花言葉

ジニアの花言葉や由来|色別(赤色・白色・ピンク色・黄色・青色)の意味から怖い意味まで丸わかり

ジニアの花の特徴や名前の由来

ジニアは百日草とも呼ばれ、江戸末期に日本に伝わりました。原産地はメキシコです。その名の通り開花期が5月~11月上旬と非常に長く、夏の暑い時期でも力強く咲き続ける丈夫さを持ちます。以前は仏花としてのイメージが強かったようですが、現在では新しい品種や色数も非常に多く、園芸用としても人気があります。

ジニアの花言葉の意味とその由来とは?

≪ジニアの花言葉≫不在の友を想う

ジニアは和名で「百日草」とも呼ばれ、非常に長い期間花を咲かせることで知られています。またヨーロッパでは友情のシンボルともされています。「不在の友を思う」という花言葉は、夏の暑さにも負けずに咲き続けるジニアを見ながら、もう長い間会っていない大切な人へ想いを馳せるイメージから生まれたのでしょう。

≪ジニアの花言葉≫幸福

真夏に元気に咲く、ジニアの花言葉は、幸福です。庭で満開に咲き誇っているころ、そばで子供たちが、ビニールプールで賑やかに、水浴びを楽しんでいます。プールの水が温まってきたころ、ママがおやつに、スイカ持ってきてくれました。近くの椅子に座ってみんなで、美味しく頂きました。夏休みの幸福なひと時に、似合うお花です。

≪ジニアの花言葉≫注意を怠るな

ジニアは和名で百日草(ヒャクニチソウ)と呼ばれています。次々と花が咲き続け開花期間が長いところからその名がつけられています。そんなジニアの花言葉は「注意を怠るな」です。これはジニアの開花期間の長さが関係しています。ジニアの開花期間のように長い時間があると慣れによる不注意が生まれてしまう、というところから付けられているのです。

≪ジニアの花言葉≫いつまでも変わらぬ心

ジニアの花は、日本ではヒャクニチソウという名が冠せられています。ヒャクニチは、つまり百日。とても長いこと花を楽しめる植物なのです。ガーデンフラワーとしても、花瓶に生ける花材としても昔から親しまれており、数多くの品種が生み出されています。長い期間美しく咲き続けるところから、花言葉は「いつまでも変わらぬ心」といいます。

≪ジニアの花言葉≫絆

ジニアは、メキシコが原産地で古く日本に渡来してきたキク科の花です。暑さに強く花が丈夫で長持ちすることから、ヒャクニチソウとも呼ばれています。花言葉は、絆です。友への思いや別れた友への思いの強さを、花の丈夫さと長持ちさに感じ願ったのかもしれません。

≪色別≫赤、ピンク、オレンジ、黄、白、紫、緑色のジニアの花言葉

キク科ヒャクニチソウ属。原産地はメキシコで、真夏にも華やかに咲く上にお手入れも簡単です。。開花期は5?11月と長く、和名では「百日草」と呼ばれています。ジニアの品種も多く、色は赤、ピンク、オレンジ、黄、白、紫、緑色と幅広いですが、色別の花言葉はないようです。

2020年の運勢占い
RELATED POST