動物占い

【動物占い】こじかの性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2019年版】

動物占いこじかの性格?警戒心が強く人見知り

警戒心が強いこじかのように、動物占いのこじかもとっても警戒心が強く人見知りの性格です。初対面の人と話すのは大の苦手で、なかなか打ち解けられないことも多いです。

また、正直者でうまく立ち回ることが苦手なので、大勢の人と話すときも特定の人とだけ話してしまうなんてこともあります。

周りからの評価を気にすることもあり、「本音を言って相手に嫌われたらどうしよう」と本音が言えずストレスをためてしまう一面もあります。

ですが、一度仲良くなるとこじかの魅力的な部分である、愛嬌のある癒し系な性格やまっすぐな性格が理解してもらえて、打ち解けられる仲間になれるのではないでしょうか。

物事に対しても警戒心が強くいので、用心深く、いつも用意周到に準備を怠らないしっかりした一面もあります。

動物占いこじかの性格?慣れると愛嬌があって癒し系

警戒心が強く人見知りなこじかですが、基本的には愛嬌たっぷりの癒し系な甘え上手です。かわいい雰囲気を出していて、自然と周りに人が集まってきます。

親しくなるまではなかなか自分を出せずにいますが、親しくなり慣れてくるとそんな甘えん坊なところやわがままなところが出てきてきます。

また、純心で正直なところやいつもにこにこ優しいところが、癒し系な一面として顔を出します。なにかと周りに構ってもらいやすく、老若男女に愛されます。

そんな性格が恋愛面や人間関係にもプラスに発揮され、恋愛面では、もともと寂しがり屋で構ってほしいと相手を振り回してしまうところがありますが、愛嬌や癒し系の性格で大きなトラブルになることはありません。

人間関係では、こじかがいると場を和ませることができ、円滑に運びます。

動物占いこじかの性格?ちょっとワガママ

動物占いのこじかは、知らない人には警戒心が強く、なかなか心を開かず慣れるまで、とても時間がかかることがありますが、一度慣れてしまうとちょっとわがままなところも出てきます。

それはこじかの「いつも愛されていたい」という思いや独占欲の強さから来るもので、その気持ちから友人や、彼氏彼女を振り回してしまったり、会話を自分中心にしようとするところがあります。

また、感情を隠し切れず、ついつい思ったことをそのまま口にしてしまうところもあるので、そこがわがままと捉えられてしまうようです。

ですが、わがままも可愛げのあるわがままなので、相手も仕方ないな、とつい許してしまうのが特徴です。ちょっとわがままな一面が出てきたら、こじかが相手を信用している証でもあります。

動物占いこじかの性格?裏表がなくまっすぐ

フットワークが良く社交的で、それでいて誰にでも甘えることが上手なのがこじかタイプですが、決して可愛いく自分を見せたい、という思いだけで立ち回ったりはしません。

もちろん、良く思われたいという思いも人一倍ですから、特に初対面の人に対してはテンション高く前向きに行くことはありますが、だからと言って裏でコロっと態度を変えたり、陰口を叩いたりといったことはありません。

度合いの差があるだけであり、裏表が存在するというわけではないのが、こじかの特徴とも言えます。

だからこそ、人に甘えてみても、表面的なものだけではないと周りからも理解され、愛されるという好循環を得やすい性質であり、敵を作りにくいとも言えるタイプですね。

動物占いこじかの性格?甘え上手

フットワークが軽く社交的で繊細なこじかタイプですが、非常に甘えるのが上手という一面もあります。

上辺だけでなく本心から、近い相手に弱みをさらけ出して、しかも嫌味な感じでもなく色々と愚痴や不満を口にできるタイプなので、聞く側としてもついつい、あの人がそこまで言うなら、と全力で助けてあげたくなってしまうわけですね。

こうした「甘え」の強みは、他のタイプにはない性質であり、また、努力で身につくものでもないですし、お得な性質の一つだとも言えるでしょう。

もっとも、鹿も大きく成長し、数を増やしてしまうと環境に悪影響を与えてしまうように、その甘えも行き過ぎると周りへの負担になってしまいかねないことも、あわせて理解しておく必要があるかも知れません。

