六星

水星人プラス(+/陽)の性格・相性|2019年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

≫六星星術の運命星を調べる方法はこちらをクリック≪

もくじ

水星人プラス(+/陽)の性格や性質

基本的な性格や性質?利己的でクール

水星人プラスの人は、どんな事象に対しても、どこか醒めた目で見ていることが多く、周囲の人からは「クール」な印象を抱かれます。また、それが他者愛への感情を掴みにくいことから「利己的」とも思われがちです。

けれど決して冷酷なのではなく、人ともほどほどの距離間で付き合いますし、一緒に楽しむこともできます。元々目立たないわけではないので、多くの人と触れ合う機会をもつことで、自分の立ち位置でコミュニケーションをとることにも長けていきます。

水星人プラスの人の中には、利己的を超えて自己愛の強さが人並み以上に感じられる人もいますが、そういう人は世間に迎合されないだけで、他の人もそうあるべきと感じているからでしょう。

基本的な性格や性質?強烈な個性を持ちやすい

水星人プラスの人は、殆どの場面において自分は自分、他人は他人という見方ができるため、自分の演出の仕方も独特です。何か一つこだわりをもって取り組んでいるというよりは、自分流儀という姿勢が目立つでしょう。

水星人プラスの人は公私ともに自分アピールに必死さはなく、人にいい印象を与えるためだけに「頑張る」などの姿はありません。追及するものがあるとしたら、「自分自身の納得のため」です。

それでも外に向ける時に肝心なことは心得ていて、自分の魅力的部分を出すのが上手い人が多いとも言えます。ただ、どこか平然とした姿は、他者と溶け込んでいない、醒めた人柄に映ってしまうことも多いと言えます。

そのような雰囲気があいまって、個性的な印象も与えます。

基本的な性格や性質?一時の情に流されることなく常に冷静

水星人プラスの人は、冷静に物事を考えることが出来る真面目な人で、一時の感情に流されることがありません。

情に流されることはないというと、少し冷たい印象を持たれるかもしれませんがそうではなく、本当に相手にとってプラスになることを推し量って行動できるので、実は誰よりも思いやりのある人です。

例えば、頼まれたらすぐ手伝ってあげたり、気持ちが動けばお金を貸してあげたりする人もいます。一見情が深い優しい人に見えますが、それは相手が甘えてしまい努力を忘れやすく、本人の為とは言えないかもしれません。

水星人プラスの人はそうではなく、相手がまだ努力できる段階ではすぐに手は貸しません。そういった軸のある冷静さを持っているので、周りからとても信頼される隠れた人望のある人です。

基本的な性格や性質?計算高い

水星人プラスの人は、あらゆる状況で自分の立場や他者を客観的に捉えることが得意ですが、それを利己的な面だけに許した場合、周囲からは「計算高い」という認識をされてしまいます。

水星人プラスの人は誰が自分にどう働きかけてくるか、ちゃんとわかって物事を進めるので、身近な人は「してやられた。」と思うことが多くなります。

それでも自分のことを信じて行動している意思の強さ、その働きかけはどこか純朴で、憎めない雰囲気もあると言えます。計算高いと感じさせながらも周囲の力をまんまと借りて、状況を乗り切っていくことも多いでしょう。

それは水星人プラスの人の、うまく世渡りができない気質を感じさせてしまうからでもあります。

基本的な性格や性質?独立心が強く事業に成功しやすい

水星人プラスの人は独立心が強く、困難なことが起きた時にも自分の力で乗り越えていくという力が強いです。自分がこうしたいという信念に基づいて行動を起こしていき、決してあきらめることがなく突き進んでいきます。

そのために新しい事業を始めることにも向いていて、成功をおさめるために努力を続けていく力も持っています。水星人プラスの人が始めた事業が何代にわたっても続いていくことがあるのですが、最初に行動を起こすのは水星人プラスの人というケースが多いです。

周りの人が言った意見を聞き入れにくく、自分勝手だと思われることがあります。
しかしそうした風当たりの強さを気にすることなく自分の道を進んでいけるのが、水星人プラスの人の長所とも言えます。

霊合星人の水星人プラスの性格や特徴

霊合星人の水星人プラスの性格・特徴として、「自分を貫く」「魅力的」の二つがあげられます。
何事も自分から始まり、何事も最後は自分で決断するのが特徴です。群れを成すことは少なく、一匹狼になることも厭わないようです。しかし、いかなる状況でも自己を見失うことなく、クールに行動することができるのは大きな武器になっています。また、他者の意見に耳を傾けても、結局は自分の考えを尊重するようなマイペースさもあります。

