六星

火星人マイナス(-/陰)の性格・相性|大殺界や霊合星人も丸わかり

≫六星星術の運命星を調べる方法はこちらをクリック≪

もくじ

火星人マイナス(-/陰)の性格や性質

基本的な性格や性質:警戒心が強い

火星人マイナス(-/陰)の人は人見知りというわけではないのですが、親しくなるまでには時間をかけたいタイプです。初対面でぐいぐい距離を詰められると、苦手意識を持ってしまうことも。とは言え、それを表に出して周囲の和を乱すようなことはしません。

自分にプライドをもった凛とした姿勢から、最初はとっつきにくいと思われることがあるかもしれませんが、ともに過ごす時間が増えるにつれ火星人マイナスの内なる優しさが徐々に伝わっていくはず。

火星人マイナスの人が警戒心を解くのにも、また火星人マイナスの人の良いところが相手に伝わるのにも、それなりの時間を要しますが、一度懐に入れば関係が進むのは早いです。根気よく接して信頼を勝ち取れば、距離は一気に縮まるタイプと言えます。

基本的な性格や性質:独自の世界を持つ

火星人マイナス(-/陰)の人は、本人の自覚の有無に関わらず、世間とは一風変わった価値観を持っており、独自の世界を生きている人が多いです。周囲に迎合しない自分の姿勢を誇りに思い、己との戦いの中で、その価値観を豊熟させていきます。

ありきたりで平凡なことを嫌い、周囲の喧騒にも心乱されることがありません。自分は自分という気持ちが強いので、他の人に内面を晒すことが苦手ですが、一度信頼できると判断した相手に対してはとことんオープンで、一緒にいることに深い安心感を覚えます。

トラブルを敬遠したいという気持ちから人間関係にはつい弱腰になりがちですが、人に好かれたいという思いや、相手への深い思いやりの気持ちも持っているので、一度心の壁を取り払えば、一気に周囲との距離を縮めることができます。人に囲まれていたとしても、自分のペースは崩さず、独自のスタイルを貫く人が多いです。

基本的な性格や性質:反骨精神が旺盛

火星人マイナス(-/陰)の人は、自分に確固たる自信をもっており、自らの頭で考え判断したうえで行動します。持って生まれた知性とそれに基づく判断能力で、どんなときにも正しく実現可能な選択をして、前に進んでいきます。

また、向上心が強く、上からの圧力や権威には屈しません。権力を振りかざす人間、形だけの法律やルールの遵守には抵抗感を抱きます。それはやはり、自分が納得できるかどうかを重要視しているからでしょう。そのため、一度決めたことを覆すのを好まず、周囲の人がどれだけ説得しても無駄になってしまうような頑固なところもあります。

自分が正しいと思ったからこそそれを貫き通すのですが、あまり前のめりになりすぎると時間が経ってから「もっと良い解決方法があったのでは?」という後悔を抱えてしまうこともあるかもしれません。

時には一旦自分を引っ込めて、社会との間で上手く折り合いをつけることで、肩の荷が下りたような気持ちになり、周囲との人付き合いも好転していくことでしょう。

基本的な性格や性質:リーダーシップがある

火星人マイナス(-/陰)の人の、自信溢れる言動と独自のスタイルを風変わりに思う人もいるかもしれませんが、この人についていきたいと思わせるカリスマ性も有しています。また、周囲とのコミュニケーション能力にも長け、組織や集団内の調和を保つのにも向いています。

火星人マイナスの人は、権威や圧力にも負けることなく、善悪や物事の真の価値を見抜く力を持っています。事実を湾曲したり捏造したりといった悪行に手を染めることなく、確かな真実の下に行動するので、周囲からは厚い信頼を得ることでしょう。

また、時代の変化にも敏感で、新しいことを積極的に取り入れながら、昔ながらの基本を大切にする温故知新の精神も忘れません。

注意することがあるとすれば、大きな困難に遭遇した場合、悲観的になりやすいこと。精神的に不安な状態に追いやられると、心配や苛立ちで普段の力を発揮できないことも。そういうときは、周囲に頼ることも必要です。少しでも早く立ち直ることで、不屈の精神をもったリーダーとして新たな信頼を勝ち取り、再び人を率いていくことでしょう。

