願いが叶うおまじない

【簡単・超強力】紙を使った願いが叶うおまじない!一目でわかるポイント付き!

紙を使った願いが叶うおまじないの方法

紙に自分の願い事とを書くおまじないです。
はじめに、紙に自分の願い事を書きます。これはできるだけ具体的に書くようにしましょう。
次に、願い事を書いた紙を眺めながら、その願いがかなったところを鮮明に思い浮かべてみます。
そして、その紙を一週間、目に付く所に飾り、眺めます。
一週間ののち、その紙を自分の目が届かないところへ隠します。
しばらくして紙のことを忘れた頃、願い事が叶います。

紙を使った願いが叶うおまじないのポイント

願い事をかなえたい時は、紙に書きましょう。
願い事を紙に書くことで視覚と触覚が刺激されます。また、腕を動かして書くことで脳が活性化します。
その行動は、自分の潜在意識に働きかけます。
人は意識していないですが、潜在意識は常に私たちの行動や考え方に影響を及ぼしています。
願い事を紙に書くことで自分の潜在意識に働きかけ、自己暗示によって願望を実現させる効果があるのです。

手書きをすることが大切

紙に願い事を書くときには、パソコンではなくしっかりと自分の手で書き出しましょう。頭に浮かんだ自分の願い事を、1文字1文字に叶えたい思いを込めて手書きすることで、この願いを実現しようとする潜在意識に働きかけが起こります。簡易にパソコンでパパっと打ち込んだ文字には、願い事を本気で叶えたいという思いが乗りません。

紙に指定はない

紙はノートやコピー用紙など、何を使ってもよいです。特に指定はありません。紙よりも、自分の手で書いて潜在意識に働きかけることが重要だからです。ただ、紙を眺めながら願いが叶ったところをイメージしたり、その紙を一週間眺めたりしますので、できるだけ良いイメージを持てるようなお気に入りの紙があれば、それを用いるといいでしょう。

夢は具体的に

紙に書く夢はできるだけ具体的に書き、いくつか並べてもよいです。この段階で具体化する事で、次のステップのイメージもしやすくなります。自分の心と向き合い、自分が本当に望んでいる事を思いつくまま書き出してみましょう。叶えたい事を、自分の言葉で具体化する事によって、あなたの潜在意識はその通りに働き始め、実現化が起きやすくなります。

イメージもできるだけ具体的に

イメージするときの方法について説明します。願いが叶ったときにはこんな風になっていたいなって、願いが叶ったときの自分を思い浮かべることがあるのではないかと思います。このおまじないを行うときにもそのような感じでイメージします。どういった自分になりたいか、どういった状態でいたいかをできるだけ詳しく、自分のなりたい像を思い浮かべながらおまじないを行ってください。

長期的な目標におすすめ

この方法は、すぐに叶うというものではなく、じっくり時間をかけて叶えていくおまじないです。常に目に付くところに置き、一週間眺める事で、じわじわと潜在意識に働きかけが起こるからです。顕在意識ではしばらく何も変わっていないように感じるかもしれませんが、潜在意識下では実現化に向けて動いています。潜在意識のパワーを信じ、前向きに行動していきましょう。

合わせて読みたい