花言葉

百合の花言葉や由来|色別(ピンク色・白色・紫色)の意味から怖い意味まで丸わかり

百合の花の特徴や名前の由来

百合と聞いたら、誰でも知っているのではないでしょうか?日本では15品種ほどが自生しています。
花の特徴としましては、ユリ科に分類され、チューリップ等と同じ球根植物となります。
5?8月頃に花期を迎え、白や黄色、赤やピンク、オレンジと色にも様々な種類があります。
百合の由来は、細い茎の為、花が風に揺られる事から「揺すり」と言われ、その言葉が時代と共に変化して「百合」と呼ばれるようになりました。
漢字については、花の鱗片がいっぱい重なっている為、百合という字なったと言われています。
ことわざでは「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と、女性の美しさを掲揚することわざにも使われています。

百合の花言葉の意味とその由来とは?

≪百合の花言葉≫純潔・清らかな魂

気品のある姿に気高い香り。神聖な花としてキリスト教徒との結びつきも強く聖母マリアの絵に白いマドンナ・リリーが描かれます。花言葉の純血、清らかな魂は聖母マリアのイメージがあり結婚式の花嫁を飾る花として好まれます。

≪百合の怖い花言葉≫嫉妬・死

百合には恐ろしい花言葉もあります。それは「嫉妬」「死」という花言葉です。「死」は特にクロユリの「呪い」という花言葉に由来し、また「嫉妬」という花言葉はギリシャ神話の女神アフロディーテが、天の川のしずくから咲いた百合の美しさに嫉妬して男性器のようなおしべをつけた、という物語に由来しています。

≪色別≫黄色の百合の花言葉

黄色の百合の花言葉は、明るく楽しげな雰囲気を持っている【陽気】もありますが、相手を騙して嘘をつくといったような【虚偽】【偽り】などの花言葉も同時にもっています。陽気と偽りのように相反するようなイメージを持った裏表があるミステリアスなイメージです。

≪色別≫ピンク色の百合の花言葉

ピンク色の百合の花言葉は「思わせぶり」「虚栄心」「上品」。「虚栄心」というこの花言葉は一見マイナスのようですが、キリストの磔刑の際、ほとんどの花が頭を垂れている中、唯一上を向いていた百合が、キリストに見つめられているのでは、と思いあがり、赤くなり頭を垂れたというかわいらしいエピソードが由来となっているそうです。白の百合に比べ、その頬を染めたような色づきに様々な意味が付与されているのですね。

≪色別≫白色の百合の花言葉

白色の百合の全体の意味としては「無垢」、「純潔」です。百合の花の色からも分かるように無垢とは汚れのない綺麗な感じを表しています。それが純潔という花言葉に結びつき、百合は1本でも堂々とした存在感があり、凛としていて可愛らしい印象があり、それが「荘厳」な雰囲気を醸し出しているのでこの花言葉だと思います。

≪色別≫紫色の百合の花言葉

紫色の百合がもつ花言葉は「高貴」「神秘的」なイメージの。紫色の花を咲かせる百合で、一番有名なものは「アジアティック・ハイブリット」という品種です。スカシユリの仲間で、赤紫色の花弁がとても綺麗。丈夫で育てやすいので、園芸にもお勧めですよ。

≪色別≫赤色の百合の花言葉

赤い百合の花言葉は「虚栄心」です。これは、百合として人気がある白い色よりも目立とうとして色を付けたとされることから、言われています。

また、キリストが亡くなる時になんとか慰めようとして顔を上げていたものの、キリストに見つめられて思い上がりだったことに気づき、顔を赤く染めたためとも言われます。

≪色別≫黒色の百合の花言葉

百合の中でも黒い百合の花言葉は、【愛】や【恋】といった人を愛しむ純粋さを感じさせるものがありますが、その他には【復讐】といった人を愛しすぎてしまったことによるいき過ぎる愛が復讐へと変わる恐ろしさを兼ね備えた花言葉となっています。

≪色別≫オレンジ色の百合の花言葉

百合の花自体は見ているだけで少し他の花よりも重い感じで見られる事が多いですが、オレンジ色の百合は他の百合の色に比べて色が濃く、一瞬見た時は少し「華麗」にも見える場合もあるし、色自体が他の百合の花に比べて軽い感じにも見えるので「軽率」という花言葉だと思います。

【贈り方】百合を渡す時のポイントとは?

結婚式に贈るなら白色がベスト

百合の花は可憐で綺麗な花です。その中でも白色の百合には「純潔の象徴」などの特別な意味合いがあることから、聖母マリアを象徴する花とされていますので、結婚式で花を贈る時のポイントとしては、白百合を贈ってあげると大変喜ばれるでしょう。

女性に渡すなら白色の百合がオススメ

百合にも様々な色の種類がありますが、白色の百合には「高貴な美」「高貴な品性」など、美しさに関する意味が多いことから、贈る時のポイントとしては「美しさ」や「品格」を兼ね備えた女性に贈ると喜ばれるでしょう。

男性に渡すなら黄色の百合がオススメ

純白で清楚なイメージの強い百合ですが、その大きな花姿は色によって花束を飾る全体イメージを大きく変えます。黄色の百合の花言葉は「陽気」。プレゼントする花束の中に一輪あるだけでも「元気で明るい」を届けることができるでしょう。オレンジ系の百合との相性も抜群で華やぐ百合の香りと共に男性へのお祝い事の席の花束としてとても喜ばれます。

【風水効果】百合を飾る時のポイント

≪恋愛運UP≫寝室に百合を飾ると女性フェロモンが高まる

恋でお悩みの女性の方は、風水で恋愛運をUPさせましょう。風水上のポイントとしては、自分の寝室に百合の花を飾ることで女性フェロモンが高まるとされています。そこで重要なのは花の色の組み合わせとなっており、特に白・黄色・ピンクの組み合わせがベストとされております。

≪邪気払い≫玄関に白い百合で魔除けの効果

最近運が悪いなと感じている方、今年が前厄、本厄、後厄であるという方にぴったりの花を紹介します。それは白色の百合の花です。なんと、これを玄関に飾ると、魔除けの働きをしてくれるのです。加えて、方角的に良くない方向にも飾ると、さらに効果が期待できます。

合わせて読みたい