誕生日占い

【誕生日占い大全】1月20日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは1月20日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

1月20日生まれの人は「一緒にいるだけで安らげる・癒される人」です。温和な性格で一緒にいる人に安心感を与える存在です。相手の欲していることを読み取り、それに応えようとします。

気配りができる穏やかなイメージがあるので、サポート的なポジションが一番適していますが、いざとなればリーダーシップを取ることもできます。

感性が高いこともあって、人が見落としがちな部分にも気がつきます。そのため人に対する気配りができ、多くの人から感謝され喜ばれるでしょう。誰に対してもフレンドリーで親しみやすいので、初対面で相手に冷淡なイメージを与えることはまずありません。

また献身的なサポートが人を成長させます。仕事であれば部下・後輩への教育や指導・サポートをすることで人材育成に貢献します。恋人やパートナーに対しては一心に尽くすので、相手が出世するのもめずらしくないでしょう。

感受性が豊かなので美的センスがあれば芸術面でも活躍します。しかし感性が高い反面、物事に対して過剰に反応してしまうこともあります。自分のことを悪く言われる・批判されると、人一倍ダメージを受けます。そのダメージを回避するために、相手の顔色を必要以上に伺うこともあります。

自分の思っていることを隠す・表に出さないようにするのは、自分を他人からの攻撃によるダメージから守るためだといってもいいでしょう。人の中にあっては協調性を重んじるあまり、自分のカラーを封じ込めてしまう傾向があります。自分の本心を表に出せないのでストレスを感じることも多いようです。

ただし、対人関係を優先させるあまりに、自分には自由がないと感じてしまうことが多々あります。自分を自由に表現すること、行動することをあきらめてしまうと、人生に対して面白味を感じなくなってしまいます。

しかし、それでも仕事のように自分を抑圧するような環境に身を置くしかない状況なら、機械的にただもくもくと作業をこなすような姿勢になることもあります。人によっては冷たい人と誤解されてしまうかもしれません。どこまで我慢をして、どこまで自由でいればいいのか、その見極め・コントロールが課題とも言えそうです。

基本的にまじめで几帳面です。責任感もあるので最後までしっかりやり遂げようとします。しかし何事にも完璧さを求めるような面もあり、それが行動を制限していることもあります。「何事もうまくいく部分もあれば、うまくいかない部分もあって当然」という気持ちでいると自然と楽になります。

1月20日生まれの隠れた本質や使命

感受性がもたらすよい部分・悪い部分を知り、それを受け入れることであなたの人生は少し変わってきます。自分がこれまで苦しんで悩んできた経験があるからこそ、他の悩める人の気持ちを汲み取ることができるようになります。人の顔色をうかがうという行動は精神的に窮屈なイメージもありますが、裏を返せば観察力・洞察力が身についていることの証です。自分を知り、人生を前向きにとらえて多くの人々を陰から支える存在になった時に、あなたの人生は本当の意味で充実したものとなります。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

周囲の人とうまくやっていくことに重きを置くのは、人から認められたい・好かれたいという気持ちよりも、誰ともトラブルを起こさずに無難に過ごしたいという気持ちの方が強い可能性があります。

人の中にあっては協調性が必要ですが、協調性を意識するあまりに自分の欲求を押し殺してしまうことが多いようです。その状況が長く続けば心と体に悪い影響を及ぼします。適度にストレスをどこかで発散することを考えましょう。

性格に裏と表がある(二面性)のはあまり好ましくないイメージがあります。しかし自分の傷つきやすい部分を守る時には二面性も役立つことがあります。逆に二面性がある人はもともと傷つきやすい性格のため、二面性によって自分のナイーブな部分を守っているのです。

1月20日生まれの恋愛時の資質や注意点

社交的・気配り上手で思いやりもあるので、いろいろなシーンで好意を寄せられることが多いでしょう。特に男性の場合はマメな性格が女性の心をとらえます。

好きになった相手にはとことん尽くします。ただし、相手に尽くすことによって本来の自分らしさを見失ってしまうこともあります。何もかも相手に合わせている期間が長くなれば、それだけあなたのストレスも蓄積されていきます。

しかし、相手に依存しなければ生きていけないといった場合に、その状況を維持させようとするなら、あなたは自分が自由であることをあきらめてしまいます。そのため、人生が色あせたもののように感じてしまうこともあるでしょう。

