夢占い

【夢占い】仏壇の夢の意味6選|怖い・お線香・光るなど状況別に夢診断

【夢占い】仏壇がでてくる夢の基本的な意味

仏壇はご先祖へ感謝の気持ちを送ったり、対話する為にある物です。仏壇がでてくる夢は、あなたが自分の周りの亡くなっている人に何かを伝えたいという事を表しています。

また、仏壇にあなたが長時間、気持ちを送ったり、対話している場合はあなたがその亡くなった身内に何かを伝えたいという思いが強い事を暗示しています。

その為、あなたが仏壇に長時間、何かしらの思いを伝え、あなたが笑顔になっている夢を見た場合は、あなたの心が近い内に晴れていく事を暗示しています。

それとは逆に、あなたが仏壇に長時間、何かしらの思いを伝え、あなたが悲しんでいる場合。それはあなたの心が暗い方向に向かっていく事を暗示しています。

このように、仏壇が出てくる夢は、あなたがその仏壇にどれだけいたか、その時のあなたはどんな状況であったかを良く観察する必要があります。

怖い仏壇が出て来る夢に秘められた意味とは

仏壇の夢は、ご先祖様や神、霊的なパワーの象徴として捉える事が可能です。だからこそ仏壇が登場する夢は、ご先祖様や神、仏様に対するあなたの気持ちを表していると解釈する事が出来ます。

そのため、怖い仏壇が出て来る夢を見た場合にはそういった霊的な存在に対して、恐れを感じている事を示していると考える事が可能です。

つまりはご先祖様や神様に対して、申し訳ないと思う様な何らかの罪悪感を抱えている時に怖い仏壇が出て来る夢を見てしまう事があります。罪悪感の正体に向き合い、解消するように自らを導くべきです。

仏壇に手を合わせる夢は、他力本願か自我抑制の気持ちの表れです。

仏壇に手を合せているのが、祈りの場合、自分以外の力を信じる意識の表れといえます。

この意識がよい悪いで判断できないのは、純粋に先祖や何か大きなものに守られていることに感謝の気持ちを持って他者の力を見つめる場合と、「困った」という気持ちから、それをどこかに預けたい、いわゆる他力本願的な心が働く場合があるからです。
夢は、人生の目標が定まらなかったい状態にいるときも見やすいと言えます。また、仏壇に手を合せていながら、意識は自我に向いていることもあります。

より自分の内面を見つめ、周囲の期待に応えるべくどのような努力をしていくべきか、自我を抑えて従っていこうとする気持ちの表れの場合もあるでしょう。

仏壇にお線香をあげる夢の意味とは

仏壇が夢に出て来た時には、吉夢であるかどうかを判断するために、その様子も大事な要素となります。
仏壇にお線香をあげるということなので、きちんとお掃除をしてきれいにしている状態です。
先祖が祀られている場所をきれいにしておくのは大事なことで、そんな基本的なこともできていなくて汚れていたりすると、これは凶夢。
幸い、お線香をあげるという先祖に対する敬う気持ちでの行いなので、これは吉夢です。
日常の生活態度として謙虚で、年上にも丁寧な対応が出来ている証拠で、これからも平穏で明るい日々を過ごすことが出来るという暗示です。

仏壇が光る夢は、心の平穏を示唆します。

家族のお守り的な存在となる仏壇が光っているのは、心の平穏を示唆しています。また、家族が理想の形で団結していることを、魂レベルで理解しているのでしょう。この先の繁栄も確信でき、心からやすらぎを感じていると言えます。
日頃先祖に向かう感謝や尊敬の姿勢、家族が同じ心で進む姿勢は、融合をした一つの「パワー」であり、いつも各人にとって前を照らす灯りとなります。それぞれが異なった課題をそのパワーを得て進むことができている状態ともいえるでしょう。自我は志向の自我に、その意識は普遍的な一体性へと解け込みます、その中で見る光は、太陽が発する光線のようなものです。

もっと詳しく知る:
>>光の夢の意味

仏壇と猫が出てくる夢が暗示すること

夢占いにおいて、仏壇は心身の状態、故人への思い入れ等を示しています。

夢に現れるお仏壇や仏間は、心を落ち着かせ、静かにお祈りをする場所であることから、あなたの心身の状態を反映しています。

また、お仏壇の夢は、あなたの故人に対する思い入れを反映しています。故人への忘れられない感情が表れているのかもしれません。
また夢占いにおいて、猫は女性を象徴し、嫉妬や妬みを表します。つまり、仏壇と猫が出てくる夢を見た場合は、心身に問題があり、かつそれは故人が関わっている可能性が高いです。

もっと詳しく知る:
>>猫の夢の意味
合わせて読みたい