動物

【動物占い】虎(トラ)の性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2019年版】

もくじ

動物占いトラの性格①面倒見がいい親分肌

動物占いでトラと診断された人の性格を一言で表せば、ズバリ「親分肌」です。

中国では百獣の王といえばトラで昔から王者や武勇に優れた、パワーみなぎる存在として考えられてきました。

虎に関することわざもたくさん残されていますが、基本的に「強いもの」や畏怖の対象として意味を持っていますよね。そんなイメージ通りに、野生の虎は基本的に育児期間や発情期間を除くと単独で生活します。

ナワバリ意識も高い習性を持つ虎ですが、育児期間になると母トラは子供の世話を2年近く、大切に育てる面倒見の良さも。

また、狩猟能力にも長けており、ハンティングに成功した獲物は子供たちに分け与え、成長につれて狩猟の方法を教えます。

力強くたくましいイメージの通り、仲間や家族とみなした相手は大切に面倒をみるのが、動物占いでトラとでた人の性格といえるでしょう。

動物占いトラの性格②忍耐強く堅実

トラタイプの性格は、その獰猛なイメージとは裏腹に、忍耐強く堅実です。何事も行動に移す前に、まず成功までのプロセスを思い描き、即断即決はしません。

自分の手に負えないと判断したことには、無理に手を出しません。

しかし一度やると決めたら、途中で投げ出すことはせずに最後まで忍耐強く責任感をもってやり遂げます。

自分に対して自信があり常に堂々としているので周囲から慕われやすく、リーダー気質であるといえます。

実際のトラは獰猛・危険というようなイメージですが、動物占いにおけるトラタイプは、自分に対して自信を持っているので、周囲の人と不要な対立をすることはしません。

そんなトラタイプに向いている職業は、医療関係や政治家、公務員など、堅実な仕事ぶりに加えて仕事に対する責任感が必要とされるものです。

動物占いトラの性格③常に余裕があって堂々としている

目標が高かったり頼りがいがあったりするのがトラタイプの人ですが、一方、マイペースな側面もあります。

人から何を言われようと気にせず、自分がやりたいこと、すべきことをチョイスできるような強さがあります。

もっともそれは、単に我が道を行くと決めているだけではなく、器量が大きいが故に生じてくる余裕や本質的な落ち着きが現れた結果だとも言えます。

どんな組織であれ、リーダーや親分は一人というのが原則であり、トラタイプの人はまさにその座にふさわしい気質を備えていると言えるでしょう。

また、堂々としていても過剰に威圧的にはならず、ただそこにいるだけで相手に一歩引かせるような「王者の余裕」を示せるのもトラタイプならではと言えます。

動物占いトラの性格④器用貧乏な側面もある

いつも堂々としていて、しかも知的なところもあり、風格に満ちているのがトラタイプの人の長所です。

視野も広いので様々なところから頼りにされますが、その分、器用貧乏になってしまうというような側面も持っています。

周りのことを気にせず、一つのことに打ち込む、という状況に理想を見出すところが少ないので、職人肌である狼タイプや、コツコツ頑張ることが本領のゾウさんタイプに遅れを取ってしまう部分もあるということですね。

もっとも、苦手分野がなく何でもやれるというのは、会社などの組織にとってみれば極めてアドバンテージが高い要素となります。親分肌ではあるものの、誰かの下につく局面であっても、十二分にその力を発揮することができるでしょう。

動物占いトラの性格⑤自分に厳しい

いつも堂々としていて皆の面倒を見てくれる、頼れる親分としての側面が強い虎タイプですが、他者に見せる態度ほどは自分に対して甘い、あるいは優しい評価を下してはいないのが現実です。

と、言いますのも、常に人に見せている自信や余裕というのは、裏を返せば自分の能力や頑張りといったものに対する信頼でもありますので、極めて「基準」が高い面があるのです。

そのため、高い能力があるにも関わらず、決して油断したりするようなことはないのですが、一方で、安心感を抱けないという面を強く持ってもいて、内心ではやり切れなさや自分への不満をかなり抱いている場合が少なくありません。

