動物占い

【動物占い】しっかり者のこじかの性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2022年運勢も紹介】

もくじ

しっかり者のこじかの2022年運勢を徹底解剖!

これまで問題を抱えていたなら、2022年は最高の年になりそうです。なぜなら今年のあなたは、そうした問題が解決しやすい一年となるからです。今までどうにもならなかった問題も、今年なら解決へと向かっていくでしょう。

そんな良い運気の漂うあなたの2022年ですが、一人の時間を大切にすることでさらに運気がUPします。問題解決にも、一人の時間をゆっくり取ることが鍵となりそう。一人でいることで、突然問題解決のための方法が浮かんでくるようなこともあるでしょう。

また後回しにしていた問題にも、今年は取り組んでみることをおすすめします。問題解決の運気が漂っている間に、面倒なことはすませてしまいましょう。案外すんなりと片付いてしまいます。

しっかり者のこじか基本的な性格:徹底解説!【動物占い】

しっかり者のこじかの性格:はずかしがりやだけど、適応能力は高め

こじかの人は、新しい環境や人間関係に打ち解けるまでには少々時間がかかるタイプです。ですが、いったん打ち解けだすと、誰よりも適応能力に優れています。

?

こじかの人は甘え上手でもあるので、「この人は優しそう」と感じたら、ナチュラルに頼る仕草を見せます。頼りになり、その場に上手に打ち解けることを助けてくれそうな人を嗅ぎ分ける目を持っているとも言えるでしょう。

また、ちょっぴり寂しがりやのしっかり者のこじかの人。「早く馴染まなきゃ……」という思いを抱いているため、自然と適応能力を自分で高めている一面があるのかもしれませんね。

?

人に頼るのが上手なこじかの人ですが、実は面倒見がよいところもあるのです。そのためバランスよく、しっかりと自分のポジションを新しい環境でも確立していく強さを持っていますよ。

しっかり者のこじかの性格:冒険心と探求心を持ち、のびしろがスゴイ

しっかり者のこじかの人は大人しそうに見えて、実は冒険心が強いタイプです。興味がある・ないはハッキリしていますが、心惹かれたものには積極的に行動していく傾向があると言えるでしょう。時には大胆なアクションを取り、周りの人達をビックリさせることも少なくありません。

?

ロマンティックなところもあるこじかな人ですが、「本当に実現させるならこんなスキルが必要かも」と、しっかりと現実的な思考を持っています。あれこれと学習や技術習得に向けて頑張るガッツもあり、意外と負けず嫌いな一面もありますね。

?

つまずいた時には、「教えて!」と周囲にアドバイスを求める素直さもあるので、「探求心の強い人」として、頼もしく思われることも多いですよ。

しっかり者のこじかの性格:多少のワガママが許される小悪魔的要素も

こじかの人は、「愛らしく思わず守ってあげたくなるキャラ」としての印象が強いです。「人から頼られたい」という願望の人にとっては、一緒にいて心がくすぐられる相手と言えるでしょう。

ただ、見かけの印象よりも意外とブレない芯をもっているのがしっかり者のこじかの人。好き・嫌いはハッキリしていて、心を許した人には、自分の意見は胸に押し込まずにきちんと発信する強さも持っていますよ。

甘え上手ですので、「この人は頼れる・頼れない」と、きちんと人を選んでいる器用なところもありますね。「頼れる」と思った人には、少々ワガママなふるまいをすることも。ですが、「ありがとう!」という感謝の気持ちは忘れない礼儀の良さがあるので、周りの人達はついついそんなこじかの人をゆるしてしまうのです。

しっかり者のこじかの性格:1人の環境には弱い面も

こじかの人は、自分に正直に生きている分、ストレスにはかなり弱い傾向にあります。適応能力は高い方なので環境の変化には強いタイプですが、「人に頼りたい」という気持ちも大きいです。そのため、何が何でも自分1人でやらなければなら状況に追い込まれると、心の負担が大きくなりがちに。

「ちょっと無理をしているかも」と感じたり、身体の不調が現れたりしたら、それは危険信号です。そんな時は一緒にてリラックスできる友人などと楽しく過ごすのが、寂しがりやのこじかの人にとって、なによりの特効薬となります。

「今、疲れているからなぐさめて!」と素直にふるまうことで、自然とストレスが身体から抜けていくでしょう。

しっかり者のこじかの性格:繊細でガラスのハートの持ち主

しっかり者のこじかの人は、場の空気を読む能力に優れています。そのため、甘え上手といえども、頼られるのがニガテな人にはワガママは言いません。目の前の人の本質を見抜く洞察力も鋭いといって過言ではないでしょう。

