動物

【動物占い】慈悲深い虎(パープル)の性格や相性を徹底解説!恋愛・仕事・開運術も!【2019年運勢も!】

もくじ

慈悲深い虎の2019年運勢を徹底解剖!

慈悲深い虎の2019年は、自分の限界を飛び越えて、急激な成長を果たせるでしょう。自分らしく、自然体で色々な物事に取り組んでいけば、沢山の知識やスキルを吸収できます。物怖じせずにどんどん自分の可能性を広げていこうという、フロンティア・スピリットを胸に抱いていけば素敵な一年になるでしょう。人間的にも一回り大きくなって、身近な人々からの評価が大きく高まることも期待できます。真剣な態度をキープすることが重要です。

慈悲深い虎の基本的な性格を徹底解説!【動物占い】

慈悲深い虎の性格①落ち着きがあり何があっても動じない

慈悲深い虎は、どのような場面においても落ち着きがあり、何が起ころうとも動じないという性格を持っているようです。慈悲深い虎は、基本的にいつでも落ち着いています。感情の起伏があまり激しくなく、ちょっとやそっとのことでは表情一つ変えません。

たとえば仕事においては会社の存続がかかったようなプレゼンテーションや、プライベートにおいては結婚の承諾を得に相手の実家へ伺う時などといった人生の一大事である場面でも、常に落ち着き払っており平常心でいることができるタイプです。

ものすごく肝が据わっているというよりは、むしろ良い意味でやや鈍感でおおらかな一面があるのです。ちょっとやそっとのことでは動揺しないので、男女問わず頼りがいがあります。

慈悲深い虎の性格②正義感を持つ常識人

慈悲深い虎は、人一倍強い正義感を持っています。そしてそれに加えて、常識人でもあるという特徴も持っています。慈悲深い虎は、とにかく曲がったことが大嫌いなのです。

学生時代は校舎を出てからも校則をきっちりと守るようなタイプで、周りからはややカタブツだと思われることも多々あるようです。社会人になってからも、交通ルールや食事のマナー、敬語の使い方などを特に気にします。

常識的な考え方ができる人に対してはいつも温かい態度をとることができる優しい人ですが、その反対にマナーを守れないような人には手のひらを返したように冷たい態度で接します。正義感が強すぎるあまり、他人の喧嘩の仲裁などに入ることも珍しくないようです。

慈悲深い虎の性格③伝統や格式を重要視する

慈悲深い虎は、伝統や格式をとても重要視するという特徴を持っているようです。慈悲深い虎は、社会の常識やルールをとても大切にする人です。というのも、彼らは周りの人に不快感を与えたくないという気持ちが強いからなのです。

同じ理由で、彼らは長い歴史のある伝統や格式をとても重要だと考えていることが多いようです。その考えはちょっとした日常生活の中であっても変わりません。

彼らは季節の行事を大切にするタイプで、男女問わず家に季節の花を活けるというようなこともごく自然におこないます。また、神仏に対してもとても誠実な気持ちを持っているため、初詣などにおける参拝の手順なども完璧にこなすタイプが多いようです。

男女ともに古風なので、目上の人にも一目置かれます。

慈悲深い虎の性格④常に冷静で計算高い

慈悲深い虎は、常に冷静沈着で、意外と計算高いという特徴を持っているようです。慈悲深い虎は、基本的にいつも冷静です。

たとえ自分がトラブルに巻き込まれているような場面でも、まるで空から地上を俯瞰する鳥のように広い視野で状況をとらえることが得意な人です。

ピンチの時でもどうすれば状況が良くなるかを常に考えて、冷静に次の一手を打っていくようなタイプです。またそれに加えて、意外と計算高いという一面も兼ね備えています。

人を助けることが大好きで、基本的にはとても優しい性格の彼らですが、自分でも気がつかないような心の奥底では「どうすれば自分が周りから良く見られるか」を考えているようなやや打算的な一面もあるのです。

慈悲深い虎の性格⑤自分の世界を持っており近寄りがたい

慈悲深い虎は、自分だけの世界を持っているためやや近寄りがたいという特徴を持っているようです。慈悲深い虎は、自分ひとりだけで過ごす時間が大好きです。むしろ、ひとりだけで楽しめる時間がないと生きていけないタイプでもあります。

特に、自分が大好きな趣味の分野に関してはその傾向が強くなるようです。趣味に没頭しているときは、周りのことが一切目に入らなくなることも少なくありません。

そんな時に彼らに話しかけた場合は、普段の優しさからは想像できないほどのそっけない返事をされることがあります。そのため、周りからはやや近づきがたいと思われることも珍しくありません。

