恋が叶うおまじない

【簡単・超強力】お風呂で行う恋が叶うおまじない!一目でわかるポイント付き!

お風呂で行う恋が叶うおまじないの方法

誰にも見られずに、恋を叶えるおまじないです。準備は簡単、まずは赤いペンを準備しましょう。そして、お風呂に入る前に、その赤ペンで自分の右の太ももに気になる人の名前を書き入れます。そしてそのままお風呂に入ります。お風呂の中で右太ももに書き入れた名前を綺麗に洗い流すだけです。簡単なおまじないなので、ぜひ試してみてください。

お風呂で行う恋が叶うおまじないのポイント

このおまじないのポイントは、心身ともにリラックスした状態で行うことです。バスタイムなのでリラックスしやすい状況かとは思いますが、意識的にやわらかい、優しい気持ちで実行すると効果があがります。また、洗い流す際には、相手を想いながら綺麗に身体を洗うこともポイントです。以下ポイントを細かく説明していきますね。

3日間続ける

このおまじないは1日だけでなく3日間続けるのがおすすめです。“3”という数字は風水において”成功、発展”の意味を持つナンバーです。3日間続けることで、願いにこの数字のもつ力があいまり、あなたの思う人との関係性の発展や恋愛成就に結びつきます。毎日相手の名前を身体に書いてお風呂に入る、そんなドキドキ感も楽しみながら3日間続けてみてください。

綺麗に洗い流す

自分では意識しなくても、いつのまにか恐れや不安、嫉妬、妬みなど負のオーラが身についている場合があります。
負のオーラは引き寄せの法則によって、悪いことやトラブルを引き寄せてしまうことがあります。そして落ち込み、さらに負のオーラにまとわれ負の悪循環におちいってしまうこともあるのです。このおまじないは、体の汚れとともによくない運も綺麗に流し、まっさらな本当の自分で相手に向かい合うという意味があります。

赤は勝負UPのカラー

風水において、火とつながる「赤」という色は「生命力」や「情熱」という意味をもち、「勝負に強くなる」効果がある色といわれています。勝負運を司どり、ここ一番に最も効果があるといわれている赤色で相手の名前をかくこのおまじないは、あなたにこのその色のもつエネルギーを与えてくれるものでもあります。告白をする前などに実行するのもよいですね。また赤色はモテる色ともされており、赤の力を取り入れることであなたのモテ力のアップにもつながります。

手のひらでも効果あり

「太ももに書くのはちょっと…」とためらいがある場合は、同様に手のひらに名前を書いてきれいにあらいながしてください。手のひらは、とても敏感な場所で、気の入り口とされています。相手の名前を書き思いを馳せることも、またきれいに洗い流すことも、よい気の巡りにつながります。ちなみに左手は受動、右手が能動とされており、左手でエネルギーを受けて、右手でエネルギーを放ちます。相手の気持ちや気を呼び込みたい場合は左手、自分からもっと積極的になったり、自分の魅力が相手に伝われば…と願う場合は右手で試してみてください。

心身共にリラックスして行う

相手の名前を洗い流す際には、ごしごしと力任せに洗い流すのではなく、相手を愛おしむようにゆっくりとやさしく名前をこすり洗い流してください。もおなじ気持ちで全身も洗い流すのがおすすめです。マッサージ効果もありますし、リラックスすると、顔色がよくなったりくすみが改善され、美容面でも良いメリットがあります。おまじないと同時に、あなたの魅力もアップして恋愛運をより一層向上させ、引き寄せることができます。

合わせて読みたい