ですので、なんだか自分に対して不穏なオーラを出してきている人がいると、敏感にキャッチしてしまいます。天真爛漫で愛嬌のあるこじかの人なので、それが羨ましい反面、ちょっぴり妬ましい気持ちを持っている人も中にはいるかもしれません。その人からの評価がついつい気になって、ひっそりと傷ついているのがこじかの人なのです。

他の人ならあまり気にしないようなことも、大きく受け止めてしまう繊細なハートを持っているのですね。

しっかり者のこじかの性格:ヘルシー志向で食にはうるさめ

しっかり者のこじかの人の「現実的」という特徴は、健康的な生活にも活かされています。夜更かしや不規則な生活をするよりも規則正しい生活を送るほうが、心が落ち着くタイプです。

また、食べ物に対して健康志向。ヘルシーかつ美味しい料理のレシピを集めたり、評判のレストランをリサーチしたりする情熱はかなり高いと言っていいでしょう。

大切な人達には、オススメレシピの手料理をふるまうことも。そんなしっかり者のこじかの人は、自然と周りの人の胃袋をギュッと掴んでいるのかもしれませんね。

一方で、食にこだわりが強いため、好みじゃない料理を目の前にすると、わかりやすくテンションが下がってしまいます。こじかの人と食事をする時は、あらかじめどんなものが良いかしっかりと聞いてからメニューやレストランを決めると平和ですね。

しっかり者のこじかの性格:天然と見せかけて気配り上手

こじかの人は、天真爛漫でかわいらしい印象を持たれやすいです。他人に対して攻撃的になるということはあまりなく、穏やかな人間関係を築いていきます。場の空気をしっかりと読めるので、なにか不穏なムードになれば、和やかな雰囲気になるように努めるでしょう。

?

そんな気配り上手でしっかりしたところを見せるこじかの人は、愛嬌のあるキャラとして多くの人から愛されます。自分や皆のために、居心地の良い空間をつくることに力を惜しまない点が、こじかの人のチャームポイントの1つと言えるでしょう。

?

親しくなった人には自由気ままな姿勢を見せるこじかの人ですが、「そんなギャップもかわいい」とメロメロになる人も多いですよ。

しっかり者のこじかの性格:他人の意見を優先してしまう

こじかの人は、自分の意見をきちんと持っているにもかかわらず、「まず他人に聞いてみる」と思う傾向があります。

?

そのため、自分はAだと思っても、他の人から「Bの方が絶対いいよ!」と言われると、Bの方を選ぶケースが多いですね。それは、ちょっぴり自分に自信がないのと、「聞いたからには、その意見に従わなきゃ悪いよね」という気遣いによるもの。

?

他人の意見を聞く姿勢は自分の視野を広げるのに役立ちますが、時には自分の本能的な考えに身をゆだねてみてもいいかもしれませんね。その結果が、自分への自信になる可能性も大きいはずですから。

しっかり者のこじかの性格:リスクは負わない主義

こじかの人は天然キャラな部分もありますが、実はとってもロジカルな考え方をします。

?

非現実めいたものはあまり信じずに、論理的に証明された物事に安心感を覚えます。そのため、「この先どうなるかわからない」といったものに対してエイッと飛び込むことはあまりしません。

?

「もうちょっとゆるく、遊び心を持ったらいいのに」と周りから思われるところもあるかもしれませんが、理にかなっていないなと思うものには、近づかないのがこじかの人なのです。

?

ただその分、こじかの人が取り組む物事に寄せられる信頼度が高いのも事実です。リスクを負わない主義のこじかの人がしていることならきっと間違いない、と思うのでしょうね。

しっかり者のこじかの性格:独占欲は強いほう

こじかの人は、基本的に穏やかな生活を好みます。誰とも争うことをせず、穏便に物事を運んでいきたいなといつも考えています。こじかの人はナイーブなところがあるからこそかもしれませんね。

ですが、そんな平和主義のこじかの人が、珍しく「怒り」を見せることもあります。それは、こじかの人の「独占欲」に火がついた時。恋のパートナーを誰かに狙われたり、自分だけが遂行できる業務を誰かに取られそうになったりという状況に陥ると、かなりピリピリしたオーラになります。

?

自分が安心できる人や環境が脅かされそうになれば、穏やかなこじかの人の中にある独占欲がムクムクと湧き出し、それを死守しようと激しい一面を見せるのですね。

?