たしかに一匹狼な気質ではありますが、華やかで親しみやすい雰囲気を漂わせています。また、かなり個性的で目立つことも功を奏しています。とにかく人たらしでカリスマ性があるので、人を惹きつける才能は群を抜いています。

水星人プラス(+/陽)の家庭運・結婚運の特徴

家庭や結婚の特徴?家庭に恵まれにくい

水星人プラスの人は、家庭運に恵まれにくく、育ってきた家庭が安定していないという人が少なくありません。家庭環境が複雑なのでどうしても幸せな家庭像を描きにくく、幸せな結婚生活をイメージすることができません。

結婚願望を抱いていたとしても、なかなか思うようにいかないところが水星人プラスの人の弱点でもあります。水星人プラスの人は自由が必要で束縛されることが嫌いなので、結婚したとしてもあまり家庭の方に目を向けずに、独身時代のような自由を望んでしまいます。

結果としてパートナーとすれ違いが起きてしまうことが多いのです。最初から結婚を考えずに、独身でいる気楽さを選ぶという人も多いのですが、これは水星人プラスの人に向いている生き方だとも言えます。

家庭や結婚の特徴?幸せを得にくい

水星人プラスの結婚願望は特に大きく、結婚しても末永く幸せが続くと思い込んでいる節があります。結婚後の生活でトラブルがあっても愛の力で乗り越えていけると信じているのも、水星人プラスの特徴なのです。

楽しいことばかりではない現実の家庭生活は、時として理想を打ち砕いてしまいます。期待値が大きい分、こうしたトラブルに見舞われると立ち直れないほどのショックを受けることになります。

必ずしも打たれ強くない水星人プラスの人は、そのまま内にとじ込もって絶望感に苛まれることも多々あります。現実を直視して、小さな幸せを掴もうとする努力ょ疎かにしがちなので、円満で平和な家庭環境を構築することがだんだん難しくなるのです。

家庭や結婚の特徴?家庭の仲は冷えやすい

水星人プラスの人は、決して冷酷人間ではないのに、反応の薄さが災いして相手が感情を捉えにくく、例え「愛している。」と言語として伝えても、その言葉に対する情熱の込め具合に、相手が不満を感じてしまうこともあるでしょう。

怒りや悲しみなどネガティブな面では冷静さを感じますが、歓び、感動、愛情表現などを意識して伝えないと、相手から受け取る感情も同化していく可能性もあります。

それはパートナーとの関係だけでなく、子供に対しても同様で、自分は愛されているのだろうか、と感じてしまうこともあるでしょう。ただ、これも慣れてしまうと、家族全員が淡々として日常を送っていくことも予想されます。

水星人プラスの人が家族にいた場合、周囲がその人を理解していることや、うまく反応を引き出すことを怠らなければ、笑顔の絶えない関係性を築けるはずです。

恋愛運の傾向は恋愛下手で行動が鈍い

マイペースでのんびりとした性格の水星人プラスは、自分の気持ちを大切にしすぎるあまり、相手から反感を買ってしまうことが多々あります。優柔不断で行動も鈍いことから、相手は苛立ちを募らせ、信頼関係にもヒビが入りやすくなるのです。

明るい面が水星人プラスの長所ではあるものの、場の空気を読めず気分屋な面も出やすいことが玉に瑕です。物事を深く考えるのが面倒で、短絡的な発想をしがちなことも嫌われやすいポイントです。

独自の楽観的な恋愛観を持っているので、相手が真面目なタイプであればあるほど相性は悪くなります。気持ちの機微に思いをはせることも出来ず、ただただ狼狽えているうちに関係が終局を迎えてしまう結果になるのです。

セックスの傾向は主導権を握って攻める

水星人プラスのセックスは、自分本位であり、精神的な繋がりより肉体的充実を重視します。水星人プラスは、つかみどころのない不思議な魅力があり、相手をとりこにしてしまう事が多いです。

そのため、セックスにおいても、主導権を握りやすく、自分本位に事を進める事ができます。積極的にリードをし、好奇心も旺盛なので、相手によってはついていけなかったり、拒まれたりするのでその辺は冷静に見極めなくてはなりません。

水星人プラスは性欲が強い傾向にあり、自分の気持ちのままに相手を求めてしまうので、本来の冷静な自分を取り戻し、コミュニケーションを取る努力をする事も必要です。セックスが終わると、急に冷めた態度もとりがちなので、その点は注意した方が良いでしょう。

水星人プラス(+/陽)の金運の特徴は強運で自然と貯まる

水星人プラスの人は、とても強い金運を持っており、特に意識せずに生活をしていても自然に貯金が出来る人です。自分では好きなものを自由に買っていたり、特に節約に興味がない人でも、持ち前の金運の強さで衣食住に困ることはありません。

