六星

水星人プラス(+/陽)の性格・相性|大殺界や霊合星人も丸わかり

もくじ

水星人プラス(+/陽)の相性はどう:各星人との関係を解説

≫六星星術の運命星を調べる方法はこちらをクリック≪

水星人プラス(+/陽)の性格や性質

基本的な性格や性質:クールに見えるが人付き合いは得意

水星人プラス(+/陽)の人は、様々な物事に対して俯瞰的で、人とは少し離れたところから冷静に事態を見ることができます。それは時には、人にクールな印象を与え、もしかしたら、感情を人前に出さないところから「利己的」「冷たいのでは?」と思われることがあるかもしれません。

しかし、実際はそうではなく、他者との適切な距離を大切にしているからこその態度です。人と楽しみを分かち合うことの素晴らしさも知っていますし、周りを惹きつける力もあるので、自分の立場を理解したうえでその場にふさわしい人付き合いができます。

水星人プラスの人の中には、一見、自己愛がとても強く見える人もいます。ですが、実はそれは「自分が一番!」という利己的なものではありません。自分が自分を好きなのは当然でしょう」というニュアンスで、他の人も同じくらい他の人自身を好きでいればいいと思っています。つまりとてもポジティブな考え方をしていると言えるでしょう。

基本的な性格や性質:強烈な個性を持ちやすい

水星人プラス(+/陽)の人は、「自分は自分」「他人は他人」という考え方をもっているため、自分を偽ることがあまりありません。何かの教えやルールに従ってそういうスタイルをとるというよりは、自分で考えた結果、そういう形に落ち着いています。

水星人プラスの人は、オン・オフ問わず、自分を良く見せようと着飾ることはしません。自分自身を他者に必死にアピールすることを嫌い、すべての基準は「自分が納得できるかどうか」です。

いざというときには対外的な評価が効く、ということは分かっているので、世間から嫌悪されるようなことはせず、それでも独自の魅力を出していく匙加減が絶妙です。他者の目を気にしない飄々とした性格は、浮世離れした個性的な印象を与え、密かに憧れを抱く人も多いでしょう。

基本的な性格や性質:一時の情に流されることなく常に冷静

水星人プラス(+/陽)の人は、冷静な洞察力をもつ責任感のある人で、その場の感情に流されることは少ないです。そう言うと、情のない冷たい性格だという印象を受けるかもしれませんが、実は、誰よりも思慮深く優しい性格をしています。

それは、水星人プラスの人は、一時の感情ではなく将来を見据えて、「本当に相手のためになることは何か?」を考えるからです。

例えば、仕事を頼まれたらすぐに手を貸してあげたり、困っている友人には見返りなくお金を貸してあげたりする人も世の中にはたくさんいるでしょう。ですが、それは本当に相手のためになるのでしょうか。一見、優しい人に見えますが、本人の成長の機会を奪っているとも考えられますよね。

水星人プラスの人は、相手に与えられた課題は本人が解決するべきだと考えており、それがもし本人の努力不足に基づくものなら、すぐには助力しません。それでも、本当に窮地に陥ったときは手を差し伸べるます。そのような一貫した行動は、やがて周囲の評価を得て、隠れた人望を得ることとなるでしょう。

基本的な性格や性質:聡明で計算高い

水星人プラス(+/陽)の人は、自分の置かれた状況下での立ち位置や、相手の言動を客観的に捉えることが得意です。その能力を自分のためにだけ活かした場合、周りからは「計算高い」と思われてしまうことも。

水星人プラスの人は、相手が自分に求めるものを敏感に察知して、ニーズを踏まえたうえで物事を進めていくので、まるで先回りされたように感じる人もいるかもしれませんね。

ですが、水星人プラスの人にとっては、相手の思いが分かるからこそ、それに応えたいだけなのです。動機は純真そのものなので、悪意のないことは周囲にもすぐに伝わるでしょう。協力者を得ることで、水星人プラスはますます世間での活躍の場を広げていくはずです。

基本的な性格や性質:独立心が強く事業に成功しやすい

水星人プラス(+/陽)の人は独立心が強く、問題に直面したときにも自らの手で解決する力をもっています。自分が一度「こうしたい」と決めたなら、その信念をもってあとは前に進むだけで、道中諦めるということを知りません。

そのため、新事業の立ち上げに適しており、成功や目標に向けて真摯に取り組む性質をもっています。何世代にもわたる事業の大元を探ってみたら水星人プラスだった、ということもよくあり、世間のニーズを的確に捉える水星人プラスが始める事業には継続性があります。

自分の考えに芯が通っているので、周囲からの批評や身勝手な意見に惑わされることがありません。どのような風当たりがあったとしても、自分が一度信じた道をまっすぐに歩んでいけることが、天が水星人プラスの人に与えし才能と言えるでしょう。

霊合星人の水星人プラスの性格や特徴

霊合星人の水星人プラスの性格の特徴を一言で表すと、「自分を貫く芯の強さの持ち主」です。世間や他人に流されないその生き様は、俗人からは非常に魅力的で、憧れを抱く存在となるでしょう。

物事の始まりも終わりも、すべては自分。自分が考えて、自分が決めるということに重きを置いているため、組織や他者への迎合を好まず、必要であれば一匹狼となることも厭わない性格です。

いかなる状況でも自分自身を損なわず、冷静沈着に行動できるのは、霊合星人の水星人プラスの大きな強みになっています。また、他の人から意見をもらったとしても、結局最後は自分が納得するかどうかを重視するマイペースな側面もあります。

自分に自信のある立ち居振る舞いは華やかで、一匹狼気質にも関わらず親しみやすい雰囲気ももっています。また、自分を貫き通した結果、目立つことになったとしても構いません。とにかく人を惹きつける力とカリスマ性に満ちあふれており、憧れを抱く人も多いでしょう。

水星人プラス(+/陽)の家庭運・結婚運の特徴

家庭や結婚の特徴:家庭環境に対して複雑な思いを抱える

水星人プラス(+/陽)の人の自由で独特な感性は、束縛されることへの苦手意識があるので、人によっては結婚を意識するのに時間がかかります。

家庭を持ちたいという強い思いを抱えながら、自分の世界を大切にしたいという思いも持っているので、なかなか結婚へ踏み出せずに悩むことも。中には、結婚後も、独身時代と変わらない生活を求めてしまい、パートナーと意見が食い違ってしまう人もいるかもしれません。

ですが、こういうときは結婚に関する悪い面ばかりに目にいってしまい、水星人プラスが本来もつ冷静さが失われているだけなのです。察しがよく時機を見る能力に優れた水星人プラスの人ですから、視点を変えてみることで、自分も相手も尊重できる関係を築く方法に気がつくはずです。

また、水星人プラスの魅力は、周囲に縛られず本人の思う通りに動くことで最も発揮されるので、それを理解してくれるパートナーと出会えるかどうかも、とても大切になってきます。

家庭や結婚の特徴:結婚生活への期待は大きめ

水星人プラス(+/陽)は、一人の自由で気ままな生活を愛しながらも、結婚や家庭というものに対して大きな憧れを抱いています。結婚した二人は、それこそ病めるときも健やかなるときも手を取り合い、末永く幸せに暮らす‥‥‥という絵に描いたような結婚生活に憧れています。

しかし、現実の結婚生活は、楽しいことばかりではないでしょう。結婚への期待や憧れが大きかった分、壁にぶつかったときは酷く打ちひしがれてしまうことも。

そんなときは、水星人プラスが生まれつき持っている素晴らしい問題解決能力のことを思い出しましょう。これまで一人で何でも解決してきた水星人プラスです。洞察力に優れ、相手の求めることを読み取る能力にも長けているので、前向きな努力を続ければ、自ずとパートナーからの協力も得られるようになるでしょう。

