花言葉

カランコエの花言葉や由来|主な意味7パターンまで丸わかり

カランコエの花の特徴や名前の由来

珍しい名前の「カランコエ」はマダガスカル原産の多肉植物です。葉が肉厚で原種だけでも約120種があるほど色や形が豊富なのですが、日本ではリュウキュウベンケイの園芸品種で小さな星型の花をたくさん咲かせるものが多いようです。短日植物なので、花が咲かないときは夜も人工光があたるような始終明るい場所ではないか確認してみるといいでしょう。開花時期は秋から初夏ですが、光をあてる時間を調節して一年中楽しむこともできます。

カランコエの花言葉の意味とその由来とは?

≪カランコエの花言葉≫幸福を告げる

幸福を告げるのはハトや天使はよく知られているかと思いますが、実はカランコエにも「幸福を告げる」という花言葉があるのです。元々育てやすい植物のカランコエですが、その花は星形をしていてとてもキュート。ルームメイトのようにそっと傍に居てくれて、ささやかな幸福をつぶやいてくれるかもしれません。

≪カランコエの花言葉≫あなたを守る

カランコエの花言葉は「あなたを守る」です。これは日本語名の「紅弁慶」の由来しているといわれています。弁慶の強さやたくましいイメージからきているようです。照れずに男性から女性に贈るのにもおすすめですよ。

≪カランコエの花言葉≫おおらかな心

小さな星型の花を咲かせ、南国育ちの花、カランコエ。そんな、カランコエの花言葉の一つに”おおらかな心”と言う言葉があるのをご存知ですか。鮮やかで色彩豊かな花びらを咲かせ、南国育ちということで、この花言葉がつけられたそうです。鮮やかな色と、南国のあたたかいイメージに合う言葉ですね。何か、思いつめた時や困難なことに立ち向かう際には、カランコエを眺めることで、おおらかで前向きな気持ちになることを思いださしてくれるでしょう。

≪カランコエの花言葉≫たくさんの小さな思い出

小さく、可愛らしい花たちが、一つ、また一つと、まるで花束のように身を寄せ合いながら、たくさん咲いていくカランコエ。色も各種ありそのさまはまさに、人生における小さなたくさんの思い出たちが寄せ集まったかのようです。

≪カランコエの花言葉≫幸せを作る

カランコエは別名「クイーンローズ」とも呼ばれ、満開になると八重咲きがとてもきれいで見ているだけでも幸福感を味わえます。そんなカランコエの花言葉は「幸せを作る」です。結婚や出産祝いなどのプレゼントにいかがでしょうか。

≪カランコエの花言葉≫ときめき

カランコエは多肉植物ですが、葉っぱの間からたくさんの花を咲かせます。八重咲き、ベル咲きなどの種類があるようです。そんなカランコエの花言葉は「ときめき」です。葉っぱの間からひょっこりと顔を出す花にときめきを感じるのかもしれませんね。気になる相手にプレゼントとして贈ってみるのもいいかもしれません。

≪カランコエの花言葉≫長く続く愛

カランコエは種類も多様で、ちゃんとお世話をすることで寒い冬も関係なく、年中季節を問わずに花を咲かせ続けます。また、花は長くは咲き続けられないものがほとんどですが、長期間花を咲かせ続けられるカランコエは、永く続いていく愛を思わせるのです。大きくて派手な華やかさはありませんが、小さくきれいな色を力強く咲かせる姿が、私はあなたを永くずっと想い続けていきます、という気持ちを伝えてくれるようです。

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「ココロの泉」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1500円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST