花言葉

ブーゲンビリアの花言葉や由来|色別(赤色・ピンク色・白色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ブーゲンビリアの花の特徴や名前の由来

特徴は、オシロイバナ科ブーゲンビリア属で、原産地は、中央、南アメリカなどの熱帯地域。和名を筏葛(イカダカズラ)といい、開花時期は、5~10月です。名前の由来は1768年にフランスの探検家のブーガンヴィルが、この花を見つけたことからこの名を付けられたといわれています。

ブーゲンビリアの花言葉の意味とその由来とは?

≪ブーゲンビリアの花言葉≫縁結び

南国の花ブーゲンビリアは色鮮やかな花で赤、ピンク、紫など色んな種類があります。花言葉には「あなたしかみえない」という意味もありとっても情熱的な花です。もし大好きな人から花束をプレゼントされたら本当に幸せですね。

≪ブーゲンビリアの花言葉≫あなたしか見えない

春~秋口にかけて花を咲かせるブーゲンビリアですが、その花言葉は色によって多くの名前があります。中でも代表的な色である情熱的な赤には「あなたしか見えない」という言葉が添えられています。これが別名「魂の花」と呼ばれている所以です。開花期が長く、鉢植えでも育てられますし、害虫や病気にも比較的強いことも人気があります。

≪ブーゲンビリアの怖い花言葉≫魂

この言葉の意味は、南国的な鮮やかな色彩を持ち、その、ハッと目の覚めるような華やかな姿に、誰もが魅了されます。そのきらびやかさと美しさは、人の心をざわつかせ、気持ちが高ぶるところから、イメージされ付けられたと言われています。

≪色別≫赤色のブーゲンビリアの花言葉

ブーケンビリアの花言葉、とりわけ赤色の物には「情熱」と言う花言葉があるそうです。Kの由来は、南国の海辺にさくこの花が真っ赤に燃えているように見えたのが由来だそうです。このため、相手に情熱を伝えたい際には赤いブーケンビリアの花束を渡すといいらしいです。

≪色別≫ピンク色のブーゲンビリアの花言葉

ブーゲンビリアと言えばピンクを思い浮かべる人も多いでしょう。とても色鮮やかに咲き誇るピンクの花は見る人を惹きつけます。いつも生き生きと花を咲かせている様から生まれた花言葉は「魅力がいっぱい」です。こんな花束をプレゼントされてプロポーズされたらOKしてしまいそうですね。

≪色別≫白色のブーゲンビリアの花言葉

ブーケンビリアの花言葉、とりわけ白色の物には「熱心」と言う花言葉があるそうです。南方に咲くこちらの花は、強い日差しの下に咲きます。それにも負けず小さくも、白く美しく咲き誇る様子から、こちらの意味の花言葉が付きました。

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「ココロの泉」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST