数秘術

カバラ数秘術|運命数【11】の性格や相性を徹底解説|恋愛・使命・11の有名人まで丸わかり

【カバラ数秘術】の運命数・誕生数の使命や特徴

11の使命は優れた直観力と芸術的センスで周囲に影響を与える

11は、高い次元の創造力を持ち、強い信念と感性溢れる人です。
夢に向かって真っすぐに突き進み、大胆で既存の枠のとらわれない、開拓者とも先駆者ともいえる変化の多い人生を送ります。

単なる金儲けだけの仕事に喜びを感じることができない11が働き甲斐を感じる時は、独自のセンスと創造性を活かせる芸術的な要素のある仕事です。
11の仕事の進め方や能力の発揮の仕方には、単独ではなく組織やコンビを組むなど、人間関係の中で発揮されるという特徴があります。
11がグループや集団の中にいると、周囲の人間の持つ運を上げる相乗効果により、思わぬ形で創造性豊かで高度な目標を達成することができます。
周囲の能力を引き出す影響力は、個で終わらない11の人生の使命ともいえる生き方です。

鋭い感性で芸術面に優れる

目に見えるものだけが真実ではないと良く言いますが、実際に、人が目で知覚できることは全体の中の一部です。その点、数秘術のナンバーが11という方は、極めて豊かな感覚を持っており、目に見えないものを実感として自覚できる能力に極めて優れています。また、その感性を気味の悪いものだとは思ったりせず、むしろその感覚に身を委ねて意見や行動を決めていけるだけの積極性と自身があるので、個性豊かな面が存分に発揮されることになります。
とりわけ、芸術の方面に関しては、自己表現が問われる分野でもあるため、いかんなくその才能を発揮し、思わぬ名作を作り上げたり、創作者として知られる存在になることも考えられます。運命数ナンバーが11だった場合は、特に自分の長所を伸ばしていきたいですね。

自分の直感に従って生きる

得てして人は「理性的な動物」とされますが、実際問題としては、なかなか理性にのみ従って行動することは難しいですね。
頑張って冷静であろうとしてもついカっとなったりしてしまいますが、その点ナンバー11の人は、自分の感性のままに結論を出し、グイグイと進んでいくことができます。
センスが光る事柄に関しては極めてパワフルと言えるタイプですし、また理屈や建前を被せようとはしないために、周りで聞いていても、実に説得力があり、納得がいくと思えるのが特徴です。
ただ、やはり感性にのみ従うのでは、理屈やルールが支配する現代社会では、思わぬやらかしとなってしまうことも多いわけで、いざ動こうという時には、周りに、信頼できる理知的な人がいる状況を作っておくと、より円滑に事が進むでしょう。

根は真面目だが平凡を嫌い独自性を好む

多くの場合、真面目な人は、コツコツ目の前の課題に取り組み、セオリーにしたがって問題を解決させることを望みます。その点、運命数ナンバー11の人は、普通、あるいは平凡とされるというようなやり方を非常に嫌う傾向にあります。
同じ解決策を見出すにも、自分ならではの方法論を何とか模索して挑んだりと、とにかく平凡な事柄一つとっても個性を発揮できる気質であり、また、それがわざとらしくないので、周りから驚かれ好かれるといった部分もあります。
もちろん、セオリーにしたがった方が良い結果が生まれることも多いのですが、それが分かっていてもなお、周りに特別な期待をさせてしまうのが、運命数ナンバー11の人の持ち味であり、魅力と言えるでしょう。

好奇心が旺盛でフットワークが軽い

体力的な問題もありますが、仕事や趣味の上でのフットワークは、むしろ精神的な情熱の強さやタフさに関わっている部分が多いと言えます。その点、運命数ナンバー11の人は、とにかく前向きで、自分の理想や考えを実現させるためなら身を粉にしても働きますし、また、そうでなくても何か興味がわいたとなれば、すぐさま試してみたり、現地に赴いてみたりします。
しかもその体験を自分の独自のセンスとして磨き上げていける感性の豊かさを持ち合わせていますので、人知れずどこかに行く、というのではなく、賑やかに動き回っている姿は誰の目にも印象的に映るのが運命数ナンバー11の人の特徴と言えるでしょう。また、楽しげに動いているので、人を惹きつけ流行りを生み出せるカリスマ性にも長けています。

