夢占い

【夢占い】忘れ物に関する夢の意味29選!

もくじ

【夢占い】忘れ物がでてくる夢の基本的な意味

忘れ物とはどこかに物を置き忘れる事を言います。そんな忘れ物がでてくる夢は、あなたがが過去に何か大事な物を置いてきている事を表しています。その大事な物とは人によってそれぞれですが、あなたが夢の中で忘れ物を一生懸命探していればいるほど、あなたが過去に忘れている何かがああなたにとってとても大事な物である事を表しています。その為、あなたが忘れ物をして一生懸命探し、あなたがその忘れ物を見つける事ができた夢を見た場合、あなたが近い内にその大切な物と再び出会う事を暗示しています。それとは逆に、あなたが忘れ物をしてその忘れ物を探さな夢を見た場合は、あなたの記憶から何かが失われようとしている事を暗示しています。このように、忘れ物がでてくる夢はあなたがその忘れ物を一生懸命探したか探してないかを良く観察する必要があります。

学校に忘れ物をする夢は、学生時代のトラウマの証かも

各教科ごとに教科書や教材を持っていく必要があるため、どうしても忘れ物が多くなってしまうのが学生時代の特徴ですが、特別な印象でもないのに大人になってから学校に忘れ物をする夢を見てしまうのは、学校に何か心残りがあるからかも知れません。もっとも、それは良いものである可能性は少ないですね。「忘れ物をする」夢は、夢見的には「忘れたい思い出」があることを示していますから、もし心当たりがなければ、表層的には既に忘れていても、何か心の傷になるようなことがあったことを示しているかも知れません。どう向き合うかは様々ですが、学校の夢が出たからといって無理して思い出す必要はありません。

忘れ物を届ける夢は、忘れたくない物を示しているかも

様々ある人助けの中でも、ことのほか相手から感謝されるのが「忘れ物を届ける」ことです。特に大事なものであれば、向こうからの感謝の言葉も格別なものになりますが、夢の世界でこれをすることは自分にとっての吉兆につながるかも知れません。夢見としては「自分にとって忘れてはならない物」を示すという意味があるので、仮にあまり価値のないものを届けに行ってるな、と思っても、実際にじっくり思い返してみると、印象深く大事なものだったりするかも知れません。
このように、意外な物事とのつながりを思い出させてくれるのが忘れ物届けの夢ですから、もし見たら久しぶりに、昔のことを思い出してみるのも良いでしょう。

忘れ物が見つかる夢は、諦めていた事に再び取り組めることを示唆します。

忘れた物が見つかることによって、またその物を通して課題に取り組むことができる、と伝えています。それは実現しかけていながら立ち消えになったアイデアかもしれません。その忘れ物が長い時を経て見つかった場合、あなたが人生の途上で様々な障害に出会い、「諦めていた」物事であると言えます。子育てのためにやめた趣味や、結婚のためにやめた仕事など、様々なことが考えられますが、「忘れ物」が何であったかによって、それがわかります。
逆な見方をするなら、それは今の時まで待ってくれていたとも考えられます。やり直せる時がきたと受け止め、今度は最後までやり遂げましょう。

電車に忘れ物をする夢は、仕事上などでの見落としを知らせる警告かも

電車の中で様々な忘れ物をしてしまうのはありがちなシチュエーションで、雑誌やスポーツ新聞を読むことが少なくなった今でも、うっかり傘を忘れたりしてしまいますね。しかし、そんなあるあるな状況が夢に出てきたとしたら、注意が必要かも知れません。動いている電車というのは、学校や仕事などの日々の営みなどを示すものですから、そこで忘れ物をするというのは、うっかりした見落としがあるとも取れるわけです。また、忘れ物の夢にはそれ自体にも、「忘れたくない」という意味合いがあるので、その見落としは結構大きいものかも知れません。
もし何か大きなプロジェクトに取り組んでいる時にこの夢を見たら、一旦作業を中断してでも根本的な見直しにかかった方がいいかも知れませんね。

忘れ物を取りに帰る夢はこだわりすぎの証かも

何か忘れ物をしたから家に戻ったりすることは、かなり日常的にありふれています。特に神経質なタイプだとしょっちゅうということになりますが、この夢の内容を見たなら、他の事に注意を働かせる必要があるかもしれません。夢の中での「忘れ物」は現実的な物質ではなく、精神的にこだわっているものを指します。そしてそれを戻ってまで取りに行くということは、何かを犠牲にしてでもと、特別のこだわりを持っていることを示します。ただ、現実問題として、人生を後退させてまでこだわる必要がある事柄は少なく、何かに対してこだわり過ぎてはいないかと、この夢を見たら自分を省みるのも良いかも知れません。