トラタイプの人が、他者に慕われる反面独自の立ち位置にあるのは、こうしたところが原因かも知れません。

動物占いトラの性格⑥自分のテリトリーが大切

トラの人は、様々なシチュエーションにおいて自分のテリトリーを守ることにとても力を使います。時には、他人との衝突をも恐れません。

ビジネスの場面では、自分が任された仕事は自分で全うしたいと思い、他人から自分が思うのと違う意見を言われて仕事の方向性が変わってしまうことを嫌います。

それが上司だろうが部下だろうが、領域を侵しにこられれば正面から立ち向かって身を削って戦います。

しかし、他人の領域に乗り込んでいくことは極めて少なく、もし乗り込んでいくことになった場合にはかなりの覚悟を決めていくのです。

恋愛においては、自分の恋人や配偶者、子どもなどを守るため常に気を張っています。うっかりトラの人の恋人にちょっかいを出そうものなら、とんでもない修羅場になってしまうかもしれません。

動物占いトラの性格⑦真面目で手を抜かない

動物占いで「トラ」の結果が出たという方は、基本的に真面目で何事にも手を抜かないという性質を持っています。仕事に対してもお金に対しても、非常に真面目に向き合うことが出来ます。

与えられた仕事は期限までにコツコツとこなし、決めた目標は必ず達成するという力強い精神力の持ち主です。そういった性質から、お金に困ることも少ないといえます。

ハイリスクな投資にはあまり手を出さず、少しずつ貯金を積み重ねていく堅実な方が多いようです。

その傾向は恋愛にも出ており、一度狙った獲物は逃しません。マメに連絡を取ったり、相手のために努力したりと恋愛面でも非常に努力家です。

そのような真面目で手を抜かないトラの性質を持つ方は、仕事においても家庭においても信頼される人であること間違いありません。

動物占いトラの性格⑧やると決めたらとことんやる

面倒見がよく親分肌のトラは、とことんやりぬく性格です。ゆったりした雰囲気のままに、何かが起きてもすぐには動くことはありません。

即断即決も苦手で、熟考してから論理的に判断を下します。そのかわり、決断したら行動を起こすのが早く、徹底的に最後までやりぬきます。

何事にも興味を持つまでには時間がかかりますが、取り組み始めると中途半端では終わるとができません。

他人のために動く「博愛主義」や「誠心誠意」というキーワードが大好きなので、他の人の役に立つことならさらに頑張ることができるはずです。

器用貧乏な点はありますが、何でもこなすし、何でも自分でやらないと気が済まない・人に任せることが出来ない…って性格も一因でしょう。

動物占いトラの性格⑨バランス感覚に優れる

面倒見が良く親分肌であるトラは、バランス感覚にも優れています。トラは左右均等、やじろべえのような感覚を好みます。

髪型や服装も左右対称、人間関係もバランス重視…そんな性格です。そんなトラは、家の中のモノが少しでもずれていたら気になります。

鍵を置く場所・バッグを置く場所…など、すべて置く場所が決まっていて、いつも同じ場所にないと気が済まないのです。人間関係も同様です。

博愛主義のトラは、トラブルがあっても極端に肩入れすることもなく平等に接します。まさに親分肌なんです。

バランス感覚が良い反面、自分の物差しで相手を判断するので、対立するとムキになることも。また、バランス感覚が良すぎて、突出したものがなく器用貧乏に陥ることもあります。

動物占いトラの性格⑩空腹は大敵

この占いに当てはまったあなたは、街中で人気のカフェやランチで待つことが得意ではないようです。

トラは猛獣。獲物を見つけるとすぐさま追いかけ、一瞬で仕留めてしまいます。そんなトラのようなあなた。どこに食べに行きたいか友人と話し合い向かった後でも、空腹の時は待ち時間が増えれば増えるほど、近くの簡単な店で済ませようとする内面も。

待ち時間をどうにか過ごそうと考えてもイライラの原因となり、ストレスの一部となっているかもしれません。

一方で、トラのように行動・フットワークが軽く切り替えも容易に行えるようです。一見マイナスなようにしか思えない部分ですが、視点を変えてみると自分の長所となりえます。

意中の相手はそんな待ち時間を待つより一緒に過ごすだけでいいといった相手が良いかもしれません。

恋愛運や特徴は大胆なアプローチで主導権を握る

非常に真面目でしかも余裕があり、親分肌で面倒見が良いトラタイプ。

とりわけ仕事上においては皆から高く評価され、頼りにされる気質ですが、それは仕事そのものに関するこだわりや、地位やお金に対する執着から来るものではなく、同僚や上司に対する親愛や友愛の念が強く働いている傾向が強いです。

