夢占い

【夢占い】祭りの夢の意味11選!

祭りの基本的な意味

祭りというのは人が集まる特別な機会です。祭りに行く夢を見た場合、そのイメージが転じて人間関係や刺激について教えてくれる夢となります。祭りの夢は、自分がどのように祭りを楽しんでいたのかを思い出してみましょう。
普通に祭りを楽しんでいた夢なら、あなたは今何か特別な刺激を求めているようです。平凡な日々に退屈しているのかもしれません。たまには何かいつもと違うことをして楽しんでみてもいいでしょう。もし夢の中の祭りで大騒ぎしていたなら、不満の発散が必要だという暗示です。不満発散は必要ですが、大騒ぎしたいという浮ついた気持ちの現れでもあるので、心を引き締めましょう。
友人・知人と祭りに行く夢は対人運が良いことを暗示し、家族と祭りに行く夢は家族運アップを象徴します。もしも1人で祭りに行っていたなら、周囲から孤立していることを暗示しています。また異性と祭りに行く夢なら、恋愛をしたいという気持ちが高まっているということでしょう。

神社の祭りに参加する夢は爽快感の現れです

神社の祭りに参加するという楽しい夢は、近い将来とても爽快感を味わえる予兆です。清々しい気分のまま、仲間たちと共に楽しい時間を共有できる暗示として夢に映し出されています。神社の祭りは、賑やかさと儚さを併せ持ったイメージとなって夢に出てきます。その中で、儚さには目もくれず、楽しさだけを追求したいという気持ちが反映されているのです。これから訪れる多くの出来事に対してプラスのイメージだけを選び抜き、爽快感を満喫することが出来るでしょう。

祭りの屋台で買い物をする夢は楽しい未来の象徴です

祭りの屋台で買い物をするというシーンを夢に見た場合は、賑やかな環境で思い切り羽を伸ばす未来が暗示されています。気分のままに、楽しい時間を過ごせるように事を運べる予兆なのです。祭りの屋台は、多くの人々がいる環境にあるからこそ魅力的なものとして目に映っています。一人では尻込みしてしまうようなことも、気心の知れた仲間と一緒なら心から楽しめるというシチュエーションが、夢の中で明瞭に描き出されているのです。

祭りの準備をする夢は献身的な行為の暗示です

祭りの準備をするというシーンが夢で表された場合、周りの人々に楽しんでもらえさえすれば良いという、自己犠牲にも似た献身性が示されています。自分の楽しさを置いておき、とにかく相手に尽くそうという人付き合いの姿勢が反映されているのです。信頼される存在になれる一方で、本当の意味での充足感が得られない可能性も高まります。神社は願いが叶うシンボルとして示されているため、本音で向き合うことも大切になってくるでしょう。

祭りで太鼓をたたく夢は孤独への恐怖を示します

祭りで太鼓をたたくシチュエーションが出てくる夢には、孤独な状況を出来るだけ避けたいという強い想いが表されています。太鼓は、仲間を呼び出す手段の象徴として描き出されているのです。賑やかな状況を作り出して、心の寂しさを克服する意識が強く働いています。将来的な起こる出来事や、自分を取り巻く人間関係の中で、他者への依存度が高くなってしまう可能性が高いと言えます。一人でいることに慣れる必要性も暗示されているのです。

祭りで踊りをおどる夢は道化の暗示です

祭りで踊りをおどるという夢は、周りの人々に対して、明るい性格の人間だと思われたいという願望を表しています。お道化て見せて、少しでも楽しんでもらおうと意気込む未来の予兆でもあるのです。自分の本質的な正確が内向的なものであっても、出来る限り隠し通そうとする意識も透けて見えます。祭りでの踊りは、不可解な行動をしてしまう暗示です。自分では良かれと思ってしていることも、客観的に見れば不信感を抱かせる要因になってしまうでしょう。

祭りが終わりそうな時間にいる夢は終焉の予兆です

祭りが終わりそうな時間にいるという夢には、これまでの努力が水泡に帰して、何もなかったことになってしまう予兆です。良いことが何もなかったと思わざるを得ない未来が示されているのです。祭りの終わりは、すべての取り組みの最終段階が意味されています。一つ一つの努力の結果を自分なりに噛みしめて、清算する段階に入っていくのでしょう。いくら惜しんでも、タイムリミットは間近に迫っています。終わりの瞬間までしっかり対峙いることの大切さが示されているのです。

家族と祭りにいる夢は安寧の兆しです

家族と祭りにいるという内容の夢は、いつも一緒に暮らす人々との穏やかな日常が、何より尊いものだと気付く切っ掛けを意味します。心穏やかに日々を過ごせる暗示でもあるので、のんびりと生きることが出来るでしょう。祭りは、ちょっとした楽しみの暗示です。ささやかでも、心から笑っていられる瞬間の訪れが示唆されているのです。当たり前の日々に感謝して、多くの愛を受け止め、周りにも与えられるようにすることが大事なのです。

好きな人と祭りにいる夢は将来への期待を暗示します

好きな人と祭りにいるという夢には、いつか叶うと信じて努力し続けてきたことが、やっと報われる兆しとなっています。最後まで気を抜くことなく走り続ければ、恋愛成就に結びつく暗示としても受け止められます。アプローチの仕方が正しいものだったと、自信を深めることにもなるでしょう。素直に喜べるような局面が訪れる暗示として、夢に出てきたいるのです。楽しい時間を最大限満喫する姿勢が、これからとても大切になってきます。

祭りの最中に雨が降る夢は不満が残る結果の予兆です

楽しみにしていた祭りの最中に雨が降るという内容の夢には、思っていたよりも上手くいかない現実が暗示されています。度が過ぎるくらいに念入りな計画を立てて進めていてことが、外的要因によって破綻に追い込まれる予兆なのです。腑に落ちないことが連続しておきるリスクも、雨が降るイメージとして示されています。懲りずに再起を目指す姿勢がとても強く求められています。諦めない姿勢の重要性をはっきりと明示する夢なのです。

祭りの片付けをする夢は充足感の現れです

祭りの片付けをするシチュエーションが夢の中に出てきた場合、十分な満足感が得られる物事の暗示として捉えられます。事前に想定していたのと同程度または上回る楽しさを享受することが出来るでしょう。今真剣に向き合っている仕事や恋愛のシーンで、期待値を超える出来事が起こる可能性があるのです。あくまでも努力の結果としてもたらされる充足感なので、最後までしっかり噛みしめることが大切です。片付けのイメージは、最後まで手を抜かないことの大切さを示しています。

合わせて読みたい