数秘術

【数秘術】運命数(誕生数)が11の使命や相性とは?【カバラ】

【カバラ数秘術】の運命数・誕生数の使命や特徴

11の使命は優れた直観力と芸術的センスで周囲に影響を与える

11は、高い次元の創造力を持ち、強い信念と感性溢れる人です。
夢に向かって真っすぐに突き進み、大胆で既存の枠のとらわれない、開拓者とも先駆者ともいえる変化の多い人生を送ります。

単なる金儲けだけの仕事に喜びを感じることができない11が働き甲斐を感じる時は、独自のセンスと創造性を活かせる芸術的な要素のある仕事です。
11の仕事の進め方や能力の発揮の仕方には、単独ではなく組織やコンビを組むなど、人間関係の中で発揮されるという特徴があります。
11がグループや集団の中にいると、周囲の人間の持つ運を上げる相乗効果により、思わぬ形で創造性豊かで高度な目標を達成することができます。
周囲の能力を引き出す影響力は、個で終わらない11の人生の使命ともいえる生き方です。

鋭い感性で芸術面に優れる

目に見えるものだけが真実ではないと良く言いますが、実際に、人が目で知覚できることは全体の中の一部です。その点、数秘術のナンバーが11という方は、極めて豊かな感覚を持っており、目に見えないものを実感として自覚できる能力に極めて優れています。また、その感性を気味の悪いものだとは思ったりせず、むしろその感覚に身を委ねて意見や行動を決めていけるだけの積極性と自身があるので、個性豊かな面が存分に発揮されることになります。
とりわけ、芸術の方面に関しては、自己表現が問われる分野でもあるため、いかんなくその才能を発揮し、思わぬ名作を作り上げたり、創作者として知られる存在になることも考えられます。運命数ナンバーが11だった場合は、特に自分の長所を伸ばしていきたいですね。

自分の直感に従って生きる

得てして人は「理性的な動物」とされますが、実際問題としては、なかなか理性にのみ従って行動することは難しいですね。
頑張って冷静であろうとしてもついカっとなったりしてしまいますが、その点ナンバー11の人は、自分の感性のままに結論を出し、グイグイと進んでいくことができます。
センスが光る事柄に関しては極めてパワフルと言えるタイプですし、また理屈や建前を被せようとはしないために、周りで聞いていても、実に説得力があり、納得がいくと思えるのが特徴です。
ただ、やはり感性にのみ従うのでは、理屈やルールが支配する現代社会では、思わぬやらかしとなってしまうことも多いわけで、いざ動こうという時には、周りに、信頼できる理知的な人がいる状況を作っておくと、より円滑に事が進むでしょう。

根は真面目だが平凡を嫌い独自性を好む

多くの場合、真面目な人は、コツコツ目の前の課題に取り組み、セオリーにしたがって問題を解決させることを望みます。その点、運命数ナンバー11の人は、普通、あるいは平凡とされるというようなやり方を非常に嫌う傾向にあります。
同じ解決策を見出すにも、自分ならではの方法論を何とか模索して挑んだりと、とにかく平凡な事柄一つとっても個性を発揮できる気質であり、また、それがわざとらしくないので、周りから驚かれ好かれるといった部分もあります。
もちろん、セオリーにしたがった方が良い結果が生まれることも多いのですが、それが分かっていてもなお、周りに特別な期待をさせてしまうのが、運命数ナンバー11の人の持ち味であり、魅力と言えるでしょう。

好奇心が旺盛でフットワークが軽い

体力的な問題もありますが、仕事や趣味の上でのフットワークは、むしろ精神的な情熱の強さやタフさに関わっている部分が多いと言えます。その点、運命数ナンバー11の人は、とにかく前向きで、自分の理想や考えを実現させるためなら身を粉にしても働きますし、また、そうでなくても何か興味がわいたとなれば、すぐさま試してみたり、現地に赴いてみたりします。
しかもその体験を自分の独自のセンスとして磨き上げていける感性の豊かさを持ち合わせていますので、人知れずどこかに行く、というのではなく、賑やかに動き回っている姿は誰の目にも印象的に映るのが運命数ナンバー11の人の特徴と言えるでしょう。また、楽しげに動いているので、人を惹きつけ流行りを生み出せるカリスマ性にも長けています。

頑固で一度決めたらてこでも動かない

物事に対して熱い情熱を持っている人は、一度こうと決めたら絶対に自分を曲げないということが少なくありませんが、運命数ナンバー11の人も、まさしくそうした気質の持ち主です。「ちょっと面倒になりそうだからここは退こう」、「納得できないけど一応賛成しておこう」といった、ありがちな妥協を示すことはまずなく、全力で持論を押し通しますし、目標や夢に対しても、まったく自分の進路を曲げるということがありません。
そのため、周りから白い目で見られたり、トラブルになったりすることもありますが、結局は、その誠実な頑張りぶりが評価されて、他の人よりも存在感を示すことができたりするのが、運命数ナンバー11の人の大きな魅力と言えます。