忘れ物をして遅刻する夢は何のお告げなのか

なぜかその日は急いで会社に行こうとして気が立っています。身支度をしていてもなかなかうまくいかなくて慌ただしく家を出て行きます。もうすぐ会社に着くというところで大事な書類を忘れてきたことに気づきます。今から家に戻る時間がないとわかっていても後で上司に怒られるのがいやで忘れ物を取りに帰り遅刻してしまいます。この夢の中の忘れ物とはあなたの記憶の中で消えていってしまう何か重要な事を意味しています。それから遅刻するだろうとわかっていても忘れ物を取りに帰るという行動は、嫌な事を無理に忘れさせようとしている事実を教えようとしています。

水着を忘れる夢というのは性的な意味合いもある

水着の出てくる夢というのは、性的な意味があります。水着が出てきてそれを購入していた場合の夢占いでは、「気軽るに恋愛を楽しみたい」という意味合いもあります。それは結婚へとつながる恋愛ではなく、いろいろな人とお付き合いしたいと考えています。なぜなら、水着を買う前には、いろいろと比べながら試着することも多いからです。とくに「水着を忘れる夢」ならば、夢占いでいうと運気が低下していることを意味しています。このような夢を見た場合には、大事な場面で失敗をしてしまう場合が多く注意も必要になってきます。また、水着を忘れて自宅まで取りに帰る夢というのは、ミスをしてあとあとまで引きずるようなことになってしまいかねません。いつまでもくよくよと悔やむことのないよう、反省することは反省し、改めて前向きな心がけをするように夢は暗示しています。また、泳ぎおわったあとの水着を取りにいく夢は恋愛運は低下していることを表しています。新しい出会いはしばらくは期待できないでしょう。

忘れ物を届けてもらう夢の意味とは?

忘れ物を届けてもらう夢というのは、夢を見た人にラッキーな出来事が舞い込むことを暗示しています。夢の意味合いでは、忘れていることを思い出し、新しい出会いがあるという意味があります。夢占いでの「忘れ物」の意味は、自身が忘れてしまっていることを意味しています。その忘れてしまっていることを届けてもらうことで、忘れていたものの内容がわかってきます。夢占いではそのときの感情やかかわった人物なども重要な占いのポイントとなります。夢占いとして読み解くには忘れ物の内容を細かく分析してみることも必要になってきます。

忘れ物をして焦る夢を見た意味とは?

忘れ物をして焦る夢というのを見たならば、それは夢を見た人が「忘れたいと思っていることがある」というのを夢占いでは暗示しています。「焦る」ということでは夢を見た本人に余裕がないことを表しています。「忘れ物がある」そのことで、本人は実際には「やり直したい」と思っているはずですlこのような場合には、じっくりと自分と向き合う時間が必要になってきます。不安な気持ちを改善すべく考えてみることも必要です。ただ、夢占いでは「忘れ物が何なのかわからない」ということもあります。そんなときには夢を見た本人が現実と向き合えず逃避していることも多いです。このような夢は本人に対しての警告夢です。夢占いでは夢を見た本人が現実から目を背けて見落としている可能性があることを表しています。このような夢は体の疲れや感情が乱れている場合、そしてストレスが溜まっている場合などに多く見る夢です。辛い現状におかれて夢にまで焦る気持ちが表れています。

パスポートを忘れる夢は、刺激を求める心の現れかも

海外旅行などの最中、パスポートを忘れてしまったとなると、かなりの大事になってしまいます。正直、旅行を楽しむどころではありませんから、夢でそんなシチュエーションを経験しても怯えてしまうのは無理もありません。しかし、本当にこの夢を見たら、過度に慎重になるのは考えものです。と言うのも、パスポートには非日常や刺激を求めるという意味合いがあり、「忘れる」夢には、それを忘れたくないという願望が込められているものですから、刺激に飢えていると解釈することができるのです。いつもとは違うお店に行ったり、一人でも外に出るのもいいかも知れません。

忘れ物を取りに走る夢を見た時は強いこだわりに注意

どうしたことか、大事な日に限って忘れ物をしてしまうことは少なくありません。絶対に必要なものを忘れた、と気付いて、気が急いて走ってしまうこともしばしばですが、夢での「忘れ物」には自分のこだわりは忘れたくない物事を示しており、「忘れてはいけないもの」とは限らないのが現実とは違うところです。にも関わらず走ってそこに向かうというのは、相当のこだわりを感じさせ、また視野が狭まっている印象も受けます。
夢に出てきたのが本当に必要不可欠なものだったら良いですが、そうでなかった場合、必要以上にこだわり過ぎている可能性があるので気をつける必要があるでしょう。