憧れていた結婚生活は、小さな幸せをコツコツと積み上げてできるものです。一度の失敗で諦めずに、とことん自分の理想を追い求めてみましょう。

家庭や結婚の特徴:愛情表現が苦手で誤解されやすい

水星人プラス(+/陽)の人は、元々感情を表に出しにくいタイプ。仕事の面では、そういうところがクールで頼りになる存在ですが、家庭や結婚という面では、良くない方向に働いてしまうこともあるでしょう。

水星人プラスは、それがポジティブな出来事でもネガティブな出来事であっても一貫して冷静なので、トラブルのときは頼りになるものの、喜びを分かち合う感動的な場面では「嬉しくないのかな?」と思われてしまいがち。直球的な愛情表現も少なめです。

もちろん、パートナーや家庭をないがしろにしているわけではありません。「自分は自分」という思いがあるので、自分の中に相手を愛する気持ちがあれば、それで満足してしまい、それを相手に伝えるという行為が後回しになってしまっているだけなのです。

ですが、相手の立場になると、水星人プラスの感情は捉えにくく、「本当に愛されているのだろうか」と不安に思うこともあるかもしれませんね。パートナーだけではなく、子どおにとっても同じです。

相手のニーズを敏感に察知し、それに対応することが得意な水星人プラスの人は、家庭でもそれを発揮するよう心がけるといいでしょう。胸に秘めた愛情は相手に伝わってこそ、より価値を増すものなのです。

恋愛運の傾向はマイペースで楽観的

水星人プラス(+/陽)は、様々な場面において「自分」を基準としています。自分が納得できるまでは断固として動かないので、せっかちな相手には行動力がない、マイペースだと思われてしまうことも。

しかし、一度自分で決めたことはやり抜く力を持っているので、エンジンが入ってからの行動は早く、結果も出します。ロケットスタートで前に突き進む様を見れば、相手も誤解していたことに気付き、改めて強固な信頼関係を結ぶことができるでしょう。

自分の思うとおりに振る舞う様は、片方の面だけから見れば気分屋で身勝手に見えるかも知れません。しかし、水星人プラスは自分だけではなく、相手もまた本人の思い通りに振る舞えばいい、という思いがあるのです。他の人からすると短絡的に見える決断も、水星人プラスの中ではきちんと筋が通っていることも多いです。

そんな水星人プラスには、「一人でも大丈夫」と恋愛に対して楽観的なところがあります。去る者は追わずという感じで、積極的に来てほしい相手にはもどかしく感じることも。水星人プラスがその気になったときには遅かったというタイミングのズレが生じることがあるので、相手の人は気長に待つ必要があるかもしれませんね。

しかし、一度積極的になれば、ビジネスで発揮しているチャンスへの嗅覚を恋愛にも活かせるはずなので、狙った獲物は逃さないハンターになる可能性を秘めています。

セックスの傾向は主導権を握って攻める

水星人プラス(+/陽)は、セックスにおいて、精神的な満足感以上に肉体的な快楽を重視します。快感の追求に対してストイックで、かつ本人がもつ人を惹きつける力があわさって、一度関係を交わした相手は骨抜きになってしまうことも。

そのため、セックスにおいて主導権を握りやすいのは水星人プラスです。積極的で勉強熱心、しかも相手が何をしてほしいのかを見極めるのが得意なので、相手にとっては知らない世界を見ることになるかもしれません。

肉体的な悦びをどこまでも追い求める様は、精神的な繋がりを求めるパートナーにとっては、少し寂しく感じるときがあります。もちろん、水星人プラスの中に愛情があるからこそなのですが、なかなか伝わりにくいことも。元々性欲が強い傾向にあるので、セックスの頻度も多めですが、自分本位にならず、パートナーとのコミュニケーションを心がけることも大切にしたいですね。

水星人プラス(+/陽)の金運の特徴は強運で自然と貯まる

水星人プラス(+/陽)の人は、とても強い金運に恵まれています。普段からお金のことを意識している訳ではないのに、自然にお金が貯まっていくという才能を持っています。

節約を心がけているわけでもなく、好きなものを自由に買っているのに、持って生まれたの強い金運のおかげで、衣食住に困ることはありません。お金を使うときも、自分が納得できるかどうかを大切にするので、倫理的にも経済的にも正しいお金の使い方ができます。

このような強運を利用して、これまで意識していなかった資産運用や貯蓄について関心を抱けば、労せずに富を増やすことができることでしょう。周囲に詳しい人がいないか聞いてみたり、専門家への無料相談窓口を訪れてみたり、まずは気軽な相談から始めると、あとはとんとん拍子で話が進んでいくかもしれませんね。

水星人プラス(+/陽)の仕事運の特徴は自分で事業を起こすと成功しやすい

自分で定めた目標に向かって努力を惜しまないという水星人プラス(+/陽)の長所は、自ら事業を起こすことで強く発揮され、大きなリターンをもたらすことでしょう。

逆境や荒波にも負けず、自分の決めたヴィジョンに向かって邁進する姿には周囲も心を打たれます。気がつけば、周りには心強い協力者がたくさんいて、心からの助力をくれることでしょう。

一度決めたことをやり遂げるための、強靭な自律心・精神力を持ち合わせているので、道半ばで挫折するということもありません。たとえ一旦引いたとしても、それをきっかけに事業計画を練ったり、リスクマネジメントを強化したりと、様々な経験をすることで更に強くなって戻ってきます。

そして、最後には自分の夢を掴み取って成功するという、起業家や経営者としての類まれな素養を備えています。

水星人プラス(+/陽)の相性はどう?各星人との関係を解説

≫六星星術の運命星を調べる方法はこちらをクリック≪

水星人プラスと土星人との相性は浮き沈みが激しく燃え上がるような関係

危険な香りのする関係につい憧れてしまう水星人プラス(+/陽)と、心の底では同じように熱い関係を望んでいる土星人が巡り合うと、二人の関係は一気に激しく燃え上がります。

脇目も振らずストレートに愛情表現をしてくる土星人が、水星人プラスをこれまで見たことのない世界へと誘います。気がつけば、周囲の目も声も気にならない深淵で、二人だけの世界を築いてしまっていることも。

二人だけの世界は、狭く心地よいです。しかしそれゆえに互いの精神的なアップダウンを受け止める必要が出てくるので、喧嘩も絶えません。ですが二人のロマンチックな関係性においては、感情の衝突も些細な諍いも、やがて良い思い出となります。

それを新たな起爆剤として、二人の情動は、もはや止めるすべもないほど、ますます燃え上がるのです。

水星人プラスと金星人との相性は互いの良さを引き出しながら築きあうことができる

優れた洞察力から相手の長所を察知することのできる水星人プラス(+/陽)は、金星人との相性が良く、その魅力を最大限に引き出すことができます。ポイントは、時間をかけてじっくりと理解を深めていくこと。二人はじわじわとお互いの魅力に気付いていきます。

金星人は、互いに支えあい、不足する部分を補うことの大切さを知っています。そのため、水星人プラスの問題解決能力など優れたスキルを分けてもらおうとします。それだけでは一方的な関係で終わってしまいますが、水星人プラスは金星人のもつ長所を見抜き、自分もまた、そこから学びを得るため、ギブアンドテイクの関係となります。

そんな二人は時間が経つにつれ、単純な損益にこだわらず、お互いのために身を尽くす深い絆を形成するようになっていきます。たとえどのような壁にぶつかったとしても、互いの得意不得意を生かして、理論的に対策を講じて、乗り越えていくことでしょう。

水星人プラスと火星人との相性は当事者は幸せだが周りからの邪魔が入りやすい

水星人プラス(+/陽)と火星人の相性は良いのですが、なぜか周囲からの邪魔が入ったり、反対の声をぶつけられたりすることがあります。

水星人プラスの人を惹きつける魅力は絶大で、本人が何かしなくても、周りには好意をもった人がどんどん集まります。取り巻きに媚びることはなく、一人を好み、何を考えているのか読み取りにくいのですが、それがますます周りに憧れを抱かせる一因となっています。

一方、火星人もまた、自分のペースを崩すことは好まず、自己肯定力が強いです。稀有なセンスを持つカリスマ的な存在で、独自の嗅覚で相手を見定めます。

このような水星人と火星人が意気投合して付き合い始めると、二人にしか分からない高尚な世界観が生まれ、これまでの恋愛における固定概念を覆すような独特の関係性を築きます。

周りにとっては憧れの存在同士がくっついたようなもの。歓迎する人もいれば、嫉妬で狂う人がいるのも、仕方のないことなのかもしれません。

水星人プラスと天王星人との相性は2人だけで一から作り上げていくと良い

水星人プラス(+/陽)と天王星人は、互いに起業者・創業者に向いた気質を持っています。どちらも、これまで築かれた権威や目上の存在から恩恵を受けることを良しとせず、自ら道を切り拓きたいと考えています。

そのため、歴史あるものを受け継ぐよりは、自分たちでこれまでにない新しいことを始めて、それを拡大していく方が成功するでしょう。結果的に、その事業が何代にもわたる大きな事業となることもあるでしょう。

同じように、結婚した場合には、両親と同居するよりは自分たちの家をもつ方が、結果的に両親や親類との関係も上手くいきます。目下との縁が深いので、子どもに恵まれた場合は、その教育も順調に進むはずです。

自分たちの意思に反して誰かの後を継ぐよりは、自分たちが先進者となる方がいきいきと物事に取り組むことができて、成功も掴みやすいです。

水星人プラスと木星人との相性は互いに相手の影響を受けやすい

水星人プラス(+/陽)と木星人は、互いに相手の影響を受けやすい関係性です。木星人が水星人プラスの運気を持ち上げる立場ではあるのですが、木星人はとても勢いのある星なので、そのスピードに水星人プラスが上手く乗れるかが問われてきます。

木星人は仕事においてもスピード重視なので、水星人プラスのように、自分の考えを大切にして腰を据えて取り組みたいタイプは、最初はなかなか受け入れがたく思うかもしれません。しかし、ここで諦めず、しがみついてでも木星人についていくことによって、結果的に、水星人プラスに大きな成長をもたらします。

そのため、その道中は大変な苦労を感じるかもしれませんが、水星人プラスにとって頼りにして損はない相手です。そして、木星人の方も、自分とは違う感性を持つ水星人プラスとの出会いは、自分にない視点を与えてくれて、今後更に発展するための鍵になる、というのが二人の相性です。

水星人プラスと水星人との相性は似た者同士で気が合う

水星人プラス(+/陽)と水星人との相性は、自由気ままな似た者同士でうまが合いすぐに親しくなれますが、それゆえに関係の維持には気を遣う必要があります。

基本的に、水星人プラスの人というのは自分の考えを重視し、行動も一人ですることを好む傾向があります。それはたとえ、気が合う相手であっても変わりませんので、24時間べったり一緒に過ごすと疲れを感じてしまうことも。

そして、それは水星人にとっても同じです。その点に互いに親近感を抱くので、恋人同士になると大変気楽に付き合うことができます。とはいえ、一人の世界を大切にしすぎると、互いに連絡せず自然消滅……ということになる可能性もゼロではありません。

ずっと円満な関係を保ち続けたいと思うなら、たとえ一人が好きでその時間を楽しんでいるとしても、心の底では繋がっているパートナーであることを定期的に確認する機会を設けるようにしましょう。そうすると長く続く安定した生活を築けるのではないでしょうか。

水星人プラス(+/陽)の関連記事

水星人プラス(+/陽)の2021年運勢


 

2021年の運勢占い

2021年版姓名判断

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「エレメントタロット」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1800円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?