夢占い

【夢占い】台風の夢の意味4選|台風が来る・大きい・逃げるなど状況別に夢診断

夢における台風の基本的な意味

台風は、天候状況が不安定になっている時期に起きることが多いことから、心の状態がの不安定であること、将来に対する不安、悩みや恐れなどを象徴しています。

台風が過ぎ去ったあとは周りの状況が一変していることから、大きな環境の変化なども意味しています。

台風が来て、自分がどのように感じていたのかを、思い出してください。

ワクワクした気持ちで、窓から台風を見ているのは、これから起こる環境の変化は、自分にとって望ましいものであることを表しています。台風が過ぎた後、新しい季節がやってきていたなら、さらに幸運です。

台風が来て、怖いと感じているのは、将来に対する不安の表れです。家が飛ばされているなら、不安は大きなものでしょう。あまり悲観的にならずに、前向きに考えることで幸運につながります。

いきなり大きな台風がやってくる夢

今のあなたは何かに焦って取り乱し、大きな不安に負けそうになっているようです。

冷静さを失っているため、取るに足らない小さな事も大げさに受け取ってしまい、混乱してはいませんか。あなたは最近、自分に突然起こった何らかの変化に戸惑い、順応できずにいるのではないでしょうか。そのため、エネルギーを消耗しています。

今しばらくあなたには、ゆっくり休養の時間が必要なようです。深呼吸して新鮮な空気を体に循環させましょう。やがて穏やかに落ち着きを取り戻せるはずです。

台風が来るのを恐れて逃げまどう夢

自分の身の回りの変化に不満や不安を感じているときに、この夢を見ることがあります。

今の環境に長い分愛着を持っているのかもしれませんが、そろそろリセットして新しいことに挑戦する時期に来ています。心を開いて、まずは挑戦する勇気を持ちましょう。実際の変化は、あなたが拒否していてもやがて必ず訪れます。

怖がって逃げれば逃げるほど、あなたは弱くなって恐怖心にとらわれる悪循環を繰り返してしまいます。

ですから、まずは自信を持ちましょう。そして勇気を出してください。その変化は、あなたにとってとても良い変化です。怖がらずに心の嵐に立ち向かってくださいね。

もっと詳しく知る:
>>逃げる夢の意味

地震と台風がいっぺんに来てしまう夢

地震と台風が一度に来るパニック映画さながらの夢です。

夢の中の地震は揺れの大きさに比例して、現実の生活に変化が訪れることをあらわします。大きな地震なら急激な変化が、小さな地震であれば生活に小さな変化が訪れることでしょう。

地震と共に訪れる台風は、あなたが感情を激しく揺さぶられていることを表します。今から起ころうとしている変化を、どうやら怖がっているようです。しかしあなたが不安に思うほど、あなたの今の状況は悪くありませんよ。

これから新しい世界が広がり、あなたは以前よりずっと生きやすくなっていくでしょう。気を取り直して前に進んでくださいね。

もっと詳しく知る:
>>地震の夢の意味
合わせて読みたい