数秘術

カルマナンバーの意味や計算方法

カルマナンバーとはどんな数字?

カルマナンバーとは、「今世で取り組むべき課題や目標」そして「自分の才能」を教えてくれる数字で、すべての人がカルマナンバーを持っているわけではありません。

「人は亡くなった後も何度でも生まれ変わる(輪廻転生・りんねてんしょう)」という考え方がありますが、カルマナンバーは前世でまだやりきっていないこと、成し遂げていないことが残っていることを示す数字です。

カルマは前世でも今世でも、そして来世になっても、解消するまでついて回ります。もし今世において達成していないカルマがあれば、解消するまでは何度でも人生の中で降りかかってくるでしょう。

そのため「カルマナンバーで自分の課題を知るのが怖い」と感じる人もいるかもしれませんね。ですが、決して悪いことばかりではありません。

今何度も同じ壁にぶつかり続けている人にとっては「同じやり方を続けるのではなく、方法を変えてみて」というメッセージでもあるんです。また、カルマナンバーを持つ人には、魂の伴侶「ソウルメイト」との再会が待っています。

ソウルメイトは、カルマナンバーを持つ人を手助けしてくれるかけがえのない存在です。決してひとりぼっちでカルマに立ち向かうわけではないので、どうか安心してくださいね。

カルマナンバーの出し方・計算方法

カルマナンバーとは、「13」「14」「16」「19」の4つの数字のことです。数秘術で計算できるナンバーには「マチュリティーナンバー」や「ライフパスナンバー」、「ディスティニーナンバー」などさまざまな種類があります。

それぞれのナンバーごとに計算方法は異なりますが、これらの計算の途中で「13」「14」「16」「19」のいずれかの数字になれば、その人はカルマナンバーの持ち主です。

たとえば「ライフパスナンバー(その人の才能や使命を教えてくれる数字)」を出したいとき。ライフパスナンバーは、生年月日を1桁ずつばらし、それぞれの数字を1桁になるまで足すことで計算できます。

1960年1月2日生まれの人の場合だと「1+9+6+0+1+2=19」。ライフパスナンバーは1桁になるまでさらに足すので「1+9=10」、「1+0=1」で「1」となります。このとき、最初の計算で「19」というカルマナンバーが出てきていますね。

このように、カルマナンバーは計算の途中で出てくるため、見落とされがちです。調べたいナンバーがあるときは、カルマナンバーに該当するかどうかも意識しておくといいでしょう。

ちなみに13日生まれ、14日生まれ、16日生まれ、19日生まれの人は生まれながらにしてカルマナンバーの持ち主です。

2021年の運勢占い

2021年版姓名判断

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「エレメントタロット」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1800円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?
RELATED POST