夢占い

【夢占い】石に関する夢にはどのような意味がある?14パターンを夢診断!

石を投げられる夢は、吉凶の予知夢です

石は、財産や価値のあるものを象徴します。しかし、石が投げられる夢の場合の石は、悪意を現します。

自分が石を投げられる夢は、誰かに悪意を持たれている暗示です。誰かとの関係が悪化する予知夢でもあります。

つぶてのように複数の石が投げられる夢は、沢山の悪意を意味します。投げられた石が当たる夢は、凶夢で、トラブルが起きるでしょう。

石にあたって、ケガをした場合、大きなトラブルへと発展します。

多分、自分でも気が付いているから、このような夢を見るのでしょう。心当たりがあるのであれば、その人との人間関係を見直してみましょう。

石を拾う夢は、どんな石を拾ったかで、占います。

石を拾う夢は、拾った石によって、吉凶が分かれます。

また、色や形に対する認識は、人それぞれです。拾った石が、好ましい色であれば、恋愛成就を意味します。

好ましくない色であれば、期待はずれをします。綺麗だと感じれば、財産を得ます。

汚いと感じれば、健康や体力面での衰えを意味します。見たことのない色や形の石や、かわった石を拾った場合、変化を表しています。

行動を起こせという、心の指示なので、未来はあなた次第です。思った通り行動すれば、自体は良くなるでしょう。

変った色の石でも、虹色に輝く石を拾う夢は、子宝に恵まれる予知夢でもあります。

口から石が出る夢は、不快がなければ、吉夢です。

石が口から出る夢事態は、問題ありません。何かを得る暗示です。

しかし、その時に、不快を感じるようでしたら、凶夢です。歯がぐらぐらして、歯かとおもったら、石だったという夢を見る方が多いようです。

どのような場合でも、不快を感じたどうかが、夢判断の鍵です。不快感がなく、スッと出てきた時は、生活の中のしこりが取れることを暗示しています。

不快感があり、目覚めてもスッキリしない時は、生活の中で、何か障害があることを意味しています。石に対して、硬いイメージがある方は、頑固なものが、障害でしょう。

石に対して、軽視のイメージがある方は、侮っているものが障害となります。一度、生活を振り返ってみましょう。

石を飲み込む夢を見る人は、欲求不満です。

石を飲み込むなんて、日常ではあり得ない行為です。また、何かを飲み込むというのは、何かを得たいという欲求の表れです。

それが何故、石なのかなのですが。石のような食べるには価値のないものを飲み込むことによって、何かを得たい。

つまり、辛いことを我慢していることを意味します。この行為を我慢すれば、良いことがあると思い込んでいます。

本当にそうでしょうか。もう一度、無駄なことをしていないか、振り返ってみてください。

あなたの心が、助けを求めています。本当は、こんなことやりたくないと言っています。

逆に、綺麗な石を美味しく飲み込む夢は、吉夢です。努力することに、喜びをも感じています。この場合は、努力が実ります。

指輪の石が宝石の場合、恋愛成就を意味します。

指輪を貰う夢は、そのまま、指輪が欲しいという願望です。指輪の石が宝石であれば、結婚が近づいている予知夢でもあります。恋愛成就を意味します。

誰かが指輪をしているのであれば、その相手は、気になる相手であり、好きな相手とは限りません。ライバルであったり、嫌な上司であったり。

不倫の相手だったら、今の恋愛を後悔しています。自分の事を第一に考えて、結論を急ぎましょう。

指輪の石が割れる、もしくは、指輪を失くす夢は、今の恋愛に対する不安を暗示しています。過去に指輪を貰った経験がある人が指輪の夢を見る時は、現在寂しい状態です。

男性が指輪の夢を見る時は、付き合っている女性との結婚を意識している時です。結婚を迫られている時は逆で、結婚に、にのあしを踏んでいます。

石のついた指輪は、神秘を意味する場合もあります。何か、神がかりなことが起きる予知夢かもしれません。

鳥居の石は、危機の訪れを予知しています。

神社が身近にあって、鳥居も普段から見ている方は、それほど意味はありません。

縁もゆかりもない人の場合、危機を迎えています。人は、今の現状から抜け出したい時ほど、過去の思い出からヒントを得ようとします。そのような場合、鳥居の夢をみます。

鳥居の夢は、良くないことがおこる凶夢です。退屈な日常を示唆しているのであれば良いのですが、波乱を予知しています。

(鳥居は神秘と逃避を意味します。神がかりな助けを求めていることを示唆しています。

しかし、鳥居の夢を見たからと言って、現状からは、脱却できません。危機を訴えているだけです。このままだと、心が崩壊してしまいます。誰かの助けが必要です。

思い切って、普段なら考え付かない相手に相談してみて下さい。必ず、解決策は、見つかるはずです。

特に赤い鳥居の夢は、間違っていることに気が付いている選択をしている事を暗示しています。実際、本当に間違っているかどうかは、判断出来かねますが、立ち止まってみるのも大切です。