頑固で一度決めたらてこでも動かない

物事に対して熱い情熱を持っている人は、一度こうと決めたら絶対に自分を曲げないということが少なくありませんが、運命数ナンバー11の人も、まさしくそうした気質の持ち主です。「ちょっと面倒になりそうだからここは退こう」、「納得できないけど一応賛成しておこう」といった、ありがちな妥協を示すことはまずなく、全力で持論を押し通しますし、目標や夢に対しても、まったく自分の進路を曲げるということがありません。
そのため、周りから白い目で見られたり、トラブルになったりすることもありますが、結局は、その誠実な頑張りぶりが評価されて、他の人よりも存在感を示すことができたりするのが、運命数ナンバー11の人の大きな魅力と言えます。

11の恋愛運は直情的で一途だが依存になることもある

数秘ナンバー11の人物の恋愛は、一直線で情熱的であり、相手に夢中になってしまう傾向があります。子供のように素直に今の感情を表現をするため、分かりやすいですが、相手が疲れてしまったり、引いてしまう事もあります。数秘ナンバー11の人は、こと恋愛において積極的であり、思いっ立ったら即座に行動に移します。周りが見えなくなるくらいのめり込んでしまうので、相手の言動に一喜一憂したり、自分と同じようなテンションで付き合ってくれないと不満に感じたりしてしまいます。一途に相手を想いすぎるあまり、恋愛に依存状態になってしまう事があるので、冷静さを取り戻す事も必要です。数秘ナンバー11は、自分の気持ちを真っすぐに表現できる純粋さこそが、最も魅力的な部分といえます。

【カバラ数秘術】11が運気を上げるポイントはサポート役の存在がカギ

スピリチュアルな感性を持つ11は、特別に強い感受性を持つため、神経を張り詰めやすくストレスに弱いという面があります。
11は精神世界を考えすぎてて、実現不可能なものに夢中になったり、空想や幻想の世界に没頭しそうです。
また、自意識過剰な面が前面に出すぎると、ごう慢な性格が顔を出すかもしれません。
そんな11の運気を上げるポイントは、良いサポート役を見つけることができるかどうかです。
敏感で過敏な精神を受け止めてくれる人や、精神世界を共に考えてくれる人、正反対に元気を与えてくれるタイプ、などのサポート役を見つけることができれば、11の精神は非常に安定するでしょう。
平凡の中にある高尚さや、足元の現実世界の大切さに気付けば、11の感性はより研ぎ澄まされることになります。

数秘術|運命数11と1の相性

11と1は衝突が多くなりやすい相性です。
個性的でマイペースな芸術家タイプの11は支配欲の強い相手には、自分らしさが出せません。そのため仕切り上手でリーダータイプの1に反発してしまうこともあるかもしれません。しかし、二人の方向性が同じ時には誰にも負けないエネルギーを持った組み合わせです。「11」がもつ独特の視点を「1」がうまく引っ張りながら、優れた成果を出すペアとなるのです。

数秘術|運命数11と2の相性

11と2の相性は良好です。
「2」は懐の深い慈愛に満ちたサポート役として周りの人を開花させる素質を持っています。「11」が存分に能力を発揮するには「11」の個性を理解してもらう必要があります。細やかな気配りのできる「2」がいることで、心配性で疑心暗鬼になりがちな「11」でも安心しての能力を発揮することができます。お互いによい刺激を与えあうことができる、理想的な関係を築けるでしょう。

数秘術|運命数11と3の相性

11と3の相性自体はあまり良いとは言えません。
欲望に忠実で動物的な「3」に対して、神経質な「11」はイライラさせられる場面も多く訪れてしまうでしょう。その反面、縛られることを嫌い、ユーモアセンスがあるという点は共通しています。そのため「3」の持つ素直で好奇心も旺盛な「3」の行動力が、「11」の持つ独創的なセンスの幅を広げてくれるでしょう。