1月20日生まれの人は、基本的にどのような人とでも上手にお付き合いしていくことができます。そして、一緒になった相手はあなたのサポートを得て、よりよい人生を送るケースが多いでしょう。

しかし相手があなたに一方的な服従を求めるのであれば、あなたは自分の自由のためにその要求を退けるのが賢明です。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

自分のファッションから物の考え方まで相手に気に入られるために、自分のカラーを押し殺してしまうこともあります。しかし、あなたのその行動を気に入ってくれるのは自己中心的な相手だけです。自分の好みを一方的に押し付けてくるような相手には要注意です。

一方で、自分の外見・ファッション・考え方などを尊重してくれる相手であれば、あなたも自分を作る必要もなく相手に対して素直になれます。そういった相手はあなたを自由に、そして何より楽しませてくれます。

また、何らかの事情で自分を表に出せずにふさぎこんでいる時には、恋人やパートナーへの愛情表現も乏しくなりがちです。自分の心の内を打ち明けるなど、理解してもらえるようにしましょう。

1月20日生まれの仕事の資質や適性、注意点

いざとなればリーダーも、縁の下の力持ちといった役目もこなします。しかし、細部へのこだわり・気配りができるという点なら、やはりサポート役でしょう。どちらの役目もこなせるなら、双方をつなぐディレクターのようなポジションも適しています。

相手の出方をうかがい、相手が納得できるような説明ができるので、会社組織においては目上の人間から評価されることも多いでしょう。

さらに、自分の内面的な弱さを自覚して克服した経験があるなら、医療関係者やカウンセラー・セラピストといった仕事にも適性があります。自分の体験した苦い経験も、苦しみ・悩んでいる人の理解を深めてくれます。

どんな仕事もこなしますが、この日生まれの一番の気がかりは最初にも触れたとおり対人関係です。仕事においては自分の本音・欲求などを抑える必要がありますが、必要以上に抑圧しないことです。ストレスをためてしまわないように、休息・リラックス・気分転換を心がけましょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

責任感が強いこともあって、自分の与えられた役目を最後までしっかりやり遂げようとします。何事も完璧に・自分の納得できるレベルに仕上げようとして、うまくいかない時には挫折してしまうこともあります。

もっとおおらかに構えるようにすることで、最終目標までの道のりを短くする・楽にすることも可能になります。また完璧さを目下の人間に徹底してしまうと、人が離れていってしまうこともあります。個人個人にみあった仕事の量・レベルを見極めるようにしましょう。

与えられた仕事をこなし、職場での協調性を重んじることも大切です。しかし、あなた自身がもっと仕事に楽しみ・自由を見出すことで、仕事の面白さ・奥深さを感じることができるようになります。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

1月20日生まれの人の金運は堅実です。細かいところまで几帳面に管理しているので、ムダな出費はほとんどないでしょう。ただ、この日生まれの人は基本的に相手をサポートするポジションにいることが多いので、結婚後は相手の金運も関わってきます。

特にあなたが女性の場合はパートナー次第です。経済力のあるパートナーであれば金運も申し分ありません。あなたが相手に尽くすことによって、相手もより大きな財運を呼び込みます。

逆にギャンブルにのめり込む人、浪費の傾向がある人と一緒になると、あなたもその影響を受けて金運は低迷します。相手をしっかりコントロールできればいいのですが、もともと相手に対して強く出られないタイプなので難しいかもしれません。

1月20日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月15・18・24日、2月5・14・23日、3月13・22・31日、4月3・12・17日、5月11・29日、6月1・10・19日、7月9・20・27日、8月8・17日、9月16・26日、10月6・15日、11月5・14・23日、12月1・13日

【仕事・対人関係】

1月16・29日、2月1・14・28日、3月9・12・27日、4月21・26日、5月19・25日、6月17・24日、7月4・14・23日、8月13・22日、9月3・12・21日、10月9・20・29日、11月7・19・28日、12月9・27日

【ソウルメイト】

3月10日、5月26日、6月16日、8月30日、9月22・25・28日、11月2・24日、12月1・22日

1月20日生まれの誕生花と誕生石

  • スイートピー
  • スノーフレークオブシディアン

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • 三國連太郎(俳優)
  • IKKO(美容家)
  • 南果歩(女優)
  • 矢口真里(タレント)
  • 花田勝(元大相撲力士)