11の恋愛運は直情的で一途だが依存になることもある

数秘ナンバー11の人物の恋愛は、一直線で情熱的であり、相手に夢中になってしまう傾向があります。子供のように素直に今の感情を表現をするため、分かりやすいですが、相手が疲れてしまったり、引いてしまう事もあります。数秘ナンバー11の人は、こと恋愛において積極的であり、思いっ立ったら即座に行動に移します。周りが見えなくなるくらいのめり込んでしまうので、相手の言動に一喜一憂したり、自分と同じようなテンションで付き合ってくれないと不満に感じたりしてしまいます。一途に相手を想いすぎるあまり、恋愛に依存状態になってしまう事があるので、冷静さを取り戻す事も必要です。数秘ナンバー11は、自分の気持ちを真っすぐに表現できる純粋さこそが、最も魅力的な部分といえます。

11の仕事運や適職は鋭い直観力と周囲のサポートがカギ

感受性豊かでスピリチュアルな力を持つ11には、直観力を生かせる仕事が向いています。
鋭い直観力を持つ11は、スピリチュアルなエネルギーに満ちていて、人々の意識をも変える力を持っています。
作家やクリエーター、映像、音楽などの分野で力を発揮します。
また、人々から注目されやすいので、演劇やメディア方面でも成功しそうです。
美意識も強いので、ファッション関係や生け花などもお勧めです。
しかし、11は極端な考えに陥ったり、感情の起伏が激しい面を持っています。
それは感受性が強すぎる一面が表れているのですが、そうなると、一人閉じこもったり…なんてこともありそうです。
そんなときは、周囲のサポートが大切になります。
ときには、周囲に甘えてみることも大切かもしれません。

11の金運は散在しがちでたまりにくい

「11」の人は数秘術での金運は、決してお金のやりくりが得意といえません。貯金なども苦手とし散財しがちですが、不思議と周囲からの援助や助けがあるラッキーなタイプといえます。しかしそれが故、お金にたいしても楽観的でかつ好奇心旺盛な性格が合わさりいろんな話に手を出してしまいます。特に投資など注意が必要です。ついつい熱くなりそれ以上に手を出してしまうタイプですので、損害を被る危険な可能性があります。散財することに少し改めた考えを持ち、堅実に貯蓄や節約を身につけることで一生困らない生活ができるでしょう。お金を稼ぐことには若い頃からチャンスが恵まれているのですが、しっかりと管理をしてくれるパートナーを見つけることでさらなる発展があるでしょう。

【カバラ数秘術】11が運気を上げるポイントはサポート役の存在がカギ

スピリチュアルな感性を持つ11は、特別に強い感受性を持つため、神経を張り詰めやすくストレスに弱いという面があります。
11は精神世界を考えすぎてて、実現不可能なものに夢中になったり、空想や幻想の世界に没頭しそうです。
また、自意識過剰な面が前面に出すぎると、ごう慢な性格が顔を出すかもしれません。
そんな11の運気を上げるポイントは、良いサポート役を見つけることができるかどうかです。
敏感で過敏な精神を受け止めてくれる人や、精神世界を共に考えてくれる人、正反対に元気を与えてくれるタイプ、などのサポート役を見つけることができれば、11の精神は非常に安定するでしょう。
平凡の中にある高尚さや、足元の現実世界の大切さに気付けば、11の感性はより研ぎ澄まされることになります。

【数秘術/運命数】11と相性が悪い数字3選

11は4が堅苦しすぎて息が詰まる

11の人がマイペースに自分の追求したいものを追求する少し現実離れした芸術家だとすると、4の人はどこまでも現実世界に足のついた努力家です。

なので、11と4の人が一緒にいた場合には、11の人の目には4の人の常に堅実で、几帳面な考えは少し自分の自由を拘束するようなものに感じてしまうかもしれません。

4の人は他者も含めた周りの環境を考え適切な行動をとろうとするので、リスクをほとんど恐れずなんでも飛び込んでいこうとする11の人にまったをかけてしまう可能性が高いからです。

11の神秘的な視点と8の現実的な視点では視点が合わない

11は自分の中にあるスピリチュアルな感性、神秘的なささやきを非常に大事なものとして考えます。その一方で、8の人は現実的に周りのデータを判断して、自分自身と、自分がリーダーを務める集団にもっとも利益が出るような論理的な行動を選択する傾向があります。

同時に、11の人が基本的に一匹狼に物事を成し遂げようとするのにたいして、8の人は自らが取り仕切る集団の力で大きな仕事を成し遂げようとします。なので2人の視点はあまり噛み合わず、相性はあまりよくありません。

11と22はお互いが異なる方向に尖りすぎて合わない

11と22はお互いが異なる方向に尖りすぎて合わない事が多いです。

理由を説明しますと、まず、11と22は似ている特徴が2つあります。それは、どちらも大きな個性を持っている事と創造性が高い事です。しかし、その二つの特徴は似て非なる物なのです。

というのは、11の個性と創造性は誰の事も考えず気の向くままに自由にしている事なのですが、22の個性と創造性は周りの事を考え、常に誰よりも一歩前に居たいという考えでしている事なので似ているようで方向性に違いがあります。

その方向性の違いからお互いを理解する事はとても難しく、合わない事が多いでしょう。

合わせて読みたい