基本的な性格や性質:賑やかな場所が好き

火星人マイナス(-/陰)の人は、自分の感性や考え方を常にブラッシュアップしていきたいという強い向上心をもっています。そのため、知らない場所にも積極的に顔を出し、様々な人から新しい刺激を受けたいと考えています。

相手からぐいぐい来られると警戒してしまいますが、火星人マイナスの人は、そんな相手からも学びを得ることを忘れません。自分にないものを積極的に取り入れることが、独自のスタイルをより膨らませるということを知っているからです。

世間に迎合せず、自分のスタイルを貫く火星人マイナスの人は、変わり者で厭人的と思われがちです。ですが実際は人間嫌いどころか、様々な人間と出会って学びたいという思いが強いので、新鮮な刺激に出会える場所を見つけたときにはすぐに移住を決めてしまうといったフットワークの軽さも見せます。

互いに干渉せず、一人ひとりが自分の道を生きているような場所で、色んな肩書きや属性の人に混じってのびのびと生きたいという思いがあるので、田舎よりは都会、日本ならばやはり東京のような都市部に過ごしやすさを感じます。

霊合星人の火星人マイナスの性格や特徴

霊合星人の火星人マイナスは、独創的な発想で周囲の注目を集める人気者タイプです。火星人に共通する特徴として、他の人にはない視点から物事を見る能力に長けているという点があります。

また、自分のやりたいことに周囲を巻き込むのも上手です。新たな視点で物事を見て、そこからインスピレーションを得た発案が、周囲をあっと驚かせて、この人に協力したいと強く思わせるのです。

一方、寂しがり屋の側面をもっており、自分の決断に自信はあるものの、時に心を許せる人に相談したいという思いを抱えています。自分の弱さを適度に見せることで親しみを感じさせ、他者から愛される存在となります。指導者としての強い素質を持ちながら実は寂しがり屋であるというギャップに、骨抜きになってしまう異性も多く、その相手から心身ともに捧げ尽くされることもあるでしょう。

霊合星人の火星人マイナスは、目標を立ち上げ、その目標達成に向けて周囲の人を応援団としてどんどん巻き込み、結果的には皆で成功や幸せを勝ち取るという、リーダーとしての素晴らしい素質をもっています。

火星人マイナス(-/陰)の家庭運・結婚運の特徴

家庭や結婚の特徴:子どもを大切にする

火星人マイナス(-/陰)の人は義理人情に厚く、身内や一度懐に入った人をとても大切にします。相手が困っているなら、自分を多少犠牲にすることも厭わず、解決に向けて手を貸します。そのため、周囲からは強い信頼を寄せられ、頼りにされることも多いでしょう。

この態度は、相手の肩書きや性別、年齢によって変わることはありません。そのため、お年寄りから小さな子どもまで、幅広い世代から好印象を持たれることでしょう。自分の子どもに限らず、まったく知らない家庭の子であっても、親身に世話を焼く面倒見の良さがあります。

誰にでも平等に手を差し伸べるので、時には、火星人マイナスの人自身が疲れてしまうこともあるかもしれません。ですが、そんなときには、まるでこれまでのお礼をするかのように周囲の人たちがサポートに回ってくれることでしょう。

家庭や結婚の特徴:結婚には熟考を重ねる

火星人マイナスの人は、自分の世界や価値観を大切にするため、恋愛においてもかなりマイペース。ある程度の年齢になったら結婚すべき、何年付き合ったら結婚すべきという固定観念にも流されないので、本当にこの人だと思った人に対して、ようやく結婚を考えます。

独身時代の悠々自適な生活ぶりから、結婚後は出産や育児といったライフイベントに関与してくれるのだろうかと不安を覚えるパートナーをもいるかもしれません。とはいえ、身内に対する面倒見の良さに優れた火星人マイナスですから、一度責任を負えば、とことん向き合ってくれます。

一見結婚に不向きな性格に見えますが、ともに時間を過ごしていくうちに誤解が信頼へと変わっていくはず。火星人マイナスの人自身も、時には自分のスタイルを押さえ、パートナーや子どもと足並みを揃えるよう心がけることで、よりよい家庭を築くことができるでしょう。

家庭や結婚の特徴:人を惹きつける力が強い

火星人マイナスの人は、TPOに応じて振る舞うことができてコミュニケーション能力にも長けているので、その場を盛り上げるのが得意です。たとえ思うところがあったとしても、感情を表に出して場を乱すことは嫌います。

理性的に振る舞い、かつ話し上手な火星人マイナスですから、異性を惹きつけやすく、恋愛経験も豊富な方が多いかもしれませんね。元々、多くの出会いから様々な学びを得たいという向上心の持ち主なので、それぞれの経験から更に自分の魅力に磨きをかけていくことでしょう。

パートナー自身も火星人マイナスの魅力を良く分かっているからこそ、そんな火星人マイナスが余所見をしないか不安になることも多いかもしれません。火星人マイナスにその気はなくとも、異性が放っておかないとなると、なかなか対策も難しいところです。

そのため、火星人マイナスの人自身、他者を惹きつけやすいことを自覚し、時には誤解されるような行動を慎むことで、パートナーを安心させることが大切になってきます。

恋愛運の傾向は身勝手ながら魅力的

独自のスタイルを貫く火星人マイナス(-/陰)の人は、一見すると自分勝手に見えますが、恋愛においては相手への献身的な姿勢も見せます。それは、物事の洞察力に優れ、相手の感情の僅かな変化も読み取る繊細さを持っているから。

そのため、火星人マイナスの人は相手を喜ばすことが上手く、サプライズのプレゼントや記念日のパーティーなど予想できないパフォーマンスをすることで、自分の株を上げます。普段、自分中心に振る舞っているように思われがちなので、そのような予想外のパフォーマンスに、パートナーは深く心を打たれることでしょう。

自由奔放に行動しているように見えても、実際は自分の行動が相手にどのような影響を与えるのかを、きちんと意識しています。そのため、二人の関係は安定しやすく、満足のいく付き合いを長く続けることができます。

セックスの傾向は献身的で精神的にも充実

火星人マイナス(-/陰)の人のセックスは、信頼できるパートナーを喜ばせたいという気持ちから、かなり献身的。サービス精神旺盛ですから、相手の趣味趣向に合わせて柔軟に対応します。

一度心を許した相手にはとことん向き合いたい火星人マイナスは、セックスもまた、パートナーとの大切なコミュニケーションの一つだと考えています。元々、知識欲と向上心に溢れているので、セックスに関係することでも情報収集や新規開拓には積極的です。

努力の結果、相手が喜んでくれるなら、ますます頑張れるというもの。快楽を追求した果てに、アブノーマルなプレイに行き着くこともありますが、それも相手の合意あってこそです。

日頃、あまり感情を表に出さない火星人マイナスですから、その身を尽くすような行為に、パートナーは深い愛情を感じるはず。身体的な快感以上に、精神的な充足感を得られるでしょう。結果、二人の絆を強め、長く安定した関係へと繋がっていきます。

火星人マイナス(-/陰)の金運の特徴は使いすぎに要注意

火星人マイナス(-/陰)の人は、お金の価値をよく理解しているので、仕事で成果を出してしっかり貯金しようという堅実派の面をもっています。元々、強い金運の持ち主なので、臨時収入や周囲からの金銭的な援助を受けやすいなど、お金に縁をもっています。

ですが、お金の使いすぎには注意が必要です。物欲が強い方なので、つい衝動買いをしてしまいがち。本人は物を購入して満足していても、パートナーや周囲は散財を心配しているかもしれません。

また、お金を大切に思うあまり、「貯めたい」という気持ちが「一気に増やしたい!」という気持ちに変わってしまうと、リスクの高い投資やギャンブルにハマりやすい傾向があります。強い金運を持っているせいで、一発大きく当ててしまうと、更にのめり込んでしまう一因に。

物事を正しく見る眼識と判断力をもった火星人マイナスですから、お金に関しても自律の精神を忘れないようにすれば問題ありません。身の丈にあった生活を心がけ、投資をする際はきちんとリターンが見込めるのか、投資金額は収入に対して適切な割合か、などを丁寧に分析することで、適切な使い方をすることができるでしょう。

火星人マイナス(-/陰)の仕事運の特徴はワンマンタイプ

火星人マイナス(-/陰)の人は、自分でこれと決めた一つの物事に集中することで成功を収めます。自分の頭でしっかりと考えて納得してから行動に移したいと考えているので、チームプレーよりは個人で実力を発揮するタイプと言えるでしょう。

一つの道を究めたプロフェッショナルになる優れた才能を持っており、専門職に従事したり自分の店をもったりすることが多いです。自分のもつ技術を誇りに思い、常に上を目指す向上心を忘れない姿勢に、尊敬や憧れを抱く人も多いでしょう。

そのため、部下や弟子に恵まれやすく、組織に属する場合は、必然的に人を束ねる立場になっていることも。また、起業し自ら社長となることで、「さあ、ついてこい!」と社員全員を率いる立場になっている人も多いです。

火星人マイナス(-/陰)の相性はどう?各星人との関係を解説

≫六星星術の運命星を調べる方法はこちらをクリック≪

火星人マイナスと土星人との相性は上手く行けば非常に良いコンビ

火星人マイナス(-/陰)と土星人の相性は良く、一度意気投合すればこれ以上ない関係を築くことができるのですが、そこに行き着くまでに時間がかかります。どちらも人見知りで警戒心が強めなので、互いの良さに気付くためには長く付き合う必要があります。

二人とも自分の中に確固たる価値観をもっているので、最初はそれがぶつかり合い、上手くいかないことがあるかもしれません。ですが、衝突や議論を重ねていくうちに、徐々に相手の考え方を理解し尊重できるようになっていきます。

そのため、この二人は、経済やお金などビジネスに関する場面よりは、精神や思想、また学問という点で特に相性が良いと言えるでしょう。

金銭や利益よりも自己の内面の充実に価値を置いている二人なので、その分野で出会うと大きな成果を残します。ディベートを繰り返していくうちに、互いに違うから素晴らしいのだという気づきを得て、大きな成長に繋がる二人です。

火星人マイナスと金星人との相性は衝動的に楽しめるコンビ

思い立ったら吉日な火星人マイナス(-/陰)と、天真爛漫で自由気ままな金星人が意気投合すると、まさに猪突猛進という感じで、スピード感のある日常を過ごすことができます。その時の気分や感情を大切にしており、周囲から身勝手に思われたとしても、自分のやりたいことをやり抜きます。

アプローチが積極的なのは火星人マイナスの方です。金星人が油断しているうちに懐に潜り込み、気が付いたら変わりのきかない存在になっていることでしょう。昔ながらのしきたりや固定観念に縛られることなく、新しいことや良いと思ったものは何でも取り入れ、臨機応変に時代の波に乗っていける二人です。

まるで台風のような二人なので、周囲からの反発もあるかもしれません。ですが、そんな批判など一切気にせず、二人は互いのアクティブな行動力に惹かれ合い、二人だけの新たな道をどんどん開拓していきます。

火星人マイナスと火星人との相性は似ているからこそカバーし合う

火星人マイナス(-/陰)は、その時の感情や気分を重要視するため、長期を見据えた計画的な行動は苦手なタイプ。同じ傾向をもつ火星人と一緒にいると、その弱点が増長しがちです。

しかし、似た者同士だからこそ、互いの弱点が分かっているので注意ができます。相手を、自分を映す鏡だと思うことで、相手の短所は自分の短所だと気付くことができるでしょう。

例えば、日常生活において、火星人マイナスの人は、締切を守るのが苦手な傾向があります。課題提出まで時間がないのに、なかなか終えられなくて苦しい経験をすることも。薄々自覚はあったとしても、同じように締切を守るのが苦手な相手を見て、「自分も同じだ!」とはっと気付くこともあるでしょう。同じ弱点を持っているからこそ、互いに気づき合い、カバーに入ることができます。

同じ星をもっているので、元々普段からとても気が合います。計画的な行動が苦手という同じ傾向に気付き、それをカバーするように協力し合うことで、二人は人生において更に飛躍していくことでしょう。

火星人マイナスと天王星人との相性は適度な距離感を大事に

自分のスタイルを貫きたい火星人マイナス(-/陰)と、集団の調和を大事にする天王星人は、一見すると正反対の性格をしていますが、適度な距離を保ち、互いを尊重することで良い関係を築きます。

組織や仲間内で足並みを揃えて行動したい天王星人から見ると、一本飛び出た杭のような火星人は、初めは和を乱す存在として要注意人物となるでしょう。ですが、そうやって注意して見ているうちに、火星人マイナスのぶれない信念や強い行動力に、徐々に惹かれていきます。

また、火星人マイナスの人が集団に上手く馴染めないときは、天王星人がさっとフォローに回ることもあるでしょう。互いに違う価値観を持っていますが、どちらが良い悪いではなく、それが個性なのだと理解することで、良い関係を築きます。

逆に、もっと距離を縮めようとして、相手を自分に合わせようとするのはよくありません。相手の思いや考え方を強く批判するような態度を続けると、大きな亀裂が生じることも。また、自分が相手に無理に合わせるというのも、我慢し続けることになってしまい、辛い思いをするでしょう。やはり適度な距離感を持って、自分は自分、相手は相手と考えることが、長続きするための秘訣と言えます。

火星人マイナスと木星人との相性はお互いのタイプの不一致に気を付ける

火星人マイナスと木星人は、お互いまったく違うタイプだということを受け入れ、その違いを楽しめるようになると、進展が早いです。

我が道を行く火星人マイナスと安定思考の木星人ですから、破竹の快進撃で現状を打ち壊していく火星人マイナスの勢いに、木星人がついていけないこともあります。とは言え、堅実でコツコツ派の木星人から火星人マイナスが学びを得る機会も多く、長期を見据えた計画が必要なときは、木星人が頼りになることが多いです。

結婚・夫婦という面では、愛情深く家庭運に恵まれた木星人が錨となることで、自由奔放な火星人マイナスがようやく腰を落ち着けられるような快適な家庭を築くことでしょう。お金の管理は、やはり貯蓄の得意な木星人に任せることをおすすめします。

猪突猛進の勢いをもつ火星人マイナスに、木星人が適度なブレーキをかけるなど、それぞれの得意不得意を活かすことで、互いに成長できる理想的な関係を築くことができます。

火星人マイナスと水星人との相性は困難を乗り越えて学ぶ

火星人マイナス(-/陰)と水星人は、どちらも自分を基準に考え、自分の頭で考えて行動するという共通点をもっています。いつも冷静沈着な水星人からすると、自分で考えた結果とは言え、その場の勢いで行動する火星人マイナスは、初めは奇異な人物に見えるかもしれません。

どちらも自分の考えを大切にしているので、我を通しすぎると喧嘩に発展しやすいです。互いに「分からず屋だ!」と思うのですが、なぜかピンチの時に協力し合うとこれ以上ないパートナーになります。そのため、お互いに目指すヴィジョンや価値観が違うのに、なぜか気付いたら一緒にいるという不思議な関係です。

互いの特性を活かして協力し合うためには、根気よく話し合いを重ねることが必要です。その際は、相手の考えや価値観を否定せず、まずはそのまま受け止める姿勢が大事です。するとたとえ正反対の性質を持っていたとしても、信頼し合える関係を築くことができるでしょう。

火星人マイナス(-/陰)の関連記事

火星人マイナス(-/陰)の2021年運勢


 

2021年の運勢占い

2021年版姓名判断

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「エレメントタロット」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1800円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?