干支占い

卯年(うさぎどし)生まれの性格や特徴・相性を徹底解説!|恋愛から運勢まで分かる干支占い

卯年男性の性格

卯年の男性は、好奇心旺盛で、新しい分野や知らない場所に飛び込むことにも積極的。交友関係も広く、常に新しい出会いに恵まれます。人当たりもいいので、恋愛においても仕事においてもパートナー探しに困ることはないでしょう。

また、とても器用なので、新しいジャンルに挑戦してもすぐに頭角を現します。一方、その器用さゆえに人並みのレベルまではすぐに到達してしまうので、一つの分野を極めるというよりは、浅く広く手をつけます。もし、頂点を極めたいと思うなら、一つのことに集中して取り組む我慢強さを持つ必要があるでしょう。

また、理想主義者で、自分が定めた目標に向かって、自分の欲求をコントロールしながら漸進することができます。持ち前の器用さを上手く活かし、趣味や芸事など多くの分野から学びを得て、成功していくタイプです。

卯年女性の性格

卯年の女性は、物腰柔らかで大人しい印象を与えますが、一方でユーモアと愛嬌に富んでおり、人を楽しませるのが得意です。恋愛においても、繊細で気配り上手な側面から、ロマンスに事欠くことはないでしょう。

人に好かれる要素を沢山持っていますが、それゆえに、嫉妬の対象となることもあるかもしれませんね。「人に嫌われる」ということは、卯年女性にとっては非常に辛いことであり、大きなストレスを感じてしまうことも。

ですが、そんなときは、嫉妬や羨望で嫌味を言う少数の人にではなく、自分を好きでいてくれる大多数の友人に目を向けましょう。愛情深く、いつも周囲への思いやりを忘れない卯年女性ですから、困っているときは、友人たちが恩を返そうと親身になって協力してくれるはずです。

卯年のポジティブな性格・特徴

卯年の性格・特徴:愛嬌があって好かれる

卯年の人は争いを好まない平和主義者。人間関係においては出来るだけ角を立てずに、穏便に済ませたいと考えています。

そのために、周囲の人との調和を保つための愛嬌も身につけています。揉め事が起きないように、人の話をよく聞き、相手の意見を尊重します。さらに、細かいところまで目が行き届くので、自分だけではなく周囲でも争いが起きないよう気を配ることができるでしょう。

そんな卯年の人の存在は、集団や組織における潤滑油のようなもの。性別や年齢問わず、多くの人に好かれますが、持ち前の愛嬌と甘え上手な面から、特に年上から大人気の存在となることでしょう。

卯年の性格・特徴:器用で趣味が広い

卯年生まれの人はとても器用です。手先だけではなく、社会における立ち回りが上手いという意味も含みます。そのため、人間関係においては、他の人との交流にも積極的で、大抵の人とは親しくなることができるでしょう。

一方、凝り性な面も持っており、器用な分どんどん理想を実現できてしまうため、一度ハマってしまうとすぐには抜け出せません。また、どんな分野でもある程度のレベルまではすぐに達してしまうので、幅広い趣味を持っています。

趣味をきっかけに交友関係が広がり、同じ趣味を持った相手とはより意気投合するでしょう。自己管理能力が高く、時間の使い方にも器用さが発揮されるので、多趣味にも関わらず、どれも要領よく楽しむことができます。

卯年の性格・特徴:ユーモアに長けている

卯年の人は、ユーモアセンスに長けており、場に応じた振る舞いで周囲を楽しませることができます。冗談や軽口は、周囲との関係を円滑にするものの、一歩間違えるとTPOを弁えていないとみなされてトラブルに繋がる諸刃の剣ですが、卯年の人はその見極めがとても優れています。

相手が不快にならない程度の軽口を叩いたり、嫌味をそのまま受け止めるのではなく冗談で返したりと、大人の対応をしつつ場を和ませる才能があります。

それは、プライベートでも仕事でも変わりません。たとえ気難しい顧客相手でも、ウィットに富んだ一言をきっかけにぐっと距離を縮めることができます。これは勉強して身につく能力ではないので、卯年の人が持つ類まれな才能として、集団において重宝されること間違いありません。

卯年のネガティブな性格・特徴

卯年の性格・特徴:誘惑に弱い

卯年の人は社交的で、人付き合いにも積極的。一方、争いごとを避けたいという気持ちから、ついつい周囲に流されてしまうことも少なくありません。

自分では嫌だと思っていても、「せっかく誘ってくれたのに悪いな」という気持ちが生じてしまい、はっきりとNOと言えないこともしばしば。恋愛においては、積極的にアプローチしてくる相手を無下にすることはできません。