動物占いこじかの性格?ルーズな人が苦手

人と本気で接することができ、また、人から愛される気質のこじかタイプですが、何か事が起こった時に、どっしりと構えて寛容な態度をとり続けることは得意ではありません。

また、身近な人ともなれば、比較的すぐに自分の弱みを告白したりできることから分かるように、他の人を頼りにしている、他人への期待値が大きいという特徴もあります。

加えて神経質なところもあるため、時間やお金に関してルーズな人がかなり苦手という部分があります。

自分は決しておろそかにしない部分だけに、許せないという気持ちが大きくなってしまうわけですね。

こじかタイプとすれば、適当な人とはある程度距離を取って、いざという時の相談役というポジションにとどめた方が、揉めることが少ないかも知れません。

動物占いこじかの性格?キレると手がつけられない

人に甘えるのが上手で話し好き、社交的でもあるこじかタイプの人です。

何かの原因で一度キレてしまうと、そのテンションが、手のつけられないレベルにまで達してしまうことが少なくありません。

元々、つい人に弱みを打ち明けてしまったりと、ストレスへの耐性が強くない中で他人を信じやすいというか他の人への期待度が高いこともあって、一旦「裏切られた」となると、その怒りはすぐに一線を超え、傍目から見ても恐ろしいレベルにまで到達してしまうのです。

普段の態度とはまったく違うのでビックリする人も多いかも知れませんが、根底にあるのは同じ要素であり、怒りが収まるまで感情を爆発させていても、信用が回復したとなれば態度が元通りになりやすいのもこじかタイプの特徴の一つと言えます。

動物占いこじかの性格?人を育てるのが得意

臆病で甘え上手であり、良くも悪くも「末っ子気質」なのがこじかタイプですが、意外にも人を育てるポジションに回ると、大活躍したりします。

と言うのも、社交的で褒め上手でもありますから、人の長所には良く気が付きますし、一方では神経質なので、些細なミスを指摘して注意するということもできます。

さらに言えば、器が「大き過ぎない」ために、下についた人が無条件で頼り切りにならないという点に関しても、人が育つという点ではプラスに働きます。

もっとも、いきなり教官役となると、神経質で相手への期待値が高めな点が裏目に出て、新人にかなりつらく当たるケースも考えられますから、指導をするにしても、大らかな人とコンビを組んで、うまく中和していくのがベターだと思います。

動物占いこじかの性格?いつまでも無邪気で天然

こじかは、いつまでも無邪気で天然である性格を持っています。

無邪気な一面においてこじかは、自分の感情を何でも素直に表現することがあります。喜びや、楽しさを素直に表現したときは、屈託のない笑顔などで、周囲の人を和ませることができます。

一方、怒りや悲しみも素直に表現するため、目の当たりにした人は困惑してしまうこともあるかも知れません。しかし、こじかの持つ無邪気さで、つい許されてしまうのがこじかの人の特権でしょう。

また、無邪気さから、ほんわかとした雰囲気を持ち合わせるこじかは、ときに天然と思われることもあります。

小さな失敗などは微笑ましくも見え、その天然な雰囲気から、周りは温かい目で見てくれることでしょう。

動物占いこじかの性格?自分で決めるのが苦手

甘え上手で人の懐にすっと入っていくのが得意なこじかタイプですが、その反面として、自分で決断を下すことに関してはあまり得意ではありません。

どうすればいいか迷った時に、欠かさず人に聞くのがクセになっていたり、ついつい弱気になってしまうため、判断を他者に委ねてしまうのです。

もっとも、甘え上手な気質であり、甘えることに慣れてもいますので、誰に話を聞くべきかの判断を間違えることは少なく、故に結果も悪いことにはなりにくいのですが、周りからの好感度が下がりがちなのがネックと言えます。

