数秘術

【数秘術】運命数(誕生数)が2の使命や相性とは?【カバラ】

【カバラ数秘術】の運命数・誕生数の使命や特徴

2の使命はチームに不可欠なサポート役

2の使命はチームに不可欠なサポート役と言えるでしょう。自分がリーダシップを発揮するよりは、周りとの協調や調和を重要視します。そのような性格なので、周りの人たちの事をよく観察していますし、よく知っています。

また、グループやチームに貢献したいという気持ちが強いので、チームを支える一員としては、とても有能な人材と言えるでしょう。ですが、チームが危機に瀕したり、切羽詰まったりした場合は、その優しさと感受性の強さから焦ってしまうでしょう。

なので、平和的な環境の中で、チームを盛り立てるというのが一番適しています。また、人と人を繋ぐ潤滑油的な役割が期待できますので、ある程度大きなチーム、または組織においては顔が広く、そして人脈を持つでしょう。

2の使命はチームに不可欠というのは、スタッフとして立場であって、上に立つことではないというはおさえておくべきでしょう。

柔和で誰からも愛される

2は柔和で誰からも愛されます、というのも人当たりも柔らかですし、雰囲気も温和です。そして、根も優しいので、2を嫌う人は滅多にいないでしょう。例えば、困っていたりする人がいれば、自然と手を差し伸べる事ができます。

その助け方が、とても自然で、そして嫌味がないのです。当然、見返りも期待していないのです。そうなれば、最初は2に対して懐疑的に思っていたとしても、時間を経るにつれて、2の良さを周りの人が理解してくれるようになります。

なので、柔和で誰からも愛されるというのは、外面的なのもそうですが、内面的な優しさが大きいのです。なので、例えば2が何か失敗をして、周りの人に迷惑をかけたとしても、周りの人は2の人柄の良さがわかっているので、許してくれるのです。

相手の気持ちが敏感に感じ取れるからこそ、相手に優しくできるのでしょう。

一歩引いた場所に立って気を配る

2の特徴して、一歩引いた場所に立って気を配るという面があります。一歩引くというのは、あまり自己主張したり、目立ちたくないという気持ちの表れですし、気を配るというのは、その場の雰囲気を大事にし、和やかにしたいという気持ちの表れです。

初対面でこうだと、2がどういう人なのかわからないのですが、時間を経れば、2の純粋さや優しさに、周りの人は気付いてくれるでしょう。気を配るというのは、ある意味では、相手の気持ちを察する事ができるという能力の表れでしょう。

そして、逆にあまり自己主張が強すぎる人は、苦手なようです。どちらかといえば、良く話を聞いてくれる落ち着いた人が好きでしょう。そして、そのような雰囲気にしようとして、気を配るという一面もあります。

ただし引きすぎて自分の思いが言えない

数秘術で「2」の人の特徴は、相手の気持ちを最優先に考えてあげ、とても気遣いをすることができます。そしてそれは相手が言ってほしいことではないと分かれば必要以上に言ったりすることもありません。また自分より自己主張が強いと感じたならば、争ったり対抗したりすることはなく、すぐに引くことを選び相手に譲ります。その結果引きすぎていつまでも自分の思いを言えずにいたりします。「2」の人は新しいことにチャレンジするよりも既存の目標に向かい、プレッシャーなどがないところで行動するほうが得意としています。そのため自身が責任を負うようなことはとても苦手です。思いを言えずグレーな決断をすることも多いため、主張するより補佐が落ち着くでしょう。

自己犠牲の念が強い

数秘術で2は調和や支えを意味します。生年月日で算出するソウルナンバーが2の人は優しい方が多いでしょう。調和やバランスを重視するため、欠けているものや足りないものがすぐに解る人たちです。押しに弱くNOと言えないタイプでどちらかというと受動的、基本的には相手や対象に応えるかたちで行動します。相手を支える事が得意なので、ビジネスではブレーンやNo2のポジションが適役です。女性なら良き妻となるでしょう。ただ、周囲の調和を崩したくないばかりに自己犠牲的になってしまう点は注意が必要です。「自分さえ我慢すれば」と無理をした結果、後でバランスを崩してしまうのは本人も不本意なはずです。自分一人で背負いすぎないよう気をつけましょう。

