復縁できるおまじない

【簡単・超強力】満月の力を借りる復縁できるおまじないの方法!一目でわかるポイント付き!

満月の力を借りる復縁できるおまじないの方法

自分と相手の二人だけで写ってる写真と赤い紙を用紙し「愛」と書きましょう。写真を赤い紙に丁寧に包んで、1週間枕の下に入れて眠りましょう。二人で過ごした楽しかった思い出や、過ごした日々を思い浮かべながら眠りましょう。写真は満月の夜に燃やしてください。誰にも見られないよう、必ず赤い紙に包んだまま慎重に処分しましょう。

満月の力を借りる復縁できるおまじないのポイント

満月は、月の引力がもっとも強くなる時期であり、運を引き寄せるパワーを得やすくなります。その効果を最大限に活用するために、このおまじないは、月のパワーを存分に受けられるタイミングで行うのがおすすめ。満月になる日の「8日前」からおまじないを始めるとよいでしょう。月がどんどん満たされていく期間におまじないをすれば、よりパワーを受けやすく、効果も高まります。

写真を用意する

相手と自分が2人だけで写っているもの、いわゆる「ツーショット」の写真を用意しましょう。大勢の中に2人がいる写真では効果が期待できなくなるので、注意しましょう。スマホなどで撮った画像の場合は、きちんとプリントして使います。できるだけ鮮明な写真がよいので、自分でプリントする場合は、きちんと写真用の印刷紙を用意してプリントしましょう。

赤い紙に「愛」と書く

赤い紙はなかなか持っていないかもしれませんが、文具店やホームセンターなどでちゃんと赤い紙を用意しましょう。紙は和紙だとより効果があると言われているので、できれば和紙を扱っているお店で買いましょう。紙の大きさは、写真を折らずに包めるサイズを選びましょう。少し余裕をもったサイズにすると安心です。そして「愛」の文字を書くのは、黒のインクが出るペンを使いましょう。

赤い紙で写真を包み、枕下に入れる

必ず一週間、しっかり枕の下に入れて眠るようにしましょう。途中で途切れてしまうと効果がでません。寝ている間に写真が枕の下から出てしまうと効果がでませんので、ずれないように、枕カバーの内側に写真を入れておくのがおすすめです。また、家族が枕カバーを洗濯のために取り替えるとき、写真を持っていかれないように注意してください。

就寝前は相手との思い出をおもいうかべる

枕の下に写真を入れたら、眠りにつくまでの時間で、相手との楽しかった思い出を思い浮かべましょう。なんとなくなるべく具体的にイメージすることが大切です。なんとなく「楽しかったな」と考えるのではなく、「春に○○公園で△△を食べながら□□について話して楽しかったなあ」などと考えましょう。思い出以外でも、復縁したら相手と一緒にやりたいことについて思い浮かべてもよいでしょう。

満月の夜に写真を燃やす

満月の夜に写真を燃やすときには2点注意が必要です。1つ目は、周囲をよく確認し、誰もいないことを確認しましょう。作業は誰にも見られてはいけません。うっかり誰かに見られてしまわないよう注意してください。2つ目は、火の取り扱いです。火傷や火事などにならないよう、十分に注意して作業を行ってください。バケツを用意したり、水場の近くで行うとよいでしょう。

RELATED POST