数秘術|運命数11と4の相性

11と4の相性はお互いの努力が必要です。
「4」は勤労・勤勉、石橋を叩いて渡るような堅実な性格の持ち主です。左脳派でなんでもキッチリしないと気が済みません。そのため、直感重視で右脳派の「11」の言動はなかなか理解されないでしょう。言い換えるとお互いが持っていない側面を持っている二人で、どちらも組織の中には必要な存在です。持ち場を守りつつ接する事で良い関係は築けるでしょう。

数秘術|運命数11と5の相性

11と5の相性は良いも悪いも表裏一体です。
「5」は支配欲が強いのですが、柔軟な適応力や自己を表現する力を持っています。「11」は支配される場では能力を発揮できません。しかし、「5」には柔軟な適応力もあるので、「11」独自のユニークな意見も十分に取り入れます。「11」独自のユニークな発想と「5」の発信力が交われば、流行の発信源ともなり得るでしょう。

数秘術|運命数11と6の相性

11と6の相性は抜群に良いです。
「6」は「誰かに喜んでもらいたい」「人が喜んでいる姿が報酬です」といった考えを持つ、言わばマザーテレサのような博愛主義者です。「11」に対しても献身的に尽くしてくれます。「11」の探求しているスピリチュアルな世界にもすんなりと理解を示し、自然体でいる事ができるでしょう。ただ、「11」はその場の感情をすぐに口にするクセがあるので、意図せず相手を傷つけてしまうことには注意が必要です。

数秘術|運命数11と7の相性

11と7は相性ピッタリ。
インスピレーション重視の「11」と、職人気質で独創性のある「7」は、思いもよらない斬新な発想を共有できる関係です。常に刺激を与え合うことのできる、生産的な関係と言えるでしょう。
一人の時間が苦にならないところも共通しています。適度な距離感を保って、快適に交友を深めることができる二人です。

数秘術|運命数11と8の相性

11と8は、個性と情熱がぶつかり合ってしまうかも。歩み寄る姿勢が良い関係を築くポイントになります。
独特のセンスを持った神秘的な「11」に対し、目的に向かって力強く突き進む「8」は、場合によっては意見が対立してしまいます。ズバッと自分の考えを表現する「11」の言動が、「8」を怒らせてしまうこともあるかもしれません。
感情表現がストレートな者同士、思いやりを持って発言することを心がけると良いでしょう。

数秘術|運命数11と9の相性

11と9はお互いを尊重し合える良い相性の二人です。
「11」の発想力が生み出すユニークなアイデアに、ロマンチストな「9」は心惹かれていきます。また、人との調和を大切にする「9」の穏やかな性格に「11」は安心感を覚えます。
一つ要注意なのは、直感に従って生きる「11」のストレートな言動でナイーブな「9」を傷つけてしまわないようにすること。互いの良い部分をリスペクトし合う姿勢が大切です。

数秘術|運命数11と11の相性

11と11は、どちらも個性的ですが、感覚を共有できるので相性ピッタリ。
「11」の個性は、神がかり的なインスピレーションから形成されるものです。理解されがたいことも多いかもしれませんが、「11」の運命数を持つ者同士ならばその価値観を共有することができます。

数秘術|運命数11と22の相性

11と22は、性格は若干異なりますが好相性です。
「11」は自分の直感に従って飄々と生きるタイプ。それに対して「22」はカリスマ性を持って生まれ、人の輪の中心にいるタイプです。「11」の独特の世界観を「22」が否定することなく受け入れれば、親密になれます。
お互いおおらかな性質も持っているので、その部分を発揮するとより良い距離感で関係を築くことができるでしょう。

数秘術|運命数11と33の相性

11と33は好相性。「33」のサポート力が、円満な関係のカギとなります。
「11」と「33」の共通点はスピリチュアルな素質を持って生まれていること。「11」は神がかり的な直感に導かれて行動し、「33」は常に無償の愛を周囲に与えながら生きています。感覚が共有できる二人が親しくなるのに時間はかからないでしょう。
良い関係を持続するためには、直感を信じるあまり、時に突拍子もない行動に出てしまう「11」を「33」が温かく見守ったり、ブレーキをかけてあげることが必要です。

運命数11のラッキーアイテムやラッキーナンバー一覧

ラッキーカラー ネイビー
ラッキーナンバー 11
ラッキーアイテム 風呂
ラッキーパーソン 同い年の女性
ラッキースポット 競技場
合わせて読みたい