決断が苦手

数秘術「2」の人は、自信の主張を苦手としているため、何かを決める時に自分の意見はあっているのかとても悩み優柔不断になってしまうところがあります。そしてもし複数で決めることとなれば、他の人に決断をお願いしたいと思っています。それによって決まったことに関しては何とも思いませんし、むしろ何かをするにしても、与えられたほうが本領発揮するのです。持ち前の繊細な気遣いや相手の気持ちを読みとって行動をすることにかけていますので、リーダーや意見を発言する人よりもその人の補佐などサポートするほうが向いているでしょう。そしてそうして役に立つことで喜びも感じます。何かを決める時は誰かの一押しがあったほうがしやすいタイプです。

2の恋愛運は引っ張ってくれる相手が理想

2の恋愛観は、好きな人のサポートに徹するということです。相手に対する態度は恋愛前でも途中でも全く変わらず、好きになった人の考えに自分を合わせるようになるでしょう。

2はサポート役が得意なので、恋愛相手は引っ張ってくれるタイプが理想です。自分をしっかり持っている人を好み、しかし、いざ結婚という段階になると、優しい人を望むでしょう。2が繊細な面を持っているので、ガサツなタイプの人とは性格が合わないからです。

交際が始まると、2は何よりも安定性を大切にします。相手が2を不安にさせたりすると、2はひどく疲れたり傷ついたりすることはがるので、相手に依存しすぎるとよくありません。
愛情が深くなりすぎるとそんな危険性があります。

しかし、2はパートナーとしてはすぐれた力を持っています。相手の考えや気持ちを察する力に長けているので、リーダーシップを持つ相手とめぐり合えれば、幸せな恋愛を望めるでしょう。

2の金運は堅実に溜まるが押しの弱さから生まれる失敗に注意

2のナンバーを持つあなたの金運についてお話しします。2のあなたは、コツコツとお金を貯めるのがとても上手な性格を持っているようです。たとえそれがお給料日であったとしても「よし!今日はパーッと飲みに行くぞ!」だとか「あのワンピースかわいい!買っちゃおう!」などといったように、お金を衝動的に使うようなことは決してしないタイプです。それよりも、毎月毎月しっかりと家計簿をつけ、堅実にお金を管理しているタイプですので、いつのまにかしっかりとした貯金ができていることが少なくないようです。しかしその一方で、押しが弱いという一面も持っています。パートナーが無駄遣いをしているような時でも、なかなかそれを止めることができないようなタイプです。その押しの弱さから発生する失敗には注意が必要です。

2の仕事運や適職は組織の中の調停役として活躍

人間関係を大切にする2は、人と接する仕事が適職です。人と人の間に立ち調整したり誰かのサポート役を務めたりなど、組織の中で大きな力を発揮します。2は自分を強く出すことなく、他人の考えにじっくりと耳を傾けることができます。

また、相手が必要とするときにはきちんと手助けをし、必要とされていないときには距離をとって…などと、他人の気持ちをくみ取ることができます。2がいるだけで、組織がうまく回り、集団として機能するでしょう。

表舞台よりも裏方の仕事で力を発揮しますので、参謀役にピッタリです。そんな2の適職は、人やグループを調整したりサポートする仕事、秘書や経理、カウンセラー、アドバイザー、ガイドなどです。また、美容師やデザイナーなどにもセンスを発揮するでしょう。

【カバラ数秘術】2が運気を上げるポイント

人間関係と協調性を大切にする2は、大切な誰かのために努力することを惜しみません。
しかし、時にその親切は相手をコントロールするために行われるので、いつしか2も相手も疲れてしまいます。2自身も相手への依存傾向に陥ることもありそう。