また、自分だけの世界にはたとえ家族や恋人であっても土足で入り込んでほしくないとも思っています。

慈悲深い虎の性格⑥決めた目標に向かって真っすぐ進む

慈悲深い虎は、自らが決めた目標に向かって真っすぐに進んでいくという性格を持っているようです。慈悲深い虎は、基本的にとてもピュアです。そして、たとえ年齢を重ねている人であっても、いわゆる「スレていない」人が多いようです。

そのため、自らが決めた目標に関してはとても誠実で、目をキラキラと輝かせながらチャレンジしていきます。もともと人一倍バイタリティーがあるタイプということもあり、目標を達成するまでは弱音を吐かず真っすぐに突き進んでいくことができるのです。

精神的にも体力的にもタフな人が多いので、アスリートやスポーツ選手として活躍することも珍しくないようです。ゆっくりと着実に歩みを進めるタイプですので、安心感があります。

慈悲深い虎の性格⑦いつも自分が正しいと思っており批判精神の持ち主

慈悲深い虎の性格として、いつも自分が正しいと思っており批判精神の持ち主であることが挙げられます。何を言われようと、自分の経験や考え方が最も優れており、正確なものであると思い込んでいるため、異なる意見に対して寛容になれないのです。

すぐに苛立ちを強め、相手を威嚇するように批判をする態度が不信感を招いています。頭ごなしに相手の主張を否定することは、慈悲深い虎の人間性に対する評価を悪化させます。

円滑なコミュニケーションが不可能となって、交友関係の維持が難しい状況に追い込まれてしまうのです。時には相手の声にも耳を傾向けて、正当性の根拠となる事実を客観視する姿勢が求められます。小さな気遣いがよりよい人間関係を育みます。

慈悲深い虎の性格⑧状況に応じた臨機応変な対応は苦手

際立った慈悲深い虎の性格として言えるのは、状況に応じた臨機応変な対応は苦手であることです。凝り固まった思考回路をしているため、新しい考えをもたらされても対応できないのです。

イレギュラーな事態に陥った場合、しどろもどろして周りに迷惑をかけることも多々あります。慈悲深い虎の柔軟性の無さは広く知られていて、決まったこと以外は任せてもらえない傾向にあります。

想像力・発想力に乏しく、自発的にアイディアを出すことも少ないのです。フレキシブルに立ち回り、必要に応じて身の振り方を変えるようなテクニックを磨くことにより、運気も高まっていきます。

画一的な考え方を捨てて、柔軟な状況判断の仕方を学んでいく姿勢が求められます。

慈悲深い虎の性格⑨周りからはとっつきにくい頑固物だと思われがち

慈悲深い虎は、周りの人からはとっつきにくい頑固物だと思われがちだという特徴を持っているようです。慈悲深い虎は、周りの人に対してはとてつもなく深い愛情と心からの優しさを持っている人です。

しかしながら、あまり自分の感情を表に出すことが得意ではなく、やや表情に乏しいというタイプでもあるのです。それに加えて、ショッキングな事件があったとしてもまったく動じないような冷静さも持っています。

関係性が深くなれば、彼らが本当はとても優しい性格であるということがわかるのですが、初対面の人やあまり深い仲ではない人たちからするととっつきにくい人だという風に見られることも珍しくありません。

また、自分の考えを貫き通す人でもあるので頑固者だとも思われているようです。

慈悲深い虎の性格⑩精神的に成熟しており周囲への気配りが細やか

慈悲深い虎は、精神的に成熟しており、周囲の人々に対する気配りがとても細やかであるという特徴を持っているようです。「人は人、自分は自分」。慈悲深い虎は、幼いころからこのような自立した考え方が自然とできているタイプです。

あまり他人を羨むようなことはなく、自分を卑下しすぎることもありません。また、他人に対して大きな期待はしないタイプでもありますので、精神的に安定していることが多いようです。そのため、自分に自信があるタイプでもあります。

自分自身は基本的に満たされているため、自分のことだけでなく周りに対して十分すぎるほどの気配りができるタイプでもあります。心の底から他人を思いやることのできる、とても貴重な存在なのです。