他人の忘れ物に気づく夢は、本当の望みを示しているかも

授業や職場での研修で同じ講義を受ける友達の忘れ物に気付くことは、案外あるものですが、実際にこの夢を見た際は、基本的には親切心ではなく、別の要素が強いものとなります。多くの夢見でそうであるように、夢に出てくる他人は、「自分」を示すことが少なくありませんし、忘れ物は、「本来は忘れたくないもの」を示してもいます。つまり、客観的な視点で、自分が心底では意識しているものを見ることができるわけです。実際にその物やイベント、スポーツなどに熱中していられるかはまた別の話ですが、少なくとも関心から目を逸らさない方が精神的には充実できる可能性が高いでしょう。

忘れ物をあちこち探しまわっている夢

忘れ物を探し回る夢は、あなたがマンネリに陥っていることをあらわします。もしかすると変わりばえのしない毎日にうんざりしているのかもしれません。何か刺激が欲しい、あるいは転職したいと考えているのではないでしょうか。今のあなたには、何か新しい人生の目標を立てようとしています。より大きな精神的支えを探し求めているのでしょう。いずれにしても、あなたは自分自身の本当の気持ちを尊重しようとしています。今後はあなたが大切だと思うことに集中しましょう。忘れ物が見つからずあきらめるならこの夢は「吉夢」です。今後近いうちに環境を変えるチャンスに恵まれることでしょう。新しい目標が見つかって、再び活気に満ちた毎日が戻ってきます。

車に忘れ物をする夢は、人生に迷いがあるシグナルかも

電車などよりも閉鎖されているので居心地が良いのが車の中ですが、そのためかついつい忘れ物をしてしまうことがあります。日常であればすぐに戻って取りに行けばどうということはなくなるわけですが、こうした夢を見た場合は、本当にやりたいことが何か等々、しっかり考える良い機会かも知れません。乗り物は夢の中では「人生のルート」そのものを指すことが多く、車は電車よりもずっと自由にルートを選べますが、同時に「忘れ物」は、自分が忘れたくないと思っていることの象徴だったりもします。自由過ぎる生活の中で、やりたいことを置き去りにしているのかも知れないので、少し注意が必要と言えるでしょう。

チケットを忘れる夢は非日常の憧れ

せっかくテーマパークに遊びに行こうとしたり、ライブに行こうとしたのに、チケットを忘れるというのは最悪ですね。割引がきかなくなったり、最悪の場合、入場できなくなったりしますから、忘れず持っていく必要がありますが、もし夢で見たとしたら、まったく別の願望の現れかも知れません。チケットやビザ、パスポートなどは、夢見では身分証明ではなく、非日常を象徴するものだったりしますし、忘れ物は「こだわり」を意味することが多いですから、日常的でないものに強い憧れがあるとも言えるわけです。
もっとも、ほとんどのチケットであればパスポートなどとは違い、本当に異国に行ったりはしませんから、非日常性は薄いですね。気晴らしに遊びたいといった望みが強いと見ることができるでしょう。

忘れ物を取りに戻る夢は執着の証

忘れ物を取りに戻る夢の意味はなんでしょうか。ふだんの生活の中でもそうなのですが、忘れ物を取りに行くということは物に対して大切だと思う気持ちがあること。忘れたものに対して執着心があるともいえます。夢では忘れたものによっても少し意味合いが変わってくるのですが、この夢はあなたがなにかに執着心を持っていて手放せないということが表面化しています。仕事での失敗が心にひっかかっていたり、人間関係で悔しい思いをしたことが忘れられなかったりという心のしこりが夢に現れているのです。逆に忘れ物を取りに行かない夢は、ひとつ執着を手放すことができた証拠になります。

学校に忘れ物をして焦っている夢

学校に忘れ物をする夢は、あなたはその学校で何かを学び損ねていませんか、という軽い警告です。たとえば人間関係において、少々鬱陶しい義務や面倒な約束事があるのかもしれません。あなたは行動や言動が周囲の視線にさらされていて、それがかなりのストレスになっているようです。あまりにも窮屈な人間関係に自分を追い込みすぎてはいないでしょうか。今のあなたには息抜きが必要です。豊かな相互関係を保つために、群れの中から時々抜け出して一人になる時間が大切なのです。忘れ物が見つからずあきらめるならこの夢は「吉夢」です。あなたはアイデアと気づきを得て、より良い環境に変わるチャンスに恵まれるでしょう。