本来2は、人の気持ちをくみ取る力が飛びぬけているので、相手の考えや望みが分かります。だから、干渉しすぎるのを事前に防ぐことが出来るはずです。そんな2には、バランス感覚を大事にするのが、運気を上げるポイントです。

もともと控えめな性格の2ですが、相手に合わせすぎないようにし、少しは自己主張をしてもいいでしょう。いつもは聞き上手な2が自分の意見をきちんと主張すると、周囲がそんな2を見直す…なんてことがありそうです。

【数秘術/運命数】2と相性が良い数字3選

2と1はサポートとリーダーとしての相性が抜群

サポート役に徹することができる2は、リーダーシップを持つ1との相性は抜群です。他者との協調性を大事にし調整能力抜群な2は、強力なリーダーである1を献身的にサポートします。

また、その能力を耳にして、指導者的な地位の人から声がかかったり…なんてこともあるかもしれません。観察力と分析力に優れ、相手の考えや希望までも想像できる2は、集団の中に欠かせない存在です。1が集団を引っ張り、2が中を固める…最高の集団になり得ます。

2と6は「人のために」が共通ワード

ともに「奉仕の精神」を強く持っている、2と6との相性はとても良いです。他者との協調性を大切にする2と、人のために役立つことに喜びを感じる6とは性格が似ています。お互いに愛と信頼を重要視するので、似ている者どうし深い信頼関係で結ばれます。

似ている二人ですが、6の方が少し神経質なところがあり、自分の領域に入ってこられるのを嫌うため、2の押しの強さに引いてしまうことがあるかもしれません。2が少し控えめにするぐらいで、ちょうどよい安定した関係が保てるでしょう。

2と33は奉仕の感情が通じ合う

自分の道をまげずに、それ故に誤解を受けたり、孤高になりやすい、どこまでも真っ直ぐな33の人と、相手のことをいつでも思いやり協調性に長ける2の人は相性はとてもいいと言われています。

33の人はその信念の強さと、2の人はその奉仕の力はお互いの足りないところを補う非常に強力なエンジンとなります。それゆえに何を2人でやるにしてもお互いを必要としながら奉仕の感情を通じ合わせ、非常に良い関係を長期に渡り築くことが可能です。

【数秘術/運命数】2と相性が悪い数字3選

2は5の自由さに振り回される

他者との協調性を大切にする2は、何よりも自由と冒険を好む5との相性はあまりよくありません。好奇心が旺盛で未知の刺激を好む5は、社交的で会話も楽しいので、控えめな性格の2にとっては憧れの対象になります。

しかし、5の振る舞いがあまりにも自由すぎて、2をないがしろにすることがあります。
2の控えめな性格に、5が不満を持つ…なんてことがあるかもしれません。

少しは2のために気を使えばいいのですが、5にはそんな考えはさらさらありません。
安定を嫌う5は、常に動き続けることを望んでいます。

2は7だとサポートの余地がない

サポート役に徹する2は、7との相性はよくありません。7はひとり静かな場所で専門的な分野を極めたいタイプです。そんな7を、2はサポートできません…といより、7はひとりで探究を続けるので、サポートする部分がないんですね。

お互いに警戒心が強いので仲良くなるまで時間がかかりますし、仲良くなった後も距離感を感じる関係になります。7は2の考えていることが良くわかってはいますが、7は自分の世界を持っているので、2は遠慮がちになるのかもしれません。

2と2はお互いにサポート役で前に進まない

他者との協調性や歩み寄りを大切にする2どうしの相性はよくありません。お互いがサポート役を好むので、物事が進まないという特徴があります。観察力や分析力に優れている2なので、相手の考えがよくわかりますし、会話も弾み楽しく過ごすことが出来ます。

しかし、いざ行動を起こすという段階になると、なかなかきっかけがつかめません。どちらも相手が口火を切ってくれるのを待っているのです。スタートが切れないまま時間切れに…なんてことが多いのが、2どうしなのです。

合わせて読みたい