いつもと違うこじかの人の形相に、ビックリする人は多いでしょう。

恋愛運や恋愛の特徴は?恋にはロマン、結婚にはリアルを求める

こじかの人は、ロマンティックなことが大好き。そのため、恋愛には前向きで、ドキドキ感やトキメキを大切にしたいと考えています。恋人にはグイグイ自分をリードしてほしい、という理想を抱いている人が多いでしょう。また、こじかの人は寂しがりやさんのため、頻繁なデートやこまめな連絡をお相手に要求する傾向が強いと言えます。

一方、結婚となるとこじかの人はかなりリアリストかもしれません。ロマンティックなだけでは成り立たないと、キッパリと思考を切り替えます。お相手の経済力など諸々の条件をしっかりとチェックしてから、慎重に結婚へと進むでしょう。

結婚後はパートナーにリードされていると見せかけながらも、金銭管理などはこじかの人がしっかりと握るなど、頼もしい面をあります。

仕事運や仕事の特徴は?細やかな作業は後輩教育が得意!

しっかり者のこじかの人は協調性にとても優れています。ビジネス面においては、自らチームメイトを引っ張るというリーダー的な役割は苦手ですが、サポート役は得意。

そして与えられたタスクを一生懸命に頑張る姿勢は、周りの人にとっても好印象です。他人が面倒だなあと思うような細かい事務作業も責任をもって引き受けて、間違いのないように細やかに仕事に挑む情熱も持っていますよ。

また、面倒見が良い性格を活かして、新人教育担当などでも力を発揮できます。愛嬌のあるこじかの人なので、キッパリと「こういうことはしちゃダメ」と注意しても、嫌みに聞えません。ハッキリ言う時は言うけど、どこか憎めない愛らしい先輩として、後輩からの人気は高いですよ。

しっかり者のこじかの開運ポイントは?秘めたる意志を外へ出していくこと

「誰かに頼りたい」という気持ちが強いこじかの人。ですが、実は自分の意見をきちんと持っていたり、現実的に物事を考えられる思考が強かったりと、しっかりと自己判断できる能力を持っています。

その潜在能力をアウトプットしていくことが、こじかの人のあらゆる可能性を広げる開運ポイントとなるでしょう。

人に頼る癖がつき過ぎてしまうと、自分の意見ではない方向へと流されて後悔するパターンも少なくありません。

たとえ失敗したとしても、「自分で決めた」という経験の繰り返しが、こじかの人の心を強くします。「守ってあげたくなる」というオーラを持っているこじかの人ですが、「実はしっかりとしている」という芯の部分をもっとオープンにすれば、「ギャップがいいよね」と惹かれる人も多いはずですよ。

しっかり者のこじかの相性を徹底解説!状況別の良い相性の動物

恋愛で相性の良いのは「リーダーとなるゾウ」や「パワフルな虎」

こじかの人と恋愛において好相性なのは、「リーダーとなるゾウ」や「パワフルな虎」です。

甘え上手なこじかの人にとって、グイグイ自分を引っ張っていてくれるお相手は、恋人としてかなり重要なポイント。リーダーとなるゾウやパワフルな虎はどちらも「リーダシップを取るのが得意」ですから、まさに頼りがいバツグンの相手です。

そして現実的でもあるしっかり者のこじかの人は、お相手に社会性があるかどうかもきちんとチェックしています。

華やかな才能を持つライオンの人、堅実で親分肌の虎の人は、こじかの人にとって理想のお相手と言えるでしょう。

仕事で相性の良いのは「順応性のある狼」や「放浪の狼」

ビジネスパートナーとしてこじかの人にとって相性が良いのは、「順応性ある狼」の人と「放浪の狼」の人です。

?

「順応性のある狼」の人は、オンリーワンの感性で未知の世界観をしっかり者のこじかに教えてくれるので、一緒に仕事をしていてとても刺激的です。

?

一方、自由奔放で皆の輪から外れる傾向にある「放浪の狼」の人は、しっかり者のこじかの人の「お世話焼き」の性分に火をつけます。しっかり者のこじかの人は、超個性派で独特路線の狼の人を上手く舵を取れる数少ない存在かもしれませんね。

人間関係で相性の良いのは、「全力疾走するチータ」や「放浪の狼」

しっかり者のこじかの人にとって、「全力疾走するチータ」の人はとても頼もしい存在です。慎重で行動するのに1歩踏み出すかどうか迷っているこじかの人の背中をエイっと押してくれるでしょう。「全力疾走するチータ」の人が持つスピード感に、こじかの人は大きな憧れを抱きます。

また、自由気ままで周りの意見に流されない「放浪の狼の人」は、こじかの人の背筋をピンとさせる気持ちにさせてくれますね。芯の強さに惹かれるとともに、「この人ほっとけないから自分がしっかりしなきゃ!」と、眠れるこじかの人のリード力を開花させてくれるのです。

 
当サイトの占いは、動物キャラナビ(株式会社ナブー© 1997-NABOO Inc.© 個性心理學研究所, 弦本將裕)を参考に作成しています。