ただ嫌味なところがなく魅力もありますので、少々煙たがられることはあっても、深刻なトラブルになったり、ましてや絶交状態になることはほとんどありません。

恋愛運や特徴は密なスキンシップが大切

普通の人間関係の中でも甘え上手で、人との距離が近いのがこじかタイプですが、いざ恋愛となると、ひときわその相手との距離が縮まる傾向にあります。

一途に愛を傾け、誰が見ても幸せなカップルとなれる性格とも言えますが、同時に一方通行になってしまうという懸念もあります。

そうなってしまうと相手は疲れ切ってしまって、悪くすると何かが破裂したかのような大喧嘩へと発展してしまうリスクもあります。

大事なのは独りよがりではなく、双方が安心できるような会話やスキンシップを通じて関係を深めていくという部分です。

いつもは甘え役のこじかタイプも、時には聞き役に徹して、互いの抱えている問題や不満をも共有できるようになれば、愛情深い性格なだけに理想のカップルに至ることもできます。

仕事運や特徴はアットホームな環境が大切

人との距離が近く、愛情深く甘え上手なこじかタイプ。特に友達としては多くの人に愛されるキャラとも言えますが、仕事となると一概にそうとも言えません。

機械的にマニュアルをこなしつづけなければならない職場や、逆に裁量権が大きく、自己決定しなければならない領域が広い部署だったりすると、こじかタイプの人はすぐにストレスを溜めすぎる結果になってしまいます。

最悪、人間関係で仕事自体がきつくなるような状況になりかねません。

職種や勤務内容以前に、アットホームで、上司と部下、同僚の仲が良く、何でも話し合えるような職場にめぐり合うことが極めて重要だと言えますし、逆にそうした職場に当たれば、少々の辛い仕事も国せずにやり通せるだけの頑張りを見せることもできるでしょう。

人間関係の特徴は裏表なく付き合いたい

繊細ではあるものの、甘え上手なこじかタイプの人は、あまり相手の性格を選ばずに距離を詰め、話をしていくのも苦手ではありません。

相談事、といった形でうまく「下手」に出ていることもあって、プライドの高い人であっても、手を差し伸べたくなるタイプだとも言えます。

ただ、こじかタイプの側としては、甘えつつも理想の相手を求めがちなところがあります。具体的には、他の人への期待度が高く、自身が裏表がないために、相手にもそれを求めがちなところがあります。

裏表など気にすることもなく、完全に本音としての付き合いをしたいのがこじかタイプの心理であり、だからこそ、職場などのフォーマルな場では内心少々の不満を抱えていることも少なくなかったりします。

こじかと他の動物の相性

こじかと子守熊(コアラ)の相性

こじかとコアラの相性はかなり良いです。
自分が甘えることのできる相手を好む、寂しがり屋な気質を持つこじか。サービス精神旺盛ではあるけども、おっとりとしていて優しいコアラは、とても心地のいい存在です。
コアラとしても、こじかは放っておけない存在。一途になれる相手です。とにかく世話好きなので、献身的に尽くします。
お互い裏表のない純粋さがあり、気性も穏やかなので、常に波長も合うことでしょう。

こじかと狼(オオカミ)の相性

こじかと狼の相性は良いです。
こじかから見て、狼はとても魅力的で尊敬できる相手です。こじかとすれば、狼のように我が道を貫き、自分の主張をはっきり述べることはなかなか難しいのです。狼は個性的なセンスが光るので、新鮮で楽しい日々を過ごせるでしょう。
一方、狼からこじかを見た場合、尊敬の念を抱くことは少ないです。ですが、何かとついてきてくれるかわいらしい存在であるのは確か。愛おしく思えてくることは多々あります。

こじかと虎(トラ)の相性

こじかと虎の相性は普通です。
甘えたがりな性格であるこじかとすれば、悠然としていて面倒見のいい優しさもある虎は、かなり頼れる存在です。大いに安心感をおぼえ、優しさに包まれることでしょう。大人の風格が漂うその姿に惚れるはずです。
虎としても、甘えん坊で臆病なこじかは、支配欲を満たせる相手ではあります。しかし、こじかの無邪気でわがままな部分が、時に子供っぽく思えてくることも。気を付けないと、大人っぽい虎が耐え切れずに、次第に距離感ができてしまいそうです。