恋愛運や特徴はロマンチストで相手に自分を理解して欲しい願望を持つが独裁的になりやすい

慈悲深い虎は恋愛において、ロマンチストで相手に自分を理解して欲しい願望を持っているのですが、やや独裁的になりやすいという特徴を持っているようです。

慈悲深い虎はもともと相手を喜ばせることが大好きなのですが、特に恋をしている相手には信じられないほどのロマンチストになります。

サプライズでプレゼントをしたり、驚くようなデートを計画したりすることが大好きで頻繁にそういったことをしてしまいがちなので、相手の方にとってはもはや「サプライズ」にならないことも。

しかしその一方で、相手に対して自分のことをわかって欲しいという気持ちが強いという特徴もあります。相手が自分が望んでいる相槌を打たなかったり、相手が自分がしたサプライズを喜ばなかったりすると、逆ギレしてしまうこともあるようです。

仕事運や特徴は努力を惜しまず新しいことにチャレンジできる

慈悲深い虎は仕事において、努力を惜しまずに新しいことにチャレンジできるという特徴を持っているようです。慈悲深い虎は、基本的に新しいことが大好きです。

仕事においては、同じ部署に長年いることや毎日ルーティーンになっているような業務を黙々とおこなうことはあまり好きではありません。

それよりも、新しい事業部に異動したり、自らが新事業を立ち上げたり、ちょっとした雑務であれ新しいやり方でチャレンジしてみるなど、常に新鮮な環境や方法を模索しています。

そんな仕事のやり方であれば、どんなに辛い内容の業務であってもワクワクすることができるようです。また、新しいことをするための努力は惜しみませんし、自分がゼロから作り上げた事業には愛着を持って頑張るタイプでもあります。

慈悲深い虎の開運ポイントはストレスを感じた時や不調時の心のバランスをとる工夫

慈悲深い虎が運気をアップさせるには、ストレスを感じた時や自分が不調な時に、心のバランスをとる工夫をするということがキー・ポイントになってくるようです。慈悲深い虎は基本的にとてもタフです。

精神的にもあまり落ち込むようなことはありませんし、身体的にも元気はつらつな人が多いようです。しかし、彼らも人間ですのでもちろん元気が出ない時もあります。

なかなか感情が顔に表れにくいので、周りの人から誤解を受けてしまい心が傷ついてしまうこともありますし、もちろん風邪をひくことだってお腹を壊すことだってあります。

そんな時に彼らは、自分のストレスや不調に対して見て見ぬふりをする傾向にあるようです。慈悲深い虎が運気をアップさせるには、不調な時には無理をせず心のバランスをとることができるように自分なりの対処法や休憩法を工夫することが大切になってきます。

慈悲深い虎の相性を徹底解説!状況別の良い・悪い動物とは?

恋愛上で相性が良いのは落ち着きのない猿や波乱に満ちたペガサス

どんな悲しみも自分の事のように真剣に受け止める慈悲深い虎は、困っている人を助けたくなってしまう節があります。恋愛上で特に相性が良いのは、自分に自信が持てないタイプの落ち着きのない猿や波乱に満ちたペガサスです。とても弱弱しい部分が際立っていることから、慈悲深い虎は率先してサポートに当たります。少しでも良い方向に導いていけるように、心の支えになってあげるのです。献身的な愛のカタチをお互いに感じることが出来るでしょう。

仕事上で相性が良いのは感情的なライオンや傷つきやすいライオン

感情の変化が激しいタイプである慈悲深い虎が、仕事上で相性が良いと思えるのは、心の広い感情的なライオンや傷つきやすいライオンです。つまらない冗談を言っても気遣って笑えることが大きな強みです。あり得ないようなミスをした場合でも、慈悲深い虎を責めることなく、丁寧な対応をしてくれるので安心感が醸成されていきます。仕事の効率はあまり上がっていきませんが、意思疎通がしっかりと図れるため、最終的な成果はしっかり出ます。

人間関係で相性が良いのはどっしりした猿やサービス精神旺盛なコアラ

慈悲深い虎の人の基本的な性格は、穏やかでとても親切です。そのほかの特徴として、頭の回転が早いことや夢を追いかけるロマンチックな一面を持っていること、正義感の強いことがあげられます。勘が鋭く器用などっしりした猿の人とは、慈悲深い虎の頭の良さとどっしりした猿の優れた直観力が相乗効果を生み出して、心地よいテンポで会話の弾む楽しい人間関係が築けるでしょう。また、サービス精神旺盛で優しいサービス精神旺盛なコアラの人とは、互いを思いやり合う関係が保てるので、これも相性抜群といえます。