電車にカバンの忘れ物をする夢は大切なものを見落としている

電車に自分のカバンを忘れてきてしまう夢。夢だとしてもひやっとしますね。この夢の意味はどんなものなのでしょうか。
夢の中で電車は、現在すすんでいる話、現在進行形のことがらを表しています。そこに忘れ物をするということは、いま着手していることや話がすすんでいるなかで何か大事なことを忘れているという意味になるのです。仕事での納期を忘れていませんか。友人との約束を忘れていませんか。税金などの納期を忘れていたり、なにか手続きを忘れていませんか。この夢をみたのも虫の知らせでしょう。失敗する前にいちど見直すことをおすすめします。

忘れ物を取りに行っても間に合わない夢は強いストレスのあらわれ

忘れ物をする夢をみると、ちょっと気分はよくないですよね。さらにその忘れ物を取りに行ったのに間に合わなかったり、見つからなかった内容だと目が覚めたときに疲れてしまいそうです。じつはこの夢は、まさに疲れやストレスが夢に出たもの。忘れ物が手元に戻ってこない夢や探してもみつからない、忘れ物がなにか思い出せないなどの夢には近い意味合いがあり、どれもあなたが日々の生活の中で疲れや強いストレスをかかえているということになります。職場での仕事量が多すぎたり、家族などの人間関係に悩んで自分ではどうにもできないときに見やすい夢といわれます。

靴を忘れる夢は執着心が消えたということ

夢の中で、靴を忘れてしまった。なかなか実際には起きないシチュエーションなので意味が気になりますね。夢占いでは忘れ物の夢というのは、基本的に物事に執着している、トラウマがあるといった意味合いを持っています。しかし忘れたものによって意味合いが変わる部分もあり、特に靴は正反対の意味になるのです。
夢占いで靴があらわすのはあなたにとって「大事なこと」です。それを忘れる夢は、あなたがずっと執着していたことや気にしていたことを手放すことができた、その事柄から開放されたということを意味しているのです。とても前向きな夢であり、あたらしいことをはじめるきっかけにもなるでしょう。

学生が忘れ物をする夢は、学生時代のことに思い入れがある証拠かも

持っていくものが多かったり、逆に持って帰るものが多かったりするので、うっかり忘れ物することが多いのが学生時代ですが、それとは別に学生が忘れ物をする、という夢を見てしまうことがあります。特に社会人になってからですと、意図するところが分かりにくかったりもしますが、自分自身や親しい人でなかった場合、夢に出てくる「誰か」は「自分」を反映した姿で、忘れ物は心残りや忘れたくないものを示すことが極めて多いです。つまり、学生の頃の何かに思い入れがあるからこその夢と言えるでしょう。
しかし、思い入れがあるかどうかと実際に考えるべきかどうかはまた別問題で、多くの場合、少しこだわり過ぎの気配を示しているとも言えます。

駅に忘れ物をする夢は、やり残しがないかじっくり考えるべき

電車内で忘れ物してしまうことはありますが、乗降する駅でも結構忘れてしまうものです。人が多く、しかも時間に追われているためか、ついつい荷物に関心が薄くなってしまうんですね。割と日常的な話ですが、もし駅に忘れ物をする夢を見たら、かなり慎重に考える必要があるかも知れません。
と、言うのも、夢の中に出てくる「電車」は、その人の人生を示すもので、故に駅は停車したり乗り換えがあったり、あるいは追い越しがあったりと、人生の分岐点を示すものでもあります。そして忘れ物は、忘れたくないと思っていることや思い入れがあることを示していますから、人生の分かれ道で、忘れかけている大事なことがあるとも解釈できるのです。
夢ばかり追っては生活が難しいというのはもっともですが、決断を下す前にもう一度、慎重に考えるべきかも知れません。

恋人が突然、自分を置いて去るかもしれない不安を抱えているようです

もし現実で財布のような大事なものを忘れたらものすごく困ることかと思います。夢占いでも財布を忘れるは「大事なものが突然、自分を置いてどこか遠くへ行ってしまうかもしれない」という不安を表します。そしてそれは特に恋愛面の恋人やパートナーである場合が多いです。けれど、心配しないでください。これはあなたの恋人やパートナーへの愛情の深さゆえの不安のあらわれであり、実際に現実で起きると決まったことではありません。でももしかしら心配性のあなたは恋人やパートナーを愛するあまり束縛しすぎ、恋人やパートナーはそれに息苦しさを感じているかもしれません。財布を忘れたと思ってもすぐに見つかって取り越し苦労だったこともよくあります。あなたが恋人・パートナーに感じている不安も取り越し苦労かもしれません。もっと信じてみてください。