こじかと黒ひょうの相性

こじかと黒ひょうの相性は良いです。
二人の根底には、他人のことを気遣う配慮の気持ちがあります。相手のこともすんなりと理解でき、不思議に思うこともないので、一緒にいて不満を感じることは少ないはずです。
こじかの相性のポイントは、とにかく甘えられるかどうかが全て。正義感が強く、面倒見のいい黒ひょうはまさに気のおける相手です。
こじかに甘えられるのは、黒ひょうとしても本望。放っておけないオーラが強いこじかは目を離せない存在です。ただし、プライドの高さだけには気をつけましょう。

こじかと猿の相性

こじかと猿の相性はあまりよくありません。
確かに、楽しくて陽気な性格である猿は、こじかにとって気になる存在。純粋無垢で気配りができることがお互いの共通点であるので、こじかも心を開くことはできます。
ただし、この二人には決定的な違いが。こじかがゆったりとしていて比較的マイペースであるのに対し、猿はかなりせっかちでテキパキしています。おまけに、自分の思い通り進ませたい一心で指図しがちになってしまうのが猿の性分。こじかは思わず警戒心を抱いてしまいそうです。お互いのペースを尊重することが大事です。

こじかとペガサスの相性

こじかとペガサスの相性はあまりよくありません。
周りを気にしがちで何かと警戒心を抱いてしまうこじか。とにかく自由奔放で気分屋なペガサスは、天才肌で個性にあふれる魅力的なオーラも相まって、輝かしく見えるはずです。
ただ、自由を愛するペガサスとすれば、甘えん坊なこじかが過干渉に思えることがあるようです。一方のこじかも、ベタベタしないペガサスに対して寂しさを感じることも。しかし、好奇心旺盛で素直な二人なので、距離感さえつかめればうまくいきます。

こじかとひつじの相性

こじかとひつじの相性は、まあまあ良いです。
どちらも寂しがり屋で甘えん坊。おまけに面倒見のよさまで一緒なので、お互い満たされることでしょう。こまめに連絡を取り合い、いつも会ってばかりの親密な関係に。相手のことを大切にすることができそうです。
ただ、社交性のあるひつじの姿を見て、こじかが寂しく感じてしまうことがあるようです。当のひつじは、集団の和を重んじるタイプ。仲良くなると少しわがままになるこじかに、なんとなく苛立ちをおぼえる時も。募る思いがすれ違いにならないように心がければ、かなりのパートナーになれます。

こじかとチーターの相性

こじかとチーターの相性はあまりよくありません。
自信家で野心に溢れ、常に動き回るチーターは、臆病なこじかとすればまさに憧れの存在です。いつも忙しくて、チャレンジ精神も旺盛。ポジティブで傷つかないチーターの姿に、思わず惚れてこんでしまうこともあるようです。
ただ、チーターは束縛を嫌います。こじかに甘えられるのを好まず、そんな暇はないとさえ思ってしまうことも。その上こじかの子供っぽさもマイナスのようです。こじかが少し大人になることが肝心です。

こじかとたぬきの相性

こじかとたぬきの相性は良いです。
愛嬌たっぷりで和ませてくれるたぬきは、かなり心を開ける存在です。臨機応変に相手を気遣えるたぬきの優しさに、こじかは心からホッとすることができます。神経質なこじかは、疲れること多いです。そんな時、存分に包まれ癒されることでしょう。
たぬきとしても、尽くした分しっかりと返してくれるこじかは嬉しい相手。縁の下の力持ちタイプなので、より尽くしたくなるはずです。どちらかが引っ張っていくというよりは、二人で歩調を合わせていくような関係です。