また、仕事においても、持ち前の器用さから大体のことはこなせるため、一つの職に対するこだわりはあまり強くないかもしれませんね。そのため、ヘッドハンティングでもされようものなら、ぐっと心が揺らいでしまうのです。

どうすべきか迷ったときには、やはり自分の心の本当の声に耳を傾けるしかありません。相手がどう思うかではなく、自分がどう思うか。自分で決めたことなら、その後大きな苦難に見舞われることがあっても、きっと乗り越えていけることでしょう。

卯年の性格・特徴:器用貧乏

卯年の人は、何でも器用にこなします。いつも丁寧で気配りも欠かさず、場の空気を読む能力にも長けていることから、初対面の人や上司からの印象も良く、誰にでも愛される存在と言えるでしょう。

大抵のことは要領良くできてしまうので、良く言えばマルチプレイヤー、悪く言えば器用貧乏です。壁にぶつかったときには、「この分野はここまで、別の分野でまた頑張ろう」と素早く切り替えます。そのため、一つのことを極めたスペシャリストとは対極の存在と言えるでしょう。

どちらが良い・悪いではありませんが、もし卯年の人が、一芸に秀でた人に対する憧れを抱いているなら、壁を目の前にしても逃げない姿勢をとることも必要です。元々能力の高い卯年の人ですから、その壁を抜けた先には、今以上に才能を発揮できる場が待っているかもしれません。

卯年の性格・特徴:じっとしているのが苦手

大体のことは上手くこなし、社交的で人当たりの良い卯年の人。周囲からの信頼も厚く頼りにされやすい一方で、トラブルや災難を前にしてじっとしているのは苦手な傾向があります。

これは、危険を察知したウサギが、草むらからぱっと飛び出す様子に似ています。リスクマネジメント能力が高く、危険を察知する能力に長けているからこそですが、ちょっとした出来事で慌てふためく姿に、周囲はどこかがっかりした気持ちになるかもしれませんね。新人の頃は笑って許してもらえるかもしれませんが、上司やリーダーがそれでは部下は心配になってしまいます。

この弱点を克服するためには、狩られる側ではなく狩る側の気持ちになってみましょう。きょろきょろと周囲を見渡すのではなく、落ち着いて相手の出方を待つ。これを身につけることで、より一層の信頼を勝ち取ることができるでしょう。

卯年の恋愛運や特徴は妬まれないように注意

卯年の人は、持ち前の愛嬌や人当たりの良さのおかげで恋愛運には恵まれていますが、その分、周囲からの嫉妬に気をつけた方がいいでしょう。争いごとを避ける性格から、パートナーとの関係はいつも良好ですが、外野と上手くやれるかが問題と言えます。

卯年生まれの人は、礼儀正しく物腰も柔らか。年齢や性別問わず好かれやすいですが、特に目上の人に可愛がられます。そのため、本人にその気はなくても、周囲から寄せられた好意を利用してちゃっかり利益を得ているという偏見を抱かれることもあるかもしれません。誰にでも分け隔てなく親切なので、それを勘違いした相手とのトラブルも起きやすいです。

これらを避けるためにはやはり、自分が幸せの絶頂というときでも、周囲への気配りを欠かさないこと。自分の行動を客観視し、誤解を招くような言動は控えるなど、一定の気遣いが必要になるでしょう。

恋愛を成功させるポイントは押しの強さを身に着ける

卯年の人の恋愛を成功させるポイントは、ここぞというときの押しの強さです。争いごとを避けたい性格から自己主張が控えめで、恋愛も自分からぐいぐい行くよりは来る者拒まず的なスタンスの人が多いです。

そういう控えめな姿勢に庇護欲をくすぐられる人もいるので、基本的に相手には困らないのですが、一方、自分から好きになった相手がいる場合は、恋愛競争の激しい社会においてはチャンスを逃しかねません。

自分から積極的にアプローチしようとしても「相手の迷惑になるのでは?」と躊躇してしまいがち。ですが、卯年の人の持ち前の器用さから、引き際の見極めも上手いはず。相手にとってちょうどいい愛情表現を見極めることができるので、今よりちょっと強く押してみるだけで、恋愛の成就率がぐっと上がるはずです。

卯年と恋愛の相性がいいのは未年!