単純に鳥居が好きな人は、日常の生活に疲れていて、癒されたいだけです。目が覚めれば、リフレッシュされ、頑張る力が湧いてきます。

吉夢となり、良いことが起こります。

水きり石は楽しい思い出であれば吉夢です。

石を投げる行為は、何か後悔を抱えている時にみることが多いです。投げても、遠くまで飛ばない場合は、良くないことが起こります。

しかし、水きり石の場合は、子供の時の楽しい思い出を思い返している場合も考えられます。優越感を持てた人や、出来なくて悔しい思いをした人、それぞれです。

上手に水きりができた場合は、もちろん吉夢です。ラッキーなことが起こるでしょう。

だからといって、出来なくても大丈夫です。現在、堅実に生きている証拠です。

よく言えば、少し大人になっている状態です。悪く言えば、想像力が衰えてきて、子供の心を失っています。

何についても、上手くいくイメージができなくなっているのです。イメージトレーニングをするとよいですよ。

自分の体が石になる夢は、吉夢です

体が石のように硬くなり、動かなくなる夢は、脳が目覚めようとしているのに、体が眠っている状態です。

寝不足の時にみる夢ですが、そうでない場合、精神的に追い詰められています。体と心のバランスが取れなくなっています。

しかし、これは、良い結果がでる予知夢です。受験、試験、仕事の関係での寝不足は、スキルが上がる前兆です。

精神的に追い詰められていることは、解決します。無理をしないで、睡眠をとったほうがより良い結果を生みます。

しかし、石になっても動ける夢は、幼稚な精神状態を表しています。何かに足を取られる暗示なので、心を引き締める必要があります。

人が石になる夢は、啓示を意味します。

目の前で人が石になる経験をしたことのある人はいないでしょう。しかし、夢の中では、人が突然、動かない物体になることがあります。

それは、想像力が乏しく、頭が固い状態にあることを意味します。もしくは、疲れている状態でもあります。油断や確認ミスによるトラブルを引き起こす予知夢です。

また、石になった相手が、理解できない相手であるという場合もあります。かといって、それほど脅威な相手でもない、むしろ、軽視している相手です。

この場合は、吉夢でも凶夢でもありません。けれども、自分の態度を改めるように啓示されている夢でもあります。

石を食べる夢は、お腹が空いています。

石を食べる夢は、単純にお腹が空いているときによく見る夢です。吉夢でも凶夢でもありません。

空腹ではない場合は、欲求が強い時にみる夢で、何か欲しいものがあったり、したいことがあったりします。

石をパクパク食べる夢は、情報、知識、スキル、などの知的財産を得ることを暗示しています。

強引に食べさせられる夢は、嫌なことを強要されている時にみる夢です。それは、石のように硬い、何か堅実なことでしょう。辛いかもしれませんが、我慢も必要です。

食べることができれば、現実でも頑張ることができます。そして、良い結果も生まれるでしょう。

自分でイヤイヤ食べる時は、我慢することが、必要な事かどうか再検討してから、チャレンジしてください。決して、良い結果は生まれません。

石が落ちる夢は、災難を予知しています

その石が、隕石でも、大岩でも、つぶてでも、落ちてくる夢に、いい意味はありません。

石や岩は、試練を意味し、その大きさは、難易度を表します。隕石の夢は、変化を意味し、転換を求められます。

しかも、その石があった場合は、トラブルにあう予知夢です。痛みがともない、大けがをする夢を見た場合、トラブルは大きくなります。

ただし、石があたらないで、割れて、砕けた場合は、運気が好転します。石があたっても、無傷で、痛くもないうえに、割れて砕けた場合も同じです。

トラブルを回避するためには、チラっと思った勘違いを見逃さないことが大事です。

噴火した時の石は、熱ければ凶、冷めていれば吉です。

噴火は、憤りの限界を意味します。誰の怒りなのかは、その時の感じ方です。

噴火を静かに見守っているのであれば、自分の怒りです。噴火が収まり、冷えた石を確認した場合、あなたの怒りも収まり、心の安定が訪れるでしょう。

噴火したまま目覚めた場合は、不完全な精神状態なので、トラブルの原因になります。本当の気持ちを、冷静に怒りの原因の相手に話しましょう。

よけいなことを言わなければ、話し合いで、トラブルは解決します。

噴火により、降ってくる石が襲ってきて、恐怖していれば、誰かの怒りです。心当たりがあり、怯えている状態です。

よくないことがおこるので、早めに対処しましょう。

神社の石は、神言を意味します。従えば吉です。

神社には、石が祀られています。その石を夢に見る時は、誰かの助言が欲しいと思っているときです。何か、困難な事にであう予知夢でもあります。

もし、誰か知っている人にであったのであれば、その人は、信頼のおける人です。相談すると良い結果に恵まれるでしょう。

知らない人であれば、それは、自分自身です。自分の考えを信じて行動すれば、吉となります。

しかし、石にヒビが入っていたりしたら、それは、凶夢です。どう頑張っても乗り越えられない試練だという暗示です。

諦めるのが吉です。大きなトラブルになる前に、方向転換する必要があります。

石が当たる夢を見たときの意味は

石が当たる夢は、対人関係での軋轢が生じそうな暗示を示しています。石がぶつかったとき、痛く感じたり、血が出たりした場合は、その問題が終息するまでに、少し時間がかかるかもしれません。

また、当たってきた石が大きかったら、その問題自体も、より深刻なものになる兆しがあります。石は、かたくなさをあらわします。あなたの人に対する融通のきかなさが、トラブルをおこしている可能性もあります。

もし自覚があるなら、今までの自分を振り返り、姿勢を変える必要があるでしょう。あなたの方から、相手に歩み寄れば、より良い人間関係が築けるでしょう。

合わせて読みたい