そのため、意中の人との恋愛に望む際も、自分の中にある情熱をひた隠しにしたりはせず、むしろそれを前面に出していくことで成果を得ることができるタイプだと言えます。

もっと突き詰めてしまうと、頭の回転の速さや度胸を活かして、あっと驚くような斬新な、そして大胆なアプローチをして、主導権を握る形を取っていけば、その後の関係もかなりうまく行きやすいとも言えます。

仕事運や特徴はリーダーシップの発揮で運をつかむ

知性的でかつ真面目でもあるので、仕事の場で高く評価されやすいトラタイプ。

しかし、何でもできてしまう上に自分を律する力も強いので、人の下についたままの状況ですと、あれもこれもと便利に任されるだけの結果になりがちです。

さらに言えば、ゾウさんタイプや狼タイプに比べると、一つの分野への徹底度が低いことも弱みになりかねません。

視野が広い点も、むしろ注意力が散漫だとして、マイナスの査定につながる懸念もあります。

仕事の場で本当の意味での評価を得るには、もう一つの長所であるリーダーシップと、それを支える器量の大きさを発揮することが重要です。

周りへの高評価、ひいては出世につながるような流れを掴んでいくことが、仕事運全体としての幸運にもつながっていき、それがまた人生全体を明るくすることにもつながっていくはずです。

人間関係の特徴は頑固だが世話好き

仕事においては何かと大役を任されたり、頼りにされたりして多忙なトラタイプ。

器も大きくて、何かのプロジェクトを始めるとなれば、自然に人が集まってきそうなほどのカリスマ性を発揮することがありますが、業務を離れたところでの人間関係でもかなり頼りになる、そして頼りやすいのもトラタイプの人の特徴です。

頑固な側面もあるので、一見怖そうに見えることもありますが、実際は面倒見が良く世話好きな気質の持ち主でもありますので、仕事を離れたところの方が、むしろ気兼ねなく付き合える感じがあるとも言えるかも知れません。

トラと他の動物の相性

虎(トラ)と子守熊(コアラ)の相性

虎と子守熊は好相性。特にビジネスや恋愛のパートナーとしての相性が抜群です。
虎は、面倒見がよく、頼りがいのある誰からも信頼される人物です。子守熊は一見おとなしい印象ですが実は楽しいことが大好き。その一方で勝ち負け・損得にシビアで慎重派という一面もあります。
虎の推進力と子守熊のマネジメント力が合わされば、大きな目標やプロジェクトを成功させることができるでしょう。お互いの能力を認め合い信頼すれば、ビジネスのみならず生涯の友・人生の伴侶として円満な関係を築くことができます。

虎(トラ)と狼(オオカミ)の相性

虎と狼は、信頼関係を築くことができれば深い付き合いができる二人です。
虎は世話好きで頼りがいのある人物。面倒事抱え込んでしまうような、苦労人な面もあります。一方狼は自己流を貫くタイプ。他人の意見に流されることなく、自分のペースで物事を進めます。
こだわりが強くあまり融通の通じない狼に、虎は初めは手を焼いてしまうかもしれません。しかし狼のマイペースさは、狼自身のベストなパフォーマンスのためには必要不可欠なのです。そのことを理解し、同時に狼も懐の深い虎を信頼すれば、絆が生まれるでしょう。

虎(トラ)と虎(トラ)の相性

虎同士は相性抜群。お互いを支え合い、喜びも苦労も分かち合うことができます。
虎は堂々としていて面倒見がよく、周囲からの信頼も厚いタイプです。目の前の物事に真面目に取り組むあまり、厄介なタスクやトラブルを抱えてしまうこともあります。
同じ性格を持った虎同士ならば、相手が見落としていた小さなミスをフォローしたり、間違った方向性を軌道修正してあげることができるでしょう。また、頼られキャラならではの人には相談しづらい悩みを共有するなど、支え合うことができるはずです。

虎(トラ)と黒ひょうの相性

虎と黒ひょうは一度打ち解け信頼すれば長続きする相性です。
虎は実直で努力家。常に泰然自若、落ち着いた雰囲気で周囲からの信頼も厚く、友人は多いタイプです。そして黒ひょうは、誇り高くいつもスマート。自分が周囲の注目を集めることを嬉しく感じる性格です。
気配り上手の虎に、プライドの高い黒ひょうも安心して心を開くでしょう。黒ひょうは明暗・白黒の線引きをはっきりつけたがる性格で身内意識も強め。一度虎を仲間だと思ったら心を込めて親切に接します。
共通の趣味などで打ち解け、信頼関係を築くことができれば息の長い付き合いができそうです。

虎(トラ)と猿の相性

虎と猿はバランスの取れた関係です。
虎はしっかり者の頼られキャラです。そして猿は抜群の明るさで周囲を和ませるムードメーカー。ピュアな心を大人になってもずっと持っています。虎も猿も器用になんでもこなすタイプなので、相手の行動ペースに不満を感じることはありません。
また、相手の「玉にキズ」な部分を補い合うこともできます。虎は周囲の信頼を集めるあまり、自分が後回しになってやるせなさを抱えてしまうことがあります。そんな時猿の明るさが虎の落ち込んだ気持ちを浮上させます。猿は猿で、純粋なあまり他人の言葉をそのままに受け止め、おだてに乗ってしまいがちですが、そこは堅実な虎が軌道修正。
偏りも不足もなく、互いに気軽に付き合っていくことができるでしょう。

虎(トラ)とペガサスの相性

虎とペガサスが良い関係を持続させるためには、「距離感」が重要なポイントとなります。
虎は堅実な努力家。周囲の信頼を集める面倒見の良い人物です。一方ペガサスは、インスピレーションに従って生きる天才肌タイプ。
ペガサスは虎の生真面目さを、ともすると「真面目すぎる」と捉えてしまうことがあり、逆に自由奔放なペガサスの態度に虎がムッとする場面もあるかもしれません。
自分にないものを持つ相手の存在が刺激、あるいは安心感を与えてくれる相性であることは確かです。一定の距離を持ち自分たちの時間を作ると長続きするでしょう。

虎(トラ)とひつじの相性

虎とひつじは、穏やかな関係を築くことができる相性です。
虎は情に厚く親分肌な性格を持つ人物。一方ひつじはとても寂しがり屋です。
面倒見の良い虎は、心細そうにしているひつじを放っておくことなく手を差し伸べますし、そんな虎にひつじは全幅の信頼を置くことができます。そしてひつじは受けた恩を優しさで返すタイプなので、周囲に気を配るあまり気苦労の多い虎を労わり、強力にサポートします。
お互い温厚なので、争いや揉めごととは無縁の、平和な関係を築くことができるでしょう。

虎(トラ)とチーターの相性

虎とチーターは、お互いを支え合うことのできる好相性です。
虎は周囲の信頼を集める親分気質を持つ人物。面倒見が良いため、人のためにと動くあまり器用貧乏になってしまうこともあります。そしてチーターは、物事への取り掛かりの速さはピカイチ。飽きっぽい面もありますが、行動的で「勇猛果敢」という言葉がぴったりな人物です。
虎は堅実で慎重派のため、突っ走りがちなチーターの良いブレーキ役となります。また、チーターも持ち前のポジティブさで、頼られキャラの虎のプレッシャーを軽くしてあげることができます。
お互いのいい部分を引き出し支え合える良い関係です。

虎(トラ)とたぬきの相性

お互いを尊敬し合える関係
虎とたぬきは、お互いを尊敬し合える関係です。
虎とたぬきの共通点は「器用さ」を持っている点。しかし二つの「器用さ」はタイプが違います。虎はの器用さは、堅実にこつこつと努力することで、身の丈に合った成果を得る器用さ。対してたぬきは相手や物事に応じて変幻自在かつ臨機応変に対応する器用さです。
また、たぬきにとっては虎のしっかり者な面が、あるいは虎にとってたぬきの楽天的な思考が、自分にはないものとして羨ましくもあります。
似ているようで異なる性格を持つ二人は、仕事や生活において、協力して着々と物事を進めながらもお互いのポテンシャルの高さに驚かされることも多いでしょう。