卯年の人は、恋愛において未年(ひつじどし)の人と相性が良いです。卯年の人は喧嘩や衝突を好まず、相手の意見をしっかりと聞く一方、自己主張は控えめな傾向があります。

そのため、何が何でも自分の主義・主張を通そうとする相手だと、卯年の人が一方的に押される形になってしまうのですが、同じように穏やかで、相手を尊重する性格をもった未年の人なら、互いの意見を尊重しあうことができるのです。

どちらも協調性に優れ、相手のペースに合わせることができるので、一緒にいると居心地が良いです。また、二人とも、外で激しく遊び回るようりは家でゆっくりくつろぎたいインドア派という共通点を持っています。

平和主義という同じ理想を持った二人ですから、喧嘩や諍いもなく、安定した毎日を過ごせる最高のパートナーになるでしょう。

卯年の仕事運の特徴は研究心が旺盛

卯年生まれの人は、情報収集が得意で、その情報を元にじっくりと研究を重ねていきます。その分析結果は周囲から重宝されやすく、また結果を元に実行する行動力も持っているので、確実な成果を収めるでしょう。

仕事においては、人当たりの良さから周囲との関係も良好。争いごとを避けるために周りへの気配りも欠かさないので、人間関係でトラブルを抱えることは少ないです。

一方、人から頼まれたことは断りづらく、気が付いたら色んなタスクを溜めがちになってしまいます。要領が良く人並み以上の量をこなせますが、それがずっと続くと流石にダウンしてしまうでしょう。

何でも引き受けてしまうのは周囲への優しさゆえですが、時には勇気を出してNOと言い、自分を守ることも大切です。

仕事を成功させるポイントは専門分野を決める

卯年生まれの人が仕事を成功させるコツは、これだという専門分野を一つ決めることです。大抵のことはこなせる器用さゆえに、どこでも上手くやっていける卯年の人ですが、まさに、二兎を追う者は一兎をも得ずという言葉どおり、どれも中途半端になりがち。

様々な分野である程度の成果を残すか、一つの分野で頂点を取るか。つい前者を選びがちで、それ自体が悪いことではないのですが、あえて一つの分野に絞ることで卯年の人は今以上に大きな成功を収めるでしょう。

一度壁にぶつかるとつい他の仕事に目が行ってしまいますが、持ち前の情報収集力や要領の良さを活かして乗り越えると、一気に軌道に乗るかもしれません。仕事仲間とも上手くやれる卯年の人ですから、共に手を取り合い一つの道を極めるということを目指してみるのもいいでしょう。

卯年と仕事の相性がいいのは戌年!

仕事において、卯年の人と相性が良いのは戌年(いぬどし)の人です。卯年の人は生まれ持った器用さゆえに、色々な分野でそれなりの結果は出すものの、一つの分野で頂点を極めることは苦手な傾向があります。

その弱点をカバーしてくれるのが、面倒見の良い戌年の人です。卯年の人にとって何が最適かを考え、目の前の仕事に集中するべきだと考えたときには、そうするよう丁寧に誘導してくれます。

その誘導の仕方も威圧的ではなく、卯年の人も安心して耳を貸すことができるでしょう。ついつい他の仕事に目が行きがちな卯年の人の良きサポート役として、二人の相性は抜群と言えます。

卯年の守護神は文殊菩薩!

卯年の守護神『文殊菩薩』をご紹介します。文殊菩薩は、実在の人でお釈迦様が入滅(亡くなられた)された後に経典の編纂をなされた方と言うこともあり『智』を司る仏様です。

右手に持たれた宝剣は『智』を象徴し人々の煩悩を断ち切り、左手の法華や経典は世の中の善悪を判断する力を象徴しています。法華は悟りを表し経典は智慧を表します。

『三人寄れば文殊の知恵』という諺があるように智慧を象徴する仏様です。卯年の方が覚えておいた方が良い真言を教えましょう。『オン アハラシャノウ』と唱えご利益を戴きましょう。

ご利益は、学業成就や書道上達・合格祈願です、皆さんもすでにお世話になっているのではありませんか?日本三大文殊をご紹介しておきましょう。

・紙の文殊:京都府天橋立、『智恩寺』。
・筆の文殊:福島県会津高田『青龍寺 文殊院』。
・硯の文殊:奈良県大和桜井『安倍文殊院』(安倍晴明が生まれたお寺でも有名)。

卯年生まれの年齢早見表

西暦 和暦 年齢
1963年 昭和38年 58歳
1975年 昭和50年 46歳
1987年 昭和62年 34歳
1999年 平成11年 22歳
2011年 平成23年 10歳
2023年 令和5年

卯年(うさぎどし)の関連記事

卯年(うさぎどし)の2021年運勢


 

2021年の運勢占い

2021年版姓名判断

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「エレメントタロット」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1800円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST