六星

大殺界の意味と乗り越えるための過ごし方|運命星別の2019年早見表付き

一時は大流行した「大殺界」という言葉。でも、こう思う方もたくさんいます。

「大殺界ってなに?」

「良くないってことはなんとなくわかるけど・・・。」

そんな認識の方、非常に多いですよね。

そこで、今回は今更聞けない大殺界の説明や、六星占術における大殺界を乗り越えるための過ごし方などを紹介します。

この記事を読んで、大殺界を乗り切りましょう。大殺界は誰にでも平等に訪れます。心の準備を。

大殺界って何?意味と調べ方を解説

まず、一口に大殺界といってもそれが何なのかという事がわかりませんよね。

大殺界とは周期的にやってくる「何をやってもうまくいかない時期」のことです。

また、年ごとの単位で見た時に誰にでも12年で1サイクルの運気が周り続けています。

その12年の内訳がそれぞれ1年ごとに、

種子・緑生・立花・健弱(小殺界)・達成・乱気(中殺界)・再会・財成・安定・陰影(大殺界)・停止(大殺界)・減退(大殺界)

という流れで移り変わります。この中で最後の3年間が特にやることがうまくいかないとされる大殺界です。

また、健弱(小殺界)・乱気(中殺界)といった少し調子が出にくい時期も存在します。

さらに、この12の運気の流れは月ごとにも存在し、1年の中でも3か月間大殺界の時期は訪れます。

そしてこの大殺界の時期を調べるには、自身の六星占術の運命星を調べる必要があります。

運命星の調べ方は、まず運命数を早見表など使い調べます。そして、その運命数に1を足してさらに生まれた日を足した数が星数です。

整数は60を超えていたら、60を引いてください。そうすると運命星が判断できます。

出た星数が1~10は土星人・11~20は金星人・21~30は火星人・31~40が天王星人・41~50が木星人・51~60が水星人になります。

さらにそこから、干支によって陰陽(-か+)が判定されます。

干支が、子・寅・卯・辰・午・申・戌の方は陽(+)。それ以外は陰(-)となります。

自分の運命星がわかればこの記事の一番下にもある早見表などで、今年の運勢が大殺界かどうかを判断することができます。

大殺界を迎える人の心得|やってはいけないこととは?

それでは、次に大殺界中の過ごし方について説明していきます。

大殺界は誰にでも平等に同じだけ訪れます。しかも、大殺界は3年間続きますので、その間ずっと良くない流れは続いてしまいます。

この時期には、あまり大きな決断をすることはおすすめしません。特に、大殺界中にしないほうが良いとされているのが、結婚・引っ越し・転職の3つです。

理由は、運気の低迷により、大きな変化を起こすとそれが悪い方向悪い方向へと流れて行ってしまいます。

結婚を考えている場合は、この期間はぐっとこらえて下地を整えましょう。

引っ越しを考えている場合は、新居に悪い運気をもちこみかねませんので控えた方が良いです。

転職を考えている場合は、今の環境が悪いと考えているからという理由であれば踏みとどまりましょう。大殺界の運気の悪さで仕事がうまくいっていないだけという事もあります。

じっと我慢すれば道が開けてきます。

大殺界の過ごし方|運命星ごとのオススメ行動も紹介

大殺界はどんなに嫌でも抗っても訪れます。

そこで、誰にでも訪れる大殺界中の過ごし方のポイントを紹介します。

まず、大殺界を極端に恐れる必要はありません。大殺界だからといって何も良いことがないわけではありませんし、大殺界中に偉業を成し遂げた偉人も数多く存在します。

なので、大殺界を怖がりすぎず「謙虚に生きていよう」と考えておく程度の精神状態が好ましいです。

また、大きな決断をすることは控えましょう。先に述べた「結婚・引っ越し・転職」はもちろん、その他の大きな決断は、悪い運気に飲み込まれてしまう可能性があります。

加えて、健康状態にも十分な注意が必要です。体調を崩しやすい時期にもなります。日頃から食事や睡眠には気を付ける期間にしましょう。

大殺界中はあらゆる部分で気を抜くと大崩れしてしまう要因が隠れています。

一方で、大殺界中でも先に述べたように月ごとの運勢というものが存在します。

なので、今年は大殺界だけど今月は「達成」にあたる月などであれば良い運気も舞い込んできます。月ごとの運勢もチェックしておきましょう。

さらに、次からは運命星ごとに大殺界の過ごし方を紹介していきます。

運命星ごとに性格も運勢も異なります。自身の運命星をチェックしてください。

土星人プラス(+)/マイナス(―)

土星人の場合は、人の意見を広く取り入れるような行動を心がけましょう。

土星人の特徴として、自分の考えたやり方を最優先させる特徴があります。

普段であれば、それでも結果を残せるような能力がありました。ただし、大殺界ではうまくいきません。

なので、この時期は謙虚に他人の意見を参考にしてみると良い流れがやってきます。

また、土星人は人に意見を伝えることが得意ではありませんが、大殺界中はそれも裏目に出てしまいます。

陽(+)は2019年を超えると大殺界が終わります。次の年の種子にむけて、準備をしていきましょう。

陰(-)は2019年が大殺界真ん中の「停止」の時期です。我慢や妥協を選択しなければならないことが多い時期ですが、ここで得た経験は大きな力に代わります。

金星人プラス(+)/マイナス(―)

