの人生を見極めていきましょう。「あの時、自分で判断して本当に良かった」と思える日が必ず訪れますよ。

建物の中で迷う夢の意味の意味とは

建物の中で迷うのはできれば避けたいものです。建物の中で迷う夢はそのまま現実での迷いが表れています。建物は現実世界のあなたの状態を表します。

建物がきれいで明るい場合は、あなたの評価が上がったり、とても良い評価を得ていることを示します。暗かったり、人がいないような場所なら、あなたに対しての評価が低く、人が離れ始めていることの表われといえます。

また、建物が具体的に分かる場合はそれに応じて夢の意味も変化します。例えば、図書館の場合はあなたにとって必要なものがなんなのか模索中なのを表しています。迷っていることを具体的にするために、一度立ち止まることも必要だと思います。

空港の中で迷子になってしまう夢

あなたは精神的な成長をしようとしています。新しい目標や夢に向かって一歩を踏み出そうとしているようですよ。

しかし、もう少しでうまくいくという時期にもかかわらず、あなたは少々弱気になっているようです。心の中に焦りが空回りしている状態ではないでしょうか。

今はあなたにパワーやエネルギーを与えてくれる人々と交流したり、勇気が出る本を読んだり映画を観て心にエネルギーを蓄えましょう。

どんと構えて強気で行きましょう。そうしているうちに方向性がしっかり見えてきます。新しい世界は、もうあなたの目の前に広がっていますよ。

旅館の中で迷子になってしまう夢

あなたは今、精神的に成長への大きな一歩を踏み出そうとしています。しかし、その旅館で迷子になってしまうのは、その一歩を踏み出す前に心が落ち着かず、行こうかやめようかと迷っている状態なのでしょう。

旅館のイメージはあなた自身の現在のイメージを投影したものです。もし、ボロボロの旅館だった場合は、もう一度自分を振り返って行動を改める必要がありそうです。

廃墟のような旅館なら、あなたはもっと自分を愛し、信頼する必要がありそうです。旅館のイメージで自身を調整することで迷いは消え、次の一歩を迷わず踏み出す力が湧いてきます。

電車に乗り間違えたり迷ったりする夢

電車に乗り間違えたり、電車の中で迷う夢を見るときは、せっかくやってきたチャンスにあなたが気がついていないか、無関心なまま活かしきれていないということをあらわします。

おそらく今のあなたは、気が散り過ぎています。もう少し自分のことに集中する時間をもたないと、このままチャンスを逃し続けることになりかねません。とにかく深呼吸して落ち着きを取り戻しましょう。

あなたの人生の方向性は、レールのようにまっすぐに未来に向かって伸びています。自分の時間を大切にすることによって、訪れるチャンスにも気づけるようになるでしょう。

知らない相手との結婚に迷ってしまう夢

夢の中の結婚は、あなたの中の未知の側面と、今までのあなたの側面が交わることをあらわします。それによって、あなたは今よりさらに深い洞察力を得たり、豊かな感じ方ができるようになるということなのです。

ところが、今のあなたの心は新しい側面をなぜか受け入れらない状態にあるようです。成長の変化を恐れ、躊躇しているのかもしれませんね。

しかし焦らなくてもいいのです。「いずれあなたは新しい自分を受け入れられるようになるよ」という、いわば予告のような役割をする夢だと考えてください。変化を恐れず、流れのままに。肩の力を抜いて、リラックスして過ごしましょう。

合わせて読みたい