虎(トラ)とゾウの相性

虎とゾウは共通点が多く、お互いを思い合える好相性です。
虎もゾウも常にどっしりと構え、勤勉実直に実力を積み重ねるタイプです。周囲の状況に柔軟に対応する冷静さ、協調性の高さも持ち合わせています。また、虎とゾウは信念をしっかりと持っている部分でも共通しています。
虎の器用貧乏さや、ゾウの心配性は「玉にキズ」な部分。しかしそんな一面においても、共通した性格を持つ者同士は理解できます。的確にアドバイスしたり、サポートすることができるのです。
二人が協力すれば、堅実でありながらも自由な発想で目標を打ち立て、達成に向けて邁進することができるでしょう。

虎(トラ)とこじかの相性

虎とこじかは、相手といると自己肯定感を高められる、ギブアンドテイクな関係であると言えます。
虎は面倒見が良く、困った人は放っておけない性格です。自分のことは持ち前の器用さでささっと済ませ、人のために自然と体が動きます。一方こじかは初対面では警戒心むきだしですが、それは愛され願望の裏返し。一度心を開いた相手には尽くしたがります。
虎にとって愛嬌のあるこじかはかわいらしく、親切にせずにはいられません。こじかにとってもその虎の親切さはとても頼もしいものです。
無意識に頼られたいと思っている虎と、愛されたいこじかはお互いの性格がぴったりはまる好相性なのです。

虎(トラ)とライオンの相性

お互いの生活のバランスを保てると良質な関係
虎とライオンは、お互いのペースを崩さないよう気遣い合うことができれば良い関係を築けます。
虎は堅実な実力者。積み重ねた努力をひけらかすことはなく、面倒見の良い周囲の信頼を集める人物です。
そしてライオンはズバリ「王様」タイプ。人前に立ってぐいぐい引っ張る、その姿に羨望のまなざしを注がれることがなによりも至福です。完璧主義者でもあり、他人の仕事につい手を加えたくなってしまう、ある意味世話好きな面は虎との共通点です。
良い関係を築くためには、虎の正義感とライオンの牽引力がぶつかり合わないように注意。お互いのスタンスやペースを尊重し、自分らしくいられる環境が平和な関係づくりのカギになります。

馴れ馴れしく接したりといった「一線」を超えたりしない限りは、実にいい先輩でありいい友人として居続けてくれることと思います。

開運ポイントは逆境がパワー

トラは基本性格に、争いが嫌いで、自分が納得するまでとことん進むという点があります。

だから、自分が悪い環境にあっても、他の人を陥れたり他の人のせいにすることはなくく、徹底的に自分が納得するまで行動します。

ということで、目標が高ければ高いほど、達成することに全力投球できるようです。その中でも陰で努力することを好みますので、ひけらかすことはありません。

だからこそ、少し損をしていることはあるかもしれません。自己表現がうまくないという点です。でもだからといって、悲しいわぇでも落ち込むわけでもありません。

楽観的な部分があり、また思い込みも強いので、そのまま直進してしまいがちではあります。でも交代することはないので、そういった点でも、きびしい条件のほうが燃えてしまいそうですね。

知り合いがトラだった時の付き合い方は?

様々な性格の持ち主がいますが、その中でもトラタイプの人は、面倒見が良く器量が大きく理性的でもあるので、かなり接しやすい方だと言えるでしょう。

特に知人といった関係であれば、誇り高いトラタイプが嫌がるほどに距離を詰める必要がある状況も稀で、また、トラタイプからの親切もうっとうしくならないといったポジションでもあり、非常に良い関係を築きやすいとも言えます。

ただ、距離を保っているうちはいいのですが、そのラインを越えて密着しようとしたり、逆に一切指図されることがないような、完全に独立独歩の関係を望む人とは、なかなかうまくやれないかも知れません。

面倒見の良さを愛情ときちんと理解した上で、敬意を持って付き合うのがベストだと思います。

トラの2019年運勢を紹介!

何かと忙しい1年。目まぐるしい毎日になりそうです。なんでも器用にこなすトラでも1人ですべてをこなすのは大変。そんなときは周りの人に協力してもらうことで、状況はぐーんと良くなります。ただし周囲への感謝を忘れないようにしましょう。言葉や態度で伝えること意識してください。そうしないと、せっかく協力してくれる人たちがあなたのもとを去ってしまいます。周囲への気遣いを忘れず、パワフルに突き進む1年にしましょう。