体操服を学校に忘れてしまう夢は

体操服は夢占いでは自分の姿、自分自身の精神状態を表すのですが、どちらかと言えばリラックスしている、ストレスがなく穏やかな自分と言えるでしょう。その体操服を「忘れる」という動詞が入ると少しマイナス面が出てきます。「体操服」と「忘れる」を掛け合わせると、自分自身が今ストレスを抱え込んでいる、リラックスしていない状況だと考えられます。この夢は主に小、中、高校生がよく見ると聞いています。特にこの夢を見る時期が多いのが、なんといっても中間試験や期末テスト、何かみんなの前で発表するときに見られます。ストレスを抱え込まなくなったらあっという間に解消されますよ。

教科書を学校に忘れてしまう夢は

結論から言いますと、教科書を忘れる夢は、ミスを表します。ミスと言っても色々なミスという種類があります。大きなミス、取り返しのないミス、些細なミス、どうでもいいようなミスなど。挙げればきりがありませんが、教科書を忘れるというのは、どちらかと言えば些細なミスを表します。ですから、この教科書を忘れる夢を見たら、どこかでミスをするかもしれない、行動に気を付けよう、考え方を変えていこう、などの意識を持つことで解消されることでしょう。特にテストの前日に教科書を忘れてしまう夢を見たら、鉛筆、消しゴムなどの文具品の用意は大丈夫かと疑っていくといいでしょう。

学生時代の忘れ物の夢は昔の苦い記憶

学生時代の忘れ物を取りにいく夢をみた。ちょっと不思議な夢ですね。すっかり忘れていた思い出が急に思い出されて、この夢の意味が気になる人もいるでしょう。
学校や学生時代のことというのは、夢占いでは過去の出来事をあらわします。そして忘れ物の夢はちょっとした後悔やトラウマなどが心のどこかにひっかかっていることや、なにかに執着心を持っていることを意味しています。つまりこの夢の意味は、あなたが過去の出来事(特に学生時代の思い出)に対してなにか気になる思い出があって、そのことを昇華できていないということです。

元彼が忘れ物をする夢は、まだ元彼に未練がある証かも

現実世界ではすっかり疎遠になった人でも、何の前触れもなく登場してくるのが夢の世界ですが、元彼が忘れ物をしてしまうとう内容だった場合、単にスルーできる話ではないかも知れません。誰とも分からない「人」であれば夢の中では自分自身の象徴ですが、「元彼」であれば、夢を見た人の元彼像であり、忘れ物は思い入れや心残りを意味することが多いですので、もしかすると、表面的な意識よりも深い部分で、元彼に対して思い残しがあるとも考えられるわけです。
気になるなら連絡を取ってみるのも一考ですが、相手にも感情や都合があるので、また元の関係に戻れるかどうかは分からない部分があります。

旅行をしていて何か忘れ物をする夢

これには2つのストーリーが考えらます。1つ目は特に旅行に行く予定がないのに、旅先で何か忘れ物をする夢を見る場合と、もう一つが本当に今まさに旅行をしていて、忘れ物をしてしまう夢です。両方に共通して言えることが、何か足りないことがある、ということを暗示しています。つまり、旅行をする予定がないのにこの夢を見た場合、仕事やプライベートなどでは、再度見直しをしたほうがいいでしょう。そして、本当に旅先で忘れ物をした場合、朝起きた時には必ず、忘れ物がないか、出発の時間は大丈夫なのか、といったことを考えるとよいでしょう。

カバンに忘れ物をした夢は、財産や富に執着している証かも

施設内などを移動している時、うっかり持っていくものをカバンに入れていて、忘れ物をしてしまうといったことは、実にありふれていますが、夢でそうしたシチュエーションを見た場合はまた少し解釈が違ってきます。カバンというのは、様々なものを入れておけるために、夢見では財産や富の象徴という意味合いを持っており、忘れ物は、思い入れや心残りを示します。つまり、カバンに忘れ物をした、ということになると、お金を強く求めているのではと考えることができるのです。誰しもお金は必要ですし財産は魅力的ですが、少々利益や給料にこだわり過ぎてはいないかと、見直してみるのも良いかも知れません。

合わせて読みたい