金星人が大殺界に入った場合は、周りに足並みをそろえてみることをおすすめします。

金星人の特徴として、自分ひとりだけ突出したい。抜きん出たいという願望を持っています。

その感情がうまく作用する場合は、自分をより高みへと運んでくれますし、周りからも一目置かれます。

しかし、大殺界においては、その効果がマイナス方向に働くことが多く、周囲との確執を生んでしまうことがあります。

それを避けるためにも、大殺界の期間中は突出した行動は控えましょう。

また、陽(+)の方は2019年「緑生」の時期です。大殺界を抜けて種をまき、その種が実り始めるときです。

自信が持てるようになり、力もついてくるので、エネルギーがどんどんと湧いてきます。勢いのままに進みましょう。

一方、陰(-)は2019年「種子」の時です。長い大殺界を抜けました。収穫の時に向けて、準備を始めましょう。

火星人プラス(+)/マイナス(―)

火星人が大殺界を迎えた場合、後輩や子どもなどの火星人についてくる人との関係が悪化します。

火星人の独創的な発想や行動は、良いときには評価をされて何にも代えがたい才能という名誉をもらいますが、大殺界の最中は裏目に。

突飛な発想についてこられる人がおらず、周囲を置き去りにしてしまいます。なので、主に部下や後輩、子どもなどからの気持ちが離れてしまいます。

そうならないためにも、周囲への感謝を忘れないようにすることが大切です。

また、陽(+)は2019年「健弱」で小殺界です。良い運勢と良い運勢の間の小休止と考えてください。

今年一年はゆっくりと英気を養う時間に当てましょう。

一方で、陰(-)は2019年「立花」の時期です。節目の時期で、変化や挑戦をすることに適した運勢です。何事にも積極的にチャレンジしてみましょう。

天王星人プラス(+)/マイナス(―)

天王星人が大殺界にいる時は、直感的な勘が冴えません。

普段から理論より行動をしてみて物事の良し悪しを検証する天王星人ですが、そのパターンが大殺界の時にはうまくいきません。

行動した結果、失敗に終わり「やる前によく考えたほうが良い。」という言葉をもらってしまいます。

こんな時には、直感的な行動をする前に一呼吸おいて、冷静になってからの行動を心がけましょう。

それだけで、悪い方向に流れる運気を抑えることができます。

また、陽(+)の人は、2019年「乱気」で中殺界の時期に入っています。大殺界と違い、停滞する運気は1年で終わります。心の平穏を保つように心がけましょう。

一方で陰(-)の場合は、2019年「達成」の年、サイクルの中で1番の運気が流れてきます。いままで積み上げてきたものを一気に収穫するときです。

木星人プラス(+)/マイナス(―)

木星人が大殺界に入った場合は、自分の意見をしっかり主張するように心がけましょう。

大殺界の時は、木星人の寡黙で我慢することができる性格が悪い方向に働いてしまいます。

自分の意見を我慢している隙に声の大きな意見に主導権を取られてしまいます。

自分のやりたくない仕事をやらされてしまうこともしばしば。これを防ぐためには、大殺界こそ、日ごろから自分の意見を伝える努力をしましょう。

また、陽(+)の2019年の運勢は「財政」で、自分にとって価値のあるものがたくさん手に入る期間になります。

その中でも、自分を向上させる努力を続けられれば、さらに良い方向に流れは傾きます。

一方で、陰(-)の人の2019年は「再会」の運気です。

今まで始めたくても始められなかったこと、あきらめていたことを始めるのに最も適した年です。

積極的に挑戦を始めてみましょう。

水星人プラス(+)/マイナス(―)

水星人が大殺界に入った場合は、上司や年上の人に真摯に対応しましょう。

元々、一人で何でもこなしてしまう水星人は、目上の人に対するコミュニケーションが希薄になってしまう部分がありました。

それが、大殺界に入ることによって、良くない部分として働きかけてきます。

上司と不仲になったり、両親と喧嘩をしてしまったり、仲たがいをしてしまいます。

それを防ぐためにも、目上の人に対して、真摯にコミュニケーションをとるようにしましょう。

また、陽(+)の人の2019年は「陰影」で大殺界1年目です。小さな災いがたくさん訪れます。

大切なことは、大殺界であるという事を受け止めることです。無理に抗わず、流れに身を委ねることで光は見えてきます。

一方で、陰(-)に人の2019年は「安定」の年になります。幸せが絶え間なく訪れる季節に笑顔が止まらないでしょう。

この時期に収穫できるものはなるべく手に入れるように心がけると良いです。

2019年の大殺界はいつ?運命星ごとの大殺界早見表

2019年の運勢 2019年の年運 大殺界を迎える月
土星人プラス(+) 大殺界(減退) 9月・10月・11月
土星人マイナス(-) 大殺界(停止) 10月・11月・12月
金星人プラス(+) 緑生 7月・8月・9月
金星人マイナス(-) 種子 8月・9月・10月
火星人プラス(+) 小殺界(健弱) 5月・6月・7月
火星人マイナス(-) 立花 6月・7月・8月
天王星人プラス(+) 中殺界(乱気) 3月・4月・5月
天王星人マイナス(-) 達成 4月・5月・6月
木星人プラス(+) 財成 1月・2月・3月
木星人マイナス(-) 再会 2月・3月・4月
水星人プラス(+) 大殺界(陰影) 11月・12月・1月
水星人マイナス(-) 安定 12月・1月・2月

最後に、2019年の各運命星の運をまとめてあります。月ごとの大殺界も記載しますので、この時期には大きな変化はさせずにじっと時が過ぎるのを待つようにしましょう。

まとめ:大殺界は受け入れて光がさすのを待とう

大殺界は誰にでも訪れ、平等に3年間運気の低迷に襲われます。

この期間は、どの運命星にも共通して、運命にあらがわずじっと耐えることが大切です。

なぜなら、大殺界は抵抗すればするほど悪い方向に運が流れていくからです。

この運気を受け入れ、光がさす時間をじっと耐えることで、災いを抑え込みつつも開花の時に向けた準備を進めることができるのです。

合わせて読みたい