こういった強運の持ち主ですから、普段資産運用について気にしていない人は、意識してきちんと貯蓄を管理し、運用することで、更なる金運UPを望める可能性が高いです。

せっかくの強運を利用しなくては勿体ないので、周りで知識のある人に話を聞きに行ったり、専門家に無料で相談できる窓口もありますから、利用してみるのも良いでしょう。

水星人プラスの人が自然にお金を貯めることができるのは、やはり潜在的にきちんとした倫理観や経済観念が備わっているからとも言えます。

水星人プラス(+/陽)の仕事運の特徴は自分で事業を起こすと成功しやすい

自発的な行動をすることで大きな成果を得られるのが水星人プラスの特徴であり、自ら事業を起こせば成功の確率が大きく高められます。

自分自身が打ち立てた目標を達成するために、努力を惜しまないのも水星人プラスの長所なので、少しずつ前進していけるのです。また、友人や知人もそんな姿を応援したいと思うようになり、力強いサポートをしてくれます。

目標を見据えて、自らの行動を律する精神力・理性も持ち合わせているため、途中で心が折れてしまわないのも強みです。事業の計画を綿密にして、リスクを恐れず立ち向かう中で、様々な経験をすることが出来ます。

最終的に自分の思い描いた成功の形に近づける、起業家としての素養が備わっています。

水星人プラス(+/陽)の相性はどう?各星人との関係を解説

≫六星星術の運命星を調べる方法はこちらをクリック≪

水星人プラスと土星人との相性は浮き沈みが激しく燃え上がるような関係

情熱的な関係を心の奥で望んでいる土星人に対して、危ない関係に憧れのある水星人プラスの気持ちが近づいていくと、ますます激しく燃え上がっていきます。

見境が付かなくなるほど、一直線にアプローチしていくる土星人を受け入れて、泥沼にはまっていくことを水星人プラスは待ち望んでいるのです。周りからの反対を押し切ってでも成就させたい思いが芽生え、二人だけのディープな世界の中で生きていく選択をしがちです。

その中においては精神的な浮き沈みが大きくなり、喧嘩も絶えないでしょう。そのような感情のぶつかり合いも、時間の経過とともにほどよいスパイスとなって感じられます。一度燃え上がった情動は、留まるところを知らず、加速し続けるのです。

水星人プラスと金星人との相性は互いの良さを引き出しながら築きあうことができる

相手の性格を理解して、その魅力を引き立てることのできる水星人プラスは、金星人との相性が良く、素敵な関係を築くことが出来ます。ゆっとりと丁寧に相互理解を深めていき、互いの良さを認識できるのがポイントです。

自分に足りないものを補うことの大切さを知っている金星人は、相手の持つスキルを分けてもらおうとしています。その際、水星人プラスは自己顕示欲を示しつつも、しっかりと相手をサポートしようと努力し続けられるのです。

双方の利害の一致だけではなく、献身的な態度で関係性を構築できるようになっていきます。どんな困難があっても、理論的に検討を深めて、互いの長所でフォローしあう中でしっかりと解決していけるでしょう。

水星人プラスと火星人との相性は当事者は幸せだが周りから非難にあいやすい

水星人プラスと火星人の相性は良いですが、周囲から反対されたり、否定的な意見を投げかけられたりする事があります。水星人プラスは、恋愛において勝者であり、本人が何かせずともモテオーラが出ており、自然と好かれてしまう事が多いです。

一人でいる事も多く、思考も読みにくいのですが、それがかえって魅力的にうつったりします。火星人は、自分のペースを崩さず、自意識が高いです。そして、カリスマ的なセンスがあり、独自の嗅覚で相手を見定めます。

このような水星人と火星人が付き合うと、二人だけにしか分からない世界観が生まれ、一般的な価値観にとらわれず、自由なルールで関係を築こうとします。それを周りは、やっかみ半分、老婆心半分で、諭したり、非難したりする事があります。

水星人プラスと天王星人との相性は2人だけで1から作り上げていくと良い

まず、お互いに創業者的な気質を持っています。まず水星人プラスは初代運で目上の恩恵を受けにくく、天王星人は両親と縁が薄く、どちらかといえば権威や目上に批判的です。

なので、何かを受け継いで、それを大きくしていくのではなく、自分たちで何かを始めて、自分たちのやり方でそれを大きくしていく方が成功するでしょう。

結婚したとしても、両親と同居するのではなくて、自分たちで一家を構える方が、両親や親類からの干渉もなくて、逆に心が落ち着くでしょう。目上の恩恵が薄い代わりに、目下との縁は深いので、子供たちの教育もうまくいくはずです。

無理をして、誰かの後を継ぐよりは、自分たちで始めたほうが、成功するかしないかは別として、心理的負担も少ないでしょう。

水星人プラスと木星人との相性は相手の影響を受けやすいが上手く乗れると吉

水星人プラスと木星人の相性としては、相手の影響を受けやすいという事です。具体的に言えば、木星人が水星人プラスの運気を持ち上げるといった感じです。その際、気をつけたいのは、木星人はとても勢いのある星ですので、そのスピードに乗れるかという事なのです。

仕事においても、スピード感がありますから、水星人プラスのように、ゆっくりと積み上げていくタイプは、少しテンポがあわないでしょう。それでも、意地になってでも、ついていく事によって、結果的に水星人プラスが大きく発展できるのです。

なので、疲れはしますが、ついていって損はない相手です。そして、木星人の方も、水星人プラスから大きく発展するためのヒントを得るというのがこの相性です。

水星人プラスと水星人との相性は息が合い親しくなれるが安定には程遠い

水星人プラスの人と水星人の人との相性は息が合って親しくなれるのですが安定には程遠いというのがあります。基本的に水星人プラスの人というのはあまり誰かと慣れないをしたくないと思っているので1人で行動をするのが好きなタイプの人です。

ですから水星人の人と息が合って親しくなれてもずっと一緒にいる事に疲れてしまう事が多いのでその関係は安定しないです。

ただお互いに水星人プラスと水星人は同じような生き方をしてきた事もあって親近感が持てるのですが、恋人同士で長く付き合っていくのは不向きで途中で破綻してしまう可能性があるので注意が必要になります。

ずっと円満な夫婦関係を保ち続けたいと思うなら無理なのでそこは諦めるしかないです。

水星人プラス(+/陽)の2019年運勢

水星人プラス(+/陽)の2019年は、「陰影」の運勢です。
ついに大殺界一年目を迎えます。「安定」だった昨年と比べて運気が急激に悪化します。その落下ぶりは随一なので、状況が一変することを身に染みて覚えることでしょう。

些細なトラブルも思いもよらないアクシデントも次々に訪れます。思い通りにいかない日々が続き、ミスが目立ちます。今までが好調でうまくいっていただけに、その急落ぶりは堪えるものがあります。

抜群の忍耐力があり頭の回転が早い水星人プラスですが、今年は心身のバランスを維持するので精一杯などころか、混乱して気持ちが滅入ることもありそうです。おまけに、人間関係や恋愛にも危険が孕んでいます。余裕がないからといって不誠実な対応は禁物です。

ですが、ネガティブや自暴自棄になればなるほど、光は閉ざされます。自分自身を責めたところで仕方ないのが大殺界の特徴。割り切って行動すると光が強くなります。ですが、挑戦や派手な行動は危険です。無理はしないほうが良いです。

そして、自分を見失わないことが一番です。地道にマイペースに物事をこなすのが水星人の持ち味です。賢さだってあります。冷静に対応することが落ち着きを生みます。そして、頑張りすぎないようにしましょう。

水星人プラス(+)の2019年月運と大殺界の過ごし方

月運 運勢と過ごし方
6月 達成 運気が好転します。恋愛や人間関係においての失敗やトラブルを、きちんと修復するチャンスです。また、仕事においても余裕ができます。
7月 乱気 予想外の問題が表面化し、その対処に追われそうです。それ以外にもさまざまな罠が。人間関係のこじれにも注意すべき時期なので、とにかく冷静に。
8月 再会 自分の言動には最大限注意しましょう。面倒だなと思って慎重さを欠いたことをすると、周囲との関係性に波乱が。試される時期です。
9月 財成 何事も快調に進んでいくことでしょう。英気を養いながら過ごしていければ、より巡りが良くなります。また、良い出会いの予感が。
10月 安定 穏やかで落ち着いた日々が続きます。これまでの努力が実を結ぶ時期でもあるので、充実した時期だといえるでしょう。
11月 陰影 失礼のない対応を念頭に置いて、周囲とは慎重に接しましょう。というのも、かなり誤解されやすい時期です。丁寧さはもちろんのこと、くれぐれも冷静に。
12月 停止 かなりの場面においてピンチが到来します。自信喪失に陥り、人と会うのがおっくうになることも。素直な気持ちをもって、我慢強くいることがです。

大殺界の過ごし方はこちら

水星人プラスのラッキーアイテムやラッキーナンバー一覧

ラッキーカラー カーキ
ラッキーナンバー 2
ラッキーアイテム 目薬
ラッキーパーソン 専門知識を持っている人
ラッキースポット 神社