こじかとゾウの相性

こじかとゾウの相性は普通です。
基本的には、ゾウがこじかを見守る構図になります。真面目なゾウが見守ってくれるのは、こじかにとってもありがたいです。リアリストなゾウにしてみれば、こじかはロマンチックな存在。自分にないものを持っている上に、心配性が共通点とあって惹かれるには十分です。
しかし、だんだんとすれ違いが生じる相性でもあります。ゾウはこじかの子供っぽさを、こじかはゾウのお堅い一面を、それぞれ非常識で有り得ないと思ってしまうようです。お互いに歩み寄る姿勢が必要になります。

こじかとこじかの相性

こじかとこじかの相性は普通です。
同じ相性とあって、お互いに寂しがり屋で甘えん坊。その寂しさを埋め合わせるには十分です。愛し愛され、依存し合うことができるので気楽なパートナーです。何かと頼りにできるでしょう。
しかし、何も進展せず物事が堂々巡りになってしまう危険性を含んでいます。お互いワガママなので、フラストレーションが溜まることも。心配性で繊細なのも共通点となると、負のスパイラルに注意することが肝心です。

こじかとライオンの相性

こじかとライオンの相性はかなり良いです。
百獣の王であるライオン。王様キャラで、他人からチヤホヤされるのが大好き。責任感が強く厳しい一面もありますが、強さ故の優しさがあります。気遣い上手で、見下すこともないです。
こじかは、ライオンが堂々とした立ち振る舞いで引っ張っていくことにたいへん好意的です。どこまでもついていくことでしょう。じつは、親しい間柄にはかなりの甘えん坊なのがライオン。こじかのロマンティックで繊細な性格を、何よりも理解してくれるのはライオンなのです。

開運ポイントは「本物」に触れること

多くの人に意見を聞いて貰い、距離を詰めて接していくことが多いこじかタイプは、様々な人の考えに触れることで視野が広がる一方で、貰えるアドバイスがバラバラだと、かえって判断に迷ってしまったり、決断できなくなってしまったりといった状況に陥りがちです。

また、色々な人の言葉を受け、興味の対象も移り気になってしまうかも知れません。

これを打開するには、人であれモノであれ、今まで接してきたのとは格が違う「本物」と呼べる存在と出会ってみることです。

圧倒的な力を持つ彼らの指し示す道は個性的な場合が多く、今後の判断材料としても非常に有益なことが少なくありません。

今までとは違うことをすれば運は開ける可能性は大いにありますし、そこに何らかの指針があれば、よりいっそう成功できる可能性は高まっていきます。

知り合いがこじかだった時の付き合い方は

知り合いが動物占いでこじかだった時はどうやってお付き合いするといいのでしょう。

こじかは見た目のとうり、可愛らしくてちょっぴり警戒心も強いのです。バンビのイメージでも可愛いイメージがありますよね。

こじかはピュアでとっても優しい性格です。ちょっと警戒心も強いので大きな声や怖い人、威張る人はちょっぴり苦手です。

なので、こじかとお付き合いするときは優しくスマートに接して上げると警戒心を解いてくれるので、驚かせたり、おどしたりなんてもってのほかです。

もちろん他の人と付き合う時でもそうですが、意地悪なんてしたら絶対に仲良くなれません。

安心できる環境では心を開けるので、安心できる場所で時間を過ごすと良く、マメに連絡したり、自分の事を大切に思っていると感じられるととても喜びます。

親しくなると少し甘えも出てくるかもしれませんが、基本的に相手思いな性格です。

こじかの2019年運勢を紹介!

地道な取り組みが運勢のカギになる一年です。具体的な目標があるならば、2019年は大きく成長できるチャンスの年になるでしょう。一歩一歩着実に進むたびに自分を見つめなおし、確実に成果が実を結んでいくはずです。そして、そこで得られるものは決して小さなものではありません。地道に努力できるか否かでこの一年の運命は大きく変わることになるので、まずはきちんと目標を定め、誘惑や怠け心に負けず、計画的に行動する